スイングジャーナル青春録・大阪編
2016-07-16-Sat 12:28

スイングジャーナルの編集長だった山中康樹って人の「スイングジャーナル青春録・大阪編」って本をかなり前に読了しました。

20160714_004352_Panasonic_DMC-TZ30.jpg



で、少しこの本の感想をば。

この人、堺の上野芝出身なので私が通ってた大学から近いこともあり一瞬ちょっと親近感湧きました。
本の中で「LPコーナー」とか「ワルツ堂」とか心斎橋の「三木楽器」「ヤマハ」とか「ヨシムラレコード」とか、関西で音楽やってる人ならよう知ってる場所も出てきて、地元感があってよかったです。あと「プガジャ」とかも懐かしかったです。

ただ、この人の音楽の聴き方はなんかようわかりませんでした。
この人は楽器は演奏しはらへんようで、聴き方が徹底したリスナー目線っていうんでしょうか。

ビートルズ、ビーチボーイズを偏愛し、その後ジャズに移行しマイルスが最高って感じになっていく訳です。
テンションや緊張感の無い音楽は聴くに値しないっていう風に読めてしまいます。
そりゃマイスルは凄いですけど、私の中では、いろいろいるミュージシャンのうちの一人って感じです。
トミフラとかのゆったりしたピアノとか、ゲッツのサブトーンのボサノバサックスとかもゆるくてええじゃないですか。
テンションの高い音楽ばっかり聴いたらしんどいですやんか。

この本の冒頭は「ビッチェズ・ブリュー」が凄いってところから始まるんですが、私、この「ビッチェズ・ブリュー」ってアルバム持ってますけど、全編続けてよう聴きません。
はっきり言って何がええんかようわかりません。聴いててめっちゃ疲れます。
私は電化したマイルスは基本的にアカンのです。電化前の「フォア&モア」でも鋭角的過ぎてちょっとしんどいぐらいです。
コルトレーンでも「至上の愛」とかテンション高すぎてアカンのです。
そもそもこの「至上の愛」ってタイトルが仰々しくて既にもうあきません。

で、結局、楽器を演奏せえへん評論家が音楽を一生懸命分析的に聴いてるって印象を受けました。
楽器を演奏する人がテクニックを分析するような聴き方をしますが、それとは明らかに違う妙な聴き方。
もっとリラックスして聴きゃええのにって思いましたです。
そういうたら「ウェザー・リポート」も好きそうな感じで書いてありました。
その時代の先端を走ってる緊張感の高い音楽がお好きな感じです。
私もそういう音楽も聴きますが、そういうのばっかり聴いたらもうくたくたになってしまいます。

趣味の音楽を聴くのに、もの凄いエネルギーを投入し続けるってのは私にはできないなぁって思いました。
スポンサーサイト

銀二貫
2014-05-31-Sat 16:25

私、元々、連続ドラマや映画ってほとんど見なかったのですが、朝ドラの「あまちゃん」、朝ドラ再放送の「ちりとてちん」なんかはリアルタイムや録画して見てました。

ちなみに私が定期的に見るテレビと言えば、BS3「日本縦断こころ旅」、BS3「新日本風土記」、テレ朝「タモリ倶楽部」ぐらいでしょうか。

最近、これにNHK総合の「銀二貫」が加わりました。(あと1回で終わっちゃいますけど)

銀二貫 (幻冬舎時代小説文庫)銀二貫 (幻冬舎時代小説文庫)
(2010/08/05)
高田 郁

商品詳細を見る


仕事から名古屋のマンションに帰ってきて(だいたい、いつも12時頃)、テレビをつけてボーっと見ていたら、翌1:30ぐらいから「銀二貫」の再放送をやっておった訳です。

私、そもそも時代劇なんてほとんど見ない人で、大河ドラマもほとんど見たことが無い人なんです。
でも、この「銀二貫」は江戸時代の大阪の商人の話で、普通の時代劇と何かテイストが違っていて、初めてボーっと見てた時から違和感無く見ることが出来ました。

まず、何が良かったと言って、ちゃんとしたほとんど違和感のない大阪弁というか関西弁というか船場言葉が使われていることです。
私の父(既に他界してますが)は、大正11年生まれで、あまり自分の過去を語らない人でしたが、大阪船場丼池(どぶいけ)あたりで祖父がいろいろと商売を変えるのに翻弄されながら育った人だったようです。
なので、生前、大阪船場の言葉を実際にしゃべっていたりしたので、私の中にそういう言葉の記憶が残っている訳です。ドラマや原作は江戸時代の話ですから、言葉は父がしゃべっていたものより更に古い言葉なのでしょうが、ニュアンスや雰囲気がどういったものであったかはだいたい想像できます。
このドラマは真帆役の松岡茉優さん(東京出身)を除けば、ほとんど関西出身の役者さんがキャスティングされており、言葉の面では安心して見ていられます。
やはり、関西人の話す大阪弁や船場言葉と、その他の地域の人が話すそれとはかなり違います。
そういう意味で見ていて辛かったのは朝ドラの「ごちそうさん」。杏さんや東出さんの大阪弁に違和感がありすぎて、結果的に見るのをやめてしまいました。(脚本もあまり良いとは思えませんでしたし)
それを考えると、松岡茉優さんは言葉の面ではようやってはると思いますし、演技そのものもよいと思います。

で、「銀二貫」のあらすじは以下のとおり。内容(「BOOK」データベースより)
大坂天満の寒天問屋の主・和助は、仇討ちで父を亡くした鶴之輔を銀二貫で救う。大火で焼失した天満宮再建のための大金だった。引きとられ松吉と改めた少年は、商人の厳しい躾と生活に耐えていく。料理人嘉平と愛娘真帆ら情深い人々に支えられ、松吉は新たな寒天作りを志すが、またもや大火が町を襲い、真帆は顔半面に火傷を負い姿を消す…。

話としては、とても単純な話ですが、ドラマにしても原作の高田郁さんの本にしても、登場人物の感情の機微が丁寧に描かれており、何ともしみじみと良い作品です。

殺伐とした世の中で生きていると、こういう昔の義理と人情みたいな世界が良く見えてしまうんでしょうかね。

で、津川雅彦さんって、役者として凄いんやなぁって再認識しました。

グリコ・森永事件「最終報告」 真犯人
2010-10-02-Sat 21:57

mucho66さんから、『グリコ・森永事件「最終報告」 真犯人』という本をお借りして読みました。
なかなか、面白い本で、なんとも独特な読後感でした。

グリコ・森永事件「最終報告」 真犯人 (朝日文庫)グリコ・森永事件「最終報告」 真犯人 (朝日文庫)
(2010/06/04)
森下 香枝

商品詳細を見る


※本書についてのmucho66さんのBlogはこちら


グリコ・森永事件は、昭和59年3月の江崎勝久・江崎グリコ社長の誘拐に始まり、昭和60年8月のかい人21面相からの終息宣言で犯人グループの動きが無くなって、平成12年2月にすべての事件の公訴時効が成立しています。

昭和59年当時、私は高校3年生でして、実家のあった吹田市から高校のある茨木市に通学していました。事件が過去に例のない劇場型犯罪ということもありましたし、私の生活圏と極めて近い場所で起こっていたこともあって、この事件は当時の私にはものすごいインパクトがありました。
そういったこともあり、この本を読んでいる時、この事件を単純に思い出すだけでなく、この事件に繋がったその当時の世相とか雰囲気とかムードとかそういった漠然としたイメージが思い出されて、なんとも言えない妙な気分になりました。

怪人21面相のあの独特の関西弁の挑戦状や、当時の警察担当者のいかにも浪花のデカといった感じのベタベタの関西弁でのコメントとかを読んでいると、忘れかけていた昭和時代の濃厚な関西の雰囲気を思い出すような感覚もありました。

この本では、今まで公開されていない情報も結構出ていたり、著者が推測する実行犯(既に自殺している)も名前(仮名か実名かはちょっと忘れました)を挙げて書かれていたりしますが、まあ、結局、誰が真犯人かを確定できている訳ではありません。
それができていれば、時効を迎えているとはいえ、ものすごいニュースになっているはずですし、警察がその威信をかけて捜査した結果、迷宮入りした事件を、一介の記者がそう簡単に解明できる訳はありません。

当時も言われていたことですが、本書を読むと警察側の度重なるミスで犯人を取り逃がしていることがよくわかります。犯人グループも相当凄かったんでしょうが、警察の失態もあって、この事件は結果的に犯人検挙に至らないまま時効を迎えてしまいました。
もともと特異な事件ですが、偶然やいろいろなミスが重なって更にこの事件の特異性や特殊性を増幅させたような気がします。
この事件は、事実は小説よりも奇なり をまさに地で行ってます。

本書に対して、実行犯でなく、このグリコ・森永事件全体の絵を描いた黒幕を知りたいとかいう意見もあったりしますが、それを著者に要求するのはちょっと無茶な気もします。
それがわかるんだったら、私も是非知りたいですが・・・。
また、著者の文章力が無いという意見もあったりします。

まあ、そういういろいろな意見はありますが、この事件とその当時の雰囲気をなんとなく思い出せただけで、私にとっては本書は結構意味のあるものでした。

もし、真犯人が名乗り出て、全てをぶちまけたら、それは凄い事になるんでしょうね。
是非、事の真相を聞いてみたいものです。ありえないか・・・。

久しぶりの出勤前に図書館に本を返却
2010-09-26-Sun 01:17

9/21(火)、9/22(水)と夏期休暇を取っていたので、9/18(土)~9/23(祝)は6連休になってました。
ですので、9/24(金)は久しぶりの出勤です。

前の晩、図書館で借りた本の返却期限が9/24(金)であることに気付き、9/24(金)の出勤前に大阪府立中之島図書館に返却することにしました。
ちなみに、本は8/15(日)に東大阪市の大阪府立中央図書館で借りて、3週間の貸出期限の前日に図書館のWEB画面から更に3週間の期間延長をしていたので、9/24(金)が返却期限になっていました。
※ということで、大阪府立図書館では、最長で6週間 本を借りることができます。
※それから、大阪府立中央図書館で借りて、大阪府立中之島図書館で返しても、また、その逆でもOKです。

中之島図書館に行くのは久しぶりです。
結構、歴史的な建造物のようで、国の重要文化財に指定されています。
(国の重要文化財に指定されているのは、今回初めて知りました)

大阪府立中之島図書館



で、こんな本を借りてました。

「ポートレイト・イン・ジャズ」は、村上春樹さんの本を読んだ事が無かったので、私がJAZZが好きなことをご存知の方からこの本をご推薦頂いて、初めて読んでみました。
で、結果は、村上春樹さんの文章は、私には格調高すぎるというか、品が良すぎる感じで、ちょっとしっくりきませんでした。私はこういう比喩や婉曲な表現を多用した文章より、もっと単純で直接的なものの方が性に合うようです。私の文章に対する懐が浅いってことなのかなぁと思います。

ポートレイト・イン・ジャズポートレイト・イン・ジャズ
(1997/12)
和田 誠村上 春樹

商品詳細を見る



「グレッグ・レモン」は、この人がどんな人か知りたいという単純な理由から借りました。
この人、1987年、カリフォルニアでのハンティング中、いとこの散弾銃の弾が当たり、長期間レースからの離脱を余儀なくされています。
その後、復活をかけた1989年のツール・ド・フランスで、37もの散弾片を体(いくつかは心臓のそば)に残したまま、最終ステージのパリでの個人タイムトライアルで、ローラン・フィニョンを8秒差で逆転して総合優勝しています。この8秒というのは、ツール・ド・フランス史上最小タイム差による総合優勝で、このローラン・フィニョンとの争いは歴史に残る名勝負になっています。
この人はツール・ド・フランスで初めて総合優勝したアメリカ人で、前述のような肉体的な問題を克服して復活したという事もあり、ちょっとランス・アームストロングと印象が重なる部分がありました。
グレッグ・レモンもランス・アームストロングも、ものすごく劇的な人生を歩んではります。
ちなみに、ローラン・フィニョンは、今年2010年08月31日に50歳の若さでガンで他界しています。合掌。
グレッグ・レモンの詳細はこちらのWikipedia、ローラン・フィニョンの詳細はこちらのWikipediaをどうぞ。

グレッグ・レモングレッグ・レモン
(1995/07)
サミュエル・アプト

商品詳細を見る


本の表紙は以下の写真です。(Amazonには画像がありませんでした)
グレッグ・レモン


「マルコ・パンターニ 海賊の生と死」も、「グレッグ・レモン」と同様の理由で借りました。
この人も、ものすごい人生を歩んではります。結局、最後はコカイン中毒で34歳の若さで亡くなっています。
私は、ちょっと、ミュージシャン系の破滅的な生き方と似通った部分を感じました。
ミュージシャンの天才は事故死も含め早死が多いですから・・・。
コルトレーン、ジャコ・パストリアス、ジミヘン、サム・クック、オーティス・レディング・・・。
マルコ・パンターニの詳細はこのWikipediaをどうぞ。

マルコ・パンターニ―海賊(ピラータ)の生と死マルコ・パンターニ―海賊(ピラータ)の生と死
(2009/02)
ベッペ コンティ

商品詳細を見る



「京都の歴史を足元からさぐる 嵯峨・嵐山・花園・松尾の巻」は、自転車で走った土地の歴史的背景が知りたくて借りました。
嵯峨や嵐山は、結構行ったことがあったので興味深く読めました。
こういう知識は無いより有った方がいろいろと楽しいですね。

京都の歴史を足元からさぐる―嵯峨・嵐山・花園・松尾の巻京都の歴史を足元からさぐる―嵯峨・嵐山・花園・松尾の巻
(2009/04)
森 浩一

商品詳細を見る



で、中之島図書館に到着したのは8:20頃で、まだ開館前だったので、これらの本を返却ポストに投函しました。


中之島図書館のある淀屋橋駅は会社の最寄り駅ではないのですが、会社までは徒歩で20分~30分ぐらいで着きます。
ですので、散歩がてら、淀屋橋からテクテク歩いて出勤しました。
この日は、雨の後でぐっと気温も下がっており、汗もかかずに会社まで歩けました。
もう、本格的な秋に突入したって感じです。

大阪市役所と土佐堀川の間の道もちょっと秋っぽい感じになってます。

大阪市役所の南側



淀屋橋から東側の土佐堀川。曇っていることもあり、ちょっと涼しげです。

淀屋橋から見た東側の土佐堀川



いよいよ、秋が深まっていきそうな感じです。

何年かぶりに大阪府立中央図書館に行きました
2010-07-11-Sun 11:39

7/9(金)、ちょっとした私的な野暮用があり、また、振替休日を消化しないといけないということもあって、会社を休みました。
事前の天気予報では晴れだったので、うまくいけばちょっとは自転車に乗れるかなぁと思っていましたが、朝10時前には雨が降り出して、見事に天気予報に裏切られました。
梅雨時の天気予報はあんまりあてになりませんね。ちょっと腹が立ちます。

で、午前中に野暮用も済み、今日はどうしようかなぁと考えておったのですが、午後からものすごく久しぶりに東大阪市の大阪府立中央図書館に行くことにしました。

最近、本といえば、ブックオフもしくはAmazonで中古本を購入するケースが多いです。
こないだ、ネットでの評判もなかなかなので、Amazonで伊藤礼という方の「こぐこぐ自転車」という本を購入しました。
こぐこぐ自転車こぐこぐ自転車
(2005/12/14)
伊藤 礼


まだ読了はしていませんが、まあそれなりに楽しく読めてます。

ただ、こういったちょっと気になる本をどんどん購入してますと、当然お金も掛かりますし、本も数が増えてくると結構、嵩張るものです。更に私の場合、一度読んだ本を読み返すということはほとんどありません。
そうなると、「ちょっと気になるなぁ」ぐらいの本は「図書館で借りたらええんとちゃうの」ということで、大阪府立中央図書館に行ってみた訳です。
この図書館の蔵書数は凄いですから、大概の本は借りれます。

で、今回は自転車関係の本を借りてみました。

ツール・ド・フランス開催中ということもあり、ツール・ド・フランス関連の本。

この本は全部読みましたが、まあ、大した内容ではないです。
岩波書店なのでもうちょっと内容のある本かと思いましたが、期待はずれでした。
ツール・ド・フランス―君が教えてくれた夏ツール・ド・フランス―君が教えてくれた夏
(2009/06)
Naco



この本も読了しましたが、これはロードレースの楽しみ方の入門書って感じの本です。
ツール・ド・フランス完全ガイドツール・ド・フランス完全ガイド
(2007/06/15)
土肥 志穂



で、この本以降の本は、まだ読んでません。
ツール・ド・フランス 勝利の礎ツール・ド・フランス 勝利の礎
(2008/09/12)
ヨハン・ブリュニール




ランス・アームストロングのトレーニング方法が書いてあるというこの本。
別にそういうトレーニングをやってみようという気がある訳ではないですよ。
ただ、ランス・アームストロングは一体、どんな練習をやっとったんやろう という単純な興味から借りました。
ミラクルトレーニング―七週間完璧プログラムミラクルトレーニング―七週間完璧プログラム
(2002/09)
ランス アームストロングクリス カーマイケル




そんでもって、ミゲル・インデュラインってどんなおっさんかと思って・・・。
ミゲル・インデュライン


特に何の理由もなく、ただ、なんとなく。
グラニー・ギア 私の自転車物語


最後に自転車の紀行文系。
行かずに死ねるか!―世界9万5000km自転車ひとり旅行かずに死ねるか!―世界9万5000km自転車ひとり旅
(2003/10)
石田 ゆうすけ




とりあえず、ぼちぼち読んでみようと思います。
プロフィール

topcym

Author:topcym
1965(S40)年11月、大阪府吹田市の生まれ。現在は大阪府交野市に住む、中年サラリーマンのおっさんです。
趣味は、自転車とドラム。
自転車は「メタボやし、ちょっとは体を動かさんといかんなぁ」という一応、健康目的から2005年10月にクロスバイクを購入し、2009年06月にやっとこさロードバイクを購入しました。
ドラムは高校ぐらいから始めてるんでキャリアは長いですが、実力が全くついて来ずといった状況で現在に至っています。
ということで、趣味の自転車とかドラム(音楽)とかを中心にしながらも、特にそれらに拘らず、適当に思いついたことを書いていこうと思います。

カレンダー
02 | 2017/03 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
FC2カウンター
検索フォーム
リンク
月別アーカイブ
カテゴリ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる