結果的に万灯呂山に上ってそのまま帰宅
2011-05-04-Wed 00:24

5/2(月)、連休の谷間の平日、休暇を取ってまして、万灯呂山(まんどろやま)に上ってきました。

コースは以下のとおり。
【交野市】~淀川CR~r13~木津川CR~R307~R24~【万灯呂山】~R24~R307~木津川CR~r13~淀川CR~【交野市】
※大文字の「R」は国道、小文字の「r」は府県道 を表しています。

コースの地図はこのルートラボをどうぞ。


天気予報は晴れでしたし、北もしくは北西からの風ということでしたが、強い風の予報ではなかったので、万灯呂山に上ってから、和束にでも行こうと考えていました。

何で万灯呂山かと言いますと、ある方の自転車系Blogでこの万灯呂山がよく登場するのと、「関西ヒルクライムTT」なるサイトで万灯呂山が対象のコースになっているので、一度上ってみようと思ったからです。


朝はゆっくりで10:30頃出発。
淀川CR~木津川CRと走ります。

木津川CRでは、河川敷の茶畑に黒い覆いが被せられていました。

20110502_114034_Panasonic_DMC-TZ7.jpg



山城大橋のところで、木津川CRから一般道に入ります。
まずは、山城大橋で木津川を西から東に渡ります。

20110502_115456_Panasonic_DMC-TZ7.jpg



山城大橋から木津川の下流側を望む。右岸は一面、菜の花です。

20110502_115710_Panasonic_DMC-TZ7.jpg




山城大橋の東詰を右折して、R24に入り南下します。

南谷川にぶつかったら、左折して南谷川沿いに東進します。

20110502_130110_Panasonic_DMC-TZ7.jpg



万灯呂山に上るスタート地点に到着。
赤く囲んだ看板に「万灯呂山展望台まで4,400m」と書いてありましたが、ルートラボでの距離は3,600mになっています。「関西ヒルクライムTT」のサイトでも3.6kmとなってます。

20110502_120708_Panasonic_DMC-TZ7.jpg



平均斜度7.2%、最大斜度15% となっていますが、比較的勾配の緩い所では自転車に乗ったまま写真が撮れました。
乗ったままの撮影なので、ちょっとブレちゃってますが・・・。

20110502_121630_Panasonic_DMC-TZ7.jpg



なんとか足着き無しで万灯呂山展望台に到着しました。掛かった時間は20分ぐらいでしょうか。
ヘロヘロでした。気温が結構高かったので、汗びっしょりです。

20110502_123214_Panasonic_DMC-TZ7.jpg

20110502_124044_Panasonic_DMC-TZ7.jpg



西の木津川方面を望みます。
この日は天気はすこぶる良かったんですが、とにかく黄砂が凄くて、一面、真っ白です。
北西の風に乗って、大陸から黄砂が大量に飛んできたんでしょうね。

20110502_123954_Panasonic_DMC-TZ7.jpg



もうちょっと、ズームの倍率をあげると、さっき渡った山城大橋が見えます。

20110502_123906_Panasonic_DMC-TZ7.jpg



ここで、カメラの電池を交換している時に、えらい事に気付きました。

財布を持ってくるのを忘れとるがな。
ということは、所持金0円やがな。

これで一気に和束まで走る気が失せました。
お金が無ければ、水分補給もカロリー補給も出来ませんので・・・。

ということで、無理はせず、素直に引き返すことにしました。


万灯呂山からダウンヒル。

頂上付近の山。
眼下の街を望む良い撮影ポイントは何箇所もあったんですが、どこも黄砂で街がまともに写らないので、山の写真だけにしました。

20110502_125100_Panasonic_DMC-TZ7.jpg



万灯呂山を下りきった後、元来た道を引き返します。

流れ橋まで戻ってきました。
こんな立派な石碑があったんですね。今までここは何度も走っているのに、全く気付きませんでした。

20110502_133636_Panasonic_DMC-TZ7.jpg



流れ橋。

20110502_113026_Panasonic_DMC-TZ7.jpg



関西医大病院の横まで戻ってきました。

20110502_143038_Panasonic_DMC-TZ7.jpg



花壇に綺麗な小さな花が沢山咲いとりました。

20110502_143710_Panasonic_DMC-TZ7.jpg

20110502_143742_Panasonic_DMC-TZ7.jpg

20110502_143838_Panasonic_DMC-TZ7.jpg



自宅には15時頃到着。

走行距離は約71km。

しかし、痛恨の財布忘れでした。

黄砂も凄かった・・・。天気が良かっただけに撮影的には残念でした。

この日は、長袖の上に半袖ジャージを着て出発したのですが、天気も良く気温も高かったので、途中で中の長袖を脱いで今年初めて半袖で走りました。下も半パンです。
日差しが強かったので、結構、日焼けしました。
これぐらいが通常のGWの感じなんですが、やはり今年は今のところ少し気温が低めな感じですね。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

こんにちは!
私も、真夏の暑い日に財布を忘れた事があります。
喉が渇いてコンビニに入ろうとしてポケットに手を入れたら財布がありません。結構、危ない状況でした。
それにしても、無一文で71kmも走れるなんて、ロードレーサーって凄いですけど、topcymさんの脚も凄いですね。

topcym>breezingさん

breezingさん、こんにちは。
気温の高い日に水分補給が出来ないというのは、結構恐ろしい話ですよね。
田舎を走っていて、お金はあるけど、コンビニとか自販機がほとんど無いケースなんかもかなり不安になりますよね。わたしも一度、美山の東側の広河原というところでそんな状況に陥りました。
やっと自販機を見つけた時は、まさに「地獄に仏」って感じでした。
しかし、認識外というのは恐ろしいですよね。財布を持っていないことを認識していたら、こんな無謀なことはしないのですが、認識外なら無謀なことをしている意識すらないですもんね。
ですので、私の脚は全く凄くなくて、認識外の成せる業って感じでしょうか。
お互い財布忘れには気をつけましょう。
プロフィール

topcym

Author:topcym
1965(S40)年11月、大阪府吹田市の生まれ。現在は大阪府交野市に住む、中年サラリーマンのおっさんです。
趣味は、自転車とドラム。
自転車は「メタボやし、ちょっとは体を動かさんといかんなぁ」という一応、健康目的から2005年10月にクロスバイクを購入し、2009年06月にやっとこさロードバイクを購入しました。
ドラムは高校ぐらいから始めてるんでキャリアは長いですが、実力が全くついて来ずといった状況で現在に至っています。
ということで、趣味の自転車とかドラム(音楽)とかを中心にしながらも、特にそれらに拘らず、適当に思いついたことを書いていこうと思います。

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
FC2カウンター
検索フォーム
リンク
月別アーカイブ
カテゴリ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる