背割堤の桜と淀川河川敷の菜の花
2014-04-05-Sat 15:45

4/5(土)、晴れたり曇ったり雨がパラついたり、何だか妙な天気。
夕方には天気が崩れるとの予報だったので、10時ぐらいからダーっとチャリで背割堤まで。
少し散り始めてましたが、ほぼ満開に近い状態でした。
ほぼ満開の土曜日ということで、かなりの人出でしたが、人はできるだけ避けて撮影。

20140405_111916_Panasonic_DMC-TZ30.jpg

20140405_110200_Panasonic_DMC-TZ30.jpg

20140405_105828_Panasonic_DMC-TZ30.jpg

20140405_112542_Panasonic_DMC-TZ30.jpg

20140405_110648_Panasonic_DMC-TZ30.jpg



そんでもって淀川の堤の斜面は菜の花も満開。
サイクリングロードは淀川の左岸にあるので、いつも左岸の菜の花の写真ですが、対岸の右岸にも菜の花が咲いてました。

20140405_103116_Panasonic_DMC-TZ30.jpg

20140405_103030_Panasonic_DMC-TZ30.jpg



こちらは、復路の関西医大近くの菜の花。

20140405_115806_Panasonic_DMC-TZ30.jpg



関西医大横で休憩してから帰りましたが、休憩中が一番晴れてました。

20140405_120240_Panasonic_DMC-TZ30.jpg


本日の走行距離、34km。

今、家でブログ書いてても、全く降る気配なし。こんなんやったら、今日、ロング走ったらよかった・・・。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

背割り堤の桜

やはり老木の桜がずらりと並ぶ堤は見事ですね。

誰もいない満開の背割り堤を自転車で走りたいと思ったことがありますが、
深夜~早朝以外は自転車に乗って走ることすら難しいでしょうね。
今年も背割り堤のお花見は、やはり行けませんでした。

菜の花もきれいですけど独特の匂いがありますね。
菜の花、からし菜、アブラナ、雑草と栽培種との違いはあれど、よく似ています。
大根もカブラも地に生けたままほおって置くと、似た花が咲きます。
遺伝子的には人間とチンパンジーとの差より近いのでしょうね。

No title

ひろべぇさん、こんばんは。
天気はイマイチでしたが、満開に近い背割堤の桜が見れて、まあ、よしとせんとアカンですわね。
菜の花は確かに独特の匂いがありますよね。
そんなに良い匂いではありませんが、春を感じる匂いではありますね。
鮮やかな黄色が春らしくて、結構好きです。

見事!!

ここの桜の咲きっぷりは見事ですね。毎年ご紹介してくださるのが楽しみとなりました。
菜の花の群生もこれまた春爛漫。春は最初に黄色の花から咲きますが、それは昆虫たちが黄色の色が好きだとか、そのために黄色から咲き、それは自然の摂理と聞きましたが、昆虫も色を識別できるのでしょうかね?
きっと黄色の匂いが好きなのかも。

RE:見事!!

nikkokisugeさん、こんばんは。
もうちょっと天気が良かったら、もっと春らしい写真が撮れたんですが・・・。
まあ、とにかく大きな桜の木が切れ目無く並んで咲き誇る様は壮観ですよね。
群生する菜の花にも強く春を感じます。
黄色って明るくて太陽を連想させます。
虫が黄色が好きっていうのも、なんか納得できます。
同じ生き物の人間だって、黄色には活力や明るさを感じますもんね。
プロフィール

topcym

Author:topcym
1965(S40)年11月、大阪府吹田市の生まれ。現在は大阪府交野市に住む、中年サラリーマンのおっさんです。
趣味は、自転車とドラム。
自転車は「メタボやし、ちょっとは体を動かさんといかんなぁ」という一応、健康目的から2005年10月にクロスバイクを購入し、2009年06月にやっとこさロードバイクを購入しました。
ドラムは高校ぐらいから始めてるんでキャリアは長いですが、実力が全くついて来ずといった状況で現在に至っています。
ということで、趣味の自転車とかドラム(音楽)とかを中心にしながらも、特にそれらに拘らず、適当に思いついたことを書いていこうと思います。

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
FC2カウンター
検索フォーム
リンク
月別アーカイブ
カテゴリ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる