FC2ブログ

雲ヶ畑~持越峠~京見峠
2011-08-07-Sun 11:06

8/6(土)、雲ヶ畑~持越峠~京見峠と走ってきました。

コースは以下のとおり。
【交野市】~r7~第二京阪~R1~r38(堀川通)~r61~【雲ヶ畑】~r107~【持越峠】~r107~r31~【京見峠】~r31~r111(千本通)~r37(御池通)~r38(堀川通)~第二京阪~r7~【交野市】

コースの地図はこのルートラボをどうぞ。

今回もちょっとゆっくり目で9:30に自宅を出発。
単に起きられなかっただけですが・・・。

最近、京都(特に東側)に行く際は、日陰があって時間が短縮できるので第二京阪を使用することが多いです。
※阪神高速8号京都線のあたりまで北上してくると、やたら信号に引っかかって鬱陶しいですが・・・。

自宅から堀川五条までの約27kmを、私が普通に走って約1時間半ぐらいで行けます。


今回のルートの途中の堀川仏光寺には「GATEWAY」改め「APOLLO」というドラム専門店があります。
そこで娘のスティックを購入することにしました。
こないだ、りんくうの楽器屋で購入したところですが、スティックは消耗品なのでとりあえず追加で買っておきます。

「GATEWAY」改め「APOLLO」
(外観はちょっとNY風?)

20110806_114240_Panasonic_DMC-TZ7.jpg



店内はこんな感じで古くて狭い店です。でも、こんな感じが、いかにも昔ながらの楽器屋って感じで好きです。
やはりドラム専門店なので一般の楽器屋と違って、スティックの種類も多いですし、値引きもいいです。
※スティックはデフォルト定価の25%OFF。

20110806_111730_Panasonic_DMC-TZ7.jpg



結局、TAMAというメーカーの太さが14mmのものを1セットと、14.5mmのものを2セット購入。1セット866円也。

20110806_230706_Panasonic_DMC-TZ7.jpg



「APOLLO」の後、ささっと昼食を食べて、r38(堀川通)を北上し、雲ヶ畑を目指します。

途中、加茂川の下流側の望む。夏の空です。

20110806_123446_Panasonic_DMC-TZ7.jpg



r38からそのままr61に入り、加茂川の上流部に向かって、坂を上っていきます。

杉木立があるので、日陰になっていたりします。

20110806_125338_Panasonic_DMC-TZ7.jpg



加茂川の上流部。ここは整備されている部分です。

20110806_130916_Panasonic_DMC-TZ7.jpg



雲ヶ畑の集落に到着。

式内厳島神社。

20110806_131930_Panasonic_DMC-TZ7.jpg



雲ヶ畑の集落の北の端あたり。

20110806_132244_Panasonic_DMC-TZ7.jpg



r61を左折してr107入り、持越峠へ。

20110806_132504_Panasonic_DMC-TZ7.jpg



この橋で加茂川を渡って、どんどん上っていきます。

20110806_132528_Panasonic_DMC-TZ7.jpg



持越峠までの上りは、途中から平均勾配12%ぐらいになるので、足は着くは、押しは入るはで、もうヘロヘロでした。

20110806_132654_Panasonic_DMC-TZ7.jpg



やっとこさ、てっぺんです。マジでしんどかった・・・。

20110806_133810_Panasonic_DMC-TZ7.jpg



持越峠から、先程、走ってきた雲ヶ畑の集落を望む。
ホント、雲ヶ畑って小さな集落なんですよね。

20110806_133942_Panasonic_DMC-TZ7.jpg



持越峠から一気にダウンヒルして下りきったところを左折。r31に入り、京見峠に向かいます。

途中の杉坂の集落。

20110806_135712_Panasonic_DMC-TZ7.jpg



この道も杉木立があって日陰があるので、夏場でも比較的走りやすいです。

20110806_140136_Panasonic_DMC-TZ7.jpg



いつもの湧き水のお地蔵さんに到着。
写真のとおり既に先に水を汲んではる人がいました。
このバイクで来てはる人の前には、ハッチバックの車のラゲージスペース一杯に沢山のポリタンクを積んで水を持って帰ってはる人がいました。

20110806_141339_Panasonic_DMC-TZ7.jpg



この湧き水、夏でも冷たくて、とても美味しいです。
なんと言いますか、とてもマイルドで、雑味が全く無いって感じでしょうか。
皆さんが汲み来はるのがわかります。
当然、そのまま飲んで何の問題もありません。
私も2本のボトルになみなみと汲みました。
これで復路の水分補給は問題なし。

20110806_141905_Panasonic_DMC-TZ7.jpg


で、上の写真の赤枠の部分ですが、LOOKっていう自転車メーカーのDELTAというクリート(ペダルとシューズを連結する部品)の梱包用の台紙なんです。で、「何でこんなもんがここにあるんやろう?」と思って裏返してみると、以下の文章が書いてありました。きっと、サイクリストが書いたんでしょうね。

『この水は山の恵みの美しい水です。水を頂に来て、土地を汚すこと、ゴミ・タバコのポイ捨ては絶対に止めましょう。自分のため、他人のため、止めて持ち帰りましょう。』


そんでもって、京見峠茶屋に到着。
入り口も開いてるし、中から人の談笑する声も聞こえるので、当然営業中と思い、アイスコーヒーでも飲んでいくつもりで店内に入ると、「今日、休みなんよ。すみません」とのこと。
確かに、営業中の札は出てませんが・・・。
恐らく店主の知り合いとかが来てはって、休みにしはったんでしょうね。
入り口を開けてはったのは、風を通す為かなぁ。
まあ、しょうがないです。
しかし、京見峠茶屋とは相性がイマイチなのか、何度も訪れているのですが、店で飲食出来たのは過去1回だけです。

20110806_142924_Panasonic_DMC-TZ7.jpg

20110806_143452_Panasonic_DMC-TZ7.jpg



ということで、京見峠茶屋を後にし、帰路につきます。

京見峠からダウンヒルの途中のショット。夏空ですなぁ・・・。

20110806_143918_Panasonic_DMC-TZ7.jpg




京見峠を下りきった後、しばらく南下し、その後、御池通を東進して堀川通に入ってからは、基本的に往路のコースを逆方向に走って帰りました。


自宅には17時前に到着。

サイコンでの走行距離、約95km。
ルートラボでの獲得標高(上り)は742m。

暑かったですが、山の中は木陰もあって比較的楽に走れました。
ただ、持越峠はえらいしんどかったです。


今回、ミシミシ音の原因調査の為、ペダルを以下の写真のものに交換してからの初走行でした。
持越峠等、坂は結構上りましたが、結果的にミシミシ音は発生しませんでした。
ということは、やはり、ミシミシ音は前のペダル(PD-A530)が原因だったような・・・。

20110806_170054_Panasonic_DMC-TZ7.jpg

スポンサーサイト



プロフィール

topcym

Author:topcym
1965(S40)年11月、大阪府吹田市の生まれ。現在は大阪府交野市に住む、中年サラリーマンのおっさんです。
趣味は、自転車とドラム。
自転車は「メタボやし、ちょっとは体を動かさんといかんなぁ」という一応、健康目的から2005年10月にクロスバイクを購入し、2009年06月にやっとこさロードバイクを購入しました。
ドラムは高校ぐらいから始めてるんでキャリアは長いですが、実力が全くついて来ずといった状況で現在に至っています。
ということで、趣味の自転車とかドラム(音楽)とかを中心にしながらも、特にそれらに拘らず、適当に思いついたことを書いていこうと思います。

カレンダー
07 | 2011/08 | 09
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
FC2カウンター
検索フォーム
リンク
月別アーカイブ
カテゴリ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる