忍頂寺~清坂峠~亀岡~堀越峠
2011-02-05-Sat 23:48

2/5(土)、忍頂寺~清坂峠~亀岡~堀越峠に行ってきました。

コースは以下のとおり。
【交野市】~R168~r20~r13~R170~r139~r15~r46~r1~【忍頂寺】~r43~【清坂峠】~r43~r46~r6~【鍬山神社】~R9~R372~r731~R477~r732~【堀越峠】~r732~r423~r110~西国街道~r15~r139~R170~r13~r20~R168~【交野市】
※大文字の「R」は国道、小文字の「r」は府県道 を表しています。

コースの地図はこのルートラボをどうぞ。

2/4(金)の夜は会社の同僚とお酒を飲んだので、金曜の夜は私にしては早めの24時ぐらいに就寝して、朝8時ぐらいまでぐっすり眠りました。

で、ゆっくり朝食を摂って、9:50に出発。

曇ってましたが、先週末みたいな強烈な寒さは無く、気温は10℃前後と比較的暖かかったので楽に走れました。

前回、忍頂寺に行った際は、r114を使いましたが、今回はr46からr1を走りました。

いつも亀岡に行くときに使うr46を走り、車作あたりで左折してr1に入ります。

20110205111106_DMC-TZ7.jpg



r1、結構、きつい坂です。
ちょっと上ると、今まで走っていたr46が眼下に見えます。

20110205111540_DMC-TZ7.jpg



r114でも棚田が沢山ありましたが、r1にもありました。
茨木の山間部はホント、棚田が多いです。

20110205112044_DMC-TZ7.jpg



忍頂寺到着。

20110205113214_DMC-TZ7.jpg



忍頂寺からちょっと坂を下ると、左がr109、まっすぐがr43の分岐に出ます。
前回行った銭原は左折してr109を走りましたが、今日はまっすぐr43を走ります。

20110205113458_DMC-TZ7.jpg

20110205113942_DMC-TZ7.jpg



清坂峠に到着。

20110205114248_DMC-TZ7.jpg



清坂峠からr43をダウンヒル。道は細めですが車も少なくとてもええ感じの道でした。

20110205114453_DMC-TZ7.jpg



亀岡市に突入。

20110205114850_DMC-TZ7.jpg



亀岡市の田んぼと山の風景もええ感じです。

20110205115134_DMC-TZ7.jpg



r43を左折して、いつも走っているr46に再び入り北上します。

20110205115443_DMC-TZ7.jpg



従来、亀岡に行く時は、r46からr407に入っていたのですが、今回はそのままr46を走り、その後、r6を北上して亀岡まで行きました。

20110205121901_DMC-TZ7.jpg



亀岡市街に行く途中、r6沿いの鍬山(くわやま)神社に寄りました。
間口が広くて、奥行きがあまりない、ちょっと変わった配置の神社ですが、とっても趣があります。

20110205122751_DMC-TZ7.jpg

20110205123111_DMC-TZ7.jpg

20110205123242_DMC-TZ7.jpg

20110205123346_DMC-TZ7.jpg



亀岡市街に入るとR9からR372に入り西進し、R372を左折してr731でショートカット。

20110205133630_DMC-TZ7.jpg



r731からR477に入ります。

20110205134259_DMC-TZ7.jpg



R477を南下して能勢町に入ります。

20110205135400_DMC-TZ7.jpg



この亀岡市と能勢町の境目は、峠というほど急な感じではないのですが、一応、ひいらぎ峠という名前がついています。
今回、ここがひいらぎ峠であることをちゃんと認識できました。

20110205135502_DMC-TZ7.jpg



更にR477を南下し、倉垣橋の交差点を左折して、r732に入り堀越峠を目指します。

20110205140524_DMC-TZ7.jpg



この倉垣橋の交差点から、堀越峠のピークまでは、標高差137m、距離1,127mなので、平均勾配12%です。
勾配の緩急がほとんど無く、ずーっと同じような勾配が続く感じの単調な上りなので、とてもしんどかったです。
ちょっと押しも入ってしまいました。
写真で見ると、10%超の勾配があるようには見えませんね。でもルートラボで確かめると確かに12%なんですよね。
で、上った感じも10%超という感覚でした。

20110205141528_DMC-TZ7.jpg



やっとこさ、堀越峠のピークです。雪が残ってます。
しかし、疲れた・・・。

20110205142044_DMC-TZ7.jpg



堀越峠からのダウンヒルの途中。日中でもあまり陽が当たらないのか、まだ、思いっきり雪が残ってました。

20110205142326_DMC-TZ7.jpg



r732を東進すると、再度、亀岡市に入るのですが、牛舎があって、真っ黒な牛がおりました。
これは黒毛和牛というヤツなんやろうか?
真っ黒だからって、発想が単純過ぎ?
しかし、そんなにじっと見つめないで・・・。

20110205143542_DMC-TZ7.jpg



r732を右折して、R423に入り南下します。

20110205143807_DMC-TZ7.jpg



豊能町に突入。

20110205145456_DMC-TZ7.jpg



豊能町も少し雪が残っています。

20110205145644_DMC-TZ7.jpg



豊能町のコンビニでちょっと休憩してから、r110に入り更に南下します。

で、茨木市に突入。

20110205154309_DMC-TZ7.jpg



ここにも雪が残っています。

20110205154359_DMC-TZ7.jpg



茨木市に突入する少し前に、r110沿いの山の中で沢山の警察関係者が鎌で草を刈ったり、棒で何かを探したりしていました。報道関係者も数名いました。
恐らく最近報道されている養子縁組した上での保険金目当ての殺人事件に関する捜索だと思います。
遺棄現場やったんかなぁ・・・。恐ろしや・・・。
その事件の記事はこちら

さすがに写真を撮るのは憚られましたので、写真はありません。


ここから茨木市街までひたすらダウンヒルして、茨木からは往路とほぼ同じ道で帰宅しました。

自宅には17時頃到着。

サイコンの走行距離は101km。
ルートラボでの上りの獲得標高は1,113m。

結構、アップダウンがありましたが、楽しく走ることができました。

日が長くなってきて17時でも明るかったです。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

堀越峠

けっこうな山岳コースですね。
私にはムリかも(汗

堀越峠、能勢からは最近は上っていません。
以前足を着いたことがあるので、次回は新バイクなのでイケそうなようなアカンような(苦笑

ロードバイクで足を着いたのは堀越峠以外には
深山のコンクリート道
高槻地獄谷峠
そして暗峠です・・・

足が着く

茨木は棚田が多いんですね。それだけ山が多いってことですね。関西に住んでいた頃の茨木のイメージとは異なり新たな発見です。
清坂峠など車や人のいなくて、山の風景を独り占めできますね。そんなところをすいすい走るのは至福の時ではないでしょうか。あっ、坂の上りですとすいすいとはいきませんか。
牛が可愛いですね。そんなに見つめちゃって、きっとハンサムなtopcymさんに見惚れていたのでしょうか!
あの、asyuuさんがおっしゃっている「足が着く」ということは、単純にペダルが道に着くことですか?それだけ坂がきついということでしょうか。

RE:堀越峠

asyuuさん、こんばんは。
> 私にはムリかも(汗
いやいや、asyuuさんに限って、そんな訳はないと思います。
NEWバイクSENSIUMなら軽々ですよ。
しかし、asyuuさんは、そんだけしか足着いてないんですか。凄いなぁ・・・。
恥ずかしながら、私なんて、もう、そこらじゅうで、足着いてます。
私は暗峠は恐ろしくて上ろうとは思いませんが、私の少ない経験の中で最もきつい坂は、地元、交野市の交野山(こうのさん)です。
以下のサイトによりますと、平均斜度が12.8%で、最大斜度は25.0%とのこと。
上った時は当然押しまくりで、もう、なんか頭がくらくらしました。
http://cyclett.dip.jp/cycleTT/Course?COUNTRY_ID=JPN&PREF_ID=00027&COURSE_ID=25&AREA_ID=0&COURSE_MODE=OFF
では。

RE:足が着く

nikkokisugeさん、こんばんは。
茨木市北部はホント山が多いんですが、美しい棚田も多いです。きっと田植え以降はもっと綺麗な景色になるはずなので、今から楽しみです。
清坂峠周辺はとてもいい感じのところでした。
で、牛ですけど、あんなにまじまじと見つめ合ったのは初めてでしたが、可愛いですよね。
nikkokisugeさんも可愛いと思わはったようですよね。
私が高校の時に、同級生で高槻の山奥から通ってる奴がいまして、そいつの家では牛をペットとして飼っていると言ってました。乳牛とか肉牛とか役牛じゃなくて、あくまでペットとしてです。
でも、今回、じーっと牛を見ていると、ペットにするのもわからんでもないなぁと思いました。
なんか、可愛いですよね。
で、「足を着く」というのは、坂を自転車で上っていて、頂上に到着する前に、ペダルから足を降ろして地面に足を着けて止まってしまうということです。ロードバイクに乗っている人達には、一旦坂を上り始めたら、その頂上まで足を地面に着けずに自転車に乗ったまま止まらずに上りきるべきという不文律的なものがあったりするようです。
つまり、坂の途中で地面に足を着いて止まったらカッコ悪いってことです。更にそういうところを他の自転車乗りに見られたらもっとカッコ悪いっていうことになります。
でも、私なんかは、恥ずかしながら、写真を撮るなんてことを理由にして足着きまくってます。
ということで、やはり坂がきつくなればなるほど、足を着く確率は高くなりますね。
でも、ちゃんと鍛えている方は、足を着かないばかりか、私からすると物凄いスピードで坂を上っていかはります。
では。

分かりました

「足を着く」という意味よく理解できました。ほんとに素人の質問に丁寧に答えてくださって有り難うございます。足を着かずに登り切るという不文律があるのですね。

牛をペットにして飼っているなんて微笑ましくていいですね。分かる気がしますね。可愛くて大人しくて人なっこそうだし。

No title

こんばんは!
交野から茨木、亀岡、能勢ってロードで走るといいコースが沢山あるのですね。
車が少ない道が多いのは羨ましいです。
12%の坂が1km以上続くと参りますね。私なら引き返すかも。^^
この辺り、初夏の頃から田んぼが綺麗でしょうね。
初夏の緑と、秋の黄金色が良さそうです。

topcym>breezingさん

breezingさん、こんばんは。
北摂は近場なんですが、今まであまり走っていなかったので、最近、意識的にいろんなコースを試しています。茨木、能勢、豊能、箕面、亀岡のあたりは、なかなか良い道が多いです。
灯台下暗しじゃないですけど、近場に良いコースがありました。
でも、このあたりを走るとアップダウンが多く、結構疲れます。
田植え以降はかなり美しい景色が見られそうで、今から楽しみにしています。
では。
プロフィール

topcym

Author:topcym
1965(S40)年11月、大阪府吹田市の生まれ。現在は大阪府交野市に住む、中年サラリーマンのおっさんです。
趣味は、自転車とドラム。
自転車は「メタボやし、ちょっとは体を動かさんといかんなぁ」という一応、健康目的から2005年10月にクロスバイクを購入し、2009年06月にやっとこさロードバイクを購入しました。
ドラムは高校ぐらいから始めてるんでキャリアは長いですが、実力が全くついて来ずといった状況で現在に至っています。
ということで、趣味の自転車とかドラム(音楽)とかを中心にしながらも、特にそれらに拘らず、適当に思いついたことを書いていこうと思います。

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
FC2カウンター
検索フォーム
リンク
月別アーカイブ
カテゴリ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる