ウィンブルドン
2012-07-13-Fri 05:21

私がテレビのスポーツ番組の中で、凄く引き付けられて、何故か見入ってしまうのが、ウィンブルドンのテニス、それも男子の試合。

どうしてなんでしょうね。
まず、放映時間が日付が変わるぐらいの頃なので、仕事から帰って食事しながら見始めるっていうタイミングがいいのかもしれません。

で、緑の芝に、緑色で統一された施設という美しい空間の中で展開される緊迫した試合を見ていると、もうテレビの前から動けなくなってしまいます。

あの1対1で繰り広げられる駆け引きや緊迫感は、何とも言えないものがあって、バスケットやサッカーなどチームで対戦する球技には無いもののように思います。
※私は昔バスケやハンドボールをやってたんで、そういう球技も好きなんですが・・・。

今年の男子の決勝は、ロジャー・フェデラー(スイス)とアンディー・マレー(イギリス)の対戦で、3-1でフェデラーが3年ぶりにウィンブルドンを制しました。

アンディー・マレーが勝てば、地元イギリスから76年ぶりの優勝ということで、もの凄い声援でしたが、やっぱりフェデラーは強かった。

ロジャー・フェデラーは、史上最強のテニスプレーヤーじゃないかと思ったりします。実際、4大大会の優勝回数も17回と歴代最多です。プレースタイルもオールラウンダーでとても美しくバランスが取れており、常に落ち着いていてメンタルも非常に強そうな印象を受けます。
で、ルックスもいい・・・。そんでもって、今は珍しい片手のバックハンドもカッコいい。

Roger_Federer.jpg



アンディー・マレー。フェデラー相手によく頑張ったんですが、地元の期待に答えられず、残念。

Andy_Murray.jpg



で、こちら、フェデラーが目標にしていたであろう同じオールラウンダーのピート・サンプラス。私、現役時代の彼、あまり好きではなかったんですよね。なんか、いつも口が半開きで、ちょっと舌が出ていたりして、見た目がどうも・・・。でも、今回、少し調べてみたら、サンプラスってもの凄い選手だったんですね。このwikiを読んでもらえればわかります。
彼がギリシャ移民の子であることも初めて知りましたし、なにより年齢がまだ40歳で、わたしよりずっと年下であることに驚きました。彼が活躍していたのはずいぶん昔のような気がして、もっと歳をとっているのかと思っていました。要は若いときから第一線で活躍してたってことですね。

Pete_Sampras.jpg



そんでもって、アンディー・マレーのコーチは、イワン・レンドルでした。いやー、懐かしい!
レンドルはチェコからの移民で、なんといいますか共産圏の影をひきずったような独特の暗さを感じさせる選手でした。
※そういうたら、ナブラチロワもチェコ出身でした。こちらも懐かしい!

Ivan_Lendl.jpg



こっちは、現在のレンドル。笑ってるけど、ちょっと恐そうでもあります。
52歳。マッケンローとかと同じ世代ですね。

Ivan_Lendl_Now.jpg



一時、フェデラーと4大大会の決勝でよく戦っていたラファエル・ナダル。
ベースラインプレーヤーです。私、あまりベースラインプレーヤーってプレースタイル的に好きじゃないんですよね。
だから、ナダルもあまり好きではありません。

Rafael_Nadal.jpg



ということで、同じベースラインプレーヤーのアンドレ・アガシも好きじゃないんです。
なんか、いつも泣いてるみたいな表情もどうもアカンのです。

Andre_Agassi.jpg



プレースタイルでいうとゴラン・イワニセビッチのようなビッグサーバータイプの方が好きです。
伸るか反るかって感じで、いい時はもう手がつけられないぐらい凄いけど、ダメな時は赤子の手をひねるぐらい簡単に負けてしまう・・・。

Goran_Ivanisevic.jpg



話が収束できなくなってきたんで、これぐらいで・・・。

とにかく、ウィンブルドンはいいもんです。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

ウィンブルドン

こんばんは、僕も高校時代ハンドボールをやってたんですよ。
ボール競技は小さいボールを道具で打つ競技は全て駄目です。
テニスは男子はあんまり見てこなかったナ~・・・。
伊達さんが活躍してた頃は良く見ましたね。
グラフと日没サスペンデッドで翌日惜しくも負けた準決勝や
ナブラチロワとのエキジビションなんかも運良くテレビで観戦しました。
伊達さん以降日本人があまり活躍してないですね
でも最近のクルム伊達さんの頑張りにはいつも頭が下がる思いで応援しながら見ています。

RE:ウィンブルドン

ひろべ~さん、こんにちは。
ひろべ~さんもハンドボールをされてたんですか。うわぁー、奇遇ですね。
日本ではマイナーな競技ですが、面白いボールゲームだと思うんですけどね。
日本はヨーロッパの本場のチームには全然歯が立たないというか、お隣の韓国にも勝てませんよね。もっと国際試合で勝てるようになったらもうちょっと人気が出るかもしれません。
ただ、ボディー・コンタクトが多く、基本フィジカルが強くないと勝てない競技なので、日本人には厳しいかなぁ。大体、手のひらの大きさが全然違うし・・・。
で、テニスなんですけど、私は全くやったことが無いですが、見るのは凄く好きです。
何故、男子が好きかというと、やはり女子よりプレーの質が上だからです。
以前は球足の速い芝のコートでは特にサーブ&ボレーのスタイルであっという間に勝負がついてしまって、ラリーが無いので男子は面白くないという話をよく聞きました。
でも、最近はサーブ&ボレーのスタイルは減って、男子でもグランドストロークの打ち合いが多く、見ていて退屈しません。
伊達さんや、グラフ、ナブラチロア、クリス・エバート・ロイド、マンドリコワ等々、この頃は女子もよく見てました。やっぱり、日本人が世界の一流と戦ってると見ちゃいますよね。
あと、全盛期のナブラチロアはちょっと傑出したプレーヤーだったので、その凄さに圧倒されてました。
最近は、男子でも錦織(にしこり)圭が頑張ってるので、ちょっと期待が持てます。それを考えると、バカみたいに扱われてますけど、ウィンブルドンでベスト8まで行った松岡修造って凄い選手やったんやなぁと改めて感じます。前述の錦織圭も松岡の指導を仰いでます。
※ちなみに私も野球、ゴルフ、テニス等のボールが小さい競技は苦手というか、あまり経験がありません。だから、やったら下手です。
プロフィール

topcym

Author:topcym
1965(S40)年11月、大阪府吹田市の生まれ。現在は大阪府交野市に住む、中年サラリーマンのおっさんです。
趣味は、自転車とドラム。
自転車は「メタボやし、ちょっとは体を動かさんといかんなぁ」という一応、健康目的から2005年10月にクロスバイクを購入し、2009年06月にやっとこさロードバイクを購入しました。
ドラムは高校ぐらいから始めてるんでキャリアは長いですが、実力が全くついて来ずといった状況で現在に至っています。
ということで、趣味の自転車とかドラム(音楽)とかを中心にしながらも、特にそれらに拘らず、適当に思いついたことを書いていこうと思います。

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
FC2カウンター
検索フォーム
リンク
月別アーカイブ
カテゴリ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる