Chick Corea / Three Quartets
2014-08-03-Sun 11:36

Chick Corea / Three Quartets は1981年にリリースされたアルバムで、メンバーは以下。
ピアノ:チック・コリア
サックス:マイケル・ブレッカー
ベース:エディ・ゴメス
ドラム:スティーヴ・ガッド

Three QuartetsThree Quartets
(1997/02/18)
Chick Corea

商品詳細を見る



1979年にも同じようなメンバーで Friends っていうアルバムがリリースされてます。
Three Quartets と違うのは、サックスがジョー・ファレルってとこだけですが、タイトルもジャケットも内容も可愛い感じのアルバムです。

フレンズフレンズ
(1991/07/25)
チック・コリア

商品詳細を見る



それに比べ Three Quartets はサックスがブレッカーに変わっただけなんですが、内容は大違い。
かなり難解で、雰囲気はかなり重たくなって、テクニカルな感じの演奏になっています。
やっぱり、チック・コリア×マイケル・ブレッカーだとこういう感じになるべくしてなってるのかなぁ。

本当かどうかわかりませんが、どこかで聞いた話なんですが、ドラムのガッドはピアノの譜面を見て、ほぼ初見で叩いてるとのこと。
メンバーは当時最高のスタジオ・ミュージシャンなので、そういうことが当たり前に出来たのかもしれませんが、こんな決め事の多い難解な曲を、しかもピアノの譜面を初見で見てドラムを叩くなんてことが本当に出来るのかと思ったりします。
でも、当時のガッドは凄かったって話はいっぱいあって、あの Steely Dan / Aja をファースト・テイクで録り終えてしまったとか。あのドラムにうるさい Donald Fagen をファースト・テイクで納得させてしまったらしい。
当時のガッドは薬でヘロヘロになってたらしいのですが、スタジオでドラムを演奏する時になると感覚が研ぎ澄まされたような感じになってもの凄い演奏をしておったらしいです。
私のような凡人には理解し難い世界です。
まあ、凄い緊張を強いられる状況で録音をしていたんだと思うので、薬でもやらないとやってられなかったのかもしれません。

で、以下、前述のオリジナルメンバーで2003年に演奏されたものです。
このメンバーの中で最年少(1949年生まれ)のマイケル・ブレッカーだけが2007年に白血病のため57歳の若さで他界しています。
私的にはマイケル・ブレッカーは現代最高のテナー・サックス・プレーヤーだと思っていますので、彼がこんなに若く亡くなってしまったことは残念でなりません。
ジャズ、フュージョンだけでなく、ポップスでも本当に多くの名演奏を残した人なので、もっと長く生きて素晴らしい演奏を聴かせて欲しかったと思うのであります。


スポンサーサイト

テーマ : 趣味と日記
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

topcym

Author:topcym
1965(S40)年11月、大阪府吹田市の生まれ。現在は大阪府交野市に住む、中年サラリーマンのおっさんです。
趣味は、自転車とドラム。
自転車は「メタボやし、ちょっとは体を動かさんといかんなぁ」という一応、健康目的から2005年10月にクロスバイクを購入し、2009年06月にやっとこさロードバイクを購入しました。
ドラムは高校ぐらいから始めてるんでキャリアは長いですが、実力が全くついて来ずといった状況で現在に至っています。
ということで、趣味の自転車とかドラム(音楽)とかを中心にしながらも、特にそれらに拘らず、適当に思いついたことを書いていこうと思います。

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
FC2カウンター
検索フォーム
リンク
月別アーカイブ
カテゴリ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる