京阪京津線って凄いんやぁ
2016-06-24-Fri 01:23

名古屋では関東から1ヶ月半ぐらい遅れてタモリ倶楽部をやってます。
先日、そのタモリ倶楽部で京阪京津(けいしん)線(三条から浜大津まで行くやつ)のことをやってました。
(関東では5/6に放映)

京津線って地下鉄(京都市営地下鉄相互乗り入れ)からスタートして途中は勾配61‰の登山電車、そして終点間際には路面電車(併用軌道)になるというとってもかわった鉄道路線なんだそうです。
私は今まで京津線に何の感慨もなくボーっと乗っておったんですが、そんな凄い電車やったんですね。

20160620_000210_Panasonic_DMC-TZ30.jpg



まずは地下鉄区間。
京都市営地下鉄・東西線の三条京阪駅からスタート。

20160620_001636_Panasonic_DMC-TZ30.jpg

20160620_001808_Panasonic_DMC-TZ30.jpg



地下鉄区間を抜けて地上の山岳区間へ。
山岳区間の最大勾配は61‰(パーミルって読みます。水平方向に1000m進む間に61m登るってこと)
この61‰って勾配はアプト式とかの特殊な構造の列車を除くと、日本国内で普通の構造の電車で登る勾配としては最も急なものみたいです。
※こないだ乗った飯田線の最大勾配でも40‰とのこと。

20160620_020902_Panasonic_DMC-TZ30.jpg



で、山岳区間を終えて終点・浜大津駅の手前で路面電車(併用軌道)になります。
4両連結の路面電車ってのはかなり珍しいようです。

20160620_021158_Panasonic_DMC-TZ30.jpg



最後はわりかし急なカーブを曲がって浜大津駅に突入。

20160620_021410_Panasonic_DMC-TZ30.jpg



こういういろんな路線の状況に対応できる機能が搭載された京津線の1車両の価格は新幹線の1車両と同じぐらいするそうです。

ということで、へー、京阪電車ってスゲーなぁと京阪沿線に住んでる私はちょっと嬉しかったりしたのでした。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

京津線

京津線って言うんですね。ずう~っと前から、京阪浜大津線だとばかり思ってました。
前にもコメントに書きましたが、この電車には若い頃、大失敗した苦い思い出があります。

朝一に、大阪から大津の膳所まで、バイト先の大将の家の引っ越しの手伝いに行くのに寝坊してしまい、大阪から阪急電車で四条河原町、乗り換えてやっと京阪三条に着いたら、またこんな路面電車で、大津までは遠いな~と冷や汗かきながら、乗った電車の浜大津までの長かった事。
やっと膳所に着いたら、すでに荷物はトラックに積み終わっていました。
其処から大将と、可愛い高3の娘さんと三人で大阪まで走ったトラックの中の気まずかった事。
2度と寝坊すまいと心に刻んだ、僕の青春の一ページです。

それで今は京阪三条の駅からは地下鉄になっているんですか。
僕が最後に乗ったのはまだ地上に三条の駅が在った頃です。
京阪が北に延線した際に地下鉄化されたんですね。
そう言えば蹴上から山科に向かって登っていく峠道は結構な勾配でしたね。

京都、山科と言えば最近読んだ『京都嫌い』という本が面白かったです、その中の小話。

代々、洛中に住む京都人の適齢期の娘さんが、山科の良家からの縁談が決まって嘆くんですが、その理由が。
『そやかて、山科なんかに住んだら東山が西に見えてしまうやないの!』

長々とコメントごめんなさい。

RE:京津線

ひろべぇさん、こんばんは。
私は京阪の三条駅が地上にある状態を見たことがない、もしくは見たことがあるかもしれないけど記憶がありません。
結婚するまで阪急沿線に住んでいたので京都に行くのはいつも阪急で、京阪に乗る機会がほとんどありませんでした。
調べてみると三条駅が地下化したのは1989年(平成元年)みたいなので、私が社会人になったばかりの頃です。
そんでもって京都市営地下鉄が開業したのが1981年みたいなので、私が高校の頃です。
京都って地下鉄が走ってる印象が薄いといいますか・・・。
で、確かに山科まで行っちゃったら、東山は西になっちゃいますね。
山科は明らかに洛中とは雰囲気が異なりますよね。

お京阪三条

僕も阪急沿線の育ちなので、京阪電車(昔は電鉄なんて言いませんでしたねぇ)に乗ることはほとんどありませんでした。

しかし京阪三条には二十歳代に京都北山に時々、山登りに行くのに利用した記憶があります。その頃から本線は鴨川沿いから地下に潜り、京阪三条はすでに地下駅でした。

そんなわけで僕が良く知っている京津線の京阪三条は地上に在り、京阪バスの京都起点のバスターミナルとしての機能もはたしていました。

此処から朝7時台の始発のバスで大原を越え花折れ峠を越え、峰床八丁や朽木村方面に登山によく行きました。 冬などは大原辺りから雪景色で、途中峠、花折トンネル(旧道、どちらも今は新道のトンネルになっています)あたりで路面凍結で、バスがスリップして、チェーンを巻く間、客が一時バスから降りたりした記憶もあります。

No title

ひろべぇさん、おはようございます。
Wiki先生によると、三条駅が地下化したのは1987年(昭和62)って書いてありました。
1989年というのは、出町柳まで地下化が完了して三条が通過駅になった年のようです。
いずれにしても、そんなに前から地下だったら私は地上の三条駅は見てないんだと思います。
京津線の三条駅なんてのがあったってことも全然知りませんでしたし…。私は地下鉄の三条駅としてしか知りませんでした。

記憶間違い

topcymさん今晩は、何度もすいません。
僕が山登りをしていたのは70年代なので、すでに鴨川沿いが地下を走っていたというのは僕の記憶間違いですね。
70年代後期に京都に住んでいた家内も、未だ鴨川沿いは土手の上を電車が走っていたと思うと言っています。

RE:記憶間違い

ひろべぇさん、おはようございます。
わざわざコメント、ありがとうございます。
鴨川の土手の上を電車が走っていたと状態を見てみたかったです。
車の邪魔にはなるでしょうが、電車に乗ってる分には風情があっただろうなぁって思います。
プロフィール

topcym

Author:topcym
1965(S40)年11月、大阪府吹田市の生まれ。現在は大阪府交野市に住む、中年サラリーマンのおっさんです。
趣味は、自転車とドラム。
自転車は「メタボやし、ちょっとは体を動かさんといかんなぁ」という一応、健康目的から2005年10月にクロスバイクを購入し、2009年06月にやっとこさロードバイクを購入しました。
ドラムは高校ぐらいから始めてるんでキャリアは長いですが、実力が全くついて来ずといった状況で現在に至っています。
ということで、趣味の自転車とかドラム(音楽)とかを中心にしながらも、特にそれらに拘らず、適当に思いついたことを書いていこうと思います。

カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
FC2カウンター
検索フォーム
リンク
月別アーカイブ
カテゴリ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる