FC2ブログ

スイングジャーナル青春録・大阪編
2016-07-16-Sat 12:28

スイングジャーナルの編集長だった山中康樹って人の「スイングジャーナル青春録・大阪編」って本をかなり前に読了しました。

20160714_004352_Panasonic_DMC-TZ30.jpg



で、少しこの本の感想をば。

この人、堺の上野芝出身なので私が通ってた大学から近いこともあり一瞬ちょっと親近感湧きました。
本の中で「LPコーナー」とか「ワルツ堂」とか心斎橋の「三木楽器」「ヤマハ」とか「ヨシムラレコード」とか、関西で音楽やってる人ならよう知ってる場所も出てきて、地元感があってよかったです。あと「プガジャ」とかも懐かしかったです。

ただ、この人の音楽の聴き方はなんかようわかりませんでした。
この人は楽器は演奏しはらへんようで、聴き方が徹底したリスナー目線っていうんでしょうか。

ビートルズ、ビーチボーイズを偏愛し、その後ジャズに移行しマイルスが最高って感じになっていく訳です。
テンションや緊張感の無い音楽は聴くに値しないっていう風に読めてしまいます。
そりゃマイスルは凄いですけど、私の中では、いろいろいるミュージシャンのうちの一人って感じです。
トミフラとかのゆったりしたピアノとか、ゲッツのサブトーンのボサノバサックスとかもゆるくてええじゃないですか。
テンションの高い音楽ばっかり聴いたらしんどいですやんか。

この本の冒頭は「ビッチェズ・ブリュー」が凄いってところから始まるんですが、私、この「ビッチェズ・ブリュー」ってアルバム持ってますけど、全編続けてよう聴きません。
はっきり言って何がええんかようわかりません。聴いててめっちゃ疲れます。
私は電化したマイルスは基本的にアカンのです。電化前の「フォア&モア」でも鋭角的過ぎてちょっとしんどいぐらいです。
コルトレーンでも「至上の愛」とかテンション高すぎてアカンのです。
そもそもこの「至上の愛」ってタイトルが仰々しくて既にもうあきません。

で、結局、楽器を演奏せえへん評論家が音楽を一生懸命分析的に聴いてるって印象を受けました。
楽器を演奏する人がテクニックを分析するような聴き方をしますが、それとは明らかに違う妙な聴き方。
もっとリラックスして聴きゃええのにって思いましたです。
そういうたら「ウェザー・リポート」も好きそうな感じで書いてありました。
その時代の先端を走ってる緊張感の高い音楽がお好きな感じです。
私もそういう音楽も聴きますが、そういうのばっかり聴いたらもうくたくたになってしまいます。

趣味の音楽を聴くのに、もの凄いエネルギーを投入し続けるってのは私にはできないなぁって思いました。
スポンサーサイト



プロフィール

topcym

Author:topcym
1965(S40)年11月、大阪府吹田市の生まれ。現在は大阪府交野市に住む、中年サラリーマンのおっさんです。
趣味は、自転車とドラム。
自転車は「メタボやし、ちょっとは体を動かさんといかんなぁ」という一応、健康目的から2005年10月にクロスバイクを購入し、2009年06月にやっとこさロードバイクを購入しました。
ドラムは高校ぐらいから始めてるんでキャリアは長いですが、実力が全くついて来ずといった状況で現在に至っています。
ということで、趣味の自転車とかドラム(音楽)とかを中心にしながらも、特にそれらに拘らず、適当に思いついたことを書いていこうと思います。

カレンダー
06 | 2016/07 | 08
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
FC2カウンター
検索フォーム
リンク
月別アーカイブ
カテゴリ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる