伏見「鳥せい」~京都国立博物館「海北友松展」
2017-05-10-Wed 01:42

5/3(水・祝)、伏見「鳥せい」~京都国立博物館「海北友松展」とチャリで行ってきました。

いつものように淀川CRを北上。
淀川CRの北の終点に御幸橋があるんですが、そのCR終点あたりから横に新しい道が出来てました。

20170503_122714_NIKON_COOLPIX S7000



ここまで整備するんやったら信号の手前のダートも舗装してくれたらええのに。

20170503_122934_NIKON_COOLPIX S7000



で、桂川CRに入り暫く走ってから一般道に出て、久しぶりに伏見方面へ。

新高瀬川沿いの酒蔵。
ここ、もうちょっと前だったら菜の花も盛大に咲いてて、凄く綺麗なんですけどねぇ。
ロケでもよく使われる場所です。

20170503_131154_NIKON_COOLPIX S7000



松本酒造さんの現役の酒蔵みたいです。

20170503_131432_NIKON_COOLPIX S7000



で、久しぶりに「鳥せい」さんへ。
ここも元酒蔵が利用されているお店です。

20170503_134534_NIKON_COOLPIX S7000


20170503_134800_NIKON_COOLPIX S7000



で、「とりラーメン」を食いました。やっぱり、あっさりしてて美味いなぁ。

20170503_135418_NIKON_COOLPIX S7000



昼食後、伏見から京都の東山七条まで北上して京都国立博物館へ。

20170503_145044_NIKON_COOLPIX S7000


20170503_145116_NIKON_COOLPIX S7000



海北友松(かいほうゆうしょう)の展覧会を見てきました。
恥ずかしながら、私、この人のことは全く知りませんでした。
浅井氏家臣の武家に生まれて、その後、禅門に入り東福寺で修業。ここで狩野派に入って狩野永徳とかに師事したらしいです。
60歳を過ぎてから頭角を現した人らしく、その頃には狩野派から抜けて、自分の独自色を出していったとのこと。
作品は大画面の水墨画が多いみたいですが、金碧濃彩の屏風絵もあります。
特に龍の絵が有名らしく、建仁寺の龍の絵なんかが最もメジャーな作品のようです。

20170503_150010_NIKON_COOLPIX S7000


20170503_150022_NIKON_COOLPIX S7000



60歳過ぎてから頭角を現したってところが、なんか勇気づけらます。


京都国立博物館からの帰り、御幸橋から淀川下流側のショット。

20170503_183600_NIKON_COOLPIX S7000


20170503_183612_NIKON_COOLPIX S7000



この日の走行距離は65kmぐらいでした。
スポンサーサイト
プロフィール

topcym

Author:topcym
1965(S40)年11月、大阪府吹田市の生まれ。現在は大阪府交野市に住む、中年サラリーマンのおっさんです。
趣味は、自転車とドラム。
自転車は「メタボやし、ちょっとは体を動かさんといかんなぁ」という一応、健康目的から2005年10月にクロスバイクを購入し、2009年06月にやっとこさロードバイクを購入しました。
ドラムは高校ぐらいから始めてるんでキャリアは長いですが、実力が全くついて来ずといった状況で現在に至っています。
ということで、趣味の自転車とかドラム(音楽)とかを中心にしながらも、特にそれらに拘らず、適当に思いついたことを書いていこうと思います。

カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
FC2カウンター
検索フォーム
リンク
月別アーカイブ
カテゴリ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる