伏見稲荷は朱色の世界
2011-10-24-Mon 00:25

10/23(土)、ちょっとしたトレッキングも兼ねて、伏見稲荷大社に行ってきました。
余力があれば、泉涌寺 (せんにゅうじ)にも行ってみようと思ってましたが、雨がパラパラ降ってきたので、そちらは断念しました。

20111023_115408_Panasonic_DMC-TZ7.jpg



朝8時には出発したいと思ってましたが、就寝したのが未明の4時ぐらいだったので、結局、起床したのは9時。

予定からは大幅に遅れましたが、とりあえず10:30に出発し、京阪・伏見稲荷駅には11:30頃に到着。

伏見稲荷駅の時点で既に柱とかが朱色に塗られてます。

20111023_113102_Panasonic_DMC-TZ7.jpg



伏見稲荷駅から5分も歩けば、伏見稲荷大社に到着です。

楼門。当然、左右に狐の像があります。

20111023_113728_Panasonic_DMC-TZ7.jpg

20111023_113852_Panasonic_DMC-TZ7.jpg



楼門をくぐったすぐ前にある舞台のようなところで居合の演舞をやってました。

20111023_114112_Panasonic_DMC-TZ7.jpg



拝殿でお参りをしてから、先に進みます。

20111023_114638_Panasonic_DMC-TZ7.jpg



有名な千本鳥居です。何故か左右2つあります。まあ、結局、同じ場所(奥の院)に出るんですが。

20111023_115354_Panasonic_DMC-TZ7.jpg

20111023_115408_Panasonic_DMC-TZ7.jpg

20111023_115554_Panasonic_DMC-TZ7.jpg



奥の院には、これまた有名な「おもかる石」があったりします。
※願いを念じて持ち上げた時、重さが予想より軽ければ願いが叶い、重ければその願いは叶わないといわれてます。

20111023_115812_Panasonic_DMC-TZ7.jpg



この奥の院から、「お山巡り」という稲荷山(お山)の中を巡拝するルートに突入します。
以下の鳥居がその入り口。

20111023_120008_Panasonic_DMC-TZ7.jpg



「一ノ峰」というところが稲荷山の頂上ですが、まずは、その途中にある「四ツ辻」というところを目指します。

どんどん上っていきます。
鳥居の間からのショット。こんな感じで、だだの山の中に沢山の鳥居が建っている訳です。

20111023_120720_Panasonic_DMC-TZ7.jpg



そこらじゅうに小さな祠が沢山あります。この稲荷山にはこういった祠が一万基以上あると言われてます。

20111023_120942_Panasonic_DMC-TZ7.jpg

20111023_121204_Panasonic_DMC-TZ7.jpg



こういった、ろうそくの火が燈っているところもあります。
なんか、民間信仰も入り混じったような雰囲気もあります。

20111023_121238_Panasonic_DMC-TZ7.jpg



突然、こんな池が出てきたり・・・。

20111023_121320_Panasonic_DMC-TZ7.jpg



更に鳥居の中を登っていきます。

20111023_121346_Panasonic_DMC-TZ7.jpg



こんな立て札が出ています。
この鳥居はみんな信者から奉納されたもんなんですね。
鳥居も一万基以上あるらしいです。

20111023_121720_Panasonic_DMC-TZ7.jpg



途中にはこういった茶店がところどころにあります。

20111023_121936_Panasonic_DMC-TZ7.jpg



更に登って・・・。

20111023_122158_Panasonic_DMC-TZ7.jpg



「四ツ辻」に到着です。

20111023_123002_Panasonic_DMC-TZ7.jpg



ここにも茶店があります。

20111023_123102_Panasonic_DMC-TZ7.jpg



京都の町を見下ろします。稲荷山ではこの「四ツ辻」ぐらいしか眺望の良い場所は無さそうです。

20111023_122855_Panasonic_DMC-TZ7.jpg

20111023_122935_Panasonic_DMC-TZ7.jpg



「四ツ辻」でちょっとだけ休憩して、更に登って、12:40頃に稲荷山山頂(233m)の「一ノ峰」に到着。

20111023_124308_Panasonic_DMC-TZ7.jpg

20111023_124124_Panasonic_DMC-TZ7.jpg



ここからは、基本的に下りになります。
見辛いですが、鳥居の裏側には奉納した人や会社の名前や、奉納した年月日なんかが書いてあります。

20111023_124952_Panasonic_DMC-TZ7.jpg



更に下ると「薬力の滝」なるところがあったり・・・。
※これは滝なのかなぁ???

20111023_125914_Panasonic_DMC-TZ7.jpg

20111023_125830_Panasonic_DMC-TZ7.jpg



こんな狐もおりました。

20111023_130616_Panasonic_DMC-TZ7.jpg



稲荷山を反時計回りに歩いて、また「四ツ辻」に戻ってきました。

20111023_131114_Panasonic_DMC-TZ7.jpg



今回、伏見稲荷に来てみてちょっと意外だったのは、若い人が結構来ていることでした。
今、パワースポットとかが流行ってるからかなぁ?

それと、外国人観光客も沢山見かけました。
拝観料が不要で閉門時間が無いところが人気らしいです。
また、この民間信仰が入り混じったような独特の雰囲気は、外国人にはとても興味深いのではないかなぁと思ったりしました。


で、「四ツ辻」でこんなのを見つけたので、泉涌寺 (せんにゅうじ)、東福寺方面に行ってみることにしました。

20111023_131914_Panasonic_DMC-TZ7.jpg



このトレイルに入っても、まだ、鳥居が立ってます。

20111023_132038_Panasonic_DMC-TZ7.jpg



あとは、こんな感じの道を歩いて、まずは東福寺に向かいます。

20111023_132344_Panasonic_DMC-TZ7.jpg



13:30頃、東福寺に到着。
東福寺は昨年、紅葉の時期に来たので、さらっと見るだけにします。

三門
20111023_134400_Panasonic_DMC-TZ7.jpg

臥雲橋
20111023_135454_Panasonic_DMC-TZ7.jpg

臥雲橋から通天橋を望む。ほんの少し紅葉している部分もありました。
20111023_135318_Panasonic_DMC-TZ7.jpg



泉涌寺 (せんにゅうじ)に行こうと思ったところで、雨がパラパラと降ってきました。

雨の中の拝観は大変なので、あっさりと引き上げることに決定。

京阪・東福寺駅から、14時頃の電車に乗って退散しました。


しかし、伏見稲荷は、さすが日本全国約4万社の稲荷神社の総本宮だけあって、すごい規模でした。
でも、所謂「お山巡り」をしないと、その規模は実感できませんけど・・・。
とにかく、鳥居だらけ、祠だらけで、全体的に朱色のなんとも不思議な世界でした。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

おはようございます。

伏見稲荷は一度ゆっくり見てみたい所です。
外国人にとって山全体が神域の神社は珍しくて特異な雰囲気を感じるのでしょうね。
鳥居の写真、良いですね。

一山真っ赤

伏見稲荷、ここまで朱いと恐れ入りました!の感じですね。これだけ鳥居や祠が多く朱いとそりゃパワースポットにもなりますね。しかし伏見稲荷大社の規模がこんなに大きいとは初めて知りました。
多くの鳥居をくぐっていると自然に身が清められるような気がするように思います。それだけでも御利益がありそうな。

RE:おはようございます。

Breezingさん、こんばんは。
伏見稲荷、是非とも行ってみて下さい。
私は伏見稲荷は2回目だったんですが、稲荷山を巡ったのは初めてでした。
稲荷山は本当に独特の雰囲気の世界です。
昨日は比較的気温が高かったので、汗だくになりました。
伏見稲荷は良い被写体がいっぱいあります。
千本鳥居なんかは、もう誰が撮っても良い写真になると思います。

RE:一山真っ赤

nikkokisugeさん、こんばんは。
稲荷山を巡るか否かで、伏見稲荷の印象は大きく異なると思います。
稲荷山は本当に独特の雰囲気で、非日常、霊的な世界 といった感じです。
Wikipediaに以下の記載があります。
『参拝者の中には、石碑の前にひざまづいて「般若心経」や「稲荷心経」などを唱えている人もおり、日本で神仏分離が行われる前の信仰(神仏習合を参照)が今でも保たれているのを見ることができる』
私が行ったときも正にこういう方を何名かお見かけしました。
本当に独特の異次元空間でした。
プロフィール

topcym

Author:topcym
1965(S40)年11月、大阪府吹田市の生まれ。現在は大阪府交野市に住む、中年サラリーマンのおっさんです。
趣味は、自転車とドラム。
自転車は「メタボやし、ちょっとは体を動かさんといかんなぁ」という一応、健康目的から2005年10月にクロスバイクを購入し、2009年06月にやっとこさロードバイクを購入しました。
ドラムは高校ぐらいから始めてるんでキャリアは長いですが、実力が全くついて来ずといった状況で現在に至っています。
ということで、趣味の自転車とかドラム(音楽)とかを中心にしながらも、特にそれらに拘らず、適当に思いついたことを書いていこうと思います。

カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
FC2カウンター
検索フォーム
リンク
月別アーカイブ
カテゴリ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる