「パコ・デ・ルシア 灼熱のギタリスト」って映画を観てきました
2016-10-17-Mon 00:50

10/15(土)、「パコ・デ・ルシア 灼熱のギタリスト」って映画を十三の第七芸術劇場って小さな映画館に観に行ってきました。

この日は午前中にはいろいろと所用があり、18:00~は奈良で練習してるバンドの飲み会兼「今後どんな感じでやっていきましょうか検討会議」があったので、元々自転車には乗れんことはわかっていたんですが、こんな時に限って朝から凄く天気がよくて恨めしくってしょうがない・・・。

で、こんな状況なので、午後、バンドの飲み会までは時間があるので、以前から気になっていたパコ・デ・ルシアの映画を観ることにした訳です。

この映画、かなりマイナーなので、普通のシネコンとかでは上映してません。
はじめ、名古屋で見ようかなぁって思ってたんですが、愛知県では上映館は全く無しという惨状・・・。
東海地方最大の街・名古屋で全く上映してないって、これはどういうことなんやろうとちょっと考えさせられました。
関西では、大阪、京都、神戸にそれぞれ1館ずつ上映している映画館があります。
18:00からの飲み会は難波であるので、京都ではなく大阪・十三(じゅうそう)の第七藝術劇場って映画館に行った訳です。


12:30頃、自宅を出発して最寄り駅まで歩いてると近所の田んぼで稲刈りしてはりました。
そういう季節なんですねぇ。

20161015_125050_NIKON_COOLPIX S7000



コスモスも咲いてます。

20161015_125156_NIKON_COOLPIX S7000



ランタナ(七変化)もまだ咲いてました。

20161015_125602_NIKON_COOLPIX S7000



自宅の最寄りの郡津駅から京阪電車で京橋に出て、京橋からJR環状線で大阪へ。最後は梅田から阪急電車で十三へ。

JR大阪駅から阪急・梅田駅へ移動する際のショット。
阪急百貨店ってこんな外観になったのね。赤い観覧車も久しぶりに見ました。
梅田ってほとんど行くことないので、今更ですが・・・。

20161015_134354_NIKON_COOLPIX S7000



梅田から十三まで阪急神戸線のこんな電車に乗りました。
これは、きっと、わたせせいぞうの絵やなぁ・・・。
ちょっと小恥ずかしいなぁ・・・。

20161015_134900_NIKON_COOLPIX S7000



十三に到着。
十三の西口側に降りるなんてもうめちゃくちゃ久しぶりです。

20161015_135752_NIKON_COOLPIX S7000



この商店街、一体、何年ぶりでしょうか・・・。

20161015_140424_NIKON_COOLPIX S7000



目指す映画館はサンポードってボーリングのピンがある雑居ビルの6F。

20161015_140542_NIKON_COOLPIX S7000

20161015_140716_NIKON_COOLPIX S7000



マイナーな映画ばっかり上映してる映画館みたいです。
今のシネコンと比べたら相当に古めかしくて、昔の映画館の風情。

20161015_141038_NIKON_COOLPIX S7000

20161015_160704_NIKON_COOLPIX S7000



今回のパコ・デ・ルシアの映画以外にも上映してました。
特に「Start Line」は自分と共通する部分があったりするので、観てみたいなぁと思ってます。
以下、以外にもなかなかそそられる映画がラインナップされてました。
大きな映画館とは全く違う趣き・・・。

20161015_212132_NIKON_COOLPIX S7000



そういうたら、このビルに246十三が入ってました。

20161015_140846_NIKON_COOLPIX S7000



で、やっとこさパコ・デ・ルシアの話です。
パコ・デ・ルシアってジョン・マクラフリンとか、アル・ディ・メオラとかと大昔にやっとった、いわゆるスーパー・ギター・トリオで初めて知ったんですが、私にはそれ以外の知識はほとんど無くて、めちゃくちゃにギターの上手い、ちょっと天本英世的な謎のスペイン人のおっさんって感じでした。
2014年に亡くなったってことも知りませんでした。
自分の演奏の録音を聴いて「このめちゃ上手い奴誰?」って質問したとかいう逸話を聞いたことはありました。ホンマかいな?って話ですけど。
で、映画観た感想ですが、とんでもない人でした。スゲーとしか言いようがない感じです。
この人の手というか指はどないなっとるんやろう???
「才能が与えられて、ひたすら努力してきただけ。自分は天才ではない」みたいなことを言ってました。
「音楽の基本はリズム」みたいなことも言ってはりました。やっぱ、そうなんやぁ・・・。

20161015_165604_NIKON_COOLPIX S7000



以下、この映画の予告編です。




こっちは、アル・ディ・メオラとのDuoでMediterranean Sundance

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

十三

昨今は映画館にも滅多に出かけなくなりました。昔は十三には7件も映画館があったそうです。
再開発された今はこの映画館一件になっているようですね。

僕も20代の頃、十三の近くに住んでいた先輩に連れられて、商店街の奥の弥生座という映画館によく通いました。片桐はいりの『もぎりよ今夜もありがとう』の時代です。

普段は日活ポルノなどを3本立てで上映していて、月に一度くらい洋画が3本立てでかかるとういう言うスケジュールでした。

近くのタバコ屋でタバコを買うと、割引券をくれたりしましたね。

あの頃は平日はがらんとしていて、お行儀悪く、脚を前の席に投げ出したりして観ていても注意されることも無く、良い時代?でした。

その後は四ツ橋の毎日新聞の地下に在った名画座を知り、仕事をさぼって足しげく通いました。

まだやっと、ポケットベルなどというものが現れ始めた、営業職には大変良い時代だった頃のお話です。

おっともう仕事に行かなくちゃ!

RE:十三

ひろべえさん、こんばんは。
私、予備校が十三でしたけど、東口側だったので、あんまり西口側には行きませんでした。
十三ではパチンコしてることが多かったです。ダメな予備校生ですね。
で、十三には7館も映画館があったんですかぁ。
今、映画館ってショッピングモールに併設のシネコンが最も一般的なんでしょうね。
十三みたいな場所の映画館は淘汰されてしまう感じでしょうか。
そういう中で残ってるこの映画館は、やっぱりメイナーな映画を上映することに特化してたんで、生き残ったのかなぁって思います。

遠い映画館ですね

<で、やっとこさパコ・デ・ルシアの話です。
あっはははは、十三の話で終わるかと思いました。
初めて知るギタリストです。
なんと音の軽やかでリズミックなこと。素晴らしいテクニック。
デュオによるふたりの演奏は信頼感の上でのハーモニー、何よりお二人が楽しんでいる様子が最高ですね。
良い曲を聴かせていただきました。有り難うございます。

RE:遠い映画館ですね

nikkokisugeさん、こんばんは。
私がパコ・デ・ルシアを知ったのは、高校生ぐらいの時だったでしょうか。
ジョン・マクラフリンとか、アル・ディ・メオラといったジャズ系の有名ギタリストと共演することで世界的に有名になったのだと思います。
それまでもフラメンコの世界ではきっと有名だったんだろうと思いますが。
もう、ホント、とにかくストイックに自分の音楽を追求する人だったようです。
ご自身では天才でないと言ってますが、この人が天才でなかったら一体誰が天才なん?って感じです。もの凄い才能があって且つずっと向上しようと不断の努力を続けられるメンタルを持った人が天才なんもかもしれませんね。
なんかちょっとイチローと似てる部分があるなぁって思いました。
で、動画を見てもらったらわかると思いますが、この人、右手にピックを持たず、全部指弾きです。その時点でめちゃかっちょいい。爪はもの凄く入念に手入れするみたいです。ちょっと長くても短くても、予想外のアクシデントが起こる可能性が高まるって言ってはりました。

パコ・デ・ルシア

topcymさん、こんばんは。
私もパコはスーパーギタートリオで知った口ですが、友人にパコの大ファンがいたので、フラメンコの世界では巨人であり、不世出な人であると教えてもらいました。なので数年前に亡くなったことも知ってましたが、この映画のことは知りませんでした。
大阪ではこの手の映画は新梅田シティにある映画館か、梅田ロフトの下にある映画館でやるのが定番ですが、そこでもやらないとなるとよほどマイナーなミュージシャンと思われてるんでしょうね。
フラメンコギター、かっこいいですよね。日本では最近、沖仁という人が有名です。
奏法的に爪を酷使するんでカルシウム飲んだり、硬化剤で補強したりと、大変みたいです。

RE:パコ・デ・ルシア

mucho66さん、こんばんは。
パコ・デ・ルシアって名前ですけど、スペインではパコって名前の男子はいっぱいいるので、ルシアおばさんところのパコっていうことらしいです。
なんで、そんな呼び名みたいなんが、そのまま芸名みたいな感じになったんかはようわかりませんが・・・。
で、パコ・デ・ルシアってそんなにマイナーやと思いませんけどね。めちゃメジャーってことはないと思いますが、音楽好きな人やったらそれなりに知ってると思いますよね。
とにかくもうめちゃめちゃにフラメンコギターが上手い人っていうだけでも、それなりの知名度はあるでしょうしね。
梅田の映画館は全然知らんのですが、この十三の映画館も全然知らんかったです。こういう映画館に行くことは今まで全然なかったんですが、ちょっと癖になりそうなアングラな雰囲気がいいですね。
沖仁さんは結構TVでお見掛けしてます。ヨルタモリによく出てましたよね。で、先日、東京JAZZで渡辺香津美と一緒に演奏してましたわ。
プロフィール

topcym

Author:topcym
1965(S40)年11月、大阪府吹田市の生まれ。現在は大阪府交野市に住む、中年サラリーマンのおっさんです。
趣味は、自転車とドラム。
自転車は「メタボやし、ちょっとは体を動かさんといかんなぁ」という一応、健康目的から2005年10月にクロスバイクを購入し、2009年06月にやっとこさロードバイクを購入しました。
ドラムは高校ぐらいから始めてるんでキャリアは長いですが、実力が全くついて来ずといった状況で現在に至っています。
ということで、趣味の自転車とかドラム(音楽)とかを中心にしながらも、特にそれらに拘らず、適当に思いついたことを書いていこうと思います。

カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
FC2カウンター
検索フォーム
リンク
月別アーカイブ
カテゴリ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる