背割堤~浜大津~小関峠~京都と花見サイクリング
2016-04-03-Sun 20:33

4/3(日)は天気悪いとの予報だったので、とりあえず4/2(土)に花見も兼ねて走っておかねばって感じで、AIRONE号で9時前に自宅を出発。

今回のコースはこんな感じです。




いつものように淀川CRを北上。

菜の花はほぼ満開といった感じでしょうか。
この時期は同じような写真ばかりで恐縮です。

20160402_091950_Panasonic_DMC-TZ30.jpg



桜といえば、まずは背割堤。
大体、八分咲きってとこでしょうか。ちらほらつぼみが残ってます。
ちょっと雲が多くて残念だったんですが、できるだけ雲の無い方向のショットをば。

20160402_100552_Panasonic_DMC-TZ30.jpg

20160402_101440_Panasonic_DMC-TZ30.jpg



やはりこの時期はえらい人出です。
名古屋城もそうでしたが、ここも中国からの方がいっぱいでした。
しかし、京都市内ならわかるんですが、こんな八幡市みたいなところまで来はるんですねぇ。
ネットで下調べして来はるんか、ツアーに組み込まれているのか・・・。
数年前まではこんなこと無かったような気がします。


背割堤の後は宇治を経由して府道3号で宇治川に沿って滋賀へ。
ヤマザクラが咲いててええ感じでした。

20160402_120152_Panasonic_DMC-TZ30.jpg

20160402_122940_Panasonic_DMC-TZ30.jpg



ミツバツツジがもう咲いてました。私、この花、好きなんですよね。

20160402_124920_Panasonic_DMC-TZ30.jpg



途中、石山寺にちょっと寄りました。

20160402_131548_Panasonic_DMC-TZ30.jpg

20160402_132318_Panasonic_DMC-TZ30.jpg



石山寺には大津市のゆるキャラ「おおつ光ルくん」ってのがおりました。
光源氏がモデルというかモチーフというか、そういうことのようです。

20160402_132430_Panasonic_DMC-TZ30.jpg



石山寺から浜大津に向かう途中、膳所(ぜぜ)城跡の公園がありました。
膳所城なんてのがあったんですね。全然知りませんでした。
近江大橋のすぐ近くで、滋賀の名門・膳所高校の近くでもあります。

20160402_134338_Panasonic_DMC-TZ30.jpg



膳所から浜大津まではすぐです。
大津港でミシガンの出航を見届けましたです。
晴れの予報だったんですが、えらい雲が多い・・・。

20160402_151312_Panasonic_DMC-TZ30.jpg



浜大津周辺には京阪大津線の路面電車が走ってるんですが、その路面電車はアニメのラッピングがされてたりします。
で、浜大津の交差点で信号待ちしてたら「響け! ユーフォニアム」って書いてある電車がとまってました。
私は全然このあたりのことには疎いので、ググってみたら2015年にアニメ化された「響け! ユーフォニアム 北宇治高校吹奏楽部へようこそ」とのコラボらしいです。
しかし、宇治の話だったら京阪宇治線でラッピングしたらええように思うんですが、まあいろいろと事情があるんでしょうね。

20160402_151812_Panasonic_DMC-TZ30.jpg



浜大津のすぐそば、三井寺近くの琵琶湖疏水の水の取り込み口みたいなところの桜並木をちょろっと見ました。
このトンネルは三井寺のある山の下を貫いて、その後地上に出たり、またいくつかのトンネルや暗渠を経て、京都の蹴上や南禅寺を経由して鴨川なんかに流れ込みます。
明治の大事業ですねぇ。

20160402_152326_Panasonic_DMC-TZ30.jpg

20160402_152526_Panasonic_DMC-TZ30.jpg



その後、ちょっとだけ三井寺に寄って、

20160402_153818_Panasonic_DMC-TZ30.jpg



三井寺のある山の麓の長等(ながら)神社の横(写真の左側)から小関峠に向かいます。

20160402_154020_Panasonic_DMC-TZ30.jpg



この小関峠越えのルートは2011年11月にmucho66さんと一緒に走ったルート(その時のブログはこれ)でちょっと勾配がきついところはありますが、R1で京都に抜けるより交通量が少なくてはるかに安全なルートです。

ということで4年半ぶりぐらいに小関峠を越えました。
ちゃんと峠のお地蔵さんのお堂もありました。

20160402_155802_Panasonic_DMC-TZ30.jpg

20160402_160028_Panasonic_DMC-TZ30.jpg

20160402_160214_Panasonic_DMC-TZ30.jpg



小関峠を一気に下って京都に入り、京阪・四宮駅、山科駅あたりを経由して、三条通を北西に走って南禅寺へ。
17時頃でしたが、花見客で凄い人出です。
インクラインも人だらけ。

20160402_165650_Panasonic_DMC-TZ30.jpg

20160402_170432_Panasonic_DMC-TZ30.jpg




人が多いのでちょっと写真を撮ってとっとと退散し、そのまま三条通を西進して三条大橋まで。
三条大橋の東詰めでは、フルアコとエレべでジャズを演奏してはりました。

20160402_173010_Panasonic_DMC-TZ30.jpg



京阪電車で輪行して帰るつもりでしたが、三条駅から乗ったら花見客が多くて自転車の置き場所が確保し辛いと思い、始発駅の出町柳まで北上。
出町柳まで行ったついでに「出町ふたば」で娘の好物の豆餅を購入。
通常、出町ふたばは17時には閉店するんですが、この日は花見客対応なのか18時まで店を開けてたみたいです。
ラッキーでした。

20160402_174942_Panasonic_DMC-TZ30.jpg



ということで、京阪電車で輪行して19時半ぐらいに自宅に到着。

この日の走行距離、80kmぐらいでした。

夕食後、家族で豆餅をいただきました。

20160402_210354_Panasonic_DMC-TZ30.jpg

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

豆大福をお土産に

背割堤の桜の写真、いいですねぇ~。斜め半分が桜で後の半分が空。やはり構図はいつも意識していらっしゃるんでしょ?
感心します。
やはり明治時代の活力はすごいものがありますね。維新後あっという間に鉄道が引かれ、こうした疎水のインフラ工事が進み、あさが来たじゃないけれど教育現場も進みました。
第二次世界大戦の後も復興が早かったし、日本人はそういう能力に長けているのでしょうか。
おっと、ごめんなさい、キレイな写真を見ながらこういう無粋な考えは止めにしましょう。
topcymさんのえらいところは必ずといっていいほど、おうちにお土産を買って帰られるところですね。

RE:豆大福をお土産に

nikkokisugeさん、こんばんは。
なんか毎年同じような時期に同じような写真で恐縮です。
写真の構図ですけど、意識はしてるんかもしれませんけど、なんちゅうかテキトーなもんです。
今回、背割堤は人だらけだったので、いかに写真に人を入れないかということは意識しました。
しかし、琵琶湖疏水なんてもんよう作ったなぁと思います。
天皇家が東京に行ってしまって衰退した京都を復興するための事業だったんですよね。
琵琶湖は不思議なことに、流入する河川は100以上あるんですけど、出ていく自然河川は瀬田川(宇治川)一本だけなんですよね。その琵琶湖から人口の水路で京都まで水を持ってこようって発想がなんか凄いですよね。
で、土産なんですけど、恥ずかしながら安いものばっかりです。
自分が食べたいってのもありますが、休日に自由にさせてくれる家族へのささやかな感謝ってのもあります。また、ちょっとした土産を喜んでくれたりするんで、また買って帰ろうって気にもなります。まあ、家族ってのは有難いもんです。

背割堤

残念ながら先週は悪天候で行けず、10日に行ってきましたが、すでに散った後でした。
それでも堤防の上下は人がいっぱいで改めて日本人の桜好きを思い知りました。

まぁお酒好き、宴会好きの方達は、なんに付け良い口実さえあれば、桜が散った後でもよいのでしょう。

朝神崎川の堤防下で宴会をしていた方達が帰りの16時過ぎでもまだ盛り上がって宴会を続いてしてはりました。

RE:背割堤

ひろべえさん、こんばんは。
桜、散ってしまってて残念でしたね。
でも、花びらが散った後に残された濃いピンクと、若葉の緑の桜もいいもんですよね。
朝から晩まで花見で酒を飲んではる人達ってのもなんかいい感じですよね。
神崎川の花見客の皆さんのとっても楽しそうな情景が想像されます。
プロフィール

topcym

Author:topcym
1965(S40)年11月、大阪府吹田市の生まれ。現在は大阪府交野市に住む、中年サラリーマンのおっさんです。
趣味は、自転車とドラム。
自転車は「メタボやし、ちょっとは体を動かさんといかんなぁ」という一応、健康目的から2005年10月にクロスバイクを購入し、2009年06月にやっとこさロードバイクを購入しました。
ドラムは高校ぐらいから始めてるんでキャリアは長いですが、実力が全くついて来ずといった状況で現在に至っています。
ということで、趣味の自転車とかドラム(音楽)とかを中心にしながらも、特にそれらに拘らず、適当に思いついたことを書いていこうと思います。

カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
FC2カウンター
検索フォーム
リンク
月別アーカイブ
カテゴリ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる