映画「わたしは、ダニエル・ブレイク」
2017-03-20-Mon 11:11

3/18(土)、映画「わたしは、ダニエル・ブレイク」を伏見のミニシアターで観てきました。

20170318_232420_NIKON_COOLPIX S7000



19:45に名古屋のマンションをママチャリで出発し、20:00に丸の内の会社前に到着し、目の前の無料駐輪場にチャリを停めて、そこから伏見のミリオン座っていうミニシアターまで歩いて10分ほど。
20:30からの開始時刻に余裕で間に合いました。
こういう時、都心に住んでる便利さを凄く感じます。
※尚、伏見のミリオン座は、矢場町のセンチュリー・シネマと同系列の映画館のようです。

20170318_195442_NIKON_COOLPIX S7000



この日が封切り日でしたし、カンヌ映画祭のパルム・ドール受賞作品ってこともあり、レイトショーでしたけどほぼ満席でした。
レイトショーだったので席数60ぐらいの小さい部屋でしたけど。
※写真は映画終了後のもの。

20170318_222208_NIKON_COOLPIX S7000



ちなみに、私、カンヌ映画祭のパルム・ドール受賞作品を映画館で観るのって初めてでした。
カンヌってあまりよう知らんのですが、こういう映画を評価するんですね。

で、ざっくりの映画の内容ですけど、イギリスの複雑な社会保障(福祉)制度に追い詰められていく社会的弱者を描いた作品です。
ケン・ローチ監督が引退を撤回してまで80歳で描いておくべきと考えたのは、貧困問題、格差社会問題。
後で知りましたが、ケン・ローチ監督って筋金入りの左派みたいです。妙に納得。

かなり重たく、あまり「救い」のようなものは描かれておらず、今のイギリスの現実を問題提起するような感じでわりかし淡々と描かれてます。
あまり感情移入はできませんでしたが(というか感情移入するような映画じゃない気がする)、エンディングも含めて社会的弱者に寛容でないイギリス社会の現実を見て、もやもやした感情の残る映画でした。
ケン・ローチ監督からのメッセージは「現実は伝えましたから、あとは皆さんで考えてみて下さい」といったものなのかなぁって思いました。

映画の冒頭に「この作品の収益から貧困に苦しむ人々を支援する基金を設立し、有料入場者1名につき50円が寄付されます」との案内文が出てました。

以下、ニュースでピックアップされていたものです。




最後にどうでもいいことですが、イギリス人のしゃべる英語と、アメリカ人のしゃべる英語って全然違うんやなぁって思いました。
スポンサーサイト

映画「スノーデン」
2017-03-14-Tue 01:42

3/8(水)、会社を早めに退勤して、矢場町のミニシアター(センチュリー・シネマ)で気になっていた「スノーデン」を観てきました。

20170308_222202_NIKON_COOLPIX S7000



まず、そもそもエドワード・ジョセフ・スノーデンってどういう人なん?っていうのがもの凄く気になってました。
そんでもって、なんであんな大胆なことをしたんやろうって思ってました。
そのあたりは、この映画を見たら大体わかります。

上記がわかったっていうことも含めて、映画としてなかなか面白かったですし、いろいろと考えさせられる映画でした。
私的には結構お勧めの映画です。
機密情報の持ち出し方が???ってところはありましたが・・・。

ニコラス・ケイジがちょい役で出ていてちょっとびっくりしました。
こういう映画にも出はるんやぁって感じで・・・。

そういうたら最後に、本物のスノーデン本人も出てきます。

で、えらい女性が多いなぁって思ったら、水曜日はレディースDAYってことで女性は安いのですね。
でも、こんな感じでガラガラでした。
まあ、平日の17:30スタートやからこんなもんなんですかね。

20170308_173024_NIKON_COOLPIX S7000



大阪でも1館でしかやってませんし、愛知でも矢場町(栄)と豊橋の2館でしかやってません。
上映館がかなり少ない感じです。
やっぱり、この手の映画は興行的に難しいんですかね。


最後にこの映画の予告編を貼っておきます。




こっちはDVD借りて観てみようかなぁ。

映画「JACO」
2016-12-16-Fri 01:08

会社からママチャリ漕いで20分。
12/14(水)、栄のちょっと南の矢場町に映画「JACO」を観にいってきました。

20161214_190350_NIKON_COOLPIX S7000



矢場町のPARCOの8F

20161214_190404_NIKON_COOLPIX S7000



センチュリーシネマってマイナーな映画をやってる小さな映画館です。

20161214_190420_NIKON_COOLPIX S7000



この映画館の隣はクラブ・クアトロってライブハウスでした。
昔、心斎橋のPARCOにもクラブ・クアトロが入ってましたが、心斎橋のPARCOはなくなって、今はH&Mのビルになっちゃいました。
今、大阪のクアトロは梅田にあるみたいです。

20161214_190426_NIKON_COOLPIX S7000



で、映画ですけど、ビデオやYouTubeで見たことのある映像もたくさんありましたが、当然、見たことのない映像もたくさんあり、それらを一連の映画としてじっくり大きな(そんな大きくもないけど)スクリーンでじっくり見れたんはよかったです。
映画館は映像や物語に集中できるからいいですね。だからなくならないんやなぁ・・・。

JACOの奥さんや、息子さん娘さんを初めて見ました。
結構、子煩悩なところもある人だったようで、破滅型の人生を歩んだ天才というイメージとはまた違った側面が見れてなんかちょっとホッとしました。

JACOは1987年にたった35歳の若さで逝ってしまったんですが、その晩年の生活はかなり悲惨でNYで路上生活をしてたようです。
天才ベーシストと騒がれ、そのプレッシャーから双極性障害 (躁鬱病)に陥り、そこにドラッグや酒が加わって更に状況を悪化させるという悪循環。
私が学生の時、来日し大阪に来た際、ベースを大阪城の堀に投げ込んだとか、いろんな奇行が報道されてました。
なので、JACOといえば、のってる時の演奏は超絶的に凄いけど、いつもラリってて、奇行ばかりしているという印象がつきまとってました。
でも、もとはそんな人ではなくて、周りのメンバーがやっててもドラッグや酒には一切手を出さず、ツアー稼いだ金はほとんど家族に送り、ツアーで家族と離れるのを辛がるような、かなり家庭的な人だったようです。
ただ、やっぱり天才肌ですし、双極性障害を発症するような気質を持った人ですから、歯車が狂いだすとどんどん負のスパイラルに入ってしまい、奇行で業界から干されて、路上生活や精神病院への入院といったところまで転落していったようです。

で、JACOの最期はこんな悲しいものでした。(by Wiki)
1987年9月11日、地元フォートローダーデールに来ていたサンタナのライブに無許可で飛び入りしようとしたところ、警備員に取り押さえられ、会場から追い出されてしまった。翌日未明、「ミッドナイト・ボトルクラブ」という店に泥酔している状態で入ろうとしたところ、空手技能を持ち合わせたガードマンと乱闘になる。乱闘の際、コンクリートに頭部を強打、脳挫傷による意識不明の重体に陥ってしまった。
病室では昏睡状態が続いて一向に意識回復などの兆しがみられず、植物状態としてかろうじて心臓だけは動き続けていた。親族による話し合いの末、ジャコの父親であるジャックにより人工呼吸器が外され、1987年9月21日、21時25分、親族と病院関係者らが見守る中、永眠。彼の生まれ故郷であるフロリダの地で35年9か月あまりの生涯を閉じた。

天才だったのに破滅型の人生。というか天才だったから破滅型の人生なのかもしれません。

ただ、救われたのは、JACOの子供たちは彼のことを父親として、ミュージシャンとして尊敬していたということ。
晩年は確かにめちゃくちゃな人生でしたが、子供たちの幼少期は本当に良き父親だったんだろうなぁと思います。
子供たちと一緒に楽しそうに遊ぶ映像がとても印象的でした。


ということで、最後にJACOの演奏をば。

JACO作曲の「Liberty City」 ビッグバンドの曲です。




デビューアルバムから「Donna Lee」 チャーリー・パーカーの名曲です。
この演奏で、皆の度肝を抜いた訳です。




しかし、もうちょっと良い状態で、もうちょっと生きて、素晴らしい演奏を聴かせてほしかったなぁ・・・。


帰りの夜の矢場町も結構ピカピカしてました。

20161214_212650_NIKON_COOLPIX S7000

映画「この世界の片隅に」
2016-12-11-Sun 04:51

12/10(土)、レイトショーで気になっていた映画「この世界の片隅に」を観てきました。

20161210_200350_NIKON_COOLPIX S7000



このアニメ映画、封切り前にNHKの朝のニュースで特集されていたのをたまたま見ていて、その内容から「これは是非とも観てみたいなぁ」って思ってました。
能年玲奈改め「のん」が主人公「すず」の声を担当しているのも観たいと思う要因の一つでした。
彼女、いろいろな原因があるんでしょうが、芸能界で干されちゃってるような状況なので、頑張ってほしいなぁってのもあり・・・。
それとどうでもいいことですが、封切りが私の誕生日と同じ11/12だったのもなんか縁を感じるというか・・・。

で、映画の概要は、広島出身のすずさんが18歳で呉に嫁ぎ、その嫁ぎ先での戦時下の日々の生活をただただ丁寧に描いた作品です。総括すると、ホント基本はそれだけなんです。
呉は軍港の街ですから、米軍の空襲の標的にされます。
また、実家のある広島は当然ながら8/6に原爆が投下されます。
当然、こういう部分の描写はありますが、そういう部分の描写はこの映画のメインではなく、あくまですずさんとその周囲の人々の戦時下の日常をもの凄く丁寧に取材した情報をベースに、緻密に描かれたアニメで表現されています。
空襲部分はメインではないと書きましたが、ただ、その描写のリアリティは他のアニメとは一線を画するレベルのものではあります。

片渕監督という人は極めて丹念に取材をする方のようで、その取材に基づいたアニメは本当に精緻で美しいです。
呉の街や、広島の街、山々、そして瀬戸内海等々、絵がホント綺麗です。
もうそれだけで映像の世界に引き込まれます。

それと、すずさんとのんさんは同化しているような、ぴったりとはまっているという印象を受けました。
片渕監督がすずさんの声はのんさんしかあり得ないって感じでオファーしたそうです。
すずさん、とっても可愛らしい女性に描かれてました。

で、観終わった感想ですけど、ただただ素晴らしい映画でした。
映画観て、こういう感覚になったのは、ちょっと最近ないです。
基本的には淡々とした映画なんですけど、何がそんなにええのかちょっと文章でうまく表現できません。
まあ、とにかく凄く良い映画でした。

中東や中央アジア、アフリカなどでは現在も紛争が継続しており、空爆なども行われていたりしますので、この映画の内容は地球規模で見ると過去の話ではなく現在進行形の話なんだなぁと思います。
普通の何気ない日常の生活が営めるということは、凄く幸せなことなんだなぁと改めて実感させられる映画でした。


あと、この映画、クラウドファンディングで製作資金を調達したことでも話題になりましたが、エンドロールの最後に出資者の名前がクレジットされてました。
尚、クラウドファンディングで製作資金を調達したのは、約5分間のパイロットフィルムってのを製作するところだったとのことで、このパイロットフィルムで企業に出資を募ったそうです。
このパイロットフィルムの出来栄えが素晴らしく企業に出資を決断させたらしいです。

以下、この映画の予告編です。




映画を観終わって、帰りは難波~淀屋橋までは地下鉄に乗らず、御堂筋をテクテク歩いてみました。

御堂筋もピカピカとすっかり年末モードでした。

20161210_225446_NIKON_COOLPIX S7000


20161210_225608_NIKON_COOLPIX S7000


20161210_230338_NIKON_COOLPIX S7000

映画「Start Line」
2016-11-03-Thu 23:19

先日、またも十三の第七藝術劇場で「Start Line」って映画を観てきました。

十三にちょっと早めに着いて、昼飯も食ってなかったんで「阪急そば」で遅めの昼食。

阪急そばなんてむっさ久しぶりです。
もうどれぐらい久しぶりかわからんぐらいです。
小学校の時、阪急千里線の豊津駅に阪急そばがあって、吹田市立図書館に行った時にたまにうどんとかそばとかを食ってました。
当時、素うどんが80円とか90円ぐらいやったような気がします。
100円握りしめて食いに行ってました。
ささやかな贅沢って感じでした。

今は「阪急そば若菜」になったのね。

20161022_154206_NIKON_COOLPIX S7000



まあ、ごく普通に美味かったです。
うどんとご飯の炭水化物二重奏。その上、唐揚げも付いてる。イカンなぁ・・・。

20161022_154650_NIKON_COOLPIX S7000



お腹も満たされて、第七藝術劇場で「Start Line」を観ます。

こんなチラシ。

20161022_161132_NIKON_COOLPIX S7000



映画の概要は以下のような感じです。
生まれつき耳の聞こえない今村彩子監督が自ら自転車で沖縄から北海道まで日本を縦断する映画です。
※今村監督のお母さんが妊娠中に風疹に罹患したことが耳が聞こえなくなった原因のようです。
※今村監督は名古屋のご出身で名古屋在住。
後ろから伴走する堀田哲生さん(哲さん)のカメラで撮影した今村監督自身の自転車を漕ぐ後ろ姿が映画のかなりの部分を占めるちょっと変わった作品です。
映画のテーマはコミュニケーション。
特に健聴者とのコミュニケーションに壁を感じていた今村監督がそれを克服しようと奮闘しはります。
でも、なかなか上手くいかない。
当たり前です。両耳が全然聞こえないんですから。
両耳が全然聞こえないんですけど、彼女しゃべれるんです。
※ご両親(特にお母さん)が、とにかくしゃべれるようにもの凄く尽力されたようです。
それでも聞こえない人が聞こえる人とコミュンケーションをとるのはやっぱりもの凄く大変です。
そういう状況を伴走者の哲さんが叱咤激励しはるんですが、私はこの哲さんの叱咤激励の仕方はちょっと違和感ありましたが・・・。

で、以下はこの映画のHPからの転載です。
私はどうすべきなのか…悩み苦しむ彼女に、北の大地で奇跡的な出会いが待っていた。
自転車で日本縦断の旅をするオーストラリア人、ウィル。
彼もまた、聴力にハンディキャップを抱えていた。
しかし、聞こえない上に日本語がカタコトのウィルが
楽しそうに人々とコミュニケーションする姿に彼女は驚く。
なぜそんなことができるの!?
満天の星の下、ウィルは言った「ピープル インサイド オナジ」

両耳が聞こえない人と比べたら雲泥の差ですが、私も右耳が聞こえないので幾ばくか感覚が共有できる部分があり、何と言いますか、いろいろと考えさせられる映画でした。


こういう自転車で日本縦断してはりました。

20161022_161214_NIKON_COOLPIX S7000



伴走者の哲さんと北海道で出会ったウィル。

20161022_161322_NIKON_COOLPIX S7000



以下、映画の予告編です。




帰りに喜八洲の酒饅頭を買いました。
こっちももうわからんぐらい久しぶりです。
家で食ったら、むっさ懐かしい味でした。

20161022_183410_NIKON_COOLPIX S7000


20161022_203042_NIKON_COOLPIX S7000


20161022_203542_NIKON_COOLPIX S7000

プロフィール

topcym

Author:topcym
1965(S40)年11月、大阪府吹田市の生まれ。現在は大阪府交野市に住む、中年サラリーマンのおっさんです。
趣味は、自転車とドラム。
自転車は「メタボやし、ちょっとは体を動かさんといかんなぁ」という一応、健康目的から2005年10月にクロスバイクを購入し、2009年06月にやっとこさロードバイクを購入しました。
ドラムは高校ぐらいから始めてるんでキャリアは長いですが、実力が全くついて来ずといった状況で現在に至っています。
ということで、趣味の自転車とかドラム(音楽)とかを中心にしながらも、特にそれらに拘らず、適当に思いついたことを書いていこうと思います。

カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
FC2カウンター
検索フォーム
リンク
月別アーカイブ
カテゴリ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる