今井町~橿原神宮~石舞台古墳に行ってきました
2010-10-14-Thu 00:46

10/11(月)、mucho66さんにお誘い頂き、今井町~橿原神宮~石舞台古墳 に行ってきました。
いつもながら、mucho66さんのブログと内容がかぶりまくりですが、ご容赦下さい。


往路のコースは以下のとおりです。復路のコースはほぼ同じなので割愛します。
【交野市】~府道18号線~国道170号線~【新大井橋】~大和川CR~国道25号線~府道183号線~国道25号線~県道202号線~県道14号線~県道132号線~国道165号線~県道50号線~【今井町】~県道161号線~【神武天皇陵】~【橿原神宮】~県道124号線~県道15号線~【石舞台古墳】




いつものように国道170号線が大和川と交差する新大井橋で待ち合わせ。予定より少し遅れて自宅を6:40に出発し、何とか8:00に到着。mucho66さんと共に新大井橋を8:30頃出発。

20101011080144_DMC-TZ7.jpg



今回の奈良の自転車道はこんな感じ。

20101011094619_DMC-TZ7.jpg



元々、今井町は今回のプランに入っていなかったのですが、たまたま通りかかったので寄ってみました。
ダイワハウスのコマーシャルで今井町に古い町並みが残っているのは知っていましたが、ホント、今回は偶然なんですよね。ちょっと嬉しかった・・・。

まず、今井まちなみ交流センター「華甍(はないらか)」に入ると、このセンターの人が今井町をどう回ったら見どころが効率的に見学できるかレクチャーしてくれました。

20101011104428_DMC-TZ7.jpg



今井町は戦国時代に一向宗の門徒が、称念寺を中心とした寺内町を開き、豪をめぐらせて造られた環濠集落・城塞都市です。元禄年間には「大和の金は今井に七分」と称されるほど経済的に栄えた町だったようです。信長・秀吉に仕えた政商・今井 宗久(いまい そうきゅう)を輩出した町でもあります。
詳細はこのWikipediaをどうぞ。


称念寺です。前述のとおり、今井町はこの寺の寺内町として始まっています。

20101011105523_DMC-TZ7.jpg



町並みはこんな感じです。

20101011104904_DMC-TZ7.jpg



醤油屋さん。

20101011105019_DMC-TZ7.jpg



床屋さん。ビニール傘がご愛嬌。

20101011105601_DMC-TZ7.jpg



環濠を復元したところ。

20101011105841_DMC-TZ7.jpg



このあたりは、景観保護の一環として、電線が地中に埋設されているので、電柱がありません。
より昔っぽくてよいですね。

20101011110026_DMC-TZ7.jpg

20101011110354_DMC-TZ7.jpg

20101011111934_DMC-TZ7.jpg



今井町の家屋は現在もほとんどが普通に人々が居住しているのですが、一部の人の住んでいない家屋は無料で内部が公開されていたりします。これは旧米谷家住宅です。

20101011111843_DMC-TZ7.jpg

20101011111547_DMC-TZ7.jpg

20101011111613_DMC-TZ7.jpg

20101011111624_DMC-TZ7.jpg

20101011111420_DMC-TZ7.jpg

20101011111514_DMC-TZ7.jpg



今井町を後にして、向かったのは橿原神宮方面。

橿原神宮の手前に神武天皇陵がありました。

自転車を立て掛けて中に入ります。mucho66さんの、RIDLEY COMPACT。

20101011114734_DMC-TZ7.jpg

20101011114659_DMC-TZ7.jpg

20101011114004_DMC-TZ7.jpg



少し進むと橿原神宮です。敷地も建物もかなりでかいです。

20101011115709_DMC-TZ7.jpg

20101011115639_DMC-TZ7.jpg

20101011120400_DMC-TZ7.jpg

20101011120654_DMC-TZ7.jpg

20101011121006_DMC-TZ7.jpg



橿原神宮を後にして、明日香村の石舞台古墳に向かいます。

明日香村にはこんな自転車道があります。
レンタル自転車で来てはる人も沢山いました。

20101011125407_DMC-TZ7.jpg



石舞台古墳に向かう途中、飛鳥寺がありました。

20101011131549_DMC-TZ7.jpg



飛鳥寺にすぐそばに蘇我入鹿の首塚なるものがありました。

20101011131456_DMC-TZ7.jpg

20101011131249_DMC-TZ7.jpg



飛鳥寺のそばの田んぼ。この田んぼは稲刈りが済んでいましたが、まだ済んでいないところの方が多かったです。

20101011131054_DMC-TZ7.jpg



更にこんな歩行者&自転車専用道を通って、石舞台古墳に向かいます。

20101011132825_DMC-TZ7.jpg



石舞台古墳周辺に到着。

20101011133117_DMC-TZ7.jpg



石舞台古墳をそばで見るには、このような拝観料が必要です。
まさか、拝観料がいるとは・・・。

20101011133819_DMC-TZ7.jpg



石舞台古墳です。巨石です。いにしえの人々は巨石を運んだり、巨大寺院を造営したり、さぞ大変だったでしょうね。

20101011134545_DMC-TZ7.jpg

20101011134250_DMC-TZ7.jpg

20101011134357_DMC-TZ7.jpg



ここから、基本的にもと来た道を引き返します。

橿原市内で遅めの昼食を食べ、待ち合せ場所の新大井橋には16:30頃到着。
ここでmucho66さんと別れ、国道170号線をひたすら北上。
自宅には18:00頃到着しました。

この日は、BMC SL01で130kmほど走りました。

やっぱり、今井町のような古い町並みはいいものですね。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

名所旧跡巡りでいいですね

2日続けてのお出かけでしたか。もう疲れるというようなことはないのでしょうね。
奈良は自転車道が設備されているようですが、観光客がレンタルサイクリングできるためでしょうか。観光地としては素晴らしいですね。奈良だから出来るのでしょうね。京都市内では無理ですもんね。
今井町の古い町並みいいですね。電線が空を張っていないとなんとすっきりすることか。
橿原神宮は奈良にいたときに行ってませんでしたが、こんなに広い敷地で大きな社なんですね。石舞台古墳で拝観料はちょっと驚きです。一応入口があるんですか?昔行ったときは自由に見られたと思います。拝観料を取る主旨は理解できるにしても明日香村もちゃっかりですね(笑)

RE:名所旧跡巡りでいいですね

nikkokisugeさん、こんばんは。
いやいや、2日続けるとかなり疲れます。もう、おっさんですので・・・。
奈良のレンタル自転車はいいと思います。車では行けないところにちょこまかと行けますからね。
京都の市街地には確かに自転車道はありませんが、レンタル自転車は結構あります。京都の市街地の方が一方通行とかが多くごちゃごちゃしているので更に自転車に向いていると思います。
橿原市の今井町は素晴らしいところでした。あの町並みをあそこまでとどめておくためには、恐らくいろいろな苦労があると思います。普通の家よりメンテナンスにかかる費用は相当高くつくような気がします。住んではるのは普通のサラリーマンとかも沢山いらっしゃるとのことでしたので、なかなか大変ではないかと・・・。
橿原神宮は非常に大きくて、とてもよく整備されたところでした。
石舞台古墳の拝観料にはちょっと驚きました。たいしてメンテナンスには費用はかからんと思うんですがねぇ・・・。一応、入り口のようなところがあり、そこでチケットを販売してました。
まあ、古代史上、重要な古墳なので、しょうがないか・・・。
では。
プロフィール

topcym

Author:topcym
1965(S40)年11月、大阪府吹田市の生まれ。現在は大阪府交野市に住む、中年サラリーマンのおっさんです。
趣味は、自転車とドラム。
自転車は「メタボやし、ちょっとは体を動かさんといかんなぁ」という一応、健康目的から2005年10月にクロスバイクを購入し、2009年06月にやっとこさロードバイクを購入しました。
ドラムは高校ぐらいから始めてるんでキャリアは長いですが、実力が全くついて来ずといった状況で現在に至っています。
ということで、趣味の自転車とかドラム(音楽)とかを中心にしながらも、特にそれらに拘らず、適当に思いついたことを書いていこうと思います。

カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
FC2カウンター
検索フォーム
リンク
月別アーカイブ
カテゴリ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる