青蓮寺ダム~曽爾高原~室生寺~室生ダム
2011-06-05-Sun 10:57

6/4(土)、mucho66さんにお誘い頂き、道の駅・宇陀路室生~青蓮寺(しょうれんじ)ダム~曽爾(そに)高原~室生寺~室生ダム~道の駅・宇陀路室生 と走ってきました。

GWの5/4(水)以来の久しぶりのちゃんとした?ツーリングです。

mucho66さんとは東大阪市役所前に7:30で待ち合わせしていたのですが、なんやかんやと準備に手間取って、車に自転車を積んで自宅を出発したのが7:10頃。ガソリンも無かったので給油して待ち合わせ場所に向かいます。

結局、東大阪市役所には20分遅れの7:50に到着。
mucho66さん、遅刻、すみませんでした。m(_ _)m

東大阪市役所前で、mucho66さんの自転車(RIDLEY Compact)を積み込んで、出発。

近畿自動車道~西名阪自動車道~名阪国道~R369~r28~R165 と走って、9:20頃、ツーリング出発点の「道の駅・宇陀路室生」に到着。思っていたよりすんなり着きました。

20110604_094758_Panasonic_DMC-TZ7.jpg



「道の駅・宇陀路室生」の横には宇陀川流れています。

20110604_094820_Panasonic_DMC-TZ7.jpg



9:45、自転車で出発。

コースは以下のとおり。
【道の駅・宇陀路室生】~R165~r81~【青蓮寺ダム】~r81~【曽爾高原】~r81~R369~r28~【室生寺】~r28~【室生ダム】~R165~【道の駅・宇陀路室生】
※大文字の「R」は国道、小文字の「r」は府県道 を表しています。

コースの地図はこのルートラボをどうぞ。


まずは、R165を北東に進み、近鉄の名張駅のあたりで右折し、r81に入り南下します。

南下して暫く走ると青蓮寺(しょうれんじ)ダムに到着。

ダム湖が美しい。

20110604_103412_Panasonic_DMC-TZ7.jpg

20110604_103214_Panasonic_DMC-TZ7.jpg

20110604_103424_Panasonic_DMC-TZ7.jpg



青蓮寺ダムを後にし、更にr81を南下します。

このr81は青蓮寺川に沿って走っていて、車も少なく景色も良くて、とても素晴らしい道です。

20110604_104904_Panasonic_DMC-TZ7.jpg



途中、「百間滑淵(ひゃっけんなめらふち)」なる看板が出ていました。

20110604_105132_Panasonic_DMC-TZ7.jpg



青蓮寺川のこのあたりのことを言うような感じですが、説明文が無いので、いまひとつ意味がよくわかりませんが・・・。

20110604_105038_Panasonic_DMC-TZ7.jpg



で、このあたりの山は、こういった岩肌がむき出しになっている箇所が見られます。

20110604_105050_Panasonic_DMC-TZ7.jpg



更にr81を南下し

20110604_105654_Panasonic_DMC-TZ7.jpg

20110604_105734_Panasonic_DMC-TZ7.jpg



曽爾(そに)村に突入。人口1,800人の村ですが、とても美しい村です。
NPO法人「日本で最も美しい村」連合に加盟しているそうです。

20110604_110126_Panasonic_DMC-TZ7.jpg



曽爾村から曽爾高原を目指します。

写真ではあまり伝わらないと思いますが、曽爾高原までは平均勾配8%超、部分的には10%超のかなり厳しい坂を3kmほど上らないといけません。
イヤー、しんどかったです。途中でふくらはぎがつって、難儀しました。
この日は、青蓮寺ダムあたりの緩い坂でも何故かふくらはぎがつってました。

20110604_131340_Panasonic_DMC-TZ7.jpg



やっと、曽爾高原に到着。12:00頃。
厳しい坂を上った甲斐がありました。
素晴らしく且つある意味ちょっと特異な風景です。

20110604_123258_Panasonic_DMC-TZ7.jpg

20110604_123406_Panasonic_DMC-TZ7.jpg

20110604_125156_Panasonic_DMC-TZ7.jpg

20110604_125222_Panasonic_DMC-TZ7.jpg



曽爾高原から遠くの山々を見渡すとこんな感じ。
雲が無ければ、もっと素晴らしい光景なんだろうと思います。ちょっと残念。

20110604_125314_Panasonic_DMC-TZ7.jpg



曽爾高原から下る途中にある「ファームガーデン」で食事。
無難なところでカレーにしました。

20110604_141642_Panasonic_DMC-TZ7.jpg



ここで、私もmucho66さんもかなり脚にきていたので、この後の道程をどうするか話し合いました。
私もmucho66さんもスマホで、この後の勾配を調べようとしたんですが、私のiPhone(Softbank)は圏外、mucho66さんのAndroid携帯(au)は電波が弱く、結局、調べられませんでした。
で、食事の支払いの際に、レジにSoftbankのWiFiが使用可能な旨のポスターが貼ってありました。
有難し。
私のiPhoneでWiFi接続してこの後の勾配を調べ、なんとか行けそうということになり、基本的に当初の予定通りのルートを走ることにしました。


「ファームガーデン」を後にし、r81~R369と走ります。
mucho66さんが設定してくれた当初の予定ルートでは、トンネルは走らず旧道を走るルートになっていたんですが、R369沿いの店舗で水分補給した際に、店主に確認すると、旧道はかなり勾配がきついのでトンネルを走ったほうが遥かに楽 とのこと。
ということでR369の栂坂(とがさか)バイパスという2kmぐらいの長いトンネルを走って、旧道を回避しました。
ここの勾配が緩かったのは助かりました。

栂坂バイパスを抜けた後、すぐに右折してr28に入り、北上します。

このr28も非常に走りやすく、風景も美しい道です。
室生川に沿って走っています。

20110604_153054_Panasonic_DMC-TZ7.jpg

20110604_153236_Panasonic_DMC-TZ7.jpg

20110604_153342_Panasonic_DMC-TZ7.jpg



15:45頃、室生寺に到着。

室生寺は山肌の杉の大木の中にへばりつくように建っている、とても趣のあるお寺でした。

表門
20110604_154822_Panasonic_DMC-TZ7.jpg

仁王門
20110604_155314_Panasonic_DMC-TZ7.jpg

金堂へ向かう石段
20110604_155444_Panasonic_DMC-TZ7.jpg

金堂
20110604_155758_Panasonic_DMC-TZ7.jpg

本堂
20110604_160234_Panasonic_DMC-TZ7.jpg

五重塔(平成10年の台風で大きな損傷を受け、平成12年に修復された)
20110604_160328_Panasonic_DMC-TZ7.jpg

更に上へ上へと石段は続き・・・。
20110604_160930_Panasonic_DMC-TZ7.jpg

20110604_161112_Panasonic_DMC-TZ7.jpg

階段の一番上に奥の院の土台の柱が見えます。
20110604_161214_Panasonic_DMC-TZ7.jpg

奥の院の横からの図
20110604_161630_Panasonic_DMC-TZ7.jpg

上りきった所からの奥の院の図。イヤー、疲れました。
20110604_161716_Panasonic_DMC-TZ7.jpg



室生寺を後にし、r28を更に北上し、17時過ぎに室生ダムに到着。

20110604_171010_Panasonic_DMC-TZ7.jpg



ちょうど放水していました。

20110604_171058_Panasonic_DMC-TZ7.jpg



ちなみに、青蓮寺川も室生川も名張川に注ぎ、名張川の高山ダムより下流は木津川になります。
つまり、青蓮寺川も室生川も淀川水系ということになります。


r28を右折して、R165に入り北東へ進み、17:30頃、「道の駅・宇陀路室生」に帰ってきました。

20110604_172804_Panasonic_DMC-TZ7.jpg



帰り支度をして、道の駅でお土産とかを買って、18時過ぎに車で出発。

途中でmucho66さんをご自宅まで送って、交野の自宅には20:40頃到着。

走行距離、約66km。
ルートラボでの獲得標高1,064m。

r81、r28共に、非常に美しい風景でとても良かったですし、曽爾高原、室生寺も素晴らしかったです。
とても密度の濃いツーリングで、走行距離の割には坂も沢山上りました。

mucho66さん、プランニングありがとうございました。
また、誘ってやって下さい。


P.S.
また写真が多くなってしまった・・・。くどくてすみません。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

緑が美しい

あじゃ、20分の遅刻ですか!muchoさんは寛大でしたか。muchoさんもtopcymさんの車頼りですから待つしかないですね(笑)。
またまた素晴らしい風景のコースですね。青蓮寺川あたりの岩肌の山は中国の墨絵を思わせるような感じです。曽爾高原、こんな美しい高原は初めてみさせてもらいます。写真では俗化されていないようで素晴らしいですね。写真を何枚も撮られる気持ち分かりますよ!
室生寺は学生の頃兄夫婦に車で連れて行ってもらいました。名古屋からでしたので日帰りでいきましたよ。もう数十年も前のことですので、記憶がさっぱりありませんが、山に添って建てられた静かなお寺の好印象が残っていますが、こんなに階段ありましたっけ!きっと若かったので階段もへとも思わなかったんでしょうね。
走行距離が66kmとは以外です。もっと沢山の距離のような印象を受けました。

私もいずれは訪れたい

曽爾高原も室生寺も上り坂のきついところであると
知り合いのサイクリスト天五さんはじめ数名のサイクリストさんが
自らのブログでリポートされていらっしゃるのを見て
私はびびっております(汗)

でも毎年変わることなく深緑が美しいですね。

今度はススキが茂る秋に温泉とセットで再訪するのもいいかもしれません。

お疲れさまでした

こんばんは、mucho66です。
帰りは自宅まで送って頂いてありがとうございました。かなり脚を使ったのでとても助かりました。
奈良、三重もいろいろよいところがまだまだあると思います。ただし、どこに行くにも坂は覚悟しないといけませんが… 
また、これに懲りずにお付き合いくださいまし。ではでは。

No title

こんばんは!
岩がむき出しの辺りは香落渓でしょうか、ここも良いところですね。
曽爾は今が一番良い季節のようです。すすきの方が有名ですが、今の方が良いみたいですね。良い季節に走られました。
この辺りの初夏は素晴らしいですね。

RE:緑が美しい

nikkokisugeさん、こんばんは。
一応、遅刻する旨は携帯にメールしておいたこともあり、お許し頂きました。
で、こういう岩肌のことを「柱状節理」と言うようです。
曽爾村のあたりは、仰るとおり俗化しておらず、静かで観光客も少なくとても美しいところです。
曽爾高原の風景はなかなか目にすることの出来ないものだと思います。
室生寺も大変趣のある良いお寺でした。こちらも人で一杯といった状態ではなく、ゆっくり拝観できます。
あまり距離は長くないですが、非常に充実したツーリングでした。

RE:私もいずれは訪れたい

輪夢さん、こんばんは。
天五さん、お知り合いですか?私は、和束でたまたま一度だけお会いしたことがあります。
故郷の長浜に引っ越されたようですね。
天五さんのブログのプロフィールの写真が曽爾高原ですね。
曽爾高原は本当に美しい景色なので、是非、行ってみてください。
厳しい坂を上るだけの価値のある景色です。
秋の一面のすすきも綺麗でしょうね。

RE:お疲れさまでした

mucho66さん、こんばんは。
土曜日はお疲れ様でした。
車なら奈良・三重でもいろんな所に行けそうですね。
また、プランニング、宜しくお願いします。
では。

topcym>breezingさん

breezingさん、こんばんは。
以前、曽爾高原をご推奨頂いたおかげで、とても素晴らしいツーリングになりました。
ありがとうございました。m(_ _)m
また、機会があれば、ご一緒させて下さい。
では。
プロフィール

topcym

Author:topcym
1965(S40)年11月、大阪府吹田市の生まれ。現在は大阪府交野市に住む、中年サラリーマンのおっさんです。
趣味は、自転車とドラム。
自転車は「メタボやし、ちょっとは体を動かさんといかんなぁ」という一応、健康目的から2005年10月にクロスバイクを購入し、2009年06月にやっとこさロードバイクを購入しました。
ドラムは高校ぐらいから始めてるんでキャリアは長いですが、実力が全くついて来ずといった状況で現在に至っています。
ということで、趣味の自転車とかドラム(音楽)とかを中心にしながらも、特にそれらに拘らず、適当に思いついたことを書いていこうと思います。

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
FC2カウンター
検索フォーム
リンク
月別アーカイブ
カテゴリ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる