クロマチックハーモニカってかっこいい。ブルースハープもかっこいい。
2010-08-24-Tue 23:32

クロマチックハーモニカってご存知でしょうか?

クロマチックハーモニカ



クロマチックとは、半音階という意味で、全ての音を出すことが出来るハーモニカをクロマチックハーモニカと言います。
この半音階を出すためにスライドレバーという押しボタンのついたレバーが付いています。スライドレバーを押すことにより#(シャープ)やb(フラット)の音を出す事ができます。

目指す穴に口をもっていき、その穴を吸う・吹く、スライドレバーを押す・放す という行為を同時に制御しないと目的とする音が出ないので、なかなか演奏が難しい楽器だと思います。

このクロマチックハーモニカの名手として有名なのがToots Thielemans(トゥーツ・シールマンス)です。
JAZZ系を中心に演奏してまして、現在、88歳のおじいさんですが、素晴らしい演奏をします。ちなみに、この人、ギターもうまいです。

そんでもって、もう一人物凄く有名なクロマチックハーモニカの名手がおります。Stevie Wonder(スティーヴィー・ワンダー)です。
この人のハープ(=ハーモニカ)も、メチャかっこいいです。独特の節回しがあり、一聴してStevie Wonderだとわかります。
やっぱり、この人は、もう天才としか言い様がないですね。

この二人が競演しております。




それから、ブルースハープっていうのもあります。10個の穴があるので「テン・ホールズ」とも呼ばれるんですが、10個の穴しかないので、1穴につき、吸う・吹くの2音で計20音しか出ません。キー毎に複数のハープを持ち替えて演奏することもあります。

ブルースハープ



ブルースハープ奏者の中で、テクニックとかではなく、そのサウンドや曲想が好きな奏者に、Lee Oskar(リー・オスカー)という人がいます。
デンマーク人で、アメリカの音楽に憧れて、アメリカに単身でやってきて、War(ウォー)という黒人のファンクバンドにただ一人の白人として在籍していた人です。
そのLee Oskarのソロアルバムです。癒されます。




それからもう一人、フランスの異色ブルースハーピスト、Jean Jacques Milteau(ジャン・ジャック・ミルト)という人もかっこいいです。
この人もアメリカの黒人音楽に憧れてたおっさんです。
この人、テクは凄いです。




普通、ブルースハーピストと言えば黒人ですが、今回はちょっと軽めの人をピックアップしました。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

めちゃカッコいい!

Toots ThielemansとStevie Wonderの競演素晴らしいですね!
ハーモニカのジャズ演奏は聴いたことがないのでとても新鮮でした。
またハーモニカの種類もこんなにあるなんて勉強しましたよ。
ブルースハープの10個の穴の番号が書いてあるのがかわいらしいですね。Lee Oskarのこの曲は哀愁さえ感じますが、20音だからでしょうか。
Jean Jacques Milteau カッコいいですねぇ~。この一言に尽きますね。こんなに細かい音もよく出せるものだと感心です。
しかし、topcymさんは、やはり楽器をやられていただけあって楽器に詳しいですね。
topcymさんの引き出しの中にはどんだけのミュージシャンや楽器が入っているのか知らん。

RE:めちゃカッコいい!

nikkokisugeさん、こんばんは。
この3つのビデオの中では、Jean Jacques Milteauの演奏が最も黒人的な「黒い」演奏です。
この演奏を「カッコいいですねぇ~」と仰るnikkokisugeさんのセンスも「黒い」ですねぇ。
ご自身のブログで書いてらした「Jose James」といい、「Wynton Kelly」といい、所謂、ブラックミュージック(黒人音楽)ですもんね。
JAZZもBLUESから発展した音楽なんで、黒人音楽の流れの中にある音楽ですから、そのJAZZが好きなnikkokisugeさんは、黒人音楽のノリやフィーリングが合うのかもしれませんね。
私もJAZZやBLUESやFUNK等の黒人音楽が大好きです。
では。

御大まだお元気なんですね

トゥーツ・シールマンス、中学の時にFMでエアチェックした覚えがあります。懐かしいですね。確かビリージョエルの「夜空のモーメント」っていう曲で共演してたと思います。ほんまに味のあるハーモニカ吹きますよね。
Lee Oskarもええハープ吹きますよね。テクニカルな感じではなくじっくり聞かせる感じかな。
最後のフランス人かっこええですね。知りませんでした。
ブルースハープでは映画「Blues Brothers 2000」に出ていたBlues Travelerのヴォーカルがバカテクでしたよね。

RE:御大まだお元気なんですね

mucho66さん、こんばんは。
Toots Thielemansの演奏は何歳の時のかはわからないのですが、そんなに昔ではないと思いますんで、現在もそれなりに元気にやってはるんでしょうね。といってももうすぐ90歳ですけど・・・。
この人がJAZZハーモニカの第一人者であることは間違いないですね。
Lee OskarもJean Jacques Milteauも、ヨーロッパ人がアメリカの音楽に憧れたケースですが、こういう人達はヨーロッパの中では異端になるんでしょうかね。
で、残念ながら私「Blues Brothers 2000」は見てないんですよね。「Blues Brothers」は昔、何回もTVでやってましたから、もう何回も見たんですが・・・。
初めて見た時は、まだ音楽をそんなに聞いていなかったので、James Brownとか、Aretha Franklinとか、Ray Charlesとかも知らず、そういう人達がどんだけ凄い人かもわかってなかったです。後になってそういう人達の事が紐付いて、この映画がとても凄いキャストであることに驚いたものです。
では。
プロフィール

topcym

Author:topcym
1965(S40)年11月、大阪府吹田市の生まれ。現在は大阪府交野市に住む、中年サラリーマンのおっさんです。
趣味は、自転車とドラム。
自転車は「メタボやし、ちょっとは体を動かさんといかんなぁ」という一応、健康目的から2005年10月にクロスバイクを購入し、2009年06月にやっとこさロードバイクを購入しました。
ドラムは高校ぐらいから始めてるんでキャリアは長いですが、実力が全くついて来ずといった状況で現在に至っています。
ということで、趣味の自転車とかドラム(音楽)とかを中心にしながらも、特にそれらに拘らず、適当に思いついたことを書いていこうと思います。

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
FC2カウンター
検索フォーム
リンク
月別アーカイブ
カテゴリ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる