堺市・三国ヶ丘にあったジャズ喫茶「April Jam」【閉店】
2013-04-21-Sun 11:24

大学時代(1985年~1988年)とその後の数年間、最もよく通ったジャズ喫茶が「April Jam」。

南海電車・高野線の三国ヶ丘駅を降りて、線路の東側を線路に沿って少し中百舌鳥方面に歩くと川口ビルという雑居ビルがあり、その1Fに「April Jam」はありました。
※ストリートビューで見ると、今はカラオケ屋になっているみたい・・・。

大学が中百舌鳥にあったので、ちょうど通学経路の途中にあり、ホント毎日のように通っていた時期もありました。

この店のマスター、本当にとても気さくでいい人で、本当にお世話になりました。
三国ヶ丘高校を卒業し、京大受験に失敗した後、昼は喫茶店、夜はスナックの雇われマスターみたいな仕事をぶっ通しでやって、ジャズ喫茶の開業資金を貯めたと言ってはりました。

LPはカウンターの後ろ側の棚一杯にあって10,000枚ぐらいはあったんではないかと・・・。
こんな雰囲気の曲ない? とか ドラムがスゲーのない? とか テキトウな要求にもちゃんと答えてくれるし、カセットテープにもバンバン録音してくれるし、この店で本当に沢山の音楽を聴きました。
この店で得た音楽の情報は、私の音楽の好みや知識のベースを形作っていると思っています。

音楽以外にも、本や映画のことも一杯教えてもらいました。

また、この店に来るお客さんもやっぱり一風変わった人が多く、その人達との会話も面白かった。
※硬派のジャズ喫茶のように会話厳禁とかじゃなくて、会話全然OKな店でした。
大学の助手、学生から見たらテキトウにやってそうなサラリーマン、音楽関係の人、ミュージシャン、外国人、パティシエさん、学生等々・・・。
テキトウそうなサラリーマンは「仕事が終わって疲れてマンガ読んでるのに、そのマンガ雑誌に課長・島耕作みたいなサラリーマンを題材にしたマンガが入ってること自体けしからん」とよく言ってました。
その影響か、私も課長・島耕作は大嫌いなマンガの一つです。

仕事バリバリやってますといった感じの人は少なく、なんとなく世の中を斜めから見ている感じの人が多く、店全体に緩い反体制みたいな雰囲気が漂っていて、そういう雰囲気がまた妙に居心地がよく・・・。

この頃は、インターネットが一般には普及していない時代だったので、音楽の情報は、こうやって店で実際に音楽を聴いたり会話したり、知り合いから教えてもらったり、本を読んだり、中古レコード屋を回ったりして、自分で時間と金を使って収集していた訳です。
それが今では、インターネットで1クリックすれば試聴できるし、簡単にお目当ての音楽も検索できるし、音源の値段も凄く安くなったし、大きなオーディオを買う必要もなくiPhoneとかで何千曲を持ち出せて何時でも何処でもそれなりの音質で聴くことができるようになりました。
※昔は泣きながらウォークマンのアルカリ電池を買っていた。
要は音楽を聴くためにコストと時間が掛からなくなってしまった。
その分、今は音楽への思い入れとかも少なくなっているのかも・・・。コモディティ化しちゃった?

当時は(カメラ付き)携帯電話もなくて、カメラを常時パーソナルに持っている時代でもなかったので、店の写真が全然残っていないんです。あんなに足しげく通ったのに、家にもたったの1枚もこの店の写真が残っていない。
本当に残念。
ネット上にも店の写真は全然ありません。

この店を閉められた時期は全然記憶に残っていないのですが、これだけネット上に店の写真が無いということは、携帯電話にカメラが付いたり、一般にデジカメが普及する前に閉店したのではないかと思っています。
なので閉店したのは、1990年代の中盤~後半ぐらいなのかなぁ・・・。

最後はマスターもいろいろあったような・・・。

こういう居場所的な店が無くなっていくのは、悲しい限りです。

マスターにもう一回お会いしたいなぁ・・・。


最後に、この店のマッチの写真をば・・・。

April_Jam_match_01.jpg April_Jam_match_02.jpg
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

シアンクレール

最近はスターバックスなどのチェーン店が幅をきかせ、個性的な喫茶店は激減しつつありますね。
私はスターバックスでPCなどを打っている人種に偏見を持っているので、利用することはありません。

神戸には数少ないけれど純喫茶は残っているので時折そちらを利用します。

そういえば「二十歳の原点」の高野悦子さんが利用していたジャズ喫茶「シアンクレール」を1980年頃に行ったことがあります。すでに普通の喫茶店になっていて、いまは駐車場となっているようです。

昔はよかったとまでは言いませんが、
無機質な店が多くなったのは残念ですね。

JAZZ喫茶と青春

植草甚一みたいなマスターだったんですかねぇ。

ボクにもJAZZ、酒やタバコにIBと男前の生き方を教えてくれた そんな先輩が居ましたが、
酒好きが災いしアル中に・・・今は美人の奥さんとも別れ一人暮らしの生活してはります。

ジャズ喫茶に名画館、ボクの三流サラリーマン時代(笑)のサボり場所、件デートの待ち合わせ場所でした。

まぁ不規則な時間の特殊な現場仕事をしていたんで 月の半分タイムカードも押さない・・・会社でも大目に見てくれ、半公認のような今では考えられない いい時代でした。

もう過去を振り返って何を言っても笑われる年齢になっちゃいましたが 携帯も何もかも早く放り出して 静に?LPに針を落として隠遁生活できたらいいな・・・・なんて・・・。

怠け者の染み付いた性格は もう直りっこありませんわ。

RE:シアンクレール

asyuuさん、こんばんは。
昔は個人経営の喫茶店って沢山あったんですけど、今は非常に少なくなりましたよね。
それに代わって、スターバックスとかそれによく似た感じの企業が経営する喫茶店が一杯できました。
JAZZ喫茶は喫茶店の中でも最も初めに淘汰されていきました。
JAZZ喫茶ってちょっとした文化のような気もします。
その文化が無くなっていくのは、悲しい限りです。

時代とはいえ

本当にtopcymさんや皆さんが仰るように、JAZZ喫茶は過去の産物になってしまいましたね。
すこし大人びて背伸びする感じが好きでしたのに。
私の場合歳と共に趣味が変わり、音楽をめっきり聴かなくなりました。とはいえ趣向が演歌や民謡になったわけではなく(笑)、すすんでCDを聴くということがなくなりました。
しかしたまに入った喫茶店でJAZZがかかっていると、私の中ではそのお店はセンスがいいということになりお気に入りになります。
「April Jam」でのtopcymさんの時の過ごし方が手に取るように分かります。それにしてもあか抜けたマッチです。マッチをとってあって良かったですね。

No title

こんばんは!
良い話ですね。
青春時代の空気が伝わってきました。あの頃は、根拠の無い妙な自信があるのに、それ以上の不安もありました。良く喫茶店にも入りましたけど、この頃の若者は喫茶店なんかには入らないようです。JAZZ喫茶は昭和の風物詩ですね。

RE:JAZZ喫茶と青春

ひろべえさん、こんばんは。
とにかく、マスターはいい人でした。
いろいろな話をし、いろいろ教えてもらいました。
> 携帯も何もかも早く放り出して 静に?LPに針を落として隠遁生活できたらいいな・・・・なんて・・・。
私もそんな生活してみたいなぁ・・・。

RE:時代とはいえ

nikkokisugeさん、こんばんは。
「April Jam」での時間は、今思うと、とても贅沢な時間だったんだなぁと。
マスターや常連さんとの会話から、いろいろな知識やものの考え方を学びました。
あの時のように、人と深く接することが、今は少なくなったように思います。
「April Jam」は、1983-1996の14年間ぐらいしか存在しなかったことを、ある方から教えて頂きました。この期間にたまたま堺で大学生活をしていたことは凄く幸運だったんだと思います。
本当に良い時間を過ごさせてもらいました。

topcym>breezingさん

breezingさん、こんばんは。
やっぱり、昭和という時代はよかったですね。
今みたいに便利でなかったけど、当時は別に不便とも感じてませんでしたし。
それが当たり前だったから。
あらゆることが、もっとゆっくりで、おおらかだったような気がします。
JAZZ喫茶でコーヒーを飲んで、マスターや常連客と延々とうだ話をするって、
ある意味極めて贅沢な時間の使い方かもしれませんね。
そういう時間をもう一度手に入れることはできるんでしょうかね?

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
プロフィール

topcym

Author:topcym
1965(S40)年11月、大阪府吹田市の生まれ。現在は大阪府交野市に住む、中年サラリーマンのおっさんです。
趣味は、自転車とドラム。
自転車は「メタボやし、ちょっとは体を動かさんといかんなぁ」という一応、健康目的から2005年10月にクロスバイクを購入し、2009年06月にやっとこさロードバイクを購入しました。
ドラムは高校ぐらいから始めてるんでキャリアは長いですが、実力が全くついて来ずといった状況で現在に至っています。
ということで、趣味の自転車とかドラム(音楽)とかを中心にしながらも、特にそれらに拘らず、適当に思いついたことを書いていこうと思います。

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
FC2カウンター
検索フォーム
リンク
月別アーカイブ
カテゴリ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる