FC2ブログ

レコードアルバムカバーチャレンジ第2回 Fusion編
2020-07-29-Wed 01:51

第2回目でございます。
中学生となって洋楽のポップスを聴いてご機嫌さんでおったのですが、ある日同学年の友人の家に行ったらレコードが500枚はあろうかって感じで相当にびっくりした訳です。
その友人のちょっと年の離れたお兄さんがギターをやってはって、それでその当時の旬なレコードなんかを買ってはったんだと思われます。
いわゆるフージョン系のレコードと、ファンクやソウル系のレコードが多かったように思います。
で、今回はそこで聴いたフージョン系のレコードから1枚。
深町純&The New York All Stars Live

The New York All Stars - 1978 - The New York All Stars Live_960



このレコードの「Love Play」って曲のSteve Gaddのドラムソロは、とりあえずスティックだけ持ってて太ももとか雑誌とかを叩いてる状態だった私には激しく刺激的でした。
この演奏はGaddのドラムソロの中でも最も有名なものの一つで、まだパラディドルとかも全然知らん私には、何でスネアがいっぱい鳴ってるのにタムが鳴っているのかとか もう何が何だか訳がわからんかったです。なんかドラムにエフェクトがかかっててシュワシュワした音になってるし・・・。
これ聴いてからは、Gaddが入ってるレコードとか、その他諸々のフージョン系のアルバムを彼の家で聴かせてもらいました。その他9枚ピックアップしたのはその一部です。

Fusion_All.jpg



こういうのを中学生の時に聴いてしまったので、当時バンドをやる人が一般的に通過するハードロックや、そこから派生するプログレといった音楽を私はほとんど聴いておりません。
ほんとにポッカリ穴が開いたような感じでそのあたりの領域のことを全然知らない。
当たり前にみんなが知っている音楽を知らないというのは、共通の知識や認識を持ってないということで、結構、会話で置いてけぼりなってしまったりケースがあります。
ちょっと寂しい・・・。とはいえ、ハードロックとかを意識して聴くようにする訳でもなく・・・。

ということで音楽的に早熟な友人から、こういう音楽が世の中に存在することを教えてもらったって感じです。

で、このアルバムですが、ちゃんと調べたこともないのですが、何で深町純がガッドとかブレッカー兄弟とかと一緒に演奏することになったんやろう? とずーっと思ってます。


最後に、深町純&The New York All Stars Liveから「Love Play」




ついでに、Richard Teeの「Natural Ingredients」から「Spinning Song」

レコードアルバムカバーチャレンジ第1回 Pops編
2020-07-27-Mon 22:43

Facebookでレコードアルバムカバーチャレンジとうい企画がありまして、大きな影響を受けたアルバムを10枚(10回)ピックアップするというものです。
バンドをご一緒させて頂いているギターの人からバトンを引き継いで、Facebookでその10回分を終えました。
その10回分をこのブログに転載しようと思います。

今までこのブログで書いた内容と重複する部分もあるのですが、そのあたりはどうぞご容赦下さいませ。

ということで第1回目でございます。
小学生の頃は特に音楽に興味もなくテレビの音楽番組とかで歌謡曲をボーっと聴いてました。
そのころ洋楽に触れる機会なんてほとんどなくて、スケートリンクとか行った時にジュークボックスから流れてくるカーペンターズなんかを聴くぐらいでした。なんか素敵で洒落た異国の音楽って印象でした。
で、中学生になって深夜ラジオを聞き始め、MBSヤングタウンとか、オールナイトニッポンとか、鶴瓶・新野のぬかるみの世界とか聞いてました。大津びわ子とかつボイノリオとかおったなぁ~。
ラジオを聞くようになったんが洋楽に触れるキッカケだったような気がします。
当時、確かラジオ関西で「アメリカン・トップ40」ってカウントダウン系の番組があって湯川れい子が出ておったように思います。
中学1年生ぐらいから聞き始めていたように思うので1978年頃ですかね。
その頃はいわゆるディスコ的な音楽っちゅうんでしょうか、そういうのが結構は流行っておったように思います。Bee Gees、Kool & The Gang、Chic、A Taste of Honey、Diana Ross、Michael Jackson とか・・・。EW&Fとかも。こういう系統、結構好きでした。Michael Jacksonの「Rock with You」を初めて聴いたときは女性かと思いましたわ。
そういう状況の中で初めて自分でお金を出して購入したのがBilly Joelの「52nd Street」。たぶんカセットテープを買ったような気がします。その時、家にレコードプレーヤーが無かったんかなぁ。
なんでBilly Joelを買おうって思ったんかは全然覚えてないのですが、やっぱり当時よう流れとった「My Life」とかが好きやったんでしょうね。

Billy Joel - 1978 - 52nd Street



違うアルバムの曲ですが「Movin' Out」って曲で「カッカッカッカッカッカッ」って歌詞があって、それを鶴瓶が「ろれつの回ってない松鶴師匠みたいやわ」って言うてたんはえらい印象に残ってます。
Billy Joelはこのアルバムから遡って「Piano Man」ぐらいまでよく聴きました。でも「Glass Houses」からはなんかちゃうなぁって感じであんまり聴かんようになりました。
「52nd Street」について、今ちょっと調べてみたらこんな豪華なジャズ・フュージョンな方々が演奏してはるんですねぇ。
フレディ・ハバード、マイク・マイニエリ、デヴィッド・スピノザ、デヴィッド・フリードマン、ラルフ・マクドナルド、エリック・ゲイル、ヒュー・マクラッケン・・・
でも、有名スタジオミュージシャンが売れっ子のバックを務めるってまあ当たり前のことなんでしょうけど・・・。
ヒュー・マクラッケンが入っとるんかぁ。あたくしこの人のギターも好きですが、ハーモニカも好きなんですよねぇ。
ということで、話があっちゃこっちゃ行ってしまって申し訳ありません。

前述のその当時流行っていたアルバム達。

Pops_All.jpg



最後に「My Life」をば。




Doobie Bros.もよう聴きました。




Michael Jacksonもよう聴きました。

耳介血種
2020-07-26-Sun 23:15

たぶん5月~6月頃からかなぁ、髪の毛を洗ってて、手が右耳に当たった時になんか右耳が痛いなぁって感じで初めはあまり気にもしていなかかったのですが、7月の初めに鏡で見たり、スマホで写真撮ってみたら右耳がちょっと腫れてる・・・。

Left_Right_Ear.jpg



ということで、7/4(土)に名古屋の耳鼻科に行ったら耳介血腫でした。
ラグビーとかレスリングとか柔道とかやってはる人によくあるあの餃子みたいな耳です。
それに比べると私のは全然マシですが、耳の皮膚と軟骨の間に血液とか浸出液が溜まっとる訳です。それを注射器で抜いてもらいました。
ナンプラーみたいな薄い茶色の液体が1ccほど出てきました。
ちなみに餃子みたいな耳は、その血液とか浸出液が耳の皮膚と軟骨の間に何度も出てきて、それがカサブタみたいに固まって大きくなっていったものみたいです。

で、一週間後、また溜まってきたんで7/11(土)に受診したら、また薄い茶色の液体が0.7ccほど抜かれました。

そんでもって、更にその一週間後、また右耳がぶよぶよするんで7/18(土)に受診したら、今度は赤い液体が0.7ccほど抜かれました。
赤いのは血液で、これは出てあまり時間が経ってないということでした。

なんか、血液と浸出液がずっと出てるような感じで、放っておくと前述のように耳介の中で固まってしまうので、溜まってきたら固まる前に抜いてもらうしかないようです。
ちなみに上の写真は7/25(土)に撮影したもので、液体がほぼ溜まってない状態のものです。既に若干量は固まっちゃってるようです。

ラグビーとかレスリングとか柔道みたいに耳に強い衝撃とかを受けたこともなく、全く原因がわかりません。

う~ん、歳食うとなんか身体が妙な状態になることが増えてきます。

風しんの抗体検査
2020-07-06-Mon 01:24

交野市から風しんの抗体検査の案内が来ていたので受診してみたら、予想に反してなんと免疫が十分にあるとのこと。
俺、風しんに罹ったことあるんやろか?
全然記憶がないんやけどなぁ。

まあ、これで基本的には風しんに罹ることはないので、私が妊婦さんに風しんをうつすことはなくなった訳です。
そういう意味ではとっても安心しました。
今般の新型コロナのこともありますし、自分自身がおたふく風邪で右耳の聴力を失っていることもあり、感染症は本当に恐ろしいなぁと思っておりますので・・・。

Fushin_Kotaikensa.jpg



ついでに新型コロナの抗体検査もしてくれんかなぁ・・・。

続きを読む

映画「MASH」のテーマ
2020-07-05-Sun 02:17

久しぶりに大阪の自宅に戻ったら嫁はんが映画「MASH」のブルーレイを調達してました。
※6/20(土)の話ですけど・・・。m(_ _)m

ドナルド・サザーランドの代表作。懐かしい。

我々が小学校か中学校の頃にアメリカ制作のMASHのテレビドラマが深夜枠でやってたような気がします。

この映画のテーマ曲がなかなか良くってビルエバ師匠もカバーしてて、とてもいい感じの演奏です。

/
プロフィール

topcym

Author:topcym
1965(S40)年11月、大阪府吹田市の生まれ。現在は大阪府交野市に住む、中年サラリーマンのおっさんです。
趣味は、自転車とドラム。
自転車は「メタボやし、ちょっとは体を動かさんといかんなぁ」という一応、健康目的から2005年10月にクロスバイクを購入し、2009年06月にやっとこさロードバイクを購入しました。
ドラムは高校ぐらいから始めてるんでキャリアは長いですが、実力が全くついて来ずといった状況で現在に至っています。
ということで、趣味の自転車とかドラム(音楽)とかを中心にしながらも、特にそれらに拘らず、適当に思いついたことを書いていこうと思います。

カレンダー
07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
FC2カウンター
検索フォーム
リンク
月別アーカイブ
カテゴリ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる