FC2ブログ

洗車&タイヤ交換
2010-06-19-Sat 20:30

6/19(土)、今日は曇りで自転車に乗れるような気もするけど、出先で雨に降られるのも嫌なので、とりあえず、超久しぶりに洗車して、先週買った MICHELIN の KRYLION(クリリオン)にタイヤ交換することにしました。

ホント、洗車なんて久しぶりです。
嫌いなんですよね、洗車。
私の場合、いまひとつ洗車のやり方が確立できていなくて、妙に時間をくってしまうんですよね。
洗車の前は、どういう手順でやるべきかネットや雑誌やメンテナンス系のHOW-TO本を見て悩んでしまうんです。
※どうせ悩んでもうまくいかないので、悩んでる時間があったらさっさと手を動かした方がましなんですけどね。

今回はメンテナンス系のHOW-TO本のとおりにやってみました。

まず、車用の洗剤でざーっと洗車をしました。
これも、スポンジやブラシがチェーンやスプロケットに触れると、真っ黒になってしまうんですよね。
で、その真っ黒になった、スポンジやブラシでフレームなんかを洗うと、黒い油がついてしまって、洗ってるんだか、汚してるんだかわからんようになってくるんですよね。
以下の写真の用具を使用しました。

洗剤等



洗剤での洗車は、綺麗になる感じがあんまりなくて嫌になってきたので、次はスプロケットやチェーン等、油汚れの酷いところをディグリーザで重点的に洗浄することにしました。

まずは、スプロケットから開始しました。
下の写真の黄色いブラシをディグリーザに浸してから、スプロケットをゴシゴシやる訳ですが、スプロケットの黒い油汚れはみるみる落ちていって気持ちいいんですが、方やブラシについたディグリーザと油汚れの混ざった黒い液体がフレームやホイールに飛び散って、また、これはこれで綺麗にしてるんだか、汚してるんだかわからんようになってくる訳です。

で、もうフレームやホイールは最後にディグリーザで拭いたらええわい! と思い、今度はチェーンの洗浄に取り掛かりました。
以前、クロスバイクのチェーンを洗浄する際は、ミッシングリンクを装着しておったので、チェーンを外してディグリーザとかに浸して洗浄しておりました。
ただ、これはこれで、チェーンの着脱が結構、面倒くさいので、今回は先週新たに購入したチェーンクリーナーを使用することにしました。(というか、そのために購入した訳です)
で、チェーンクリーナーの使用感ですが、「これメッチャ楽やんか。ええんちゃうの」と言う感じです。先週、ウエパーの特価で1,980円で購入したんですけど、1,980円にしたらメッチャええ仕事するやおまへんか!コストパフォーマンス、えらい高いやないの!って感じです。
ディグリーザを指定の線まで注入し、チェーンをチェーンクリーナーにセットしてペダルを回すと、みるみるちにチェーンクリーナー内のディグリーザは真っ黒けになって、チェーンは元の銀色に戻っていきます。
なんで、こんな便利なもん、今まで買わんかったんやろうと思ってしまいました。
今まで買わんかったんは、チェーンクリーナーを使うより、チェーンを外して洗浄したほうが綺麗になるという意見がネット上で結構あったからなんですが、掛かる労力を考えると、ものぐさな私はチェーンクリーナーの方がいいかなぁと思いました。(このあたりは、評価の分かれるところだと思います)
ただ、チェーンクリーナーもペダルをガンガン回すと、ディグリーザと油汚れの混ざった黒い液体が飛び散りますので、ちょっと屋内での使用は無理ではないかと思いました。

チェーン洗浄の後は、フレームやホイールに飛び散ったディグリーザと油汚れの混ざった黒い液体の汚れを、ディグリーザを付けた布でひたすら丁寧に拭いていくという、なんというか根気のいる作業を行いました。
イヤー、疲れました。

最終的に、このディグリーザが全ての汚れを落としている訳で、こいつが一番偉いなぁと思った次第です。

チェーンクリーナー等



今度は注油です。今回、フィニッシュラインのクライテックワックス潤滑剤を使用しました。
breezingさんのブログにもあるように、この潤滑剤は黒い油汚れが付かないタイプで、自浄作用もあるらしく、要はスプロケットとチェーンが綺麗な状態のまま保持されるというものです。
私もbreezingさん同様、綺麗な状態が保持されることを一番重要視しております。(私の場合、洗車の頻度を極力減らしたいという想いからです)
で、この潤滑剤を使用するには、初めにスプロケットやチェーンの汚れを綺麗に落としておかないといけないので、今回、一念発起、頑張って洗車した訳です。

クライテックワックス



洗車後、油汚れでドロドロになった手を洗うのには、私は以下の写真の工業用洗剤を使用しています。リンクのとおり800gで365円とかなりお安いです。油汚れもとてもよく落ちます。
工場なんかによくあるタイプのやつです。

工業用洗剤



洗車後、スプロケットとチェーンはこんな感じになりました。
このロード購入後、約1年が経過しましたが、スプロケットとチェーンを洗浄したのは今回が初めてです。
ずぼらな私をお許し下さい。

洗浄後_リアスプロケット周辺_屋外

洗浄後_リアスプロケット周辺_屋内01

屋内でフラッシュをたいてみました。おー、銀色、銀色。
洗浄後_リアスプロケット周辺_屋内02

洗浄後_チェーン_屋内



■皆さん、効率的で効果的な洗車方法がありましたら、是非、ご指南下さい。


最後にタイヤ交換です。
MICHELIN の KRYLION(クリリオン)に交換しました。
Panaracer ほどではありませんでしたが、これもはめるのは結構、大変でした。
結局、最後は手でははめられず、タイヤレバーを用いて梃子の原理でタイヤを外す場合と反対の動きで無理矢理はめ込んだといった感じです。(チューブにダメージがなれればいいんですが・・・)
はめにくいのは Reynolds のホイールの問題なのかもしれません。
ただ、元からついていた VREDESTEIN のタイヤ比較的容易に着脱できるんですよね。
この VREDESTEIN のタイヤのMAX空気圧は、12barなんですね。これは結構、柔らかいというか薄いタイヤだと思うんですね。
対して、KRYLION のMAX空気圧は、8barなんです。耐パンク性能が高いということもあり、このタイヤは結構、厚めのタイヤなんだと思うのです。厚いので当然硬いですよね。
ですので、ビードの硬さだけでなくタイヤそのものの厚さや硬さも、装着のし易さに関係してくるような気がしました。
結局、今日は走ってないので、走った印象は、また、後日ということで・・・。

交換後_前輪



結局、洗車&タイヤ交換で半日以上、潰れてしまいました。

スポンサーサイト



プロフィール

topcym

Author:topcym
1965(S40)年11月、大阪府吹田市の生まれ。現在は大阪府交野市に住む、中年サラリーマンのおっさんです。
趣味は、自転車とドラム。
自転車は「メタボやし、ちょっとは体を動かさんといかんなぁ」という一応、健康目的から2005年10月にクロスバイクを購入し、2009年06月にやっとこさロードバイクを購入しました。
ドラムは高校ぐらいから始めてるんでキャリアは長いですが、実力が全くついて来ずといった状況で現在に至っています。
ということで、趣味の自転車とかドラム(音楽)とかを中心にしながらも、特にそれらに拘らず、適当に思いついたことを書いていこうと思います。

カレンダー
05 | 2010/06 | 07
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
FC2カウンター
検索フォーム
リンク
月別アーカイブ
カテゴリ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる