FC2ブログ

鈴鹿側から伊勢湾を眺めて、四日市のコンビナートの夜景をば
2017-12-04-Mon 01:03

またまたバックデートです。m(_ _)m
11/25(土)、鈴鹿側から伊勢湾を眺めて、その後、四日市のコンビナートの夜景を撮ってきました。

相変わらず、写真が多いですが、おっさんの小旅行の絵日記的なブログですので、ご容赦下さいませ。

名古屋から四日市までの道はメチャ車が多くて危ないし、景色も良くないので、まずはJR関西本線で名古屋から輪行。
11時過ぎの電車に乗ります。
しかし、名古屋市と三重県最大の30万人を擁する都市である四日市市を結ぶ快速がたったの2両編成というのはちょっと驚きました。

20171125_110300_NIKON_COOLPIX S7000



名古屋から三重県方面へ行く場合は名鉄じゃなくて、近鉄と並走することになります。

20171125_111014_NIKON_COOLPIX S7000



12時頃、JR四日市に到着。
四日市って思ってたよりずっと地味な駅でした。
どうも街の中心は西側(内陸側)にある近鉄四日市駅みたいで、海側のJR四日市駅はコンビナートの物流なんかも担ってる駅みたいで、ちょっと寂しい感じの駅でした。

20171125_114338_NIKON_COOLPIX S7000


20171125_114732_NIKON_COOLPIX S7000


20171125_114800_NIKON_COOLPIX S7000



そういうたら、JR四日市から伊勢鉄道ってのが走ってました。1両のみの気動車です。
東海地方に来てこういう三セクの鉄道をあちこちで目にします。

20171125_114514_NIKON_COOLPIX S7000



嫁はんに作ってもらった輪行用の結束ベルトが凄く便利でした。
これでパッキングにかかる時間が大幅削減。
左が従来のもの。右が嫁はんが作ってくれたもの。
こういう部品って、手芸屋さんに売ってるんですね。
嫁はんに教えてもらって初めて知りました。

20171125_115822_NIKON_COOLPIX S7000



四日市のコンビナートの夜景を撮るまでには時間があるので、まずは鈴鹿市まで南下して海岸沿いから伊勢湾を眺めることに。
実はこの日の出発前、鈴鹿側から伊勢湾を見るか、知多半島側から伊勢湾を見るか迷ったたんですが、結局、鈴鹿側を選択した訳です。
鈴鹿側でも伊勢湾の真横を走れることは、2014年9月に名古屋から伊勢神宮まで走った際に確認済み。
その時の記事はこれ。

やっぱ海をボーっと眺めるのはいいものですねぇ。

20171125_124730_NIKON_COOLPIX S7000


20171125_130654_NIKON_COOLPIX S7000


20171125_130736_NIKON_COOLPIX S7000


20171125_130818_NIKON_COOLPIX S7000


20171125_130916_NIKON_COOLPIX S7000



そういうたら、海岸にネコがおりまして、催されまして、その後ちゃんと砂の中に埋めてはりました。
事後処理に余念なしって感じでした。

20171125_134924_NIKON_COOLPIX S7000


20171125_135118_NIKON_COOLPIX S7000



ゆっくり伊勢湾を眺めたので、次は北上して四日市港あたりをうろうろしてみました。

太平洋セメントの工場まで専用の引込み線があって貨物列車が走ってました。
この列車のタンクの中にはやっぱセメントが入ってるんやろうか?

20171125_145640_NIKON_COOLPIX S7000


20171125_145844_NIKON_COOLPIX S7000


20171125_150008_NIKON_COOLPIX S7000



四日市港はなんちゅうか非日常って感じの場所でした。

20171125_150248_NIKON_COOLPIX S7000


20171125_152206_NIKON_COOLPIX S7000


20171125_150802_NIKON_COOLPIX S7000


20171125_150304_NIKON_COOLPIX S7000



ぼちぼちええ時間になってきたので、まずはJR四日市駅より更に北の四日市港ポートビル「うみてらす14」の展望室からコンビナートを撮影してから、南下しながら、霞ヶ浦緑地、大正橋で撮影し、JR四日市駅に戻るというルートにしました。

ということで、四日市港ポートビル「うみてらす14」の展望室へ向かいますが、その手前で夕日をば。
※そういうたら、四日市港ポートビル自体は撮影し忘れました。

20171125_162636_NIKON_COOLPIX S7000



で、展望室からの西の空。

20171125_164032_NIKON_COOLPIX S7000



展望室に夜景を撮りに来ている皆さん、凄いカメラやレンズにちゃんとした三脚に暗幕とかも使って撮ってはります。
カメラ女子も結構います。手前の暗幕をかぶってはるのも女性です。

20171125_165352_NIKON_COOLPIX S7000



後方の光などがガラスの映り込み、それが写真に写ってしまうので、それを防ぐために暗幕を使うなんてこと初めて知りました。
ということで、私も上着を暗幕代わりに使用し、安もんコンデジと100均の超テキトー三脚という極めて貧弱な装備で勝負。
たぶんフル装備の皆様とは全然勝負になってないと思うけど・・・。
上着を暗幕代わりに使用していると、なんちゅうか二人羽織をやってるような気分になりましたわ。

20171125_165413_Apple_iPhone 7



光量の少ない夜景、望遠での撮影となると、手ブレの影響がもの凄く大きく出ます。
なので、三脚は必須になります。
更にレンズや、望遠の倍率等、今回はさすがにお手軽コンデジの限界を強く感じました。

まあ、そんな中でなんとか撮影したのが以下になります。
ここが四日市で最大のコンビナートになります。

20171125_172226_NIKON_COOLPIX S7000


20171125_172244_NIKON_COOLPIX S7000


20171125_172404_NIKON_COOLPIX S7000


20171125_172712_NIKON_COOLPIX S7000


20171125_173642_NIKON_COOLPIX S7000



その後、南下して四日市ドーム横の霞ヶ浦緑地あたりで撮影。

20171125_192628_NIKON_COOLPIX S7000



更に南下して大正橋近辺で撮影。

20171125_194626_NIKON_COOLPIX S7000



この日もなかなか盛りだくさんな一日でした。

走行距離は約60kmでした。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

そういうたら、三重は近鉄の領地やね

おもしろいですねぇ~ topcymさんの記事は。全くの自然体で、格好付けるところ無く、隣のご主人さんって感じで、親近感が湧きますね。
しかし、二両とはね、宮城県の仙石線より少ない。
カメラ女子は今多いのですか!? カメラーっていうの?
暗幕の女性、女の子座りでカメラいじっているより影絵してる雰囲気ですね。
topcymさんの三脚、ちっせぇ~、おっと失礼(__)
でも撮せた夜景コンビナートの写真は、居並ぶフル装備の皆さんに負けない出来だったと思います。 比べてないから分からないけど… そう信じていますっ!! 二人羽織の成果、ここにあり。
水鏡で海面に映る灯りの色、実際の地上の色より綺麗なことに、癒されました。

Re: そういうたら、三重は近鉄の領地やね

nikkokisugeさん、こんばんは。
自然体でしか書けんというか、格好よく書けんというか、ホント、おっさんが単に思ったままを書いてる絵日記みたいな感じです。
ぐで~って、力み一切なしって感じで・・・。
えっ、仙石線の方が車両数が多いなんて・・・。そうなんやぁ・・・。
しかし、名古屋と四日市と亀山を結んでる列車が2両編成ってのは少なすぎる気がしました。
で、今はもうカメラ女子、そこらじゅうにいますよ。ホント、多いです。
最近はいろんなところに女性が進出してますね。
で、私の三脚、もうメッチャ小さくて貧弱でしょ。でも、こんなんでも有ると無いととでは大違いなんです。この小さな三脚でも、何かの台の上に置いたりするだけでも、手ブレは大幅に改善します。
そんでもって、こういうコンビナートの夜景ですが、ライトが水面に反射して美しいですよね。
私も癒されました。
プロフィール

topcym

Author:topcym
1965(S40)年11月、大阪府吹田市の生まれ。現在は大阪府交野市に住む、中年サラリーマンのおっさんです。
趣味は、自転車とドラム。
自転車は「メタボやし、ちょっとは体を動かさんといかんなぁ」という一応、健康目的から2005年10月にクロスバイクを購入し、2009年06月にやっとこさロードバイクを購入しました。
ドラムは高校ぐらいから始めてるんでキャリアは長いですが、実力が全くついて来ずといった状況で現在に至っています。
ということで、趣味の自転車とかドラム(音楽)とかを中心にしながらも、特にそれらに拘らず、適当に思いついたことを書いていこうと思います。

カレンダー
10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
FC2カウンター
検索フォーム
リンク
月別アーカイブ
カテゴリ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる