浄心~定光寺~古虎渓
2014-10-04-Sat 23:40

10/4(土)、庄内川を上流に遡って、定光寺~古虎渓に行ってきました。

今回のコースは以下。

<



名古屋・浄心のマンションから一番近い川と言えば、庄内川。
庄内川までは約2km。交野の自宅から淀川に出るには約5kmなのでずっと近い訳です。

いつも輪行ばかりの遠出ではしんどいので、近くの庄内川沿いで気軽に気持ち良く走れるコースを探索しました。

まず、当然ながらマンションから庄内川に向かうのですが、庄内川に至る途中で妙なものを発見。
貸ドラム部屋って何?
なんでドラムに限定するような看板なの?

20141004_105014_Apple_iPhone 5



まずは右岸のサイクリングロードを上流に向かって走りますが、たったの3kmで終了。
以前、一度、このサイクリングロードは走ったことがあったので、すぐに終わってしまうことはわかっていましたが、しかし、短いなぁ。なんでこんな中途半端な距離なんやろう。
まあ、今回はサイクリングロードでなくても、交通量が少なくて川を見ながら気持ち良く走れる一般道が見つけられればOKなので、ええんです。

20141004_110208_Apple_iPhone 5

20141004_110758_Panasonic_DMC-TZ30.jpg

20141004_111201_Apple_iPhone 5



その後、右岸の堤の一般道を上流に向かって走って、水分橋で左岸に渡り、左岸を走行。
ええ感じです。

20141004_113856_Panasonic_DMC-TZ30.jpg



と思ったら、こんな感じで突然、道が途切れちゃったり・・・。

20141004_115503_Apple_iPhone 5



ということで、スマホで地図を見たりしながら道を探しもって走ったので、結構、難儀しました。
この時点、右岸を走るべきやったと後悔。

で、左岸をそのまま走って、r15(愛岐道路)に入ってからはトラックは多いものの庄内川を見ながら気持ち良く走れました。

20141004_124126_Panasonic_DMC-TZ30.jpg

20141004_124716_Panasonic_DMC-TZ30.jpg



このr15ですが、庄内川を挟んで並行してJR中央本線が走ってます。
定光寺(じょうこうじ)駅は山にへばりつくような感じの駅です。
嵯峨野観光鉄道(旧山陰本線)の保津峡駅に似ています。
名古屋市内から30kmも走ってないのに、なんだかちょっと秘境チックな雰囲気です。

20141004_125932_Panasonic_DMC-TZ30.jpg

20141004_130052_Panasonic_DMC-TZ30.jpg

20141004_130150_Panasonic_DMC-TZ30.jpg

20141004_130202_Panasonic_DMC-TZ30.jpg



更にr15を上流に向かって北上して岐阜県に突入。
浄心から約30km。

20141004_130654_Panasonic_DMC-TZ30.jpg

20141004_131852_Panasonic_DMC-TZ30.jpg



岐阜県に入ると庄内川は土岐川に名前を変えます。

20141004_132014_Panasonic_DMC-TZ30.jpg



岐阜県に入るとすぐに古虎渓(ここけい)駅があります。
定光寺駅の次の駅。
駅舎の中では、何故か年配の女性が針仕事をしてはりました。
どういう立場の人なんやろう?

20141004_132536_Panasonic_DMC-TZ30.jpg

20141004_132624_Panasonic_DMC-TZ30.jpg

20141004_133124_Apple_iPhone 5



古虎渓駅で折り返して帰路につきます。
往路で左岸がイマイチだったので、定光寺駅より先の復路は全部右岸を走って帰りました。

20141004_150056_Panasonic_DMC-TZ30.jpg



でも、途中でJRの線路で分断されたところとかがありましたが・・・。
なんで、こんな訳のわからん道のつくりになるんやろう???

20141004_151339_Apple_iPhone 5



皆さん、ここから下に降りて、JRの線路をくぐってるんやろなぁ。

20141004_151430_Apple_iPhone 5



右岸からの庄内川のショット。

20141004_152122_Panasonic_DMC-TZ30.jpg

20141004_152422_Panasonic_DMC-TZ30.jpg



庄内川の右岸を走ればサイクリングロードではないですが、堤の上の比較的交通量の少ない道を走ることができることがわかりました。
このルートだと輪行しなくても気楽に岐阜まで北上できそうです。
気軽に気持ちよく走れる道が見つけられたのは、なかなかの収穫でした。

今日の走行距離、約60km。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

定光寺駅

定光寺駅の階段。『こころ旅』で正平さんが手紙を読んだところですね、懐かしいですね。

テレビの番組で見たところをtopcymさんのブログで再度見るのは、何か不思議な感じがちょっとしました。


河川を辿る自転車旅と言うのも、往復で 右、左岸を走れば二倍楽しめていいですね。
河川敷堤防の道は往々にして、舗装が無くなったり、鉄道線路に中断されるのが常ですが、必ずジモティーが作った う回路があるのも全国共通ですね。

川の流れと共に

中央線に乗って信州に向かうときに目にする駅名。高蔵寺・定光寺・古虎渓と懐かしい名前が登場。高蔵寺あたりはクラスメイトで住んでいる人がいました。
定光寺・古虎渓と続くと名所旧跡がありそうでなさそうで、、、やっぱりないという印象を持っていますが、川の流れと共に走行するのは気持ちよさそうですね。
ここのところ我が家はハイキングから遠ざかっていますから、こういう風景をみるといきたいなぁ~と思います。
目を閉じ、耳を澄ますと川の音が聞こえてきます。あぁ行きてぇ~(笑)

RE:定光寺駅

ひろべえさん、こんにちは。
2年前の夏に定光寺(寺院)に行って、その帰りにこの定光寺駅を初めて見ました。
なんだか凄い駅やなぁと思いつつ、その時は名古屋の暑さに疲労困憊でホームに上がろうとは全然思いませんでした。
で、今回、庄内川を遡上するルートを見ていたら、「あれ、定光寺駅があるやんか」となって、「そういうたら、こころ旅で行ってたなぁ」となり、「こりゃ、ホームも見ておかんとアカンわ」って気になりました。
私自身、なんだか不思議な感じでした。
「河川敷堤防の道は往々にして、舗装が無くなったり、鉄道線路に中断されるのが常ですが」
やっぱりそういうもんなんですね。
淀川、桂川、木津川のCRの感覚が当たり前になってましたが、あれはある意味、きっちと整備されている特異な例なのかもしれませんね。

RE:川の流れと共に

nikkokisugeさん、こんにちは。
名古屋では地元の方が「15分も電車に乗ったら、あっという間に田んぼとか山だらけになりますから・・・」ってちょっと自虐的に仰るんですが、このJR中央本線も正にそんな感じですよね。
この定光寺駅も春日井市の端っこにありますが、名古屋駅から電車で30分着いちゃいます。
それでこの雰囲気ですから、ちょっと大阪ではこの時間でこの雰囲気の場所には辿り着けないような気がします。
確かにこのあたりでは名所旧跡は定光寺(寺院)以外には、あまり無さそうな感じですね。
で、灯台下暗しでした。もうちょっと早くに庄内川のルートをちゃんと調べておけばと思っています。大阪・寝屋川の自転車屋の店主が以前名古屋に居はったようで「愛岐道路がいいですよ」って仰っていたんですが、まさかこのr15が愛岐道路だったとは・・・。もっと、東側の名古屋市内からはずっと離れたところにある道と思い込んでいました。
それと、東海地方の川っていったら木曽三川(木曽川、長良川、揖斐川)という印象が強くて、庄内川とかはあんまり意識できていませんでした。以前に走った印象もイマイチだったので。
ちゃんと、時間を掛けて実地に走ってみないといけませんね。
ちょっと前まで、仕事が相当に忙しかったのですが、ここのところちょっとマシになっていて、こうやって走ることができています。有難いことやと思っています。
プロフィール

topcym

Author:topcym
1965(S40)年11月、大阪府吹田市の生まれ。現在は大阪府交野市に住む、中年サラリーマンのおっさんです。
趣味は、自転車とドラム。
自転車は「メタボやし、ちょっとは体を動かさんといかんなぁ」という一応、健康目的から2005年10月にクロスバイクを購入し、2009年06月にやっとこさロードバイクを購入しました。
ドラムは高校ぐらいから始めてるんでキャリアは長いですが、実力が全くついて来ずといった状況で現在に至っています。
ということで、趣味の自転車とかドラム(音楽)とかを中心にしながらも、特にそれらに拘らず、適当に思いついたことを書いていこうと思います。

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
FC2カウンター
検索フォーム
リンク
月別アーカイブ
カテゴリ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる