西吉野方面(黒滝村~天川村~五條市~下市町)
2011-07-19-Tue 01:24

7/17(日)、またまたmucho66さんにコースを設定してもらって、奈良県の西吉野方面を、道の駅・吉野路黒滝~黒滝村~天川村~五條市~下市町~道の駅・吉野路黒滝 と走ってきました。

mucho66さんとは東大阪市役所前に7:30に待ち合わせ。今回は道もすいていて定刻10分前に到着。
車にmucho66さんの自転車(RIDLEY Compact)を積み込んで、8時前に出発。

20110717_073800_Panasonic_DMC-TZ7.jpg



近畿自動車道~南阪奈道路~R24~R169~R309 と走って、9:30頃、ツーリング出発点の「道の駅・吉野路黒滝」に到着。

20110717_101900_Panasonic_DMC-TZ7.jpg



道の駅の駐車場が満車だったので、裏手の臨時駐車場に駐車して、出発準備。

20110717_100024_Panasonic_DMC-TZ7.jpg



10時過ぎに出発。

コースは以下のとおり。
【道の駅・吉野路黒滝】~R309~r53~R168~【猿谷ダム】~R168~【道の駅・吉野路大塔】~R168~r20~r138~R309~【道の駅・吉野路黒滝】
※大文字の「R」は国道、小文字の「r」は府県道 を表しています。

コースの地図はこのルートラボをどうぞ。


基本的に時計回りに周回するルートです。

まずは、R309で南下します。
元々、mucho66さんが設定していたルートではトンネルは使わずに旧道で峠を越えるものでした。
大体、坂道を上りは始めると、私が先に行くケースが多いのですが、私は旧道のことは全然意識しておらず、何の疑問も抱かずに、目の前にあるトンネルに突入してしまいました。

上の写真が新笠木トンネル(1,693m)、下が新川合トンネル(2,751m)。
( )内の数字のとおり、どちらもかなり長いです。
尚、新笠木トンネルは出口(南側)の写真です。
新川合トンネルの写真で写っているのはmucho66さん。新笠木トンネルを出た後に、先頭を交代しました。

20110717_104632_Panasonic_DMC-TZ7.jpg

20110717_105426_Panasonic_DMC-TZ7.jpg



新川合トンネルの内部の写真。ちょっとビビッていてブレまくってますが・・・。

20110717_110132_Panasonic_DMC-TZ7.jpg



今回のような幅の狭い歩道しか整備されていないトンネルでは、自転車は歩道を走るとトンネルの壁面に接触しそう&歩道から脱落しそうで恐ろしい訳です。
そうすると、車道を走るしかありません。これもかなり恐ろしいと言えば恐ろしいのですが、歩道を走るよりはまだましです。
そもそも、トンネルを走ると、車の走行音が異常に大きく増幅されて、その音を聞いているだけでもかなり恐ろしいものがあります。その上、暗いので路面の状況が見え辛い。何かを踏んでスリップでもしたところに、後ろから車が来たら・・・といった思いが頭をよぎります。

こういう恐ろしさもあって、mucho66さんはわざわざトンネルを通らず、旧道を走るルートを設定してくれていたのに、それを私が何の躊躇も無くトンネルに突入してしまった訳です。

ただ、トンネルを走ると恐怖と引き換えに良いこともあります。
1.高くまで上らなくてよい。(勾配も緩くなる)
2.距離が短縮できる。
3.夏場は涼しい。
今回の場合、トンネルを使わないと818mまで上る必要がありますが、トンネルを使うと645mまでで済みます。
また、出発地点から川合の交差点まで、トンネルを使わないと11.3km走る必要がありますが、トンネルを使うと9.2kmで済みます。

今回、トンネル走行の後、mucho66さんが「怖かった」と言ってはりました。確かに怖かった。
でも、旧道を使っていたら、かなり体力を消耗していた可能性があります。また、時間も掛かったはずです。

一点申し添えておきますと、一応、私もトンネルを走らなくてすむのなら走りたくないと思っています。


で、この2つのトンネルについて、天五さんのサイトで、走行中の動画が公開されています。
よかったらどうぞ・・・。

ちなみに、旧道を車で走った動画もありました。
よかったらこのYouTubeもどうぞ。

まさに、「恐怖」と「体力&時間」のトレードオフ ですね。


トンネルを抜けると素晴らしい風景が広がっています。

20110717_110438_Panasonic_DMC-TZ7.jpg



R309を川合の交差点で右折して、r53に入り、天ノ川に沿って南西から西に進みます。

天川村役場前の天ノ川では、沢山の家族連れが水遊びをしています。

20110717_110834_Panasonic_DMC-TZ7.jpg



r53はとても気持ちよく走れる道です。

ちょっと休憩して撮影。

天ノ川の水はとても綺麗で、青緑のような色をしています。

20110717_112208_Panasonic_DMC-TZ7.jpg



私のBMC。

20110717_112336_Panasonic_DMC-TZ7.jpg



mucho66さんのRIDLEY。

20110717_112348_Panasonic_DMC-TZ7.jpg



更にr53を西進します。

20110717_113220_Panasonic_DMC-TZ7.jpg



こんな木陰の道があったり。

20110717_113322_Panasonic_DMC-TZ7.jpg



天ノ川沿いにはこういったバンガローやオートキャンプ場が沢山あります。

20110717_114548_Panasonic_DMC-TZ7.jpg



快適な道が続きます。

20110717_115858_Panasonic_DMC-TZ7.jpg



猿谷ダムが近づいてきたのか、だんだん天ノ川の水量が増してきました。水は深い緑色です。

20110717_120436_Panasonic_DMC-TZ7.jpg



猿谷ダムに向かうため、R168に入って南下します。

猿谷ダム到着。放水してました。

20110717_123904_Panasonic_DMC-TZ7.jpg



ダム湖。

20110717_124226_Panasonic_DMC-TZ7.jpg



猿谷ダムを後にし、R168を北上します。
※十津川村まで行くという話しもあったのですが、時間の関係で断念しました。

20110717_125148_Panasonic_DMC-TZ7.jpg



昼食を摂る道の駅・吉野路大塔まではかなりの上りが続きます。

20110717_130358_Panasonic_DMC-TZ7.jpg



道の駅・吉野路大塔に到着。ヘロヘロです。到着後、たて続きにベットボトル2本を飲み干しました。
後ろの黄色い建物のうどん屋で昼食。

20110717_141434_Panasonic_DMC-TZ7.jpg



昼食後、R168を少し上った後は、かなり長距離のダウンヒル。

R168からr20に入り、その後、r138に入って東進します。

20110717_150228_Panasonic_DMC-TZ7.jpg



このr138は、丹生川に沿っていて、何とも言えない趣のある道です。

丹生川。

20110717_145814_Panasonic_DMC-TZ7.jpg



木陰があってとても走りやすい道です。

20110717_144626_Panasonic_DMC-TZ7.jpg



所々にいい感じの集落があって、なんとも言えない生活感が漂っています。

20110717_151622_Panasonic_DMC-TZ7.jpg



r138を右折してR309に入り、発着点の道の駅・吉野路黒滝を目指します。


道の駅・吉野路黒滝には15:30頃に到着。

帰り支度をして、16:00頃に車で帰路につきました。

mucho66さんを東大阪まで送り届け、18:00頃お別れ。

自宅には19時頃に到着。


この日、サイコンの調子がおかしくて、心拍数は計測するものの、スピードや距離、ケイデンスは一切計測できませんでした。

20110717_144640_Panasonic_DMC-TZ7.jpg



また、iPhoneのアプリのCyclemeterもGPSをうまく受信できず、コースの半分ぐらいしか計測ができていませんでした。


ということで、走行距離は、大体70km。
ルートラボでの獲得標高(上り)は889m。


この日は快晴でしたが、コースに木陰が多く、かなり快適に走れました。
今回のコースのr53、r138は、とても走りやすい良い道でした。

しかし、奈良県には、今回の黒滝村、天川村、十津川村に、以前に行った明日香村、曽爾村等、まだ、結構「村」が残っているんですね。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

夏の日差しと風

トンネルの中を走るのは相当恐い感じです。確かにねトンネル内の歩道は屋根が丸くなっているので壁にぶつかりますわね。無事で何よりでした。
天の川の写真はプロ並みですね。丸い感じと水のみどりの色が綺麗です。
森も深くなると木陰があって走るにも涼しいですね。空気の爽やかさが伝わってきますよ。
夏は確かに暑いけれど、山の風の清々しさの対比を味わうとめげずに出かけたくなりますね。それだけ爽やかさを強く感じられて。

トンネルについて

mucho66です。今回も車を出して頂き&運転もして頂いてありがとうございます。
トンネルの件ですが、一つ目のトンネルでは最初は車道を走ってたのですが、途中から音にビビって狭い歩道の上を走ったので余計に怖かったです。歩道の上のほうが結構ウェットで暗かったですし、ご指摘の通り壁が丸いおかげで幅が凄く狭く感じられて、すぐ落ちそうな気がして。これは私の選択ミスですね。
堂々と車道を走ったほうが車に認知してもらえていいのだろうと思います。(車から見ると欝陶しいのでしょうが)2つ目は車道を走ったのでそこまで怖くなかったです。落ちる恐怖がないだけ全然マシでした。
あと、なるべく間隔を空けずに複数台で走るとかすれば、より危険を減らせるのかなあという気もしました。
事実二つ目は後ろにtopcymさんがいるというだけで安心できてました。実際はどのくらい間隔で走ってるのかはわからないんですけどね(笑)
テールランプは点けてましたが、どれくらい光ってるかがあまりわからないんで、自分自身が安心出来るためにリフレクターなものを付けるとかもっと激しく光るテールランプを点けるとかしないといけないと思いました。

RE:夏の日差しと風

nikkokisugeさん、こんばんは。
やはりトンネルは怖いです。でも楽をしたいという思いもあったりします。
今回の西吉野もとても素晴らしいところでした。
nikkokisugeさんのコメントにありますとおり山や川の清々しさ、爽やかさは、なんとも気持ちよく、日頃のバタバタした日常とは別世界です。
だから、少々しんどくても、また、走りに行ってしまうんでしょうね。

RE:トンネルについて

mucho66さん、こんばんは。
車の件は気にしないで下さい。
トンネルの幅の狭い歩道を走るのって、メチャ怖いでしょ。
開き直って車道を走った方が精神的に相当楽ですし、実際、まだ安全やと思います。
後ろからmucho66さんのサドルバックに内蔵されたテールランプを見ていましたが、かなり光量が少なく、ほとんど光っていることがわからないぐらいでした。
もっと強力なテールランプか、リフレクターを着けはった方がええように思います。
今回のトンネルも怖かったですが、奥琵琶湖の賤ヶ岳トンネルはもっと怖かったです。
あと、京北の笠トンネルもかなり怖いです。
怖いけど楽なトンネルを走るか、危険は少ないけどしんどい旧道を走るか、うーん、究極の選択ですよね。
プロフィール

topcym

Author:topcym
1965(S40)年11月、大阪府吹田市の生まれ。現在は大阪府交野市に住む、中年サラリーマンのおっさんです。
趣味は、自転車とドラム。
自転車は「メタボやし、ちょっとは体を動かさんといかんなぁ」という一応、健康目的から2005年10月にクロスバイクを購入し、2009年06月にやっとこさロードバイクを購入しました。
ドラムは高校ぐらいから始めてるんでキャリアは長いですが、実力が全くついて来ずといった状況で現在に至っています。
ということで、趣味の自転車とかドラム(音楽)とかを中心にしながらも、特にそれらに拘らず、適当に思いついたことを書いていこうと思います。

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
FC2カウンター
検索フォーム
リンク
月別アーカイブ
カテゴリ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる