二川~潮見坂~浜松
2017-09-15-Fri 18:17

9/9(土)、天気も良さそうだったので名古屋に留まり、輪行を絡めて二川~潮見坂~浜松と走ってきました。

前日の9/8(金)の深夜(実際は9/9(土)なんですが)、翌日のサイクリングのためにタイヤに空気入れてから寝ようと思ったら、スローパンクしとる。
それも面倒くさい後輪。トホホ。
夜中にチューブ交換しましたよ。

20170909_023017_Apple_iPhone 7



水につけて調べてみたら、赤丸のバルブとチューブの接合部から結構盛大に漏れてました。
Facebook上で知人曰く「赤丸の上のネジを締め過ぎるとこういうことが起こる」とのことでした。へ~。

20170909_023502_NIKON_COOLPIX S7000



ということで寝るのが遅くなっちゃいましたが、気を取り直して翌朝、浄心のマンションを8時過ぎに出てまずはチャリでJR名古屋駅まで。

今回は初めてJRの名古屋〜豊橋の往復切符を買ってみました。
名鉄と同額の1,540円。(JRも名鉄も平日はもうちょっと高いです)
有効期間は名鉄が翌月一日までと凄く長いんですが、JRは当日のみ。
でも、JRは豊橋の一つ先の二川まで行けます。
チャリで浜松方面に行く場合、豊橋~二川間の交通量が多くてごちゃごちゃした街中を走らんですむんで今回はJRにしてみました。
今回走った結果、輪行するなら断然JRの方が楽でよかったです。

20170909_083017_Apple_iPhone 7



今回、同じ車両に輪行してはる人がいたんですが、その人の輪行袋は前後輪両方とも外すタイプ。
ちょっとパッキングに手間は掛かるでしょうが、大きさはかなりコンパクトです。
Facebookを見た自転車屋さんの大将が「ヘルメットの紐で自転車を固定するところがツウ」とのご発言。
ちなみに輪行袋の右の座席に座ってはる人が持ち主。

20170909_083517_Apple_iPhone 7



蒲郡で乗り換えて、10:30頃に二川駅に到着。
豊橋から一つ先に行くだけで、駅に人も少なくて輪行するには凄い楽です。

20170909_104302_NIKON_COOLPIX S7000



いつものようにまずは旧東海道の二川宿を走ります。

20170909_104930_Apple_iPhone 7



この紺色の暖簾があっちこっちに掛かってます。

20170909_105424_NIKON_COOLPIX S7000



R1を東進して静岡県に突入。

20170909_111216_NIKON_COOLPIX S7000



坂を上がったてっぺんから遠州灘を望む。
思ってたより雲が多い・・・。

20170909_111618_NIKON_COOLPIX S7000



潮見坂の道の駅で休憩。
静岡も茶所ですので、抹茶ソフトって、まあ抹茶ソフトなんて日本中どこにでもありますけど・・・。
この日のソフトはなんかめったやたらに溶けるのが早く手がベトベトになりましたわ。

20170909_113017_Apple_iPhone 7



太陽光発電で沸かした足湯に入ります。これが結構熱い・・・。
まあ、気持ちはよいです。
この日はサイクリングウエアではなく、半パンジーンズにTシャツっていうポタリングモードでした。

20170909_113517_Apple_iPhone 7



で、海岸へ。

20170909_121648_NIKON_COOLPIX S7000



晴れてるんだけど、快晴って訳でもなく・・・。

20170909_122000_NIKON_COOLPIX S7000



いつものようにサーフィンの人。

20170909_122752_NIKON_COOLPIX S7000



そんでもってこのところ琵琶湖でも目撃したんですが、サーフボードの上に立ってオールで漕いでる人がいたりします。
さっきネットで調べてみたら、「スタンドアップパドル・サーフィン」とか「スタンドアップパドル・ボーティング」とか言うらしい。
なんか見たままやん、何のひねりも無いやんってネーミング。
まあ、分かりやすくてええです。

20170909_122852_NIKON_COOLPIX S7000



そんでもって釣りの人。釣り人も絵になるなぁ・・・。

20170909_122930_NIKON_COOLPIX S7000



それから鳥さん。なんちゅう鳥かはわかりません。

20170909_123010_NIKON_COOLPIX S7000



潮見坂を後にして、浜名湖をを越えて東進し浜松へ。

10/14~22のハママツ・ジャズ・ウィークの宣伝。
ちょっと調べたら結構有料のイベントが多いみたい。
高槻ジャズストリートとかはほとんど無料なんですけどね。
きっと、ヤマハとか浜松の楽器メーカーもバックアップしてるんでしょうね。

20170909_141036_NIKON_COOLPIX S7000



で、もうルーティン化してますが、浜松まできたらこのジャズ喫緊「トゥルネ・ラ・パージュ」。
何べん来ても名前が覚えられん・・・。
そういうたらこのジャズ喫茶でもハママツ・ジャズ・ウィークのイベントやるみたいです。

20170909_141517_Apple_iPhone 7



入り口はホント普通の喫茶店みたいな感じなんですけどね。

20170909_141904_NIKON_COOLPIX S7000



内部はちょっと異次元空間。
ここのアヴァンギャルド社製の超高級スピーカーシステム(1,800万円するらしい)はアタクシのポンコツ耳でも音がええのがようわかります。
人によっていろいろと好みはあると思いますが、私が今まで行ったジャズ喫茶の中では、私的にはここの音がやっぱ圧倒的によいと思います。

20170909_143308_NIKON_COOLPIX S7000



今回ディスプレイされてたレコードは全部ブルーノートレーベルのような。

20170909_143434_NIKON_COOLPIX S7000



ここは、コーヒーも紅茶も、こういうポットで出てきます。
3杯分ぐらい入ってて700~800円ぐらいなんで、結構、お得。
「ちょっと長居してもええよ」って意思表示のような気もして、気分的にゆっくり聴ける感じもあり・・・。
とてもええ感じのお店です。
そういういたら複数名いる店員さんは全員女性。店主も女性。
このあたりも一般的なジャズ喫茶とは違ってて、超高級オーディオがあるにもかかわらず敷居の高さを感じさせないんですかね。

20170909_143752_NIKON_COOLPIX S7000



で、30年前のスイングジャーナルがディスプレイされてました。ちょうど私が大学行っとったころです。
ウィントン・マルサリスの若いこと。

20170909_152254_NIKON_COOLPIX S7000



ジャズ喫茶の面白さとして、聴いたことのない音源を耳にすることってのがあります。
私はいろんなことに対して全然アンテナを張れてない人なので、新しいミュージシャンとかも全然知らんのです。
なので、ジャズ喫茶で初めての音源なんかに触れて、おースゲーなんてことになることも結構あり・・・。
今回は、キルギス共和国出身のエルダー・ジャンギロフ(Eldar Djangirov)ってピアニストの以下のアルバムが掛かってました。
すんごいプレーでした。
世の中すんごい人が次から次から出てきますな。
この人のことはまた別途。

51wtQZm1q_L.jpg



ジャズ喫茶を後にして、来た道を引き返します。

綺麗な夕焼けを期待したんですが、天気アプリによると西側にゲリラ豪雨的な雲が出てきて夕焼けは全然見えませんでした。

20170909_174738_NIKON_COOLPIX S7000



二川駅に戻って輪行で名古屋駅まで。

名古屋駅には20時前に到着。

20170909_195808_NIKON_COOLPIX S7000



この日の走行距離は約76kmでした。

もうちょっと雲が少なかったらなぁ~。

まあ、でもジャズ喫茶でゆったりできましたし、よい一日でした。
スポンサーサイト

石田姐さんの足跡を自転車で辿るツアー
2017-06-11-Sun 22:47

ここのところ大幅なバックデートの投稿ばかりですみません。
投稿が追いつかず・・・。

5/28(日)は、かつての同僚で(ほとんど仕事は一緒にしたことないけど)現在、浜松在住の石田姐さんの足跡を自転車で辿るツアーを敢行しました。
って別に大したツアーではなく、浜松在住の方なので当然、私よりははるかに静岡のことをよくご存じで、石田姐さんが静岡で行った場所がFacebookに投稿されるんで、そこを目指して行ってみようってツアー(一人だけど)な訳です。

静岡となるといつものようにまずは豊橋まで輪行でございます。
今回もいつもと同様に名鉄で。

20170528_074222_NIKON_COOLPIX S7000



で、豊橋の駅にJRの名古屋~豊橋の往復切符の広告が出てます。
(名鉄もJRも料金は往復で1,540円と同じ)
以前からそれは知ってたんですが、よう見てみたら「豊橋ゾーン(豊橋~豊川・二川)」ってなってます。
浜松方面に行くんだったら、二川(豊橋の一つ浜松側の駅)まで輪行できるJRの往復切符の方がお得だし時間の節約になることに今頃気づいた間抜けな私。
今度はJRの往復切符を買ってみようと心に誓った私でした。

20170528_074612_NIKON_COOLPIX S7000



で、豊橋で自転車を組み立ててスタート。

いつものルートで旧東海道を東進して二川宿を通過。
二川宿は古い日本家屋が多く巣が作りやすいのかやたらとツバメがおりました。
ヒナの写真をば。(この写真は日本家屋じゃないですけど)
可愛いなぁ~。

20170528_091632_NIKON_COOLPIX S7000



更に東進して潮見坂あたりの海岸へ行きます。
海が青くて美しい。

20170528_093826_NIKON_COOLPIX S7000


20170528_094600_NIKON_COOLPIX S7000



で、海岸は気分的にはすっかり夏ですって方がいっぱいおりました。
ここは車が海岸の真横につけられるので、サーフィンとかするのにかなり便利そうな感じです。

20170528_095302_NIKON_COOLPIX S7000



東側の浜名大橋を望む。このアングルだと凄い勾配があるように見えますね。実際はそんなことないんでしょうけど。

20170528_100012_NIKON_COOLPIX S7000



浜名湖上を通過。浜名湖は汽水湖なので潮の満ち引きの影響を受けます。
この日は遠州灘に向かって結構な勢いで水が流れて行ってました。

20170528_101914_NIKON_COOLPIX S7000



浜名湖を過ぎてどんどん東進しますと、こんな大きな広域農道みたいなのがあらわれます。
写真右側の林みたいなのの向こう側が遠州灘になります。

20170528_104848_NIKON_COOLPIX S7000



遠州灘って西は愛知県・渥美半島の伊良湖岬から東は静岡県の御前崎までの海域を指すそうです。
で、御前崎の近くに浜岡砂丘ってのがあるらしいんですがあまりにも遠いんで行かれへんなぁって思ってたら、浜松市の東の方に中田島砂丘ってのがあったんで行ってきました。
なんかやっぱ砂丘っぽかったです。(なんちゅう当たり前のコメント・・・)

20170528_110718_NIKON_COOLPIX S7000


20170528_111036_NIKON_COOLPIX S7000


20170528_112202_NIKON_COOLPIX S7000


20170528_113010_NIKON_COOLPIX S7000



この日の往路は軽くペダルを回すだけで貧脚のアタクシでも巡航速度が35kmになったりしました。
凄い追い風だったってことです。
ということは復路は凄い向い風ってことです。
恐ろしやぁ~。
遠州灘のあたりは凄く風が強い地域みたいです。
なので、風力発電のプロペラをよう見かける訳です。
大体、西から東に向けて吹いてるみたいです。
ちゅうことは疲れてる復路は向い風。トホホ。
写真は天竜川の河口部。遠州大橋上からのショット。

20170528_122500_NIKON_COOLPIX S7000



遠州大橋を渡ると磐田市に突入です。
ジュビロ磐田の磐田市です。生まれて初めて踏み入れました。

20170528_122644_NIKON_COOLPIX S7000



「太平洋岸自転車道」なんていう魅力的な名前のサイクリングロードがあったんですが、この日は時間的な余裕が無くそのサイクリングロードを走るのは断念しました。またいつか・・・。

20170528_125110_NIKON_COOLPIX S7000



この日の一つ目の目標地点は磐田市の福田漁港。

20170528_131210_NIKON_COOLPIX S7000


20170528_131302_NIKON_COOLPIX S7000



シラス丼を食いに行ったのですが、何と石田姐さんも釣りに来てはって偶然遭遇。
いや~、びっくり!こんな偶然があるんやぁ~。
一緒にシラス丼食いました。
この日は日曜日で漁がお休みで、獲れたての生シラスはなかったんですが、石田姐さんが解凍した生シラスを買ってて、釜あげシラス丼に解凍生シラスもトッピングしてくれはりました。

20170528_134002_NIKON_COOLPIX S7000


20170528_134042_NIKON_COOLPIX S7000



石田姐さんの後ろ姿。

20170528_134028_NIKON_COOLPIX S7000



昼飯の後、近況などベラベラ喋って、石田姐さんは釣りへ、アタクシは更に東進して袋井市へ向かったのでした。


袋井市に向かったのは二つ目の目標地点の名倉メロン農場に行くためです。

麦畑と

20170528_145428_NIKON_COOLPIX S7000


20170528_145448_NIKON_COOLPIX S7000



静岡県なだけに茶畑も

20170528_145556_NIKON_COOLPIX S7000



名倉メロン農場に到着。

20170528_151542_NIKON_COOLPIX S7000



メロンパフェをいただきました。

20170528_153246_NIKON_COOLPIX S7000



名倉メロン農場を後にし、さあ、向かい風の復路やぁ。

結果的にJR磐田駅で力尽きました。
後は輪行です。

20170528_171754_NIKON_COOLPIX S7000



JRで磐田から浜松まで輪行し、せっかくなんでジャズ喫茶「トゥルネ・ラ・パージュ」に寄りました。
オーディオのことは全然ようわからんのですが、この店のスピーカーシステムが、アバンギャルド社製で1,000万円超ってことだけぼんやり知ってます。
音はもの凄~く生々しいです。私は好きな音です。
私が今まで行ったジャズ喫茶の中でも屈指の音だと思います。

20170528_181404_NIKON_COOLPIX S7000



で、Michael HedgesのAerial Boundariesってアコギのアルバムがかかってて、とても良かったです。
私、Michael Hedgesってほとんど聴いたことなかったんでとても新鮮でした。
1997年に43歳の若さで交通事故で亡くなってるんですね。残念!

20170528_181602_NIKON_COOLPIX S7000



ジャズ喫茶「トゥルネ・ラ・パージュ」の後は、JRで浜松~豊橋、名鉄で豊橋~名鉄名古屋 と輪行。


この日の走行距離は90kmぐらいでした。

サプライズもあり、なんちゅうか盛りだくさんな一日でした。

豊橋~伊古部~潮見坂~浜松
2017-03-22-Wed 01:22

3/19(日)、輪行も交えて豊橋~伊古部~潮見坂~浜松 とフラフラと寄り道しながら走ってきました。

前日の3/18(土)に行こうかなぁとも思ってたんですが、この日は朝に246名古屋でドラムの個人練習を入れてしまい、夜は映画に行くことにしていたので、サイクリングは断念。

ということで、天気予報も3/19(日)の方が良い感じやったので、この日にサイクリングを実行。
朝、ちょっとゆっくり目で9:25にマンションを出発し、チャリで名古屋駅まで。
9:40に名古屋駅到着。
速攻、チャリをパッキングして、10:03の特急で豊橋へ。

11:00に豊橋に到着し、チャリを組み立てて11:15にスタート。
豊橋駅からほぼ真南に南下して、まずは伊古部(いこべ)の海岸へ向かいます。

途中、菜の花畑があったんで、NikonとPanaで撮り比べ。

こっちがNikon。黄色がちょっと濃すぎる感じ。

20170319_115454_NIKON_COOLPIX S7000



こっちがPana。さわやかな感じですが、実物より黄色が薄目というか全体的に青みがかってる。

20170319_115756_Panasonic_DMC-TZ30.jpg



これらの中間ぐらいの色目が実物に近い気がします。
私の腕の問題もあるとは思いますが、メーカー毎の色目の作り方の違いは結構大きなぁと思いました。


で、伊古部ですが、以前行った赤沢の海岸よりもうちょっと東で、伊古部はより典型的な海食崖が見られるとのこと。

海食崖の上の面に人が住んでいて、そこからこの急な坂道を下って海岸に下りてきます。
ちなみに、このあたりの海食崖の上の面で海抜68mぐらいでした。
このあたりは、いつかは東海地震がやってくるとのことで、あちこちに海抜を書いた立札みたいなんが設置されてます。
68mあれば東日本大震災クラスの大津波でも問題なさそうな感じです。

20170319_121058_NIKON_COOLPIX S7000



西側、伊良湖岬側を望む。

20170319_121704_NIKON_COOLPIX S7000



東側、浜松側を望む。砂浜の砂が海食崖の一部を覆ってます。
波やら風の力でこうなったんやろうなぁ。

20170319_121802_NIKON_COOLPIX S7000



てな感じで伊古部の海岸でブラタモリ的に海食崖を眺めてみました。
まあ、天気はええんですが、なんか、えらい霞んでて、空が青くない・・・。

しかし、この伊古部の海岸には人が全然おりませんでした。


貝など撮ってみたり・・・、

20170319_121952_NIKON_COOLPIX S7000



こういう黄色い花が咲いていたり・・・。

20170319_122812_NIKON_COOLPIX S7000



伊古部海岸を後にして、R42を東進し静岡県に突入して潮見坂の道の駅へ。

潮見坂の手前の高い場所からのショットですが、空が霞んでて、空と海の境界がぼんやりしてます。

20170319_130338_NIKON_COOLPIX S7000



潮見坂の道の駅では、暫し、足湯につかって遠州灘を眺めつつボーっとしました。
この足湯、思ってたよりずっと熱かった・・・。

20170319_131234_NIKON_COOLPIX S7000


20170319_132324_Panasonic_DMC-TZ30.jpg



いちごソフトを食って、

20170319_132548_NIKON_COOLPIX S7000



海岸のそばを走って、サーファーさんなど見てから、次に向かいます。

20170319_134234_NIKON_COOLPIX S7000



せっかく潮見坂まで来たんで、次の目的地は浜松。
浜松在住の知り合いがFacebookにアップしてはった浜松駅そばの「Tournez La Page」(トゥルネラパージュって読むようです)ってジャズ喫茶を目指します。

ただ、17:30ぐらいには再度、潮見坂に戻ってきて夕日の写真でも撮ってみたいと思ってたので、時間節約のため潮見坂から6kmほど東のJR新居町駅から浜松までは輪行。

で、ジャズ喫茶に到着。
これがトゥルネラパージの外観。
店は2階?と思いきや、

20170319_145414_NIKON_COOLPIX S7000



1階にごく普通の入口があります。

20170319_145448_NIKON_COOLPIX S7000



入ってすぐは、ごく普通の喫茶店みたいな感じですが、少し奥へ進むとなんか大きな空間が広がってる感じです。

20170319_145752_NIKON_COOLPIX S7000



大きなラッパみたいなスピーカーが設置されてて、上部は吹き抜けになってます。
だから2階にも看板があったんやぁ。
要は1階2階をぶち抜きで使ってるんですね。
真ん中にある銀色の物体もスピーカーなんやろか?

20170319_145850_NIKON_COOLPIX S7000



なんかようわかりませんが、もの凄いことは私にもわかるオーディオシステムです。
さすが楽器の町、音楽の町、浜松。関係ないか・・・。
ターンテーブルも凄そうです。(ピント合ってなくてすみません)

20170319_145900_NIKON_COOLPIX S7000


店に入った時はビル・エバンス師匠の「My Foolish Heart」がかかってて、このスピーカーで聴くとポール・モチアン先生のブラシが異様に生々しい。
このお店、リクエストもできるんで、チック・コリア師匠とゲーリー・バートン教授のチューリヒでのDuoをお願いしました。
なんか異様に満足できました。
願わくばステレオ状態で聴きたかった・・・。


このお店、オシャレで小奇麗です。
「Blue in Green」って曲を意識してか、緑系と青系のジャケットばっかりディスプレイしてはりました。
これ、レコードやから出来ることですね。

20170319_145916_NIKON_COOLPIX S7000



ちなみに「Blue in Green」って曲はこんな感じ。




とにかくいろんな意味でお金かかってるお店でした。
店員さんもそうですが、店長さん?も含めて全員女性だったのはちょっと意外でした。

■Tournez La Page(トゥルネラパージュ)
   静岡県浜松市板屋町628 Y3ビル
   TEL:053-455-7100
   http://tournezlapage.jp/


16時過ぎにじこのジャズ喫茶を出て、また輪行でJR浜松から新居町へ。
JR新居町駅からチャリで約6km西進して潮見坂の海岸へ。

夕日を撮りましたが、どうもこの日は綺麗な夕焼けにはなりませんでした。
雲とか空気中の水分とか太陽の沈む方角とかいろんなことが影響してるみたいですが・・・。
とはいえ、まあ一応、撮った写真をば。

20170319_174034_Panasonic_DMC-TZ30.jpg


20170319_174435_Panasonic_DMC-TZ30.jpg


20170319_174846_NIKON_COOLPIX S7000



その後、豊橋までチャリを漕ぎましたが、向かい風がえげつなくて大変でした。
どうもこれまでの経験だと、風は西から東に向いて吹いているケースが多いようで、豊橋に向けて西進すると思いっ切り向かい風になる感じなんです。
潮見坂には日没ぐらいまで居たので、帰りは真っ暗の中、向かい風と格闘しつつえっちらおっちらペダルを回して、豊橋に着くころにはもうヘロヘロになってました。


ということで、この日二軒目のジャズ喫茶「grotta」で休憩。
この小綺麗じゃなくて雑然とした感じの方がなんか落ち着くなぁ。
この日は私以外のお客さんが二人もいはりました。
マスターはいつも自分の作業に没入してはる感じです。
何をしてはるのかはわかりませんが、ずーっとPCの前にいはりました。(写真左側)

20170319_205858_NIKON_COOLPIX S7000



そういうたら、帰りにR259の愛知大学のそばにネット販売でわりかし有名なシライミュージックって楽器屋があってスネアがいっぱい置いてありました。確かにこの店、YouTubeにはドラム関連の動画のアップが多いです。そういう意味で納得。

20170319_191406_NIKON_COOLPIX S7000


20170319_191414_NIKON_COOLPIX S7000



21:45豊橋発の特急で名古屋へ。
名古屋のマンションには23:00頃到着。

この日の走行距離は約70knでした。

天竜川~浜松市街地~潮見坂~豊橋
2016-06-19-Sun 17:38

6/18(土)、天気もよかったので天竜川の中流域まで輪行で行って、そこから天竜川に沿って下流域まで南下し、その後、浜松市街地、潮見坂を経由して豊橋まで行って、輪行で名古屋に帰りました。

自転車で走ったルートはこんな感じです。




まずは名古屋から名鉄で豊橋まで輪行。
JRと名鉄がホームを共用している豊橋駅は何度来ても妙な感じがします。
駅名標にもJRと名鉄両方の記載があります。

20160618_080148_Panasonic_DMC-TZ30.jpg



名鉄からホーム向かい側のJR飯田線に乗り換えます。
写真右が名鉄、左がJR飯田線。

20160618_080758_Panasonic_DMC-TZ30.jpg



天竜峡行き。
2013年5月以来、人生2回目の飯田線です。
※前回は新城市四谷の千枚田に行きました。その時の記事はこちら

20160618_080810_Panasonic_DMC-TZ30.jpg



豊橋で予想外に女子高生が乗ってきました。
観光客だけでなくこういう通学でも使われてるんですね。
新城の次の駅で全員降りていかはりました。学校があるんでしょうね。

20160618_085330_Panasonic_DMC-TZ30.jpg



運賃は車内で車掌さんが現金精算するスタイル。名鉄の切符をJRの車掌さんが回収します。

20160618_094634_Panasonic_DMC-TZ30.jpg



飯田線って豊橋~辰野を走ってて全長200kmぐらいあって、その間に100近い駅があるんで、平均駅間が2kmぐらいとJRとしては極端に短くて、都会の私鉄並みなんです。
基本、各駅停車で、駅間が短くてたくさん駅があり、単線でその上山岳地帯を走っているので、凄く時間の掛かる路線です。
飯田線って元は4つの私鉄を国有化したから、こんなに駅間が短くなってるんですかね。

20160618_100328_Panasonic_DMC-TZ30.jpg



佐久間って駅で降りました。
豊橋から30駅2時間半。名古屋から東京に行くより時間が掛かります。
こんなに北なのにここが浜松市ってことに驚きました。天竜区なんてのがあるんや。

20160618_104914_Panasonic_DMC-TZ30.jpg

20160618_105044_Panasonic_DMC-TZ30.jpg



しかし、電車の本数の少なさが凄いなぁ。
でも、ちゃんと電化はされてます。

20160618_110626_Panasonic_DMC-TZ30.jpg



これから、天竜川に沿って南下。
えらい暑い。

天竜川に沿ってまずはR473を南下します。

20160618_112610_Panasonic_DMC-TZ30.jpg



下流にダムがあるようで水量が多くゆったりとした感じで流れています。
山の雰囲気が関西より雄大な感じがします。

20160618_114124_Panasonic_DMC-TZ30.jpg

20160618_115438_Panasonic_DMC-TZ30.jpg



途中に吊り橋あり。

20160618_121814_Panasonic_DMC-TZ30.jpg

20160618_121908_Panasonic_DMC-TZ30.jpg



秋葉ダム。

20160618_123620_Panasonic_DMC-TZ30.jpg



天竜川の蛇行部にはトンネルが結構ありましたが、こういった旧道も残っていて、ゆったりと走ることができました。
自転車でトンネルを走るのはかなり怖いですから・・・。
旧道はメンテされてなくて白線とかはなくなってますね。

20160618_125218_Panasonic_DMC-TZ30.jpg



このあたりで、一旦天竜川から離れました。

20160618_125824_Panasonic_DMC-TZ30.jpg



浜松市街地に向けて走った後、天竜川の下流部に戻りました。

普通の大きな河川の下流部とまあ同じような感じです。

20160618_160854_Panasonic_DMC-TZ30.jpg



どうして天竜川の下流部に戻ったかというと、あわよくば富士山が見られればという思いからでした。
ただ、霞んでて全然見えませんでした。残念。
天気はよかったんですが、この時期は湿度が高く、空気中に水分が多いので霞んじゃうんでしょうか。
やっぱり冬じゃないとアカンのですかね。

上の写真の緑の鉄橋の南側に出て、北東ぐらいに向けて撮影した写真ですが、見えるときにはこの方向に富士山が見えるようです。
今回は霞んでてなーんも見えません。

20160618_162138_Panasonic_DMC-TZ30.jpg



一応、新幹線もパチリ。

20160618_162340_Panasonic_DMC-TZ30.jpg



この新幹線のあたりで天竜川を離れ、新幹線の南側を併走する感じで飯田街道を西進し浜松市の中心部へ。

さすが楽器の街、浜松。
楽器博物館なんてのがありました。

20160618_164934_Panasonic_DMC-TZ30.jpg



浜松といえば遠州鉄道、エンテツ。新浜松駅。
遠州なんですよねぇ。関西におったら全然意識しない地域の呼び方。

20160618_171852_Panasonic_DMC-TZ30.jpg



浜松からは旧東海道で豊橋を目指します。
旧街道の道は、新しい道とはやっぱり何か雰囲気が違います。
写真は舞阪宿の松並木。
この松並木の道は後で整備されたようで真っ直ぐですが、普通はなんとなく緩やかに曲がっていたりして(ちょっとブラタモリ的)、沿道の建物の雰囲気もやっぱり昔っぽいものが多くて走っていてもなんとなくいい気分です。

20160618_175848_Panasonic_DMC-TZ30.jpg



途中、いつもの潮見坂あたりの遠州灘を望む海岸へ。
やっぱり海はええなぁ。

サーファーさんは必ずいはります。

20160618_183640_Panasonic_DMC-TZ30.jpg



カップルさんも必ずいはります。

20160618_184614_Panasonic_DMC-TZ30.jpg



今回は、夏至に近く太陽がかなり北側の海岸と反対の山側に沈んでいきました。

20160618_185414_Panasonic_DMC-TZ30.jpg



前回は春分の日あたりだったんで、太陽はほぼ真西に沈んだので、綺麗な夕焼けが撮れましたが、今回は全然雰囲気の違うこんな写真になりました。なんか秋のうろこ雲みたいですが・・・。

20160618_185510_Panasonic_DMC-TZ30.jpg



ちなみに、前回はこんな写真。

20160312_174409_Panasonic_DMC-TZ30.jpg



反対側の東の空には月が出ていました。

20160618_185648_Panasonic_DMC-TZ30.jpg



この後はナイトランで豊橋まで戻って輪行で名古屋に帰りました。

この日の走行距離、約110km。

とりあえず天竜川沿いを楽しく走れました。

豊橋~遠州灘~浜松
2016-03-13-Sun 23:33

名古屋〜豊橋はお得な往復切符があることを知り、3/12(土)、とりあえずまたもや豊橋へ。

これ、名鉄の名古屋〜豊橋の往復切符です。
片道770円×2=1540円です。普通に買うと片道1,110円なので340円お得ってことです。
ということは往復で340円×2=680円お得ってことです。
そういうたら、切符って買うの久しぶり。

20160312_090920_Apple_iPhone 6



JRにも同じ様な往復切符があります。価格も同じ。
ただ、JRのは豊橋側でしか売っていないような感じで、豊橋から名古屋に行って豊橋に戻ってくるようなケースのみのような・・・。
詳しくはようわかりませんが・・・。

20160312_101548_Apple_iPhone 6



名鉄名古屋駅に入る階段の上で輪行準備。

20160312_090308_Apple_iPhone 6



で、豊橋に到着し、前回と同様、東海道を経由してR1で遠州灘が一望できる潮見坂近辺へ。

ちょっとした峠から遠州灘を望む。

20160312_115628_Panasonic_DMC-TZ30.jpg



海岸でこんな黄色い花が咲いてました。何ていう花なんでしょう?

20160312_120026_Panasonic_DMC-TZ30.jpg



この海岸は凄く綺麗な砂浜ですが常に波が強いので海水浴は禁止みたいです。
でもサーフィンはええみたい。このあたりのルールはようわかりません。

20160312_120942_Panasonic_DMC-TZ30.jpg



おばあちゃんとボク。

20160312_132434_Panasonic_DMC-TZ30.jpg



沖合いに船が見えました。

20160312_132650_Panasonic_DMC-TZ30.jpg



白い雲が美しい。
この日は前回より天気が良く、空が青いので、海も青いです。
何と言いますか、この青くて恐ろしく広大な海を見てボーっとするためにやって来たと言っても過言ではありません。
私のお気に入りの癒しスポットになりました。
たぶん、名古屋におる間、何度も来ることになるような気がしてます。
まっ、あくまで予想ですが・・・。

20160312_133332_Panasonic_DMC-TZ30.jpg



浜松は餃子が名物らしく、浜松在住の方からご推奨頂いた浅草軒分店ってところで食べました。
普通に美味かったです。

20160312_143350_Panasonic_DMC-TZ30.jpg



住宅街にある極めて地味な店で、

20160312_142152_Panasonic_DMC-TZ30.jpg



恐ろしくシンプルなメニュー。

20160312_142914_Panasonic_DMC-TZ30.jpg


お客さんはよう入ってまして、短時間でどんどん回転してました。


ここで終わっちゃったら前回とほとんど同じ距離なんで、距離を延ばすために浜松駅まで走ってみました。
やっぱり政令市だけあって浜松駅前は凄く賑やかでした。

20160312_155130_Panasonic_DMC-TZ30.jpg



時間も無いので、JR浜松駅を見たらとっとと引き返します。


で、夕刻、またまた潮見坂あたりに戻ってきました。

20160312_171254_Panasonic_DMC-TZ30.jpg



砂浜までおりてみました。
風紋みたいなのが綺麗。

20160312_173450_Panasonic_DMC-TZ30.jpg



夕暮れ時の海岸はとても綺麗でした。

20160312_173650_Panasonic_DMC-TZ30.jpg

20160312_174408_Panasonic_DMC-TZ30.jpg

20160312_174446_Panasonic_DMC-TZ30.jpg



その後、豊橋までは結果的にナイトランとなり、輪行でとっとと帰りました。


この日の走行距離、約88km。
プロフィール

topcym

Author:topcym
1965(S40)年11月、大阪府吹田市の生まれ。現在は大阪府交野市に住む、中年サラリーマンのおっさんです。
趣味は、自転車とドラム。
自転車は「メタボやし、ちょっとは体を動かさんといかんなぁ」という一応、健康目的から2005年10月にクロスバイクを購入し、2009年06月にやっとこさロードバイクを購入しました。
ドラムは高校ぐらいから始めてるんでキャリアは長いですが、実力が全くついて来ずといった状況で現在に至っています。
ということで、趣味の自転車とかドラム(音楽)とかを中心にしながらも、特にそれらに拘らず、適当に思いついたことを書いていこうと思います。

カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
FC2カウンター
検索フォーム
リンク
月別アーカイブ
カテゴリ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる