FC2ブログ

ウォルター・ベッカーが亡くなってしまった・・・。
2017-09-06-Wed 23:29

9/3(日)、スティーリー・ダンの片割れであるウォルター・ベッカーが67歳の若さで亡くなってしまいました。
http://rocketnews24.com/2017/09/04/950141/

死因は公表されていません。

以下、相棒のドナルド・フェイゲンの追悼コメントです。

ウォルター・ベッカーとは1967年にバード大学で学生として出会って以来、私の友人で、私のライティング・パートナーで、私のバンドメイトでした。私たちは、大学が寮として使っていたハドソン川の古いマンションWard Manorのロビーにある小さい居間でアップライト・ピアノを使って、おかしな小さい曲を書き始めました。

我々は多くの同じものが好きでした:ジャズ(1920年代〜60年代半ばまで)、 W.C. フィールズ、マルクス兄弟、SF、ナボコフ、カート・ヴォネガット、トーマス・バーガー、ロバート・アルトマンの映画が好きです。同じくソウルミュージックやシカゴ・ブルースも。

ウォルターはとても大変な子供時代を過ごしていました(詳しいことは省かせてもらう)。幸いにも彼は頭が良く、優秀なギタリストで、偉大なソングライターでした。彼は皮肉屋で、それは自分自身も含めてであり、大笑いするほど面白かったです。彼は創造的な模倣の才覚を持っていて、人々の隠された心理を読んで、そして彼が見たものを快活な鋭い芸術に変えました。彼は私の妻リビーの独特の声で(送られることのなかった)手紙を書いて、私たち3人を大笑いさせていました。

彼の習慣は70年代の終わりまでに彼の中で最大になりました。そして我々はしばらくの間連絡が途絶えました。80年代に私がリビーと一緒に“New York Rock and Soul Revue”(音楽プロジェクト)をまとめ上げていたとき、我々は再び繋がり、スティーリー・ダンのコンセプトを復活させ、素晴らしいバンドを発展させました。

私は我々が一緒に作り出した音楽を、私ができる限り、スティーリー・ダン・バンドと一緒に生き続けるようにしておくつもりです。

ドナルド・フェイゲン
2017年9月3日


スティーリー・ダン(Steely Dan)というバンド(ユニット)は私が最もたくさん聴いたバンドかもしれません。

私の中で彼らを超えるバンドって無いかもしれません。
とにかく素晴らしいユニットでした。
彼らの音楽をリアルタイムで共有できたのは凄く幸せなことだったような気がします。

ウォルター・ベッカーとドナルド・フェイゲンの二人が揃った生スティーリー・ダンを観に行くことは叶わぬ夢となってしまいました。


ウォルター・ベッカーが亡くなって、その関係のFacebookでのやり取りで、ドナルド・フェイゲンが9月に来日することを知りました。
(普段、コンサート情報とか全然チェックしてないので、そういうことはな~んも知らんのです)
https://www.creativeman.co.jp/event/df2017/

スティーリー・ダンのコンサートってとにかく死ぬまでに1回は観ておきたかったんですが、その片割れのウォルター・ベッカーが亡くなってしまった訳です。
そんじゃあ、ドナルド・フェイゲンだっていつどないなるかわかりません。
なので、今回の来日でとにかくドナルド・フェイゲンだけでも生きてるうちに観ておかんとって強い衝動に駆られまして、調べてみたら9/22(金)に名古屋で演るじゃないですか。
ということで、会社の入っとるビルの1Fのコンビニで速攻チケットを購入しましたです。
(コンビニでチケット購入するのも初めてのおっさんでございます)

もうこの時期やったらチケットなんて残ってないんかと思ったら案外残ってました。
ドナルド・フェイゲンなんて速攻完売するんかと思ってました。

2014年、悪夢のキース・ジャレットとんずらコンサートから3年ぶりの大ホールでのコンサートでございます。

とにかく、途中でやめんと最後までやってくれたらそれだけで十分です。


以下、ウォルター・ベッカーが参加した最後のライブ(2017/05/27)の動画です。




合掌。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

topcym

Author:topcym
1965(S40)年11月、大阪府吹田市の生まれ。現在は大阪府交野市に住む、中年サラリーマンのおっさんです。
趣味は、自転車とドラム。
自転車は「メタボやし、ちょっとは体を動かさんといかんなぁ」という一応、健康目的から2005年10月にクロスバイクを購入し、2009年06月にやっとこさロードバイクを購入しました。
ドラムは高校ぐらいから始めてるんでキャリアは長いですが、実力が全くついて来ずといった状況で現在に至っています。
ということで、趣味の自転車とかドラム(音楽)とかを中心にしながらも、特にそれらに拘らず、適当に思いついたことを書いていこうと思います。

カレンダー
10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
FC2カウンター
検索フォーム
リンク
月別アーカイブ
カテゴリ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる