可児のジャズ喫茶「ヤードバード」に行く途中に多治見のモザイクタイルミュージアムへ
2017-06-10-Sat 23:12

5/27(土)、可児のジャズ喫茶「ヤードバード」に行く途中に、予定外に多治見のモザイクタイルミュージアムへ行ってきました。

可児に行くには、庄内川(岐阜県に入ったら土岐川)に沿って多治見まで走って、多治見から北上するって感じ。

天気も良くて庄内川沿いを気持ちよく快走。
水が綺麗。

20170527_083330_NIKON_COOLPIX S7000



こういうモフモフの植物がそこかしこに。名前はわかりません。

20170527_083430_NIKON_COOLPIX S7000



河川敷にはや堤にはこういう黄色い花も盛大に咲いてました、こっちも名前はわかりません。

20170527_083944_NIKON_COOLPIX S7000


20170527_084218_NIKON_COOLPIX S7000



庄内川といえばお決まりの定光寺駅。町中からちょっと走っただけで秘境感満載。
旧山陰本線、現トロッコ嵯峨野鉄道の保津峡とよう似てます。

20170527_092946_NIKON_COOLPIX S7000


20170527_093150_NIKON_COOLPIX S7000



で、定光寺駅にあがる長い階段の下まで来た時の事。
柴犬を連れたおばはんが会話していて、その柴犬の名前が「スズメ」であることを知りました。柴犬の名前が「スズメ」って斬新過ぎるぅ。哺乳類と鳥類の間を軽々と越えとるぅ。
どうでもいい話ですんません。

20170527_093616_NIKON_COOLPIX S7000



更に庄内川沿いを走って、多治見市に入ります。

20170527_094512_NIKON_COOLPIX S7000



多治見市に入ると「モザイクタイルミュージアム」って標識が出てました。
たまたま数日前に竹下景子さんがTVの「遠くへ行きたい」でモザイクタイルミュージアムに行ってはるのを見てまして、可児とは反対方向(南)やけど行ってみよかって感じで相変わらずテキトーな私。

で、モザイクタイルミュージアムに到着
ご存知のとおり多治見は陶器の町でして(最近は気温が異様に高い町って印象の方が強いかもしれませんが)、だからモザイクタイルミュージアムって訳です。
最近はあんまりタイルって見なくなったんで、えらい懐かしい気分になりました。
オシャレなんもありました。

20170527_105542_NIKON_COOLPIX S7000



面白い形の建物です。
空が青くてよかったぁ~。

20170527_105602_NIKON_COOLPIX S7000



この小っちゃい入り口から入ります。

20170527_105636_NIKON_COOLPIX S7000



まず、最上階の4Fにこの階段であがります。

20170527_110112_NIKON_COOLPIX S7000



4Fが一番いいです。

20170527_110202_NIKON_COOLPIX S7000



屋根に丸い穴が開いてます。
私が見たときは、ガラスとかは入ってませんでした。

20170527_110240_NIKON_COOLPIX S7000



壁面にいろんなタイルが。

20170527_110526_NIKON_COOLPIX S7000


20170527_110652_NIKON_COOLPIX S7000


20170527_110724_NIKON_COOLPIX S7000


20170527_111102_NIKON_COOLPIX S7000


20170527_111228_NIKON_COOLPIX S7000



こういうのもありました。

20170527_111528_NIKON_COOLPIX S7000


20170527_111640_NIKON_COOLPIX S7000


20170527_111748_NIKON_COOLPIX S7000



このテーブルの金魚もよいなぁ。

20170527_112300_NIKON_COOLPIX S7000


20170527_112320_NIKON_COOLPIX S7000



モザイクタイルミュージアムを後にして、可児へ向かってひたすら北上。

可児のジャズ喫茶「ヤードバード」に到着。
ジャズ喫茶の詳細はまた別途。

20170527_131254_NIKON_COOLPIX S7000



帰りも庄内川沿いで。

20170527_162434_NIKON_COOLPIX S7000


20170527_162502_NIKON_COOLPIX S7000



帰りもモフノフの植物がそこかしこに。

20170527_173230_NIKON_COOLPIX S7000



この日の走行距離は約102kmぐらいでした。
スポンサーサイト

養老の滝と養老天命反転地
2016-11-18-Fri 21:38

11/13(日)、「おちょぼさん」を後にして、養老公園へGo。

おちょぼさんのある海津市を更に西進し、揖斐川を渡ります。

20161113_124532_NIKON_COOLPIX S7000



このあたりは海抜ゼロメートル地帯で土地はとにかく真っ平ら。
木曽三川が運んできた土砂が堆積した土地なんでしょうね。

稲刈りが済んでない田んぼがまだちょっとだけありました。

20161113_124954_NIKON_COOLPIX S7000



地図で見ると凄く細く描かれてますが、実際は凄く立派な「広域農道」を西側に養老山地を見ながら快適に北上します。

20161113_130500_NIKON_COOLPIX S7000



で、養老公園に到着。浄心から50kmぐらいです。
「養老改元1300年祭」ってのをやってます。なんでも祭りにしますね。
ちなみに、Wiki先生によると、「養老(ようろう)は、日本の元号。霊亀の後、神亀の前。717年から724年までの期間を指す。この時代の天皇は元正天皇」とのこと。確かに1300年祭だわ。
養老改元1300年祭のせいか、結構な人出でした。

20161113_134950_NIKON_COOLPIX S7000



養老に来たら、やっぱりまずは養老の滝です。
途中までは自転車漕いで登れたんですが、その後は激坂且つ人もいっぱい歩いてるんで自転車降りて押し歩き。

なんとなく箕面の滝に至る道に似た感じです。

20161113_135036_NIKON_COOLPIX S7000



こういう坂も子供はガンガン走って登って行ったりします。
いやー、子供って元気やわぁ。
そういうたら子供の時、親に連れられて四国の金毘羅さんに行った時、自分もガンガン走って石段を登ってたことを思い出しました。その時、「おとんもおかんも、なんであんなゆっくりしかよう登らんのやろう?」って思ってたような気がする・・・。
歳食ったら坂道はめちゃえらい・・・。

20161113_135542_NIKON_COOLPIX S7000



で、やっとこさ滝の前に到着。
自転車どっかに停めてくるべきでした。疲れたぁ~。

20161113_135746_NIKON_COOLPIX S7000



養老の滝でございます。
箕面の滝の方が凄い気もする・・・。
まあ、でも、これでまた東海地方の名所を1つクリアしました。

20161113_135850_NIKON_COOLPIX S7000


20161113_135958_NIKON_COOLPIX S7000



滝って、ちょっと見たらあとは基本することなんて無いので、すごすごと退散。
坂を下っていくとさっき走ってきた真っ平らな平野部が見えます。
養老山地の麓って典型的な扇状地で、その扇状地が木曽三川の作った沖積平野とくっついてる感じでしょうか。
なんかブラタモリみたい。

20161113_142216_NIKON_COOLPIX S7000



養老公園の下の方まで戻ってきました。ちょっと紅葉してる。

20161113_142356_NIKON_COOLPIX S7000



養老公園内の木々の見える喫茶店でちょっと休憩。

20161113_143612_NIKON_COOLPIX S7000



休憩の後、次の大きな目的地「養老天命反転地」へ。

20161113_152956_NIKON_COOLPIX S7000



名古屋の会社の人に「自転車で行くのになんかええ場所ありませんかね」って訊いたら、「養老天命反転地はどない?」とご推奨頂いたんで目的地に設定した次第。
養老公園の中に養老天命反転地ってのがあります。

20161113_153050_NIKON_COOLPIX S7000



養老天命反転地って名古屋出身の美術家・荒川修作とその嫁はん?のマドリン・ギンズが共同制作した楕円形ですり鉢状の巨大アートというかテーマパークというか、なんかようわかりませんが広~いエリアです。
とにかく変わった施設です。
傾斜面だらけなので、グリップの効く靴でいかんと危ないです。
この日はMTB用の靴だったんで、結構滑って大変でした。

以下、養老天命反転地のホームページからの転載です。
「世界的に有名なアーティスト、荒川修作氏とそのパートナーで詩人のマドリン・ギンズ氏の30数年に及ぶ構想を実現した、身体で直接体験できるアート作品です。
この作品はメインパビリオン「極限で似るものの家」と「楕円形のフィールド」の2つの部分から構成されています。「楕円形のフィールド」には、「極限で似るものの家」を分割した9つのパビリオンが点在し、さらに、対をなす丘とくぼみ、148もの曲がりくねった回遊路、大小さまざまな日本列島などがつくられています。
ここでは、皆さまが身体を使い、バランスをとりながら、私たちの身体の持つ様々な可能性を見つけることができます。予想もつかない"不思議"と出会える空間をぜひお楽しみください!」

荒川はん、めちゃくちゃ変わったおっさんやったみたいです。(2010年、73歳没)
岡本太郎に弟分として可愛がられていたらしいんですが、もうその時点で既に変人の領域におる人と思われ・・・。
また、ニューヨークでは何故かボブ・ディランと暮らしていたらしく、ボブ・ディランの音楽を全然認めず「音楽なんてクソだ!」とか言うておったらしいです。

ということで、前置きが長くなりましたが、以下、養老天命反転地の写真です。

まずはエリアマップ。ホームページからの転載です。

im-hanten-03.jpg



入場して一番初めに出てくる「養老天命反転地記念館」の外部と内部。
写真のとおり、結構、若い女性が多く、スマホで写真撮りまくりって感じでした。
皆さん、スゲー楽しそう。

20161113_154040_NIKON_COOLPIX S7000


20161113_154336_NIKON_COOLPIX S7000



次に出てくるのが、「極限で似るものの家」。
岐阜県の地図が屋根になってる建物。
相当に不思議な建物です。

20161113_154916_NIKON_COOLPIX S7000


20161113_155328_NIKON_COOLPIX S7000



すり鉢状の「楕円形のフィールド」

20161113_155900_NIKON_COOLPIX S7000



「楕円形のフィールド」の底の部分。

20161113_155932_NIKON_COOLPIX S7000


20161113_160050_NIKON_COOLPIX S7000



底の部分にはこんな建物も建ってます。「もののあわれ変容器」って言うらしい・・・。

20161113_162028_NIKON_COOLPIX S7000



「楕円形のフィールド」の端の部分。すり鉢のヘリです。
こんな感じでくぼんだ道になってまして、人が身体を横にしてぎりぎりすれ違える狭さです。

20161113_160348_NIKON_COOLPIX S7000



道の途中には何か所かこういう緑の球を切り取ったような屋根があります。

20161113_160448_NIKON_COOLPIX S7000



それをすり鉢の底から見たらこんな感じ。

20161113_161920_NIKON_COOLPIX S7000



芸術のようでもあり、アスレチックのようでもあり、まあ、とにかく奇抜な施設でした。

とってもフォトジェニックで、非日常の異次元空間って感じで、750円払って入る価値は十分あると思いました。
※美術館や博物館と違って、写真を好きなだけ撮れるってのも凄くいいです。

「おちょぼさん」こと千代保稲荷神社
2016-11-17-Thu 02:50

11/13(日)、「おちょぼさん」こと千代保稲荷神社に行って、その後、養老公園に行ってきました。

まずは、「おちょぼさん」のことをば。

東海地方でお稲荷さんといったら豊川稲荷(豊川稲荷は実は神社ではなくて妙厳寺って曹洞宗のお寺)なんですけど、その次ぐらいに有名なんが通称「おちょぼさん」こと「千代保稲荷神社」らしいっす。

岐阜県の大垣市の南側の海津市ってところにあります。名古屋の浄心からチャリでどんどん西進して30kmぐらい。
岐阜県がこんな南まであることにちょっと驚きました。
西濃とか東濃って地域は知ってましたが、このあたりは南濃って感じになるんでしょうか。
木曽三川流域の海抜ゼロメートル地域を含み、輪中地帯もあります。
岐阜県といったら海なし県で山岳地域のイメージが強いので、海抜ゼロメートル地域があるなんてちょっと不思議な感じがしました。

どんどん西進しておちょぼさんに向かう途中、退役したコカコーラの自販機が集められた場所がありました。

20161113_104356_NIKON_COOLPIX S7000



木曽川を渡り、

20161113_110016_NIKON_COOLPIX S7000


20161113_110428_NIKON_COOLPIX S7000



おちょぼさんの東側の大きな鳥居に到着。

20161113_113218_NIKON_COOLPIX S7000



参道には店がいっぱいあって、めちゃくちゃに賑わってます。

20161113_113336_NIKON_COOLPIX S7000


で、おちょぼさんに到着。
伏見稲荷ではお揚げさんをお供えしたことはないんですが、ここではお揚げさんをお供えします。
豊川稲荷もお揚げさんをお供えするって聞いたことがあります。

ということで、皆さんに倣い、お揚げさんを買って、

20161113_113926_NIKON_COOLPIX S7000



お揚げさんをお供えしました。

20161113_114156_NIKON_COOLPIX S7000


20161113_114646_NIKON_COOLPIX S7000


20161113_114654_NIKON_COOLPIX S7000



また、商売の神さんってことで、ここでは名刺を置いていくのも一般的な風習のようです。

20161113_114912_NIKON_COOLPIX S7000



お参りを済ませて、参道に戻ります。
参道にたくさんあるお店の中に、何故が串カツ&どて煮の店が数件あります。
串カツのことを大阪名物とか言うたりしてますけど、大阪では一般的にあんまり串カツ食いません。
今はわかりませんけど、昔は大阪の串カツって新世界周辺のもんって感じでした。
で、新世界は怖い所って感じでしたから、大阪の人はあんまり新世界には行かなかった。
だから、大阪の人は新世界の串カツはあんまり食ってないと思うんです。

それに比べて、東海地方では串カツはよう食われてるように思います。
ソースも置いてますけど、どて煮の赤味噌ベースの甘い真っ黒けのタレにドボってつけて食う人が多いです。
東海地方ではホンマ赤味噌をよう食います。

以前、堀田や亀島あたりの店で食ったんと同じようなスタイル、同じような味でした。
値段も1本80円と、とてもリーズナブル。
串カツとどて煮は東海地方の人のソウルフードって気がしました。

20161113_115242_NIKON_COOLPIX S7000


20161113_115332_NIKON_COOLPIX S7000


20161113_115616_NIKON_COOLPIX S7000



養老公園の話はまた別途・・・。

モネの池
2016-11-05-Sat 02:49

11/3(水・祝)、岐阜県関市板取にある通称「モネの池」に行ってきました。

走ったコースはこんな感じです。




8時頃に出発するつもりが、結局、10時頃になってしまいました。
というのも、前日、翌0:15ぐらいまで仕事してて、浄心のマンションに帰って洗濯したり夕食食ったりしてたら、自転車の後輪がスローパンクしてることが発覚し、チューブ交換したり・・・。
結局、3時ぐらいに寝て、8時まで寝てしまった。
そこからシャワー入って、朝食食って、ゴミ出ししたり、出発準備したりして、9:45に出発したけど、時計とウォーターボトルを忘れて取りに帰り、結局10時出発。トホホ・・・。


浄心を出発し、清須市、稲沢市、一宮市を通過し、木曽川を渡って岐阜県に。
笠松町を通過して岐阜市へ。

ここからは、ひたすらR256を北上します。

岐阜城近辺で細い路地に入ったら、なんかでっかい建物がある。
なんやろうと思ったら、「岐阜大仏殿」って書いてある。
そんでもって「日本三大仏」とも書いてある。
へー、そうなんやぁ・・・。知らんかった。
この日はそうでなくても出遅れてるので見てる暇がなくてスルーしましたが、今度来たらいっぺん見てみよう。

20161103_122142_NIKON_COOLPIX S7000



岐阜城を眺め、「ホンマに山城やなぁ」と思いつつ、

20161103_122752_NIKON_COOLPIX S7000



長良川を渡って、ひたすらR256を北上。

20161103_123216_NIKON_COOLPIX S7000



走ってたら、見覚えのある風景。
4月に淡墨桜を見に行った帰りにR256の一部区間(南の方だけ)を走ったんですね。
その時の記事


で、今回はR256の北の方を走ります。
山県市に入り暫くすると、だんだん坂道が増えてきます。

久しぶりに坂を上るとめっちゃ疲れます。
だいぶん上ってきました。
岐阜市内ではええ天気やったのに、なんかえらい曇ってきました。

20161103_135546_NIKON_COOLPIX S7000



で、ついに降ってきました。トホホ・・・。
既に関市に入っています。
雨にかすむ山々。

20161103_141622_NIKON_COOLPIX S7000



「道の駅ラステンほらど」ってのがあったんで雨宿り。
関市の洞戸地区です。

20161103_141658_NIKON_COOLPIX S7000



雨宿りして30分ほどしたら晴れてきました。その時刻が14:45頃。
モネの池まであと10kmぐらいだったのですが、この後の道の勾配の状況もよくわからず、このままモネの池まで行ってしまったら、帰りは山道を走ってる間に間違いなく日没になっちゃいます。
ホントに行っちゃってええんやろか???
そう思ってたら、目の前をJR岐阜行きの岐阜バスが通過。
こんな山の中でも路線バスが走ってるんやぁ。
そんじゃあ、バスで輪行したらええやん。
ちょっと不安が解消されて、リスタート。

少し走ったところにガソリンスタンドがあったので、念のためおっちゃんに路線バスが走ってることを確認。
さらにここから先は比較的平坦であることも確認
そんでもって路線バスの北の終点が「ほらどキウイプラザ」であることも教えてもらいました。
1.5kmほど走ったら「ほらどキウイプラザ」がありました。
※どうもこの辺はキウイの産地らしいです。
バスの時刻表を確認し、スマホで岐阜バスの電話番号を調べて、自転車を乗っけても大丈夫かを電話で確認。
輪行OKの確認が取れました。
ホント、見知らぬところを走る時、スマホはむっちゃ有り難いです。
これで帰りのことを気にせずモネの池まで走れます。
※写真はモネの池からの帰りの際のものです。

20161103_163448_NIKON_COOLPIX S7000



ここから先は、ガソリンスタンドのおっちゃんが言ってたように、板取川に沿った平坦な道でした。
やっぱり晴れてて空が青いと気持ちいい。
板取川は長良川の支流だけあって、水もとっても綺麗です。

20161103_150640_NIKON_COOLPIX S7000


20161103_151854_NIKON_COOLPIX S7000



で、15:30頃、根道神社に到着。
まずはお参り。

20161103_152508_NIKON_COOLPIX S7000


20161103_152604_NIKON_COOLPIX S7000



通称「モネの池」は根道神社の参道に横にあるごく小さな池です。

20161103_152730_NIKON_COOLPIX S7000



こんな感じで、皆さん眺めたり写真を撮ったりしてはります。

20161103_152820_NIKON_COOLPIX S7000



ということで、私も写真撮りました。

このへんがモネっぽいんでしょうか。

20161103_152830_NIKON_COOLPIX S7000


20161103_152834_NIKON_COOLPIX S7000


20161103_152850_NIKON_COOLPIX S7000



こっちは葉っぱ(何の植物かわかりませんが)が開いてるもの。
こんな真っ白の鯉がいるんですねぇ。頭が切れちゃっててすみません。m(_ _)m

20161103_152958_NIKON_COOLPIX S7000


20161103_153102_NIKON_COOLPIX S7000


20161103_153228_NIKON_COOLPIX S7000


20161103_153314_NIKON_COOLPIX S7000



まあ、この池しかないので、30分もあれば十分堪能して、写真も撮れます。

ということで16:00頃に帰路につきました。

かなり気温が下がってきました。
そういうたら、この日からレッグウォーマーを使い始めました。

20161103_155728_NIKON_COOLPIX S7000



板取川は水が綺麗で、鮎が有名みたいで、途中に鮎のお店があったんで食って帰ろうと思ってたんですが、営業終了してました。
残念!また今度来た時に。
って、今度来ることあるんやろか???

20161103_160344_NIKON_COOLPIX S7000


20161103_160432_NIKON_COOLPIX S7000



で、10kmほど走って、再度、ほらどキウイプラザに戻ってきました。

「ほらどキウイマラソン」が開催されるようで、準備をしてはりました。
テントを見るに、昔は洞戸村だったようです。
平成の大合併で、洞戸村は関市に吸収合併されたようです。

20161103_163554_NIKON_COOLPIX S7000



輪行バッグに自転車をつめて、岐阜バスを待ちます。

20161103_163614_NIKON_COOLPIX S7000



初めてのバス輪行。このバスでJR岐阜駅に向かいます。
ホント、岐阜バスがここまで走ってくれていてよかったです。

20161103_164014_NIKON_COOLPIX S7000



JR岐阜駅到着後、新快速に乗り換えて名古屋へ。

たったの20分、たったの470円で18:15頃に名古屋に到着。

20161103_184208_NIKON_COOLPIX S7000



この日の走行距離、約80kmでした。

浄心~墨俣一夜城~淡墨桜~JR岐阜
2016-04-11-Mon 07:56

4/9(土)、墨俣一夜城を経由して揖斐川の支流の根尾川沿いを北上して淡墨桜を見てきました。

今回のコースは以下です。




この日、奥琵琶湖の海津大崎も満開だったのでそっちに行くことも考えたのですが、海津大崎は何回か行ってるし、距離が相当あるので、行ったことのない淡墨桜に行くことに。

7時に浄心のマンションをSL01号で出発。
まずは一宮方面に向かいます。

途中、清洲城のそばの五条川。
ここも花見スポットらしいです。
もう桜はほぼ終わりで、花筏ってほどでもないですが、川面に桜のはなびらが浮かんでました。

20160409_073038_Panasonic_DMC-TZ30.jpg



一宮の北北西あたりで木曽川を渡って岐阜県に入ります。
上流の鉄橋を走ってるのは名鉄名古屋本線ですかね。

20160409_085554_Panasonic_DMC-TZ30.jpg

20160409_085650_Panasonic_DMC-TZ30.jpg



岐阜市内を西進してるとこんな看板が・・・。
これ、以前から知ってるんですが、なんちゅうか大胆ちゅうか・・・。
50台の人は上手くいったら30台になるかもしれんし、20台の人なんかは幼稚園児か小学生になるかもしれん・・・。

20160409_090516_Panasonic_DMC-TZ30.jpg



更に西進すると小奇麗なインド系カレー屋がありましてモーニングをやってました。
インド系カレー屋のモーニングなんて初めてなんで、朝飯しっかり食って出たにもかかわらず、思わず入ってしまいました。
さすが、一宮から岐阜にかけてはモーニング充実地域。
コーヒーはいつでも飲めるんで、飲み物はラッシーにしました。
モーニングでラッシーって斬新。
これで400円はなかなかではないかと。

20160409_092924_Panasonic_DMC-TZ30.jpg



その後、更に西進したら川沿いに鯉のぼりが。
普通、川の鯉のぼりって、川に渡したロープみたいなのに鯉のぼりが括り付けられてるケースが多いですが、以下の写真のようにディスプレイの仕方がちょっと変わってました。

20160409_100604_Panasonic_DMC-TZ30.jpg



更に西進して長良川を渡り、

20160409_101852_Panasonic_DMC-TZ30.jpg



長良川のすぐ横を並行して流れてる犀川。
この犀川も桜の名所みたいです。
見ごろは過ぎてましたが、かなり遠くまで川沿いに桜が植えられていることがわかります。
これ、満開やったら壮観やろなぁ・・・。

20160409_101940_Panasonic_DMC-TZ30.jpg



この犀川沿いに墨俣一夜城があります。
木下藤吉郎(後の豊臣秀吉)が超短期間の突貫工事で築城したことで有名ですが、どんな城だったかはようわからん部分が多いみたいです。
少なくともこの写真のような城でなかったことは間違いないでしょう。
ちなみに今のこの城は大垣城の天守を参考にしてるらしいです。

20160409_102252_Panasonic_DMC-TZ30.jpg



豊臣秀吉ってことで絵馬の代わりにひょうたんに願い事を書くようです。
書きにくそう。

20160409_103442_Panasonic_DMC-TZ30.jpg



モミジの若い緑の葉っぱが綺麗でした。

20160409_103546_Panasonic_DMC-TZ30.jpg



墨俣一夜城のあと、更に西進し揖斐川にぶち当たったら、今度は北上し、途中から揖斐川の支流の根尾川をひたすら北上。

根尾川沿いのr255はとても良い道でした。
車もあまり走っていないし、川と山の美しい風景が続きます。

20160409_121636_Panasonic_DMC-TZ30.jpg



なんか梅?が盛大に咲いてました。

20160409_122056_Panasonic_DMC-TZ30.jpg



根尾川は水の色が綺麗です。

20160409_123402_Panasonic_DMC-TZ30.jpg



勾配も緩やかで気持ち良く走れる道です。

20160409_124142_Panasonic_DMC-TZ30.jpg

20160409_124502_Panasonic_DMC-TZ30.jpg



遠くにまだ雪の残っている山が見えたりします。

20160409_131900_Panasonic_DMC-TZ30.jpg



この根尾川にそって樽見鉄道ってのが走ってるんですが、こんな鉄道があることを初めて知りました。
大垣~樽見間を走っています。
今回、チャリなんで乗ってませんが・・・。

20160409_132150_Panasonic_DMC-TZ30.jpg

20160409_132016_Panasonic_DMC-TZ30.jpg



終着・始発駅の樽見駅はまあそれなりの大きさですが、途中の高科駅なんかは駅舎もなく物凄く地味な駅でした。
東側の長良川鉄道もかなり地味ですが、樽見鉄道は更に地味な感じでした。

20160409_132238_Panasonic_DMC-TZ30.jpg

20160409_132338_Panasonic_DMC-TZ30.jpg



で、目的の淡墨桜です。
淡墨桜は蕾のときは薄いピンク、満開に至っては白色、散りぎわには特異の淡い墨色になり、淡墨桜の名はこの散りぎわの花びらの色にちなむ。樹高16.3m、幹囲目通り9.91m、枝張りは東西26.90m、南北20.20m。樹齢は1500余年と推定され、継体天皇お手植えという伝承がある。(by Wiki)
ソメイヨシノの寿命が60年ぐらいと聞いたことがあるんで、それからするとホンマですか?っていうぐらいの古樹ですね。
種類はエドヒガンザクラだそうです。
たくさんの花見客が来てはりました。でも京都みたいにごった返すって感じでもなく、ゆっくり見れました。

20160409_142856_Panasonic_DMC-TZ30.jpg



淡墨桜をあとにして、帰路につきます。
帰りはR418で山県市まで行って、あとは岐阜駅までまっすぐ南下する段取りです。

R418も川(何川か名前はわかりません)に沿っており、よい道でした。

20160409_153048_Panasonic_DMC-TZ30.jpg



お地蔵さんみたいな石仏が結構道沿いにあったりします。

20160409_153244_Panasonic_DMC-TZ30.jpg

20160409_153818_Panasonic_DMC-TZ30.jpg



山県市突入。ここが峠のピークです。
ここからは基本、下りと平坦基調。

20160409_154334_Panasonic_DMC-TZ30.jpg



途中、まだ桜が満開に近い集落もありました。

20160409_155408_Panasonic_DMC-TZ30.jpg



どんどん南下を続け、金華山山頂の岐阜城。
JR岐阜駅はもうすぐです。

20160409_182106_Panasonic_DMC-TZ30.jpg



18:30頃、岐阜駅に到着。
相変わらず金ピカでライトアップまでされている織田信長像
岐阜県民は信長愛が強いんですかね。

20160409_190408_Panasonic_DMC-TZ30.jpg



JR岐阜駅で日没&力尽きました。

ということで、JRで岐阜~名古屋間は輪行。
JRで岐阜から名古屋までたったの20分で行けることにちょっと驚きました。

この日の走行距離、約120km。

なかなか良いコースで気持ち良く走れました。
プロフィール

topcym

Author:topcym
1965(S40)年11月、大阪府吹田市の生まれ。現在は大阪府交野市に住む、中年サラリーマンのおっさんです。
趣味は、自転車とドラム。
自転車は「メタボやし、ちょっとは体を動かさんといかんなぁ」という一応、健康目的から2005年10月にクロスバイクを購入し、2009年06月にやっとこさロードバイクを購入しました。
ドラムは高校ぐらいから始めてるんでキャリアは長いですが、実力が全くついて来ずといった状況で現在に至っています。
ということで、趣味の自転車とかドラム(音楽)とかを中心にしながらも、特にそれらに拘らず、適当に思いついたことを書いていこうと思います。

カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
FC2カウンター
検索フォーム
リンク
月別アーカイブ
カテゴリ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる