材質はバーチで8PLY
2017-10-19-Thu 23:40

このスネア、安いって理由だけで発作的に買ったので、買った時はシェル(胴)の材質とか全然気にしてませんでした。
で、シェルの材質はバーチって木で、日本語では樺(カバ)。
その薄い板が8枚貼り合わされている合板でできてます。
こういうのを8PLYって言います。
当然、貼り合わせた枚数が多いほどシェルは分厚くなって重たくなりますし、一般的には枚数が多い方が音量が大きくなると言われてます。
確かに私が元から持ってた4PLYのマホガニーのスネアよりかなり重いですし、大きな音がする感じがします。

木胴のスネアの最もポピュラーな材質であるメイプルに比べるとバーチは若干柔らかい(言うても堅いんですが)木みたいでどっちか言うたら中音域がよく出ます。

一般的にメイプルは堅くて音抜けが良くて高音域がよく出ると言われてますが、ダイキャストの堅いリムと合わせると高音域の倍音がいっぱい出て結構チューニングが難しかった印象があります。(昔、メイプル+ダイキャストリムのスネアを持ってたので)

それに比べてバーチはダイキャストリムでもあんまり倍音が出なくて、チューニングが結構楽でした。

期せずしてバーチだったのですが、なかなかええ感じでございます。
ええ買い物でした。

20171009_010610_Apple_iPhone 7
スポンサーサイト

払戻し金がスネアに
2017-09-20-Wed 02:45

ドナルド・フェイゲンの公演中止の払戻し金(1.2万円)がスネアに化けました。

ジモティーという地元の人が品物をやり取りするサイトに、八尾市の方がご実家の整理の一環でこのスネアをものすごい安値(1万円)で出品してはりました。
思わず発作的に購入してしまいました。

で、9/17(日)の午前中に八尾市まで引取りに行ってきました。

メーカー:TAMA、シェルの材質:バーチ、深さ:5.5インチ、10テンション、ダイキャストリム。
ダイキャストリムのスネアって30年ぶりぐらい。
緑色が美しい・・・。

20170918_034454_Apple_iPhone 7



売主の方が「遠方からわざわざ引取りに来て頂いたんで、ケースも付けますわ」ってスネアケースも付けてくれました。
YAMAHAのソフトケースって初めて見ました。
スネアとケースで1万円って超掘り出し物でした。

20170919_004451_Apple_iPhone 7



次の週末のバンド練習に持って行ってみようかなぁ。

ドナルド・フェイゲンの日本公演が急病により中止
2017-09-17-Sun 13:20

この記事でウォルター・ベッカーの他界からの流れでドナルド・フェイゲンの名古屋公演のチケットを買ったって書きましたが、そのドナルド・フェイゲンが急病っちゅうか体調不良になったらしく日本公演がまるごと中止になっちゃっいました。
詳細はこちら

あ~ぁ。トホホ。9/22(金)、楽しみにしとったんやけどなぁ~。
まあ、なんとなくこういうことが起こるのではないかと嫌な予感はしておったんです。

2014年のキース・ジャレットの途中で投げ出しコンサートといい、今回のドナルド・フェイゲンの公演中止といい、アタクシには大きなホールでのコンサート運ってのが無いんかもしれません。

ということで、9/15(金)、ファミマで払い戻ししてもらいました。

とっても残念でございます。

エルダー・ジャンギロフ(Eldar Djangirov)ってピアニスト
2017-09-16-Sat 02:17

9/9(土)、浜松のジャズ喫茶「トゥルネ・ラ・パージュ」でキルギス共和国出身のエルダー・ジャンギロフ(Eldar Djangirov)ってピアニストを初めて聴きました。

なんだか強烈でした。

世の中スゲー人があっちゃこっちゃにいるもんです。
アンテナの感度が悪いっていうか、いろんなことをウォッチする力が弱い私は、結果的にこういうのをジャズ喫茶とか突然聴くことになり、なんだかいきなりぶったまげてしまう訳です。

ジャズ喫茶でかかってたのは「Breakthrough」ってアルバムでした。
これはちょっとフュージョン寄りのアルバムですけど、その中にもよりジャズ的な曲もありますし、リズムがちょっとドラムンベース的な曲もあったりしますし、いろんな感じの曲が入ってました。
以下、「Tokyo Plus」って曲ですけど、これなんか何拍子かもようわかりません。
エルダーさん自身が上手いのは当然として、ドラムもベースもようこんな難しい曲できるなぁって思います。
現代のミュージシャンは皆さんめちゃ上手いっす。




で、こっちはジャズ。チャーリー・パーカーの名曲「Donna Lee」。
ドライブしとるなぁ~。
ドラムの人もスティックコントロールが美しい。




最後にクラシック弾いてはるやつ。
なんか軽々と余裕って感じ。
キルギスって旧ソ連なんでクラシックの教育なんかも凄いんかもしれません。




知ってる人はもっと前から知ってはるんでしょうが、初めての私にはかなり新鮮でございました。

滋賀県近江八幡市のジャズ喫茶「Yugeya」
2017-09-09-Sat 23:24

またまたバックデートで夏季休暇中に琵琶湖方面へ行った後にジャズ喫茶に行った話です。

8/17(木)、近江八幡のシャーレ水ヶ浜に行って、日牟禮八幡宮近辺で漬け物を購入した後、JR近江八幡駅方面に移動して「Yugeya」ってジャズ喫茶に行ってきました。

JR近江八幡駅方面方面といっても、駅からは結構離れてて、駅からはチャリでも10分ぐらいかかります。
JR近江八幡駅からは南西側になります。

住宅街の中に地味に存在してます。

20170817_173400_NIKON_COOLPIX S7000



建物は小奇麗でかなり新しい感じ。

20170817_173528_NIKON_COOLPIX S7000



店内も綺麗です。

20170817_175524_NIKON_COOLPIX S7000



マスターとちょっとお話したら、まだオープンして3年とのこと。
59歳数ヶ月で脱サラして開業しはったとのこと。
事実上のアーリー・リタイヤなんかもしれません。
新規に開業するジャス喫茶の典型的な一形態って感じですね。
「Yugeya」って店名から、マスターは弓削さんではないかと勝手に想像する私・・・。


ラディックの小口径のいわゆるジャズ用のセットが置いてありました。
ラディックのセットはどっちかゆうたら大口径のロック用が有名なんですが、こういう小さなセットもライナンップされてるんですね。
結構、珍しい気がします。
ピアノも常設されてて、月一でセッションなんかもされているそうです。

20170817_175624_NIKON_COOLPIX S7000



スピーカーはやっぱりJBLでした。
ホントにジャズ喫茶にはJBLが多い・・・。

20170817_175718_NIKON_COOLPIX S7000



大きめの音で鳴らしてはって、ええ感じのお店でした。
マスターも気さくで話しやすい方です。

「リクエスト、どうですか?」ってことでしたので、フィニアス・ニューボーンJr.の「A World of Piano」をリクエストしました。
彼のゴリゴリのピアノがJBLからええ感じで再生されてました。




■Yugeya
   滋賀県近江八幡市掘上町314-2
   TEL:0748-33-6941
   http://www.yugeya-jazz.com/


プロフィール

topcym

Author:topcym
1965(S40)年11月、大阪府吹田市の生まれ。現在は大阪府交野市に住む、中年サラリーマンのおっさんです。
趣味は、自転車とドラム。
自転車は「メタボやし、ちょっとは体を動かさんといかんなぁ」という一応、健康目的から2005年10月にクロスバイクを購入し、2009年06月にやっとこさロードバイクを購入しました。
ドラムは高校ぐらいから始めてるんでキャリアは長いですが、実力が全くついて来ずといった状況で現在に至っています。
ということで、趣味の自転車とかドラム(音楽)とかを中心にしながらも、特にそれらに拘らず、適当に思いついたことを書いていこうと思います。

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
FC2カウンター
検索フォーム
リンク
月別アーカイブ
カテゴリ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる