indigo jam unit & flex life / Vintage Black
2011-10-23-Sun 09:17

先週末、娘がCDが借りたいのでTSUTAYAに連れて行けと言うので、一緒に行ってきました。

その際、indigo jam unit & flex lifeの「Vintage Black」というアルバムが推薦されてました。

indigo jam unitという大阪のJAZZ系インストバンドと、flex lifeという女性ボーカルとギターのDuoユニットとのコラボアルバムです。

手にとって見てみると、60~70年代のソウル、R&Bがカバーされています。
以下が収録されている7曲です。
1. Love Love Love (DONNY HATHAWAY)
2. I Believe in Miracles (JACKSON SISTERS)
3. My Cherie Amour (STEVIE WONDER)
4. Never Can Say Goodbye (THE JACKSON FIVE)
5. The Makings of You (CURTIS MAYFIELD)
6. Lady Day & John Coltrane (GIL SCOTT-HERON)
7. It's a Shame (THE SPINNERS)

どれもそれなりにメジャーなブラック・ミュージックで、うんうんと納得の選曲なんですが、なんかちょっと1曲だけ異質な曲が入っています。6曲目のGIL SCOTT-HERONの「Lady Day & John Coltrane」。

「こんな人のこんな曲、カバーするか」と、かなり驚きました。

で、この曲の出来が、結構いいんです。

この曲に関しては、YouTubeには彼らの演奏が無かったので、オリジナルのGIL SCOTT-HERONのものをピックアップしておきます。




それと、JACKSON FIVEの「Never Can Say Goodbye」はカバーバージョンがあったので、そちらを貼り付けておきます。




JACKSON FIVEのオリジナルもありましたので、そちらもそどうぞ。




今回、久しぶりにJACKSON FIVEのオリジナルを聴いた訳ですが、やっぱり、Michael Jacksonって子供の時から、もうめちゃくちゃに歌が上手かったことを再認識しました。
※何をいまさらって話ですみません。


彼は、なんか、ショー・ビジネスの申し子みたいな感じで、早熟すぎて、小さな頃からいろいろありすぎて、晩年はなんと言いますか人生のバランスを崩してしまって、あっけなく若死にしてしまった訳です。
彼の人生は幸せやったんやろうか??? と考えてしまいます。

なんか話が変な方向に行ってしまった・・・。


で、最後にこの「Vintage Black」というアルバムですが、なかなか良いアルバムでした。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

topcym

Author:topcym
1965(S40)年11月、大阪府吹田市の生まれ。現在は大阪府交野市に住む、中年サラリーマンのおっさんです。
趣味は、自転車とドラム。
自転車は「メタボやし、ちょっとは体を動かさんといかんなぁ」という一応、健康目的から2005年10月にクロスバイクを購入し、2009年06月にやっとこさロードバイクを購入しました。
ドラムは高校ぐらいから始めてるんでキャリアは長いですが、実力が全くついて来ずといった状況で現在に至っています。
ということで、趣味の自転車とかドラム(音楽)とかを中心にしながらも、特にそれらに拘らず、適当に思いついたことを書いていこうと思います。

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
FC2カウンター
検索フォーム
リンク
月別アーカイブ
カテゴリ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる