Wes Montgomery
2011-03-01-Tue 02:54

Jazz Guitarが結構好きでして、今回はアカデミックな感じで端正なJim Hallについて書こうと思ってYouTubeで動画を探していたら、Wes Montgomeryに行き当たりました。

映像は古いですがYouTube上ではWes Montgomeryの方がJim Hallよりクォリティの高い動画があったので、Wes Montgomeryを取り上げることにしました。

私自身、動くWes Montgomeryを見るのはこれが初めてです。

この人、ピックは全く使わず、全部親指でピッキングするんですね。
それであんなウォームな感じの音色やったんですね。

しかし、この人、ホンマにギターが上手いんやと思います。
トレードマークのオクターブ奏法は当然凄いですが、単音のピッキングもとても軽やかです。
なんちゅうか、演奏に余裕があって、とてもグルーヴ&スウィングしてます。
演奏に難解さを感じさせません。
バックの演奏もとっても良いです。

後期のウェスはイージーリスニング路線に転向しちゃって、今回の動画みたいなドライブ感溢れる演奏が無くなっちゃって私としては非常に残念なのですが、もうちょっと長生きしてほしかったミュージシャンです。
1968年に45歳の若さで亡くなってます。
やっぱり、天才は早死するのかなぁ・・・。
早死するから、良いとことだけがクローズアップされていくのかもしれません。
まあ、いずれにしても凄いギタリストであったことだけは間違いありません。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

渋いところつきますね

いえ~、Wes Montgomery とはまた渋いところをつきますね。
私もすっかり忘れていましたが、これで思い出しましたよ。
Jim Hallもいいですが、Wesもいいですね。最高のテクニックじゃございませんか。
最近はちょっと音楽から遠ざかっていますが、昔のプレイヤー程のプレイヤーは現在いるんですかしらん。

RE:渋いところつきますね

nikkokisugeさん、こんばんは。
現在には現在の凄いプレーヤーが沢山います。
現在の凄いプレーヤーは、昔のプレーヤーが出来たことは当たり前に出来て、そういうベースの上に更に新たなテクニックを積み上げていますので、技術的には凄いところに行ってます。
でも、Wesとかバップの時代の名プレーヤーは、Jazzのベースとなるテクニックを築いた先駆者ですので、その先駆者の称号は消えることはありません。
また、音楽はテクニックだけではありませんよね。その時代の空気とか雰囲気とか、いろんなものが入り混じってます。
そういう意味で、このWesの演奏は、いかにも1950年代~60年代の黒人のバップのスウィング感に満ち溢れています。こういう雰囲気が良いんですよね。
「歌は世につれ、世は歌につれ」という言葉がありますが、まさに音楽は時代を映す鏡みたいなところがありますからね。
プロフィール

topcym

Author:topcym
1965(S40)年11月、大阪府吹田市の生まれ。現在は大阪府交野市に住む、中年サラリーマンのおっさんです。
趣味は、自転車とドラム。
自転車は「メタボやし、ちょっとは体を動かさんといかんなぁ」という一応、健康目的から2005年10月にクロスバイクを購入し、2009年06月にやっとこさロードバイクを購入しました。
ドラムは高校ぐらいから始めてるんでキャリアは長いですが、実力が全くついて来ずといった状況で現在に至っています。
ということで、趣味の自転車とかドラム(音楽)とかを中心にしながらも、特にそれらに拘らず、適当に思いついたことを書いていこうと思います。

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
FC2カウンター
検索フォーム
リンク
月別アーカイブ
カテゴリ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる