京都をぶらぶら(京都駅~Apollo~献血)
2015-08-29-Sat 11:21

8/23(日)、京都市内をぶらぶらしてきた後半部分です。

梅小路公園のあと、京都駅~Apollo~献血とぶらぶらしてきました。

なんとなく京都タワーを近くから見ようというどうでもいい理由で梅小路公園から京都駅まで西進。

いろいろと評価が分かれる京都タワーです。
規制の関係で高い建物がない京都では突出して高い建物です。

20150823_145336_Panasonic_DMC-TZ30.jpg



で、せっかく京都市内をぶらぶらしとるんで、歩行距離を伸ばすのを兼ねて久しぶりに堀川仏光寺のドラムショップApolloさんに行くことにしました。

その途中、新町通を七条から五条まで北上。

20150823_150020_Panasonic_DMC-TZ30.jpg



たった2kmぐらいの区間でしたけど、3箇所も地蔵盆をやってました。
私は千里ニュータウンで育ったんで地蔵盆とかありませんでした。そもそもお地蔵さんがおらんかったです。
やっぱりこういう風習が連綿と続いてる町はいいですね。
そういう意味で今住んでる交野はお地蔵さんもおるし、寺も神社もあって、古い集落も残ってて、ちゃんと過去と繋がってるって感じがします。話がそれちゃいました。

20150823_150226_Panasonic_DMC-TZ30.jpg

20150823_150416_Panasonic_DMC-TZ30.jpg

20150823_150504_Panasonic_DMC-TZ30.jpg



で、堀川仏光寺のドラムショップApolloさんに到着。久しぶりです。

20150823_152919_Apple_iPhone 6


シンバルのことを中心に、最近のドラム事情について店員さんとお話しました。
私はIstanbul のシンバルを持ってますが、同じトルコ系ハンドハンマリングのBosphorusとTurkishのクラッシュシンバルを叩かせてもらいました。
Bosphorusはちょっと薄めで音色が柔らかくていかにもジャズ向きって感じでした。
Turkishはもうちょっと厚めで音色ももうちょっと鋭角的で私はこっちの方が好きな音色でした。
特にTurkishのヴィンテージシリーズってのがなかなか良かったです。

20150823_154026_Apple_iPhone 6

20150823_160316_Apple_iPhone 6



私が学生の頃は、こういったトルコ系ハンドハンマリングのシンバルってそもそもほとんど輸入されてなくて、手に入りませんでしたし、仮に手に入るとしてもとっても高価なものでした。
それがトルコのメーカー側も輸出に積極的になりグローバル化して、円高もあいまってどんどん価格がこなれて、凄く買いやすくなりました。
私がIstanbulを買った頃はたぶん底値ぐらいだったのではないかと。
こんな値段で買えるんだったら買ってみようかって感じで買いましたから。
でも、現在は円安で且つ金属の原料相場も上がっているみたいで、私が買った頃に比べてかなり値上がりしてました。

で、何にも買わんのも何なんで、いつもはヒッコリーですが、超久しぶりにTAMAのオークのスティックを買ってみました。
私的にはTAMAのスティックは仕上げのニスみたいなのが控えめで滑りにくく手に馴染んで、価格も安いので、結局、TAMAを買っちゃいます。

20150823_160552_Panasonic_DMC-TZ30.jpg



Apolloの後、前日から献血出来る期間になったので献血しました。
枚方の献血ルームまで戻ってると、戻ってる間に閉まっちゃうので、京都の献血ルームで献血することに。
京都の献血ルームは四条烏丸と四条河原町の間のビルの5F。
献血ルームがとっても綺麗なのはよかったのですが、私の当たった看護師さんがイマイチで、針の打ちどころが悪いのか、痛いし血液がスムーズに抜けなくて、なんかちょっと腹立ちました。一応、謝ってはりましたが・・・。
私の場合、通常、400mlの献血で実際に血を抜いている時間は7〜8分なのですが、この日は25分ぐらい掛かりました。
他の看護師さん態度とかを見てても、看護師さんの質は総じて枚方の方が高いんじゃないかなぁと思いました。

20150823_165737_Apple_iPhone 6

20150823_170524_Apple_iPhone 6

20150823_171520_Apple_iPhone 6



ということで、この日の歩行距離12kmぐらいでした。

歩くと街の通りや路地の雰囲気が伝わってきて、なかなか面白いですね。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

test

はぁ~い、テストコメントです

追伸

こちらは大丈夫のようです。
再び、ルーブル美術館のところで投稿しましたが、やはりダメでした。
確認番号が違いますと出て、
昨日確認番号を何度も繰り返すと
すでにこのコメントは投稿されていますと出ました。

でもコメント投稿復活出来て良かったです!

Re: test

nikkokisugeさん、こんにちは。
テスト投稿、ありがとうございました。m(_ _)m
よかったです。
ルーブル美術館のところの件、理由、よくわかりません。
すみません。
まあ、でも、投稿できてよかったです。

トルコとシンバル

以前の記事でトルコはシンバル類の有名なメーカが多いと教えていただきましたが。

トルコは昔から軍楽が有名ですよね、それに中近東辺りの紀行TV番組で金や真ちゅう細工の店がいっぱい並んでたりするのも良く見ますよね。

そういう関連でシンバルを作る工房が多く残っているんでしょうかねぇ?

それと毎度、献血ご苦労様です。

Re: トルコとシンバル

ひろべえさん、こんばんは。
>トルコは昔から軍楽が有名ですよね。
よくご存知ですね。
私も詳細なことまでは知らないのですが、トルコのシンバルは軍楽と関係あると思います。
軍楽で使うシンバルは、クラッシックと同じように2枚のシンバルをぶつけてシャーンって音を出すやつです。軍楽なんで、行進とかしながら。
我々ドラマーが使うシンバルは、ハイハットシンバルを除き、1枚のシンバルをスティックで叩いて音を出しますが、これはトルコの伝統的なシンバルの使い方と違う訳です。
以前、テレビ番組でトルコのシンバル職人のドキュメントみたいなのがあったんですが、その職人さんはやっぱり普段はドラム用のシンバルを作ってるんですが、トルコの伝統的なシンバルをもっと作りたいって言ってたように思います。
でも、ドラム用のシンバルの需要の方がもう圧倒的に多く、トルコの軍楽での需要なんて微々たるものなので、しょうがないです みたいなコメントやったような気がします。
ということで、トルコには多くのシンバル工房があるんだと思います。
でも、今残ってる有名なメーカーは元はジルジャンって工房に辿り着くケースが多いです。
ジルジャンからのれん分けしてるとか、そののれん分けした工房から更に独立したりとか。
最も有名なジルジャンとそこから独立したセイビアンという二大メジャーブランドは、かなり以前からアメリカに本社を構えています。

行くとなれば、土産は決めた!

そうそう、トルコの旅行記を見ると金や真鍮細工のお店が多いですね。
トルコ旅行に出かけることになったら、
土産は…シンバル? う~ん、やっぱりアクセサリーどまりかな。
トルコはかってオスマン帝国として栄えた歴史もありますから、お話に出てきた軍楽(この言葉今回初めて知りました)が有名というのも頷けますね。

Re: 行くとなれば、土産は決めた!

nikkokisugeさん、こんばんは。
シンバルはお土産にはちょっと大きくて重すぎますよね。
と言いつつ、私は新婚旅行でシンバル×2枚と革のシンバルケースを買って、えっちらおっちら持って帰りましたが・・・。アホですね。
トルコ、特にイスタンブールはボスフォラス(ボスポラス)海峡を挟んで西側がヨーロッパ、東側がアジアっていう特殊な街なので、かなり興味深いです。
キリスト教とイスラム教の文化が入り混じってたりするし、旅行するにはとっても面白そうですね。
トルコ料理は世界三大料理って言われますし・・・。(これはちょっと微妙かもしれませんが)

トルコ料理

何度もおじゃましてすみません。
トルコ料理ですが、興味をもって食べに行きましたがgoodでした!
とにかくスパイスが豊富。さすが交易の拠点であったことがうかがわれます。
で、激辛かなと思いきやそんなことなく美味しかったです。
これで大丈夫、トルコには行けます(笑)

ちょっとちょっと、新婚旅行でシンバルを! 
そんな人めったに居ないんじゃないですか。
奥様は、出来た方ですね。

RE:トルコ料理

nikkokisugeさん、こんにちは。
今日は遅めの夏期休暇を頂いておりまして、昼間にお返事です。
>何度もおじゃましてすみません。
何度でもおいで下さいませ。
トルコ料理食べに行かはったんですね。相変わらずアクティブですね!
>これで大丈夫、トルコには行けます(笑)
笑っちゃいましたよ。
イギリスでも食べ物的に大丈夫だったら、トルコはきっと大丈夫なような・・・。
私はトルコ料理っていうと伸びるアイスクリームと串に肉をうず高く刺して炙ってその肉をそぎ落として食べるケバブぐらいしか食ったことがありません。
以前テレビで(なんでもテレビ情報かい!)トルコのファストフードとして、サバサンドが紹介されたました。焼いたサバをパンに挟んであるんですが、これが美味いらしいんです。よるタモリでもタモリが作って、みんながそれ食って美味いって言ってました。
これは一回家でやってみんとアカンですねぇ。

で、確かに新婚旅行でシンバルを買って帰る人は少ないかも・・・。
でも、楽器をやる人でNYとか行くと、楽器屋に行っちゃうような気もします。
NYでは嫁はんとメトロポリタン美術館にも行ったんですが、私は早々に退屈になっちゃって、じゃあ、後でホテルでって、私は地下鉄でNYをうろうろして、嫁はんはそのまま美術館って感じで、ほとんど一日別行動なんて日もありました。
こういうのを許容してくれはる人ではあります。
プロフィール

topcym

Author:topcym
1965(S40)年11月、大阪府吹田市の生まれ。現在は大阪府交野市に住む、中年サラリーマンのおっさんです。
趣味は、自転車とドラム。
自転車は「メタボやし、ちょっとは体を動かさんといかんなぁ」という一応、健康目的から2005年10月にクロスバイクを購入し、2009年06月にやっとこさロードバイクを購入しました。
ドラムは高校ぐらいから始めてるんでキャリアは長いですが、実力が全くついて来ずといった状況で現在に至っています。
ということで、趣味の自転車とかドラム(音楽)とかを中心にしながらも、特にそれらに拘らず、適当に思いついたことを書いていこうと思います。

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
FC2カウンター
検索フォーム
リンク
月別アーカイブ
カテゴリ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる