FC2ブログ

惜しい人をなくしました
2018-03-07-Wed 23:23

いまごろタイミングを逸してますが、大杉 漣さんが急逝されて残念やなぁ、惜しい人をなくしたなぁと・・・。
好きな俳優さんだったんです・・・。
人生なんて何時どうなるかわからんのやなぁというのを強く感じました。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

本当に

いい役者さんでしたね。バイプレイヤーズに出ている役者さんはみんな好きです。中でも漣さんはさすがのリーダーではまっていました。
人生何が起こるか分かりませんねぇ~。私はもうこの歳(って一体いくつやねん?)ですので、それなりの覚悟は出来ています。なんでもう好きに生きさせて貰いますっ!
topcymさんはまだまだそういうわけにはいかないかもしれませんが、でもご自身を一番に考えてください。
あれっ!? ちょっと年上ぶってます? ごめんなさい(__)

RE:本当に

nikkokisugeさん、こんばんは。
なんか、本当にあっけない感じでしたよね。
大杉 漣さんが亡くなるということを微塵も考えたことが無かったので、不思議ですらありました。
お亡くなりになる少し前の1月に韓国で収録された漣さんのインタビューを3/2(金)にanother skyって番組でやってました。
==========
大杉さんは人生の転機となった韓国でのロケ中、自らの「死」についても語っていた。釜山の劇場では「いつか僕も、すごくリアルに考えなくちゃいけない『死』っていうものがあるんでしょうし。ただ僕ね、あの~、死にたくないとも思わないし、死にたいって思わないけど、死ぬまでの間に俳優としてどれだけできるかってのは分からない」と話す一方で、夕食の場では「申し訳ないけど、僕はもうちょっと生きたいなって思ってます。ていうか、僕はもうちょっとやりたいこともあるので。66歳でも希望がいっぱいありますよ」とこの先の人生の展望を語る場面もあった。
==========

まだ、66歳でやってみたいことがいっぱいあったってことですよね。
自分が50歳を超えてもやりたいことがいっぱいあるので、60歳を超えててもそうなんだろうなぁって、なんとなくその感覚がわかる気がします。
キスゲさんのブログ見ているだけでも、やりたいことがあるのがよくわかります。
加齢とともにやりたいことにより貪欲になるような気もします。
それはやっぱり残された時間があまりないことを切実に認識していて、時間が最も大切なリソースであることを激しく認識してるからそうなるのかもしれませんね。

ということで、キスゲさんの仰ることには強く同意します。
一度しかない人生、出来るだけ好きなことをやっていきたいですよね。

まあ、とにかく、大杉 漣さんの死にはいろんなことを考えさせられました。
プロフィール

topcym

Author:topcym
1965(S40)年11月、大阪府吹田市の生まれ。現在は大阪府交野市に住む、中年サラリーマンのおっさんです。
趣味は、自転車とドラム。
自転車は「メタボやし、ちょっとは体を動かさんといかんなぁ」という一応、健康目的から2005年10月にクロスバイクを購入し、2009年06月にやっとこさロードバイクを購入しました。
ドラムは高校ぐらいから始めてるんでキャリアは長いですが、実力が全くついて来ずといった状況で現在に至っています。
ということで、趣味の自転車とかドラム(音楽)とかを中心にしながらも、特にそれらに拘らず、適当に思いついたことを書いていこうと思います。

カレンダー
10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
FC2カウンター
検索フォーム
リンク
月別アーカイブ
カテゴリ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる