FC2ブログ

レコードアルバムカバーチャレンジ第2回 Fusion編
2020-07-29-Wed 01:51

第2回目でございます。
中学生となって洋楽のポップスを聴いてご機嫌さんでおったのですが、ある日同学年の友人の家に行ったらレコードが500枚はあろうかって感じで相当にびっくりした訳です。
その友人のちょっと年の離れたお兄さんがギターをやってはって、それでその当時の旬なレコードなんかを買ってはったんだと思われます。
いわゆるフージョン系のレコードと、ファンクやソウル系のレコードが多かったように思います。
で、今回はそこで聴いたフージョン系のレコードから1枚。
深町純&The New York All Stars Live

The New York All Stars - 1978 - The New York All Stars Live_960



このレコードの「Love Play」って曲のSteve Gaddのドラムソロは、とりあえずスティックだけ持ってて太ももとか雑誌とかを叩いてる状態だった私には激しく刺激的でした。
この演奏はGaddのドラムソロの中でも最も有名なものの一つで、まだパラディドルとかも全然知らん私には、何でスネアがいっぱい鳴ってるのにタムが鳴っているのかとか もう何が何だか訳がわからんかったです。なんかドラムにエフェクトがかかっててシュワシュワした音になってるし・・・。
これ聴いてからは、Gaddが入ってるレコードとか、その他諸々のフージョン系のアルバムを彼の家で聴かせてもらいました。その他9枚ピックアップしたのはその一部です。

Fusion_All.jpg



こういうのを中学生の時に聴いてしまったので、当時バンドをやる人が一般的に通過するハードロックや、そこから派生するプログレといった音楽を私はほとんど聴いておりません。
ほんとにポッカリ穴が開いたような感じでそのあたりの領域のことを全然知らない。
当たり前にみんなが知っている音楽を知らないというのは、共通の知識や認識を持ってないということで、結構、会話で置いてけぼりなってしまったりケースがあります。
ちょっと寂しい・・・。とはいえ、ハードロックとかを意識して聴くようにする訳でもなく・・・。

ということで音楽的に早熟な友人から、こういう音楽が世の中に存在することを教えてもらったって感じです。

で、このアルバムですが、ちゃんと調べたこともないのですが、何で深町純がガッドとかブレッカー兄弟とかと一緒に演奏することになったんやろう? とずーっと思ってます。


最後に、深町純&The New York All Stars Liveから「Love Play」




ついでに、Richard Teeの「Natural Ingredients」から「Spinning Song」

スポンサーサイト



プロフィール

topcym

Author:topcym
1965(S40)年11月、大阪府吹田市の生まれ。現在は大阪府交野市に住む、中年サラリーマンのおっさんです。
趣味は、自転車とドラム。
自転車は「メタボやし、ちょっとは体を動かさんといかんなぁ」という一応、健康目的から2005年10月にクロスバイクを購入し、2009年06月にやっとこさロードバイクを購入しました。
ドラムは高校ぐらいから始めてるんでキャリアは長いですが、実力が全くついて来ずといった状況で現在に至っています。
ということで、趣味の自転車とかドラム(音楽)とかを中心にしながらも、特にそれらに拘らず、適当に思いついたことを書いていこうと思います。

カレンダー
06 | 2020/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
FC2カウンター
検索フォーム
リンク
月別アーカイブ
カテゴリ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる