くるり
2018-01-19-Fri 01:44

タモリ倶楽部の鉄道関係企画の際によく登場する岸田繁氏。
もう相当な鉄道オタクですが、「くるり」のボーカル&ギターでもありますっていうか、そっちが本職です。
「岸田繁っておもろい人やなぁ」と思いつつも「くるり」ってほとんど聴いたことなかったんです。
メンバーの入れ替わりも激しく、スタイルもかなり多様なバンドみたいですけど、以下の楽曲はなかなか良いなぁと思いました。
うちの嫁はんは昔から一部の楽曲は結構好きやったみたいです。







スポンサーサイト

たぶん2年ぶりぐらいに「Slow Blues」でセッション
2017-12-15-Fri 00:16

11/28(火)、たぶん2年ぶりぐらいの超久しぶりに、名東区・星ヶ丘の「Slow Blues」のブルース・セッションに行ってきました。

以前は5Fやったけど同じビルの1Fに引っ越してはりました。

しかし、看板に「お気軽にどうぞ」って書いてあるけど、こんな看板見て誰がお気軽に入れるんやろか?

20171128_193748_NIKON_COOLPIX S7000



店の全景。

20171128_194956_NIKON_COOLPIX S7000



ステージあたり。

20171128_195018_NIKON_COOLPIX S7000



ハウリン・ウルフと、マディ・ウォーターズのポスター。

20171128_195148_NIKON_COOLPIX S7000



この日は私を含めてドラマーは3人で、2曲ぐらいずつ交代で叩くんですが、曲の9割方がシャッフルかベタ3の3連系。
流石、ブルースやなぁ。

以前来た時も叩いてはったドラマーさんもおりました。この方、毎週来てはるんやろなぁ。
左手でスネアもシャッフルするシャッフル職人的なドラミングでええ感じでした。

20171128_220514_NIKON_COOLPIX S7000



いや~、ホント、久しぶりにブルースを叩きました。

「JAZZ in ろくでなし」のホームページ
2017-11-29-Wed 01:44

4月に京都四条木屋町の老舗ジャズ喫茶「JAZZ in ろくでなし」に行って、そのことを拙ブログにアップしておりました。
その時の記事はこれ

そしたら10月にこのジャズ喫茶のHP作るから拙ブログにアップしておった写真を使わせてほしいとのコメントが入りました。

「どうぞお使い下さいませ」とコメントを返したままそのことは忘却の彼方へ。

で、昨日、突然そのことを思い出し、なにげに検索してみたら、ちゃんとHPが出来てて、私の写真が3枚使われておりました。
ろくでなしのHPはこちら

なんかちょっと嬉しかったです。

TAMAのバーチのスネアとEVANSのヘッドUV1
2017-11-20-Mon 23:41

11/3(祝)、あべの(=天王寺)に北斎を観に行った訳ですが、天王寺なんてほとんど行くことないので、せっかく天王寺に来たんだから近くの谷町九丁目のドラム屋ACTに寄ってみました。
超久しぶり。

20171103_192154_NIKON_COOLPIX S7000



たくさんのスネア。

20171103_194106_NIKON_COOLPIX S7000



目的はEVANSのUV1ってヘッドがええって話を聞いたんで、そんじゃあ試しに買ってみようってことで。
EVANSのヘッドって初めて買います。

噂ではめっちゃ耐久性がよくって、表面に塗られたザラザラも剥がれにくいらしい・・・。
ちなみにこのザラザラがあるのでブラシがザーザー鳴る訳です。
そういうたら、梅田というか中崎町のスタジオ246大阪にはこんな貼り紙がしてありました。
やっぱ、圧倒的な耐久性なんやぁ~。

20171112_143729_Apple_iPhone 7



赤い箱に入っててなんだかちょっと高級な感じですが、そんなに高いものでもありません。従来から使っているREMOのコーテッドアンバサダーとの価格差はラーメン一杯分ぐらい。
EVANSが2,200円くらいで、REMOが1,500円くらい。

20171103_235800_NIKON_COOLPIX S7000



表面を触ってみると、確かに従来のREMOのザラザラの上にもう一層塗膜があってザラザラを固めてるような感じ・・・。
まあ、とにかくスネアに張って叩いてみんとええんだか悪いんだかわかりませんわね。とにかく後日叩いてみます。
そういうたら、ドラム屋の袋に246の割引チラシ入ってました。円さん、商売上手・・・。

20171104_000300_NIKON_COOLPIX S7000



ということで、11/5(日)に実際にUV1をTAMAのバーチのスネアに張ってスタジオに入りました。

20171106_032237_Apple_iPhone 7



上の写真自体は1時間ぐらい叩いた後ですけど、4時間のスタジオの後でも真っ白けでスティックの打痕とか一切なし。
よくある黒い汚れとかも全然付きません。
なので確かに耐久性は結構凄い気がします。
ただ、REMOのコーテッドアンバサダーの方がなんとなく鳴るような気がしました。
というかEVANSのUV1はコーテッド部分を薄い塗膜みたいなんで硬化させてるんでそれがミュート的な役割をして倍音少な目な感じがします。
なので、ちょっと鳴らん気がして、鳴らそうと力任せに叩くみたいな感じになっちゃいました。
力んでしまってアカンがな。
う~ん、なんかしっくりこない・・・。

TAMAのスネアがダイキャストリムってのも影響してるかもしれません。
やっぱ、ダイキャストリムはチューニングが難しい。
EVANSのヘッドはなんか気持ちよく鳴らないので、結局もとのREMOのヘッドに戻しました。
倍音は出るけどきっとREMOの方が鳴るはず。
鳴らんヘッドを鳴るようにするのは難しいけど、鳴るけど倍音の出るヘッドはミュートでコントロール出来るんとちゃうのって考え方です。

20171119_223318_NIKON_COOLPIX S7000


20171119_223446_NIKON_COOLPIX S7000



倍音抑制のためにボルトタイトをかましてみたり・・・。

20171119_223602_NIKON_COOLPIX S7000



このTAMAのスネアに関しては、暫く試行錯誤の日々が続くと思われ・・・。

超久しぶりのジャズ喫茶YURI
2017-11-15-Wed 23:33

11/1(水)、ここのところ働き方見直しとか言って、水曜日は絶対定時退社せえよ!みたいなお達しも出てるので、そんじゃあ定時退社してやろうじゃないのって感じで超久しぶりに栄(というか久屋大通駅の方が近いかも)のジャズ喫茶YURIに行ってきました。

20171101_185050_NIKON_COOLPIX S7000



通常はホットコーヒーを飲むんですが、この日は何故かアイスコーヒー。

20171101_190106_NIKON_COOLPIX S7000



入ってすぐにチェット・ベイカーがかかりました。

20171101_192548_NIKON_COOLPIX S7000


私、チェット・ベイカーのちょっと感傷的なペットや歌ってあんまり好きじゃないので、これまでそんなに積極的には聴いてこなかったのですが、このアルバムは歌も無いし、ほとんどセクステットの構成でチャーリー・パーカー、マイルス・デイビス、ソニー・ロリンズ、ジェリー・マリガンとかの名曲を演ってて普通にバップな感じであんまりベイカー色を感じさせないものでした。
セクステットなんであんまりベイカーのペットばっかりが目立つ感じでもないですしね。
ネットなんかを見てると、この時のベイカーはお薬がバッチリ決まって絶好調やったんではないかといった憶測が・・・。
で、特にパーカーのCherylって曲をかなり低速で演ってるんが印象的でよかったです。


カーティス・フラーのトロンボーンなんて超久しぶり。
ボントロは楽器の構造上、速いパッセージは吹けないし、鋭い音色も出なくって、どっちかいうたらぼわーっとしたゆったりした雰囲気で和み系の楽器ですね。
ジャケットがかっちょええです。

20171101_201348_NIKON_COOLPIX S7000



グラント・グリーンもかかってました。
この人のギターを聴くのもホント久しぶり。
まあ、この頃は普段ジャズを聴くこともほとんどなくなっちゃったので、何を聴いても久しぶりなんですけどね。
いなたいというか、アーシーというか全然あか抜けない感じがええです。
そういうギターとハンコックが一緒に演ってるのがちょっと不思議な感じ。

20171101_204418_NIKON_COOLPIX S7000



で、お店にデジタルカメラマガジンってのがあったんで、柄にもなくちょっとパラパラと眺めてみました。
F値とか、シャッタースピードとか、ISO感度とか、そういうのを適切に設定して、適切なレンズを選択して写真を撮るなんてことは私には絶対無理やと確信しました。
そもそもレンズ交換できるカメラなんて持ってないけど。
こういう本格的な写真ってのは何をどういう風に撮ろうってコンセプトみたいなんがまず前提としてあるんでしょうね。
そこらをフラフラしながら遭遇したもんをテキトーにフルオートのみで撮ってる私には到底真似できましぇんって感じです。

20171101_205032_NIKON_COOLPIX S7000


なんちゅうかこの本にあるようなアカデミックな感じで写真を撮ってみたいって気も少しはあるんですが、如何せん頭が追いつかない訳です。
こういうのをちゃんと理解したうえで自由に撮るのと、私みたいに何もわからんとホンマにテキトーに撮ってるのは、何か根本的に違うんでないの?なんて思ったり・・・。
まあ、でも、写真って撮りたくなるような被写体のあるところに行かないと撮れない訳で、自転車に乗ってるとその機会だけは結構たくさんあるんですよね。
なので、自転車+お手軽コンデジって機動力のみ最重要視って構成が私には合ってるんだと思います。
私はデジタル一眼とか絶対によう使いこなせんのやろなぁ。
プロフィール

topcym

Author:topcym
1965(S40)年11月、大阪府吹田市の生まれ。現在は大阪府交野市に住む、中年サラリーマンのおっさんです。
趣味は、自転車とドラム。
自転車は「メタボやし、ちょっとは体を動かさんといかんなぁ」という一応、健康目的から2005年10月にクロスバイクを購入し、2009年06月にやっとこさロードバイクを購入しました。
ドラムは高校ぐらいから始めてるんでキャリアは長いですが、実力が全くついて来ずといった状況で現在に至っています。
ということで、趣味の自転車とかドラム(音楽)とかを中心にしながらも、特にそれらに拘らず、適当に思いついたことを書いていこうと思います。

カレンダー
01 | 2018/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
FC2カウンター
検索フォーム
リンク
月別アーカイブ
カテゴリ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる