六甲山・獄谷から七兵衛山のあたりの山歩き
2017-02-15-Wed 23:52

2/12(日)、会社OBのNさん(67歳)にお誘い頂き、同じく会社OBのTさん(67歳)と、Nさんのお友達のKさん(62歳)も一緒に六甲山の地獄谷から七兵衛山のあたり(私は全く知らん場所ですが)を山歩きしてきました。
書きましたとおり、皆さんオーバー還暦。私が51歳ですから、NさんとTさんは私の一回り上の更にその上です。

Nさんとは大阪で仕事していた時、お顔を拝見することはあったのですが、仕事上で絡むことは全くありませんでした。
Tさんとは大阪で仕事していた時、結構長い期間一緒に仕事してました。

で、以前にNさんが私と同姓の人と仕事されていて、Facebookで私をその同姓の人と間違えて、私に友達申請されてきたんです。
※っていうことを、今回、山歩きの後の飲みの席で初めて伺いました。

そんでもって、FacebookでNさんとやり取りしているうちに、「今度、一緒に山歩きしましょうか」というお誘いを頂きまして、今回の山歩きに至った訳です。

ちなみにNさんは、年間に160回ぐら山歩きしてはる猛者でございます。
TさんもKさんもかなり山歩きしてはるようで、還暦超えとはいえ、皆さんとってもお元気な訳です

ちゅうことで、9:30に阪急・芦屋川駅に集合。
写真はありませんけど、中高年のハイカーいっぱいです。

駅から芦屋の高級住宅街の中を北上していきます。

あー、高級住宅街の階段状になった集合住宅やぁ・・・。

20170212_094124_NIKON_COOLPIX S7000



山道に入る手前にもういきなりイノシシがおります。
人に慣れてるのか、全然逃げません。
私、こんな至近距離でイノシシ見るの初めてです。

20170212_095544_NIKON_COOLPIX S7000



茶屋があって、さあ、ここを過ぎるといよいよ本格的な山道やと思い、

20170212_100312_NIKON_COOLPIX S7000



ぱっと横を見たら、「金玉大明神」って・・・。

20170212_100558_NIKON_COOLPIX S7000



で、まず、ちょっと水が流れてる沢のようなところをどんどん登っていきます。
時期や状況によってはもっともっと水量が多い時もあるそうです。

20170212_101752_NIKON_COOLPIX S7000



このところの寒さのせいか、枝に若干ツララがくっついてました。

20170212_102318_NIKON_COOLPIX S7000



更に沢を登っていきます。
トレラン系の方々も沢の岩を登っていかはります。

20170212_102544_NIKON_COOLPIX S7000



こういう結構な角度の岩肌も登っていきます。
誰かが作ったくぼみがあるので、私みたいなど素人でもなんとか登ることができます。

20170212_102714_NIKON_COOLPIX S7000



沢を登り切ると、こういうちょっと開けたところに出ます。
花崗岩が露出していてかなり風化が進んでいる感じです。
※ちょっとブラタモリみたい・・・。

20170212_104726_NIKON_COOLPIX S7000



ここで一旦、海の写真をば。
六甲山系って海とっても近いです。

20170212_105428_NIKON_COOLPIX S7000



こういう花崗岩が露出したところを更に登ります。

20170212_105630_NIKON_COOLPIX S7000


20170212_111010_NIKON_COOLPIX S7000


20170212_111032_NIKON_COOLPIX S7000



で、ここが万物相(ばんぶつそう)って場所らしいです。

20170212_112218_NIKON_COOLPIX S7000



ここの道ってこんな感じで結構土っぽいんですけど、

20170212_112654_NIKON_COOLPIX S7000



ここをアイゼンを付けて歩いてるグループがいたんです。
それを見てNさんが「アイゼンはあきませんよ。そんなもんここで付けてたら、いっぺんに下が削られてしまう。環境保護を考えて下さいよ。長い何月をかけて作られた環境なんですから。ちょっと考えたらわかるでしょう!」大声で注意。
注意された人たちはあっけにとられた感じでした。
「○○山の会」みたいなグループなので、そういうことはわかってそうなもんですが・・・。
ど素人の私は「なるほど、そういうことなんかぁ」と勉強になりました。
それと会社での印象とは全く違うNさんを見て、ちょっと感心してしまいました。
とにかく凄い迫力でしたので・・・。


気を取り直して、また海を眺める訳です。
六甲山系はちょっと開けたところだったら、どこからでも海が見えるんで・・・。

20170212_112832_NIKON_COOLPIX S7000



少し進むとまたイノシシが・・・。
イノシシだらけだわさ。

20170212_113818_NIKON_COOLPIX S7000



岩の上のKさんとTさん。右の方は他人さん。
楽しそう・・・。

20170212_113936_NIKON_COOLPIX S7000



次は横池に向かいます。
途中、我々の前の山道をまたまたイノシシが歩いてました。
我々が歩くスピードを上げると、イノシシもスピード上げるのですが、山道から外れることはなく、森の中には入って行ったりはしないんです。やっぱり、人が歩く山道はイノシシも歩きやすいのかなぁ。
そういうたら、カラスなんかも人が寄ってきてもギリギリまで歩いて逃げるんですよね。やっぱり飛ぶという行為はしんどいんやろうなぁ・・・。
って、どうでもいい話ですみません。

で、これが横池でございます。
氷が張ってました。

20170212_115014_NIKON_COOLPIX S7000


20170212_115222_NIKON_COOLPIX S7000



七兵衛山で軽い昼食。
食後のコーヒーが超美味い。ちょっとした贅沢って感じでした。

20170212_123018_NIKON_COOLPIX S7000


20170212_123102_NIKON_COOLPIX S7000



七兵衛山からも海を眺めゆっくり。

20170212_123150_NIKON_COOLPIX S7000


20170212_123234_NIKON_COOLPIX S7000



七兵衛山を後にし、あとは山を下りるのみです。
天気予報通り、雪が降ってきて気温が下がってきました。
ということで、ひたすら下り続けます。
下りは普段使わない筋肉を使う感じで脚が結構疲れるんですね。

途中、石仏があちこちにありました。

20170212_133314_NIKON_COOLPIX S7000


20170212_133658_NIKON_COOLPIX S7000



帰りに岡本(梅林)公園に寄ったら、もう結構梅が咲いてました。

20170212_135624_NIKON_COOLPIX S7000



これは岡本(梅林)公園でNさんが撮らはった写真ですが、私、初めて生エナガを目撃しました。
丸っこくて可愛い鳥です。

20170212_135724_NIKON_COOLPIX S7000



山歩きの後は、関西人の中華料理のデファクトスタンダード「王将」で1時間半ほど飲んで解散。


ということで、ついに他人様と一緒に山歩きするという状況を初めて経験したのでした。
なかなか面白かったです。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

登山デビュー!!

ついにその日がやってきましたね!!
初登山にして岩登り、なかなかのもんですね。
六甲山、つららがあるなんて結構高いのですね。
えらいふとっちょのイノシシ、脂がのって猪鍋に美味しそうやおまへんか!
茶屋に猪鍋の幟は立ってなかったですか?
イノシシとの道行き、いいですね。ひょっとして仲間だと思われた(笑)

Nさんはエライ!! アイゼンで岩登り、ましてやぼろぼろ崩れやすい花崗岩を、その連中は何考えてるねん(超怒)。 いかがなんでもねぇ~。そんなこと普通の常識でも分かりそうなものを。

RE:登山デビュー!!

nikkokisugeさん、こんばんは。
はい、本格的とまでは言いませんが、ついに登山、山歩きの経験のある方とご一緒して山を歩きました。
NさんもKさんも六甲山を知り尽くしてはるような感じなんで、いきなり変化に富んだ面白いルートを案内して下さいました。初めてのど素人が単独で行けるようなルートじゃなかったように思います。
ベテランの方に連れて行ってもらうと凄く安心できますね。
で、イノシシはよく見るとなかなか可愛い顔してます。やっぱ、仲間かなぁ。親近感ありました。
アイゼンの件ですが、その人たちは、なんであんなことしはったんでしょうね。
雪山の練習?
「それやったら、この時期やったら金剛山に行けば雪はあるのに」と皆さん仰ってました。
で、今後どれぐらい山歩きするか不明ですが、山歩きの先輩としてご指導下さいませ。

ロックガーデン

ご無沙汰しています。ロックガーデンに行かれたんですね。
僕が高校生の頃、45年前に初めてハイキングに山に登ったところです。

その頃から、よくイノシシが出没するので知られた場所でした。

ロックガーデンはいたるところに道が作られ、どこからでも風吹岩まで登れます。

アイゼンを履いて登っていたグループは雪山のアイゼン歩行の訓練をしていたのですね。
六甲の浸食された脆い花崗岩がこのような訓練には適しているのです。

僕が二十歳の頃も、ここで岩登りや同じようなアイゼン歩行の訓練を良くしました。
駅からも近くの山裾で、登山初心者の訓練に適しているのです。
昔はこういう訓練をしてもいる人も多く、そもそもロックガーデンは大正時代からこのような訓練で開拓されたコースなのですが・・・。

自然保護のために、気を付けるなら、むしろ、ハイカーも入るべきではないと思うのですが・・・。

以前サイクリング中に、野間のケヤキのベンチに自転車を立てかけていたら、
同年配の数人のサイクリンググループの方に、こんなところに置いたら人が座れんやろうとクレームを頂戴したことがあります。

たまたま人が誰も居なかったのでそこに置いたのですが、言われればもっともなので脇にどけました。

ある一定の経験を重ねた趣味人が、その世界では凄い常識人として、モラル、あるいはエチケットを発言される方が居ますが、そういう方が僕は苦手です。
普段都会の中でもそういう立派な意識で行動されているのだろうかと思ってしまうのです。

今は難しい時代だなと思いました。

RE:ロックガーデン

ひろべぇさん、こんばんは。
アイゼンの件については、私はその是非を判断できる知識を持っていないので、Nさんのお考えが正しいのか、ひろべぇさんのお考えが正しいのか正直よくわからないですね。
人の考え方は多様なので、どっちが正しいとかいうものではないのかもしれませんね。
まあ、今は難しい時代ですわね。
プロフィール

topcym

Author:topcym
1965(S40)年11月、大阪府吹田市の生まれ。現在は大阪府交野市に住む、中年サラリーマンのおっさんです。
趣味は、自転車とドラム。
自転車は「メタボやし、ちょっとは体を動かさんといかんなぁ」という一応、健康目的から2005年10月にクロスバイクを購入し、2009年06月にやっとこさロードバイクを購入しました。
ドラムは高校ぐらいから始めてるんでキャリアは長いですが、実力が全くついて来ずといった状況で現在に至っています。
ということで、趣味の自転車とかドラム(音楽)とかを中心にしながらも、特にそれらに拘らず、適当に思いついたことを書いていこうと思います。

カレンダー
02 | 2017/03 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
FC2カウンター
検索フォーム
リンク
月別アーカイブ
カテゴリ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる