保津峡から樒原(しきみがはら)
2010-05-05-Wed 13:00

5/4(祝)、保津峡~樒原(しきみがはら)まで行ってきました。
国道1号線~府道13号線(旧国道1号線)~京都八幡木津CR で嵐山まで行ってから、その後は、府道50号線 で保津峡経由、樒原(しきみがはら)を目指しました。
ルートの地図は以下のような感じです。
※詳細地図は、以下の地図のタイトル「交野市~嵐山~保津峡~水尾~樒原」をクリックして下さい。



今回、何でこのコースを走ったかといいますと、「連休中にもう一回、それなりの距離のサイクリングをしておきたいなぁ」という想いから、ネットでルートを調べていたんですが、何がええんかようわからんようになってきました。

で、その時に、以前、書店で見た「京都自転車マップ(京都郊外版)」という本(地図)を思い出しました。

京都自転車マップ 京都郊外版京都自転車マップ 京都郊外版
(2010/04/12)
LLP自転車ライフプロジェクト&NPO法人環境市民

商品詳細を見る


「とりあえずこの本を買って、この本の中から今回のコ-スを決めよう」という超お手軽な考えで、自宅を出発後、国道1号線沿いのTSUTAYAでこの本を購入し、京都八幡木津CLの吉祥院辺りのベンチでコースを検討しました。

この本には15のコースが載っています。最短は13kmから最長は132kmで、本のタイトルから当然の事ながら、いずれも京都のどこかが起点になっています。
交野からだと、京都まで少なくとも往復で60km(嵐山だと70kmぐらい)はありますので、日帰りの場合、時間・脚力を考慮すると京都到着後は50~60kmぐらいしか走れない計算になります。
今回、自宅からの出発が遅れ10時過ぎになったので吉祥院辺に到着したのが12時頃でした。
で、15のコースの中から「保津峡と棚田と日吉ダムのコース」という嵐山~日吉ダム の34kmのコースを選択しました。ただ、日吉ダムには過去2回行ったことがありますし、そもそもそこまで行く時間がありません。
といこうことで、今回はこのコースのほぼ中間点の樒原で棚田を見て帰って来ることにしました。
ただ、樒原はこのコースの最高標高500mを越えて少し行ったところにあり、基本的にそこまでひたすら登りというのが少し気になりましたが、「まあなんとかなるやろ」という軽い気持ちで吉祥院を出発しました。

いつもの嵐山です。予想通り、GWなのでえらい人です。
この日は、河川敷のいたるところでバーベキューをしてはりましたが、嵐山の少し手前の河川敷もこんな状況です。

嵐山_バーベキュー


人力車もフル稼働といった感じです。

嵐山_人力車



嵐山の少し北、府道50号線沿いです、所謂、嵯峨野という辺りでしょうか。美しい街並みが続きます。

嵯峨野01

嵯峨野02



嵯峨野の奥に、大きな鳥居があります。神社がある訳でもないのですが・・・。
左側の道が府道50号線で、ひたすら府道50号線を走ります。

嵯峨野_鳥居



左側の道に入るといきなりこんな感じですぐ林の中に入ります。ここが六丁峠の入り口です。

六丁峠01


相当厳しい登りです。下の写真のガードレールのとおり、つづら折りが続いています。
ちなみに、これは復路の写真です。

六丁峠02



この六丁峠を登りきると、すぐに保津峡が見えてきます。

保津峡01

保津峡02



嵯峨野観光線のトロッコ保津峡駅です。保津川に沿って線路と駅があります。昔はこの線路が山陰本線でしたが、今は山をトンネル等で突き抜ける感じでもっと真っ直ぐなルートで山陰本線が通っています。

トロッコ保津峡駅01

トロッコ保津峡駅02


保津川に架かる橋の反対側に、売店というか食事もできる休憩所というかそういうお店があります。
なんといいますか、店の方もお客さんもなんともルーズは雰囲気です。

トロッコ保津峡駅03



小学校高学年の夏休みに、京都駅からこの旧山陰本線に乗って、一人で母の実家の丹後半島まで遊びに行ったことを思い出しました。その時も車窓から保津川下りの船を眺めていました。
今も保津川下りは健在です。

保津川下り01

保津川下り02

保津川下り03


これは保津川下りではないですが、こんな人もいました。

保津川下り04



しばらくトロッコ保津峡駅にいましたが、ここから樒原に向かいます。
トロッコ保津峡駅が標高100mで、標高500mまで、約8kmをひたすら上ります。ということは平均勾配は5%になるんですかね。

トロッコ保津峡駅と樒原の中間ぐらいに水尾という集落がります。ここは「ゆず」の産地のようです。

水尾


ゆず畑。
水尾_ゆず畑



更に進むと神明峠という標識が出てきますが、ここがてっぺんという訳ではなく、まだまだ登りは続きます。
じゃあ、なんで峠なんですかねぇ。

神明峠01


この標識の奥の道は廃道になっており通行止めになっていますが、この道はここから下っています。だから峠なのだろうか?

神明峠02



ここから先は基本的にこういった杉林の中を走ります。こういう風景が延々続きます。

府道50号線_杉並木


てっぺんの手前の1kmほどは、私の脚力では自転車で登れず、歩いて登ってました。
ちなみに帰りの六丁峠も途中から歩いてしまいました。


で、やっと樒原(しきみがはら)に到着しました。樒(しきみ)って仏前に供えたりしますよね。なんとも不思議な地名です。この地名に惹かれて、このコースを選んだというのもちょっとあります。

樒原


樒原の棚田では田植えが行われていました。なかなか美しい風景でした。

樒原_棚田01

樒原_棚田02



この日は BMC SL01 で往復で103kmほど走りました。
登りでかなり消耗し、クタクタになりました。
でも、帰りの京都八幡木津CRでは、疲れていたものの30km/h超のスピードも出せたりして、フラットなコースのありがたさを実感しました。

しかし、今朝起きたら、身体のあちこちが筋肉痛で大変でした。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

こんばんは!
写真の九十九折れは激坂が伝わってきます。お疲れ様でした。
丹後半島は良い所ですね。近畿、中国地方の海岸線では屈指の景勝自転車コースです。お母上の御実家なら是非ロードで走ってみて下さい。
この日の保津峡は水が綺麗ですね。

日本海側

breezingさん
こんばんは。
私は日本海側は一度、若狭湾辺りを走っただけです。
その時はコースの選択が悪かったのか、全般的にいまいちでした。
きっと、国道27号線を走ったのがいかんかったんだと思います。
もっと、ちゃんとリサーチして美しい日本海の風景を眺めながら走ってみたいです。
このあたりもまた、ご指南下さい。

よく走られてますねぇ

GW中、ロードで激走したという印象を受けました。
すごいですねぇ。

私は、GWからやっとクロスバイクに乗る気になったところで、須磨海浜公園まで50kmほどを何とか走れる程度です。
それだけでもお尻痛いですからねー。(+_+)
いつになれば、ロードに戻れるやら・・・って感じです。

コース取りなどは、既にベテランの方がコメントされているようですので、私のコメントは単なる茶々入れって事で勘弁して下さい。

とりあえず、走りはしましたが・・・

べいべえさん
おはようございます。
とりあえず、走りはしましたが、コースプランニングは難しいなぁと感じております。
適度な距離で、適度な起伏、綺麗な風景 というのが出来ればいいんですが、なかなか・・・。
べいべえさんも、徐々に自転車の世界に復帰されているようなので、少しずつ距離を延ばして、早くロードにも乗れればいいですね。
でも、皆さん、いろいろと事情があるでしょうし、マイペースで行くしかないんですけどね。
私も仕事が忙しくなってきて、どうなることやら。
では。
プロフィール

topcym

Author:topcym
1965(S40)年11月、大阪府吹田市の生まれ。現在は大阪府交野市に住む、中年サラリーマンのおっさんです。
趣味は、自転車とドラム。
自転車は「メタボやし、ちょっとは体を動かさんといかんなぁ」という一応、健康目的から2005年10月にクロスバイクを購入し、2009年06月にやっとこさロードバイクを購入しました。
ドラムは高校ぐらいから始めてるんでキャリアは長いですが、実力が全くついて来ずといった状況で現在に至っています。
ということで、趣味の自転車とかドラム(音楽)とかを中心にしながらも、特にそれらに拘らず、適当に思いついたことを書いていこうと思います。

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
FC2カウンター
検索フォーム
リンク
月別アーカイブ
カテゴリ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる