初めての渥美半島
2016-12-04-Sun 12:42

12/3(土)、名古屋におる間にいつかは行かねばと思っておった渥美半島に初めて上陸しました。

ざくっと、豊橋~田原湾~伊良湖岬~東赤沢海岸~豊橋ってな感じで走りました。
主にR42とR259を走った感じです。
具体的には以下のとおりです。




朝5:30起床。朝メシ食って6時過ぎに浄心のマンションを出発し、チャリで名鉄名古屋駅まで。

名古屋駅前の柳橋中央市場。
ほとんど来たことはないのですが、昭和的な雑然とした感じのする市場です。
こういう雰囲気はとっても好きです。
朝6:30頃なのに賑わってます。
ここって卸なんやろか・・・。

20161203_063358_NIKON_COOLPIX S7000



チャリを輪行袋に詰め込んで、名古屋-豊橋間の割引往復切符を購入。
往復で1,540円。片道換算で770円。普通に買ったら片道1,110円なのでかなり安い。
私が豊橋に輪行する際はいつもこれを買います。
JRも豊橋-名古屋間の割引往復切符を名鉄と同じ値段で売ってるんですが、どうもこちらは豊橋起点のものしかないようなので、いつも名鉄を使ってます。(私がちゃんと把握できてないだけかもしれませんが)
まあ、JR名古屋駅は大きいので輪行袋にチャリを詰め込んでから結構歩かんとアカンので、そういう意味でも名鉄の方が私的には楽な訳です。

20161203_065314_NIKON_COOLPIX S7000



ということで、7:03発の豊橋行きの特急に乗車。

20161203_070302_NIKON_COOLPIX S7000



8時前に豊橋駅に到着。
チャリを元に戻して、8:20頃から走行開始。

豊川鉄道の新しいタイプの路面電車が走ってました。初めて見ました。

20161203_082826_NIKON_COOLPIX S7000



人生初の渥美半島でございます。
豊橋まで輪行して、そこから南東側の浜松方面には何回か行ったことはあったんですが、南西側の渥美半島を走ったことはなかった訳です。


ということで、まず、R259で田原湾を目指します。
田原湾は三河湾から渥美半島の内陸部に入り込んだところにあります。
ここ、汐川干潟っていう中部地方最大の干潟があります。
ただ、この日の干潮時刻は13:45頃だったんで干潟は全然見れませんでした。
写真のとおりただ単なる海です。
13:45って帰りに寄るにも中途半端過ぎる時刻でどうすることも出来ず・・・。
12/11(日)だったら干潮時刻が9:21なので、ドンピシャだったんですけど・・・。
まあ、自然はこっちの都合には合わせてくれませんから、しょうがないです。

20161203_092152_NIKON_COOLPIX S7000



田原湾を後にしてR259を南東方向に走って、渥美半島の南側を遠州灘に沿って走るR42に入ります。
R42に入ったらあとは道なりにひたすら西進して半島の先っちょの伊良湖岬を目指します。

で、走ってたら全く予期せず「←自転車専用道」なんて標識が出てます。
へー、こんなところにサイクリンロードがあるんやぁ・・・。
渥美豊橋サイクリングロードっていうようです。

20161203_103452_NIKON_COOLPIX S7000



私は上の写真の真ん中の白い丸の入り口から入って、伊良湖岬までの十数kmをこのサイクリングロード(以降CR)を走りました。

入ってすぐはこんな感じで木々に囲まれております。

20161203_103512_NIKON_COOLPIX S7000



暫く走ると進行方向左側に広大な遠州灘が現れます。
今まで海沿いの一般道は走ったことはありましたが、海沿いのサイクリングロードってのは初めて走りました。
※しまなみ海道は橋の上は厳然とCRって感じですが、橋を降りて島の中を走ると一般道って感じなので。
この渥美豊橋CRってロケーション的に相当に素晴らしい。
こんなに素晴らしいのにほとんどチャリが走ってない。
私がこのCRを走ってる間に出会ったサイクリストはたったの3人。
雲一つない快晴なのに・・・。もったいないなぁ。
東海地方の皆さんの間ではあんまりメジャーじゃないのかなぁ・・・。
そもそも渥美半島までやって来るのが大変なのかなぁ・・・。

20161203_103626_NIKON_COOLPIX S7000



このCR、伊良湖岬の近くまでくるとこういった登りもあります。
この写真は勾配6.5%ですけど、8%、10%、12%ってな結構な勾配があったりします。
CRって大体川沿いにあるんで普通はあまり勾配はなくて平坦なケースが多いので、こんな勾配があるのは結構珍しいのではないかと思ったりします。

20161203_103732_NIKON_COOLPIX S7000



伊良湖岬の近くはこういった岩場もあったりします。

20161203_112132_NIKON_COOLPIX S7000



伊良湖岬のてっぺんあたりです。
ここでは一旦一般道に出てます。

20161203_113632_NIKON_COOLPIX S7000



やっぱり高い所からの眺望はええもんです。

眼下の穴の開いた岩。
日出の石門(ひいのせきもん)っていう名前らしいです。

20161203_113752_NIKON_COOLPIX S7000



海岸線が美しい。

20161203_113812_NIKON_COOLPIX S7000


20161203_114030_NIKON_COOLPIX S7000



遠くの大型船。

20161203_114156_NIKON_COOLPIX S7000



で、伊良湖岬の灯台と思い込んでた建物。
下からのアングルですんません。
近くまで行ったんですが、敷地内立ち入り禁止で背面からの写真しか撮れずやむなくこの写真を採用した次第。
後でようよう調べたらこの建物は伊勢湾海上交通センターの建物で灯台じゃなかったです。
この建物の形で灯台でないって気付けよって・・・。最近はこういうハイテックな感じの灯台になったりしてるんかなぁと勝手に思い込み・・・。
写真を撮った場所から更に下に降りる階段があってその階段を下ると灯台があったようです。
階段、気づかんかったわぁ。しまったぁ・・・。せっかく行ったのにぃ・・・。

20161203_115406_NIKON_COOLPIX S7000



まあ、とにかく渥美半島の先っちょに到達できたんで、引き返します。

今度はR42をひたすら東進します。

途中、大松屋食堂ってとこで昼食。

20161203_130924_NIKON_COOLPIX S7000



ここ天丼の盛りが多くて有名みたいです。
まあ、味はぼちぼちでした。
堅めのご飯が好きな私としては、べちゃっとしたご飯の時点で「次はもう参りません」って感じでした。

20161203_133150_NIKON_COOLPIX S7000



そういうたらこの店に松平健のカレンダーが吊るしてありました。
松平健って豊橋出身なんですよね。
渥美半島の真ん中あたりから先っちょ側は田原市でして、豊橋市に隣接してます。
なので、松平健なのかなぁ。
まあ、全くどうでもええことですが・・・。

20161203_135622_NIKON_COOLPIX S7000



昼メシの後、また、R42を東進します。

この日の大きな目的として、海食崖を見るってのがありまして、それを達成するために東赤沢ってところの海岸に行きました。
なんで海食崖かと言いますと、先日、火野正平の自転車番組の再放送で愛知県を走った時のをやってまして、そこで、この渥美半島の伊古部の海岸に来てて、そこの切り立った崖(=海食崖)の映像が映っておった訳です。
で、へー、渥美半島にはそういう景色があるんやぁと思い、そりゃ見とかんとアカンなぁとなった訳です。

伊古部はもうちょっと東なんですが、まあ、ちょっと西のこのへんでも見れるやろうと思い、東赤沢の海岸にやってきた訳です。

目論見通り、海食崖、見れました。
カイショクガイ、ブラタモリ的な響き・・・。

東の浜松側を望む。
こういう美しい砂浜とその後に海食崖がある海岸がずーっと続いてる風景ってのは結構日本では珍しいのかもしれません。

20161203_152948_NIKON_COOLPIX S7000



西の伊良湖岬側を望む。
ここはどうも釣りのスポットのようです。
この写真をFacebookにアップしたら、大学の軽音の釣り好きの後輩が「名古屋勤務の時、ここによくスズキを釣りに行ってました」ってコメントがありました。

20161203_153056_NIKON_COOLPIX S7000



こんな海食崖もありました。
ちょっとカッパドキア的でもあり・・・。

20161203_153132_NIKON_COOLPIX S7000



海鳥が集団で同じ場所に留まって飛んでました。

20161203_154738_NIKON_COOLPIX S7000



遠州灘はサーフィンでも有名みたいですね。
浜松に近い潮見坂付近に比べたら少ないのかもしれませんが、この海岸にもこんな時期にもかかわらずいはりました。
こんなに気温・水温が低いのにサーファーの方々が裸足なのにちょっと驚きました。
寒くないんやろか?

20161203_155900_NIKON_COOLPIX S7000



最後はお決まりの夕日の写真。

位置が低くなってきた太陽と飛行機雲。

20161203_160216_NIKON_COOLPIX S7000



釣り人もうっすらとオレンジ色の光に包まれ

20161203_161352_NIKON_COOLPIX S7000



後はとりあえず夕日の写真です。

20161203_162234_NIKON_COOLPIX S7000


20161203_163156_NIKON_COOLPIX S7000


20161203_163406_NIKON_COOLPIX S7000



日が落ちてくると一気に寒くなってきます。
ということで、東赤沢の海岸を後にして、豊橋駅に向かいます。

途中、懲りずにまた夕方の空の写真。
マーブルな感じ。

20161203_165454_NIKON_COOLPIX S7000



17:30頃に豊橋駅に到着。
18:02発の名鉄で輪行。
19時前に名古屋駅に到着。

名古屋駅前はすっかりクリスマスというか年末というかそういうムードに包まてておりました。

20161203_190636_NIKON_COOLPIX S7000



19:30頃。浄心のマンション到着。

この日の走行距離、約110km。

雲一つないような晴天の日に、青い空、青い海、オレンジの夕日、美しい風景を見ることが出来て、とても良い一日でした。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

東海地方の太平洋沿岸

東海地方の太平洋沿岸には結構自転車道が整備されてることは把握してたんで、いつか走ってみたいと思ってます。今夏は近鉄の新型特急「しまかぜ」で鳥羽まで出て、鳥羽から伊良湖にフェリーで渡って、自転車道を走ろうかなんて考えてました。浜松ー御前崎も自転車道があるようで、頑張ったら伊豆まで1日で走れるかもですね。
柳橋は大阪だったら黒門市場みたいなところですね。うちの実家も正月用に調達してたと思います。
カメラを替えはってから、写真の色のりがちょっと濃くで出るようになりましたね。空の青が濃く出てる感じがします。
人生初の渥美半島とのことですが、話半分に聞いておきます(笑)

RE:東海地方の太平洋沿岸

mucho66さん、こんばんは。
私も師崎-伊良湖間のフェリー移動を考えたりもしましたが、いまだに実現しておりません。
で、遠州灘を見ながら走るのはすごくいいですよ。
名古屋に来て遠州灘の風景が一番いいなぁと思いました。
とにかく砂浜が美しくて、海が青くて綺麗でめちゃくちゃ広大。
めちゃ癒されます。
柳橋市場ってそういう位置づけの市場なんですね。ええ感じのところですよね。
ああいう雰囲気に触れると、ホント昔に戻ったような気になりますわ。
で、Nikonのカメラですけど、仰る通り以前のPanaより画質は濃いめな気がします。
空の青はPanaより鮮やかな感じですよね。Panaのはちょっとクールな青っていうか、全体的にあっさりした画質ですよね。ただPanaの緑は結構綺麗でした。
あのもの凄い構造物の黒部ダムの記憶が飛んでしまう人なので、話半分って思われてもしゃあないんですが、少なくとも渥美半島に修学旅行は行ってないはずのような・・・。

渥美半島 ばんざぁ~い

伊良湖岬ってこんなに良いところだったのですね!
子供の頃遠足とかで行った記憶で、あまり印象に残っていませんが。
案外電車でも名古屋から遠いからでしょうか。1泊しないとなんて思ってましたから。
改めて認識します。
こんなに立派なサイクリングロードがあるのに勿体ない!
東海地方は宣伝が下手なのかしらね。JR東海は宣伝うまいのに。。。。
muchoさんによると伊豆まで行けるかもと言うことですね。すごいですねぇ~。muchoさんの五十肩が直ったら、きちゃってください!
写真がいつもながら綺麗ですね。特に釣り人達の2枚の写真が好きです。

RE:渥美半島 ばんざぁ~い

nikkokisugeさん、こんばんは。
渥美半島、ホントええところでした。
遠州灘とそれに沿った美しい海岸線がめっちゃ素晴らしい。
被写体が素晴らしいので、テキトーにシャッターを切るだけでそれなりにええ写真になります。
釣り人の写真は、釣り人自体が凄く良いアクセントになってますよね。
綺麗な風景だけでなく、そこに人間の営みが加わるってのがええんですかね。
で、渥美半島には豊橋鉄道が走ってまして、三河田原って駅が終点なのですが、そこから伊良湖岬まではまだかなり距離があります。なので、普通は車で行く場所なんだと思います。
車なら名古屋から十分日帰りが可能だと思います。
nikkokisugeさんの認識のとおり、渥美半島ってみなさんええとこって印象が希薄なのかなぁって思います。
春には菜の花がどうも凄いみたいなので、また是非行ってみたいと思います。
http://www.taharakankou.gr.jp/nanohana/

人が入ると

知り合いの画家は絵の中に人を入れます。
彼曰く「人を入れると、こう、絵が暖かくなるんだよ」と言ってました。
topcymさんの仰るとおり「ええんですよ」だと思いますね。
やはり、topcymさんは絵心がお有りなのではないでしょうか。

RE:人が入ると

nikkokisugeさん、こんばんは。
過分なるお言葉、ありがとうございます。
でも、わたくし、アメトークの「絵心ない芸人」ぐらいと同レベルで・・・。
まあ、写真は描かなくていいので、なんとかなってます。
お知り合いの画家の方が仰るように、人が入ると温もりがでるというか、血が通うというか・・・。
いずれにしても、小旅行して、写真撮って、その写真でブログ書いて、有り難いことだと思っております。
プロフィール

topcym

Author:topcym
1965(S40)年11月、大阪府吹田市の生まれ。現在は大阪府交野市に住む、中年サラリーマンのおっさんです。
趣味は、自転車とドラム。
自転車は「メタボやし、ちょっとは体を動かさんといかんなぁ」という一応、健康目的から2005年10月にクロスバイクを購入し、2009年06月にやっとこさロードバイクを購入しました。
ドラムは高校ぐらいから始めてるんでキャリアは長いですが、実力が全くついて来ずといった状況で現在に至っています。
ということで、趣味の自転車とかドラム(音楽)とかを中心にしながらも、特にそれらに拘らず、適当に思いついたことを書いていこうと思います。

カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
FC2カウンター
検索フォーム
リンク
月別アーカイブ
カテゴリ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる