FC2ブログ

新三大ギタリストって・・・
2016-05-14-Sat 17:28

世の中には三大なんちゃらみたいなのがいろいろありますよね。
お笑いビッグスリーだったら、タモリ・たけし・さんま。
新御三家だったら、郷ひろみ・西城秀樹・野口五郎、ってちょっと古過ぎ?

で、三大ギタリスト(ロック系)だと、エリック・クラプトン、ジェフ・ベック、ジミー・ペイジ、になるそうです。
クラプトンはわかりますし納得できます。
ジミー・ペイジは、ハードロックはあまり聴いてないのでどうなんかようわかりません。
そんでもって、一番わからんのがジェフ・ベック。ギターがすんげえ上手いのはギタリストでないアタクシでもようわかります。
ただ批判を恐れずに言いますと、この人の演奏を今までいっぺんもカッチョええなぁとか気持ちええなぁって感じたことないんです。
まあ、このへんは感性の問題なので、ベックフリークの皆様、ご容赦下さい。

で、最近、新三大ギタリストなるものが存在することを知りました。
ジョン・メイヤー、デレク・トラックス、ジョン・フルシアンテ、らしいっす。
ジョン・メイヤーは以前から知ってましたし、結構好きです。ギターも上手いし歌も特徴のあるハスキーな声でなかなかええです。
スティーブ・ジョーダン師匠とも演ってました。
デレク・トラックスも以前からなんとなく知ってましたし、何故かアルバムも1枚持ってました。
改めてYouTube見たら上手いですねぇこの人。いまどきスライド多用ってのも珍しい。
オールマン・ブラザーズのブッチ・トラックスの甥なんだそうです。ヘー。
で、一番わからんかったんがジョン・フルシアンテ。元レッド・ホット・チリ・ペッパーズ(略してレッチリ)のギターだそうです。
そもそもレッチリをほとんど聴いたことがないアタクシ。
今回、試しに彼の「Shadows Collide with People」というアルバムを借りてみましたが、ちょっと難解でアタクシにはようわかりませんでした。
まあ、いずれにしても、たまにはこういう今まで聴いたことのない人を聴いてみんとイカンですね。

そういうたら、オールマン・ブラザーズもろくな音源がなかったんで借りました。


John Mayer Trio / Try! (2005年)

John Mayer Trio - 2005 - Try!



Derek Trucks / The Derek Trucks Band (1997年)

Derek Trucks - 1997 - The Derek Trucks Band



John Frusciante / Shadows Collide with People (2004年)

John Frusciante - 2004 - Shadows Collide with People



The Allman Brothers Band / At Fillmore East (1971年)

Allman Brothers Band, The - 1971 - At Fillmore East



以下、John Mayer Trio / Try! から「Wait Until Tomorrow」

スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

三大なんちゃら

日本人は三大なんちゃらというのが好きですよね。三大ギタリストは英国ではそんな言い方しないと以前、ピーター・バラカン氏が言うてました。
ジェフ・ベックのテクニックは超絶的ですよね。ピックを使わずにあれだけ速いフレーズが弾けるって凄いです。私はベックもクラプトンも好きですね。ジミー・ペイジはギタリストとしては特に凄いとは思いませんが、ツェッペリンというバンドはやはり凄いバンドだったと思います。

新三大ギタリストの中では私もジョン・メイヤーが好きです。最近はカントリーに行っちゃってあまりバリバリギターを弾いてませんけど。デレク・トラックスもいいですね。こないだ奥さんのスーザン・テデスキと一緒にテデスキ・・トラックスバンドで来日しましたね。ジョー・フルシアンテも上手いですが、直近はあまりアルバムを出してないです。また薬にはまってるんやろうか。

RE:三大なんちゃら

mucho66さん、こんばんは。
結局、私は歌というか歌心を感じないプレーヤーとか楽曲とかは好きになれないんだと思います。あくまで私の感性の問題ですが、ベックのギタープレーからは歌を感じないんですわ。
ジョン・フルシアンテも同様です。奇をてらってる印象が強いです。もっと、素直に演奏したらええのにって思います。
私がプログレが苦手なのも同じような理由です。そこは変拍子である必要があるの?裏と表をひっくり返すようなトリッキーな演奏をする必要があるの?って・・・。
私はそういう奇をてらったような、テクニック的に妙に変わってたりすることにフォーカスされてる音楽が苦手なんですわ。
ジョン・メイヤーはそうじゃないので好きなんだと思います。ギターも素直に上手いし、彼の歌もいい。クラプトンも歌もいいですやんか。特に歳とってからが。
あと、やっぱりブルース色や、ソウル・ファンク的な要素が入ってる人は私的にはグッときますです。

No title

私は逆にベックのギターについて、自分では歌わない分、ギターに歌わせているんだと感じていますね。なのでベックはインストものが好きです。指引きで色んな音色を出せますし、アーム使ったりボリューム奏法使ったりしてるのも、音に表情を付けるためなんだと思います。
ギターという楽器でここまで表現が出来るんだ、という点においてホンマ凄いと思いますわ。

topcym>mucho66さん

mucho66さん、こんばんは。
まあ、音楽のとらまえ方は人それぞれですからね。
mucho66さんのご意見や、他の知り合いのギタリストの発言から、ベックさんはミュージシャンズ・ミュージシャンって感じなのかなと思いました。
ドラムの私にはあまり訴えかけてくるものがないんですよね。
ちょっと比較が変かもしれませんが、まだ、アラン・ホールズワースの方が好きかなぁ。
私の場合、トータルな楽曲ならメセニーを聴きますし、ギターテクの面からならビレリ・ラグレーンとかを聴きますし、音色や雰囲気ならジム・ホール師匠を聴くって感じでしょうか。
このあたりはホント好き嫌いですからね。
先日他界したプリンスなんかも皆さん凄く評価してはりますが、私にはプリンスの音楽は別に特別なものでも何でもないって感じなんです。風貌的にもちょっと苦手な感じですし。
やっぱり、好き嫌いなんですよね。音楽なんて好き嫌いがあって当たり前ですし。
プロフィール

topcym

Author:topcym
1965(S40)年11月、大阪府吹田市の生まれ。現在は大阪府交野市に住む、中年サラリーマンのおっさんです。
趣味は、自転車とドラム。
自転車は「メタボやし、ちょっとは体を動かさんといかんなぁ」という一応、健康目的から2005年10月にクロスバイクを購入し、2009年06月にやっとこさロードバイクを購入しました。
ドラムは高校ぐらいから始めてるんでキャリアは長いですが、実力が全くついて来ずといった状況で現在に至っています。
ということで、趣味の自転車とかドラム(音楽)とかを中心にしながらも、特にそれらに拘らず、適当に思いついたことを書いていこうと思います。

カレンダー
08 | 2020/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
FC2カウンター
検索フォーム
リンク
月別アーカイブ
カテゴリ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる