FC2ブログ

I Called Him Morgan 「私が殺したリー・モーガン」
2018-03-29-Thu 07:54

3/24(土)、映画「私が殺したリー・モーガン」(I Called Him Morgan)を観てきました。

20180324_094856_NIKON_COOLPIX S7000



この日は天気良かったんですよねぇ。
こんな天気のええ日の朝っぱらから(10:00~)観る映画か?
それも十三で。
でも、大阪ではここ(第七藝術劇場)でしかやってないんですよねぇ。
1月ぐらいに見逃してたんですが、そのアンコール上映を観にいった次第。
(アンコール上映されるてことは、それなりに需要があるってことか???)

20180324_092530_NIKON_COOLPIX S7000


20180324_093054_NIKON_COOLPIX S7000


20180324_093126_NIKON_COOLPIX S7000


20180324_094412_NIKON_COOLPIX S7000


20180324_094508_NIKON_COOLPIX S7000


まあ、この程度の入りなんですけど・・・。


ドラッグ(ヘロイン)に溺れ、そこから更正させてくれた内縁の妻みたいな人に最後は浮気が原因で射殺されてしまうって絵に描いたようなジャズミュージシャンのお話しです。
私、リー・モーガンがこういう最期を遂げたということを全然知りませんでした。

ドラマではなく、当時を知る関係者の証言で構成されたドキュメンタリー映画でした。
「バード」みたいなドラマだったら観に行かなかったんですが、ドキュメンタリーだったので観たいなぁと思った次第です。
※「バード」は内容が暗くて重すぎて観るのが辛い映画でした。まあ、この映画も全然明るくないですが・・・。

サックスのウェイン・ショーターへのインタビューはかなり長時間採用されてました。
あと、同じくサックスのベニー・モウピンや、ドラムのビリー・ハーパーへのインタビューもありました。

以下、この映画のHPから。

リー・モーガン(1938〜1972年)
若干18歳でディジー・ガレスピーに見出され、同年名門ブルーノート・レコードより『Lee Morgan indeed!』でデビュー。天才クリフォード・ブラウンの再来とも呼ばれた。特に57年にレコーディングされた3枚目のアルバム『Lee Morgan Vol.3』の中の<アイ・リメンバー・クリフォード>はジャズ界屈指の名演のひとつとして名高い。1960年代はアート・ブレイキー&ザ・ジャズメッセンジャーズに所属し、来日公演も行った。この時代の演奏では<モーニン><ダット・デア>などが有名で、日本におけるジャズ人気を牽引した。さらに1963年録音の『The Sidewinder』がビルボードチャート最高25位にランクイン。これはジャズ界では空前のヒット作となり“ジャズ・ロック”というジャンルを築いた。
1972年2月18日、NYのジャズクラブ「スラッグス」での演奏中、その2ステージ目と3ステージ目の合間の休憩時間に、内縁の妻ヘレン・モーガンに拳銃で撃たれ、ベルビュー病院に移送されたが、死亡が確認された。




とりあえず、観たいという欲求が満たされてよかったです。
ちなみにこれが、リー・モーガンの超代表作の「サイドワインダー」です。
もの凄く売れたアルバムです。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

それは知りませんでした

リー・モーガン、名前には覚えがありきっとレコードで演奏を聴いたことがあると思いますが、
このような劇的な最期を遂げたいたんですね。
ヘレン・モーガンの心境も映画の中では語られているのでしょうか?

RE:それは知りませんでした

nikkokisugeさん、こんばんは。
後年のヘレン・モーガンへのインタビューがこの映画の骨格になっています。
彼女へのインタビューを補完するような形で、当時を知るミュージシャンのインタビューが織り込まれています。
なので、彼女の心境も語られています。
で、リー・モーガンの最も有名なアルバムは「サイドワインダー」です。
絶対耳にされたことがあると思います。

初めまして

時々ここを覗きに来ては、美しい風景の写真などを楽しんでいました。
さてリー・モーガンですが、バド・パウエルのレコードなどで聞いていたはずですが、名前は知りませんでした。この時代のジャズミュージシャンは皆ドラッグにやられ悲しい死に方をしていますが、その辺の様子がよく分かるのが、クロード・ブラウン著「ハーレムに生まれて」(Manchild in the
promised land)という本です。著者はNYのハーレムに生まれ育った人で、札付きのワルでしたが、成人してから改心し、猛勉強して弁護士になったと言う経歴を持ちます。この本はそんな彼の自伝で、毎日家の前で殺人を見ない日は無かったとか、ハーレムでのギャング達の壮絶な毎日が赤裸々に描かれ、当時流行ったジャズの話題も出てきます。私はそれでジャズに興味を持ち、バド・パウエルとかキングプレジャーなどをよく聞きました。ドキュメンタリーがお好きならきっと面白いと思います。

RE:初めまして

ランスさん、こんばんは。初めまして。
コメント、ありがとうございます。
多いですよね、ジャズミュージシャンで薬物で身を持ち崩す人。
「ハーレムに生まれて」の情報提供、ありがとうございます。
機会があったら見てみたいと思います。
プロフィール

topcym

Author:topcym
1965(S40)年11月、大阪府吹田市の生まれ。現在は大阪府交野市に住む、中年サラリーマンのおっさんです。
趣味は、自転車とドラム。
自転車は「メタボやし、ちょっとは体を動かさんといかんなぁ」という一応、健康目的から2005年10月にクロスバイクを購入し、2009年06月にやっとこさロードバイクを購入しました。
ドラムは高校ぐらいから始めてるんでキャリアは長いですが、実力が全くついて来ずといった状況で現在に至っています。
ということで、趣味の自転車とかドラム(音楽)とかを中心にしながらも、特にそれらに拘らず、適当に思いついたことを書いていこうと思います。

カレンダー
10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
FC2カウンター
検索フォーム
リンク
月別アーカイブ
カテゴリ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる