Bernard Purdie というおっさん
2011-09-24-Sat 00:01

Bernard Purdie(バーナード・パーディー)という強烈にグルーヴするドラマーがおります。

テクニックがどうこうでなく、とにかくグルーヴするドラミングで、とにかくかっちょええ訳です。

1939年生まれなので、もう70歳を超えています。

この人は、ビッグマウスでも有名で、どこまでが本当なんだかわからない発言が一杯あります。
例えば、以下のようなものです。
「僕は、世界一録音されたドラマーで、4000枚以上ものアルバムに参加している」←これは有り得るかなぁ?
「実はビートルズの21曲は僕が叩いているんだ」←ホンマかいな?
「ゴーストノート(スネアで拍の裏なんかで鳴らす小さな音)は自分が作り出した」←おいおい、それは無いやろ

Steely DanのDVDでドナルド・フェイゲンが語っていたバーナード・パーディーの逸話では、バーナード・パーディーはレコーディングに呼ばれると、「あなたはヒットメーカーを雇った」という看板を持って来て、ドラムの横にその看板を立ててドラムを叩いておったらしいです。
まあ、自分のドラミングには強烈な自負のあるおっさんなんでしょうね。


バーナード・パーディーといえば、パーディー・シャッフルというハーフタイム・シャッフルのリズムパターンが非常に有名です。
前述のゴーストノートが常に鳴っている独特のシャッフルです。

パーディー自身が叩いている映像はこんな感じです。相変わらずハイハットがシャープですなぁ。




パーディーは、Steely Danのアルバム「Aja」の「Home at Last」という曲で、このパーディー・シャッフルを叩いてます。派手ではありませんが、このハイハットのキレといい、リズムの推進力といい、素晴らしいなぁ。




この「Home at Last」のパーディーのドラミングが基になって、ToToの「Rosanna」という曲のジェフ・ポーカロ(1992年、自宅の庭で殺虫剤を散布中にアレルギーで心臓発作を起こし38歳で急死)のリズムパターンが生まれた訳です。以下の映像で、ポーカル自身がそう語っています。
※ポーカロにとって、パーディーのドラミングやグルーヴというのは、ある意味目指すべき目標だったようです。




で、私がパーディーの演奏で一番印象深いのは、King Curtist(キング・カーティス)のフィルモア・ウェストでのライブの1曲目「Memphis Soul Stew(メンフィス・ソウル・シチュー)」という曲です。
このアルバムでバーナード・パーディーというドラマーを初めて強く意識しました。高校1年ぐらいの時だったでしょうか。
曲が始まって、ベーシストの紹介の後にフィルインからパーディーのリズムパターンが刻まれるんですが、もうこれが強烈な訳です。恐るべきドライブ感、凄まじいグルーヴ感・・・。この感じはちょっと他のドラマーでは出せないと思うんですね。
この曲を初めて聴いたときは、ちょっと唖然としました。
以下はその演奏です。
※動く映像はありませんが・・・。




このおっさんのグルーヴ感は天賦の才やと思うので、ちょっと真似のできるようなもんでは無いような気がします。
とにかく、天然系のとんでもないドラマーで、とにかくかっちょええのです。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

う~ん脱帽!

完全にドラムと一体していますね。体の一部になっていると言っていいくらい。
無理して叩いている感じしませんものね。
高校一年にの多感なときに出会ったの時の衝撃がとても理解できます。
いい音には言葉はいらない、そんな気分です。しばしプレイに酔いましょう!

RE:う~ん脱帽!

nikkokisugeさん、こんばんは。
このおっさん、ちょっと(かなり?)法螺吹きオヤジではありますが、凄いドラマーであることは間違いありません。現在の名ドラマーと呼ばれる人たちが、こぞってリスペクトしてますんで。
見ての通りのおっさんなんで、発言だけでなくプレイにもちょっとええ加減なところはありますが、そんなことは超越したところで凄い演奏をしてます。
細かいことはどうでも良くて、要は聴いている人を心地よくするビートを叩き出すことがドラマーとして最も重要であることを体現しておるおっさんだとお思います。

No title

こんにちは
僕もパーディーの大ファンです

http://trinitymusic.at.webry.info/201202/article_6.html

http://trinitymusic.at.webry.info/201201/article_2.html

なんというか唯一無二ですね

ちなみに僕も自転車乗ってます(モールトン)

topcym>Trinityさん

Trinityさん、こんばんは。
パーディー、いいですよね。
私も大好きです。
あんな風にドラム叩けたら、最高でしょうね。
Trinityさんのブログ、面白そうですね。
また、読ませて頂きます。
モールトンって、つうですねぇ・・・。

No title

僕もバンドやってたんでドラムスは気になるんです。

最後の動画のライブ映像は下記ページ下から二番目で見られますよ

http://trinitymusic.at.webry.info/201107/article_2.html

topcym>Trinityさん

Trinityさん、こんばんは。
おー、これは動くKing Curtistではないですか。
パーディはやっぱり叩き方も含めて、独特ですよね。
で、Cornell Dupree、亡くなってたんですね。知りませんでした。
残念!
好きなギタリストだったんですが・・・。
Teasin' よく聴きました。
プロフィール

topcym

Author:topcym
1965(S40)年11月、大阪府吹田市の生まれ。現在は大阪府交野市に住む、中年サラリーマンのおっさんです。
趣味は、自転車とドラム。
自転車は「メタボやし、ちょっとは体を動かさんといかんなぁ」という一応、健康目的から2005年10月にクロスバイクを購入し、2009年06月にやっとこさロードバイクを購入しました。
ドラムは高校ぐらいから始めてるんでキャリアは長いですが、実力が全くついて来ずといった状況で現在に至っています。
ということで、趣味の自転車とかドラム(音楽)とかを中心にしながらも、特にそれらに拘らず、適当に思いついたことを書いていこうと思います。

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
FC2カウンター
検索フォーム
リンク
月別アーカイブ
カテゴリ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる