FC2ブログ

PearlのシングルフランジフープNewスネア購入(中古だけど)
2019-10-22-Tue 12:06

7月下旬、グリーンのTAMAのStarclassicバーチ8ply 10テンションのスネア、メルカリでやっと売れました。
いろいろと試しましたが、私はこのスネアを上手くチューニングして使うことが出来ませんでした。
私にはあわなかったのかなぁ~。
次の人のところで活躍して下さい。
さようなら~。

20190907_195344_Canon_Canon PowerShot SX620 HS



そんな状況の中、9月初旬にヤフオクでPearlのスネアを買ってしまった・・・。
14×5.5inch、8テンション、チューブラグ、メイプル、レインフォースメント付きの薄めのシェル。
そんでもって、シングルフランジフープって珍しいフープ。
このフープに惹かれました・・・。

20190907_195444_Canon_Canon PowerShot SX620 HS


20190907_195558_Canon_Canon PowerShot SX620 HS


20190907_195744_Canon_Canon PowerShot SX620 HS


20190907_200030_Canon_Canon PowerShot SX620 HS



バンド練習の際、スタジオで叩いてみたらほぼ想定通りの音でした。いい感じ・・・。


で、9/28(土)の昼前にスナッピー(海外ではスネアワイヤーと言うらしい)をサウンドハウスに注文したら、翌9/29(日)に届きました。
安い上になんちゅう迅速な対応。素晴らしい。
※どうも徳島に配送センターがあるので早いらしい・・・。

このNewスネアのスナッピーにつき、ワイヤーが16本のものから20本のものへと交換。
この4本の差にどれほどの意味があるのかわからんのですが、まあ、なんとなくやってみました。

交換前。

20190922_234238_Canon_Canon PowerShot SX620 HS



交換後。

20190922_235934_Canon_Canon PowerShot SX620 HS



ということで、現在、所有している4台のスネア。
何でこんな何台もいるんや?と家内や娘に指摘されつつ・・・。
まあ、でも、ギターリストなんて何十本もギター持ってたりするから、それに比べりゃマシやとは思いますが・・・。
言い訳か・・・。

20190923_194506_Canon_Canon PowerShot SX620 HS



で、スネアの重さを測ってみました。
左から
①ラディック/メタル/5インチ/10テンション/3.3kg
②パール/メタル/5.5インチ/8テンション/3.6kg
③パール/メイプル/5.5インチ/8テンション/3.1kg
④パール/マホガニー/5インチ/8テンション/2.7kg
全部、プレスフープ。
②③はヤフオクで0.7万円、1.7万円とめちゃ安く買ってます。
※安い楽器が好きな私・・・。
50歳台半ばになってやっと自分がどういうスネアが好きなんかわかってきました。遅すぎますわね。
プレスフープで、8テンションで、薄めのシェルで、オープンな感じで鳴るスネア。
このタイプはええ加減なチューニングでもそれなりに音がまとまってくれるので雑な私でも大丈夫。
それと軽いから持ち運びが楽。
で、逆に私があまりうまく取り扱うことが出来ないスネアは、ダイキャストフープとか、10テンションとか、厚めのシェルとかです。それから6.5インチとかの深いのもアカンです。
ということで、①~④のスネアで完全に満足したので、もうスネアを買うことはないでしょう。
今後、③④をメインで使用していく気がしております。
スポンサーサイト



同志社グリー Live at 祇園祭・太子山
2019-07-31-Wed 23:50

またまた凄いバックデートですんません。m(_ _)m

長男の所属する同志社大学のグリークラブは毎年、祇園祭の宵々山(7/14)に太子山の前で演奏させてもらってます。
更に山鉾巡行(7/17)で山を曳かせてもらってます。
こういう関係はもう44年も続いているそうです。

今年は演奏の最中に雨が本降りになっちゃいましたが、約30分で10曲ぐらい歌ってました。
雨でビショビショになったんで保存会の方のご厚意で銭湯に行かせてもらって、祇園祭にちなんだTシャツに着替えて帰ってきておりました。

以下、「見上げてごらん夜の星を」
作詞:永六輔 作曲:いずみたく
名曲やなぁ~。




で、同志社のグリーが太子山の前で歌ったり、太子山を曳いたりするようになった経緯はこちらをご覧下さい。

普通はなかなか出来ない経験で、有難いことやなぁと思います。

4年ぶりの高槻ジャズスト
2019-05-24-Fri 01:01

またまた大幅なバックデート。m(_ _)m
2015年に長女と来て以来の高槻ジャズストリート。
去年のこの時期は私的なゴタゴタがいろいろあり過ぎててそれどころではなかったなぁ。

久しぶりに原チャリで出動。

20190503_121026_Apple_iPhone 7



5/3(金)の目当ての演奏の1つ目は13:00からのなので、その前に目的のライブ場所の手前のJKカフェへ。
ちょっとだけ覗いたら、メシオ・パーカーのカバーしてました。
この頃は女子のホーン奏者が多いなぁ。他の楽器も同様やけど・・・。
そんでもって、女子ミュージシャン、総じてお上手です。

20190503_121501.jpg



で、最初の目当ての演奏は、岩瀬立飛Quintet。
岩瀬立飛さんって初めて生で観ました。
Youtubeとかでも今までほとんどチェックしたことなし。
ただ、この方が若い時に出してはった教則DVDは持ってます。
結果的にほとんど見てなかったんですが・・・。
そんでもって生で観てみたら、もうめちゃくちゃ上手かった。
調べてみたら、ピーター・アースキンに師事した後、洗足音楽大学・大学院の講師もしてはるぐらいなんで、もう相当凄いです。
ドラム以外にもピアノも弾かはるみたいですし、ゲーム音楽の作曲や、アレンジの仕事もしてはって非常に多彩な活動をされている方のようです。
日本では本当にトップクラスの実力の持ち主であることは間違いないと思われますが、ゴリゴリのジャズ・フュージョン系の仕事をたくさんこなしているという風でもない感じです。
愛知県豊橋市のご出身でなんか親近感を覚えるのであります。
すっかり東海地方人な私・・・。

だれかこの時の演奏をYoutubeにアップしてはるかなぁって思ってチェックしてみたけど誰もアップしてないので、自分でアップしてみました。




そういうたら、岩瀬立飛さん、お尻の下にスペアのスティックを挟んでおるようです。こんなの初めて見ました。
ドラムの椅子が低いところだけ自分に似てました。

20190503_132626_Apple_iPhone 7



立飛さんの後は、高槻現代劇場のレセプションルームで宮下博行トリオ。
このリズムセクションはよく一緒に演ってはるそうなんですが、髪型が対照的。

20190503_172144_Panasonic_DMC-TZ30.jpg



5/3(金)の最後は高槻現代劇場の大ホールで山中千尋トリオ。
山中千尋さんって初めて聴きましたけどスゲー感じでした。
一流の人をサポートするサイドメンもスゲー感じです。
ドラムに関しては激しい曲だと単位時間あたりロックとかの10倍ぐらいの音数って感じです。
やっぱジャズのドラムは難易度が高いなぁ。
こういう一流な演奏が無料なんてスゲー感じのイベントでございます。
しかし、高槻現代劇場大ホールってデカイのねぇ~。キャパ1,500人超って~。

20190503_203052_Panasonic_DMC-TZ30.jpg



そんでもって2日目の5/4(土)。

川嶋哲郎(ts)さんを見ようと思いまたも原チャリで高槻まで来たものの、開始時刻を13:00と勘違い。ホンマは12:00からでした。なんかえらい情けない気分。
14:00から天六でバンドやのに13:00から開始なんてあり得ん訳です。
最近この手の勘違いとかが多く加齢を感じる今日この頃でございます。
ということで、とりあえず阪急高槻市駅の高架下でShihoっていうFried Prideの人?のライブを見てから天六に向かうのでした。
この人、あんまり好きではないのですけどね。
阪急電車だと直接天六に行けるのでまあええかぁって感じです。

で、阪急高槻市駅のコンコースに来たらブルース演ってました。
昨日からどっちか言うたら超絶系の方々ばかり見ていたので、こういうのを見るとホッとします。
ブルースハープに癒されるのでありました。
しかし、ギターのおっさん、なんで顔白塗りなん???
もうちょっと見たいなぁと後ろ髪を引かれつつ、天六に向かうのでした。

20190504_130101.jpg



で、天六でちょっとバンド遊びして、飯食って・・・。

20190504_140001.jpg



また、高槻に戻って、最後に高槻現代劇場大ホールでスコット・ハミルトン(ts)の演奏をば。
ええ音でしたぁ~。
スコット・ハミルトンって学生の時に何の情報もなく(当時、インターネットなんてありませんでしたから)、ジャケ買いみたいな感じで買ったように記憶してるんですが、当時の私にはその良さがわからなくてあまり聴いてませんでした。
若い時はハードブロウするようなサックスに惹かれると言いますか・・・。
で、歳食った今、それも生であの音とかフレーズとかを聴くと、ホンマええなぁと思いました。
いろんなことが凄いスピードで変化する時代で、楽器の奏法も同様に変わっていますが(ドラムなんかもものすごく奏法が進化というか変わってきている楽器の一つです)、昔の良いスタイルを一貫して守っているということ自体に凄く価値があるんかなぁと思いました。
とにかくあの柔らかな音が良かったです。

20190504_200104_Panasonic_DMC-TZ30.jpg


20190504_200558_Panasonic_DMC-TZ30.jpg


20190504_205450_Panasonic_DMC-TZ30.jpg



しかし、ここでフルアコを弾いてる若干25歳の女子が気になりました・・・。
何でフルアコで、何で音楽的にこのオールドなスタイル???
世の中、いろんな方がいらっしゃいます。

で、こんなに計画的に高槻ジャズストを観て回ったのは初めてでした。
ホント、凄いイベントやと思います。
今や国内最大級のジャズイベントに成長した感じです。


で、余談ですが、今、スコット・ハミルトンと言えば、ロックバンドOKAMOTO'Sのボーカル、オカモトショウのお父さんって感じで世間に認知されとるみたいです。
私も嫁はんと娘から教えてもらって初めて知りました。へ~って感じ・・・。

以下、OKAMOTO'Sでのオカモトショウ(本名:飯村翔)




ちなみにOKAMOTO'Sには、ダウンタウンの浜田の息子ハマ・オカモトもおります。
この人、プレシジョン・ベース、相当に上手いです。
ハマ・オカモトが出演してる積水ハウスのCM。なかなかええCMです。

豊橋のシライミュージック
2019-04-17-Wed 23:13

またまためっちゃバックデートですが・・・。m(_ _)m

3/2(土)に三河湾一周途中で断念ツアーをやった際に、結局、最終到達地になった豊橋でYoutubeでおなじみのシライミュージックという楽器屋に寄ってみました。

豊橋に輪行で行った際は毎回のようにこの楽器屋の前を通るんですが、やっとこさ今回、店内に突入してみた次第です。

豊橋駅の真南2~3kmぐらいのR259沿いにあります。

20190302_163648_Panasonic_DMC-TZ30.jpg



R259を挟んで反対側にシライっていう自転車屋があって、駐車場を共用してたので、ご実家は自転車屋さんだと思われ・・・。


結構大きなお店です。

2Fから1Fを見た図。

20190302_170746_Panasonic_DMC-TZ30.jpg



で、2Fがドラム売り場。

スネア達。

20190302_170650_Panasonic_DMC-TZ30.jpg



シンバル達。

20190302_170656_Panasonic_DMC-TZ30.jpg



白井店長は年齢的には私よりちょうど一回り下でした。41歳と言うてはりました。
ちょっとシンバルについて会話したら、Zildjianのケロップシリーズとか、MEINLとかのシンバルを叩かせてくれました。

以下、MEINLのシンバル。ドイツで直接買い付けてきたとのことでした。

20190302_171516_Panasonic_DMC-TZ30.jpg



そんでもって、UFIPのシンバルってどんな音なん?って会話をしてたら、面白いことを教えてくれはりました。
UFIPのシンバルは合金をメーカーごとに独自に調整し鋳造するところからはじめるキャストシンバルです。通常はこの合金を機械で圧延してまずはシンバルの形に形成するのですが、UFIPの場合は圧力で形成するのではなく、合金が柔らかい段階で金型のようなものに入れて遠心力を使って形成するのだそうです。なので圧延では形成できない複雑な形状のシンバルを作ることができるらしいです。
イタリアのUFIPはトルコ系シンバルと同様に基本的にハンドハンマリングのシンバルですが、音のキャラクターとしてはトルコ系より明るめで、トルコ系とマシンハンマリングのA_Zildjianの中間ぐらいに位置する感じだそうです。


で、3FがいつもYoutubeで試奏してはる部屋です。
この時はTAMAの紫色のセットが置いてありました。
叩かせてもらいました。
こういう音がするんやぁ~って感じでした。

20190302_171508_Panasonic_DMC-TZ30.jpg



で、このトラムセットを説明して試奏してるYoutubeの動画が以下です。
これが白井店長です。




白井店長と会話出来てなかなか面白かったです。

長男のグリー定演~バンドのライブ at ZAC BARAN
2019-03-07-Thu 01:51

また、バックデートです。m(_ _)m
2/11(祝)、長男のグリーの定期演奏会に嫁はんと長女と一緒に行ってきました。

京都・北山の京都コンサートホール。
何度来ても立派なホールです。

20190211_13006_Apple_iPhone 7


20190211_130106_Apple_iPhone 7


20190211_130206_Apple_iPhone 7



お客さんは1,300人超入ってたそうです。
集客力が凄いわぁ。大したもんです。
まあ、集客するために、普段から他大学の定期演奏会に行ったりしていろいろと組織的な動きをしてるみたいです。

ホール内は撮影NGですけど、ロビーで歌うロビーコールってのは撮影・録音OK。
写真はちょうど大学のカレッジソングを熱唱しているところ。
場末の公立大学出身の私には全くない感覚です。

20190211_153027__.jpg



その後、18:30~大学の施設で、4回生の卒団コンサートみたいなんがあって、そっちも観ました。
凄い綺麗な施設・・・。
学費の一部はこういう施設費用に充当されとるんやろうなぁ~。
まあ、その施設を使用するグリーにおるだけマシか・・・。

20190211_181150_Panasonic_DMC-TZ30.jpg



帰りに嫁はんと長女とガッツリ王将で夕食。満足!

20190211_214306_Apple_iPhone 7



2/17(日)は自分のバンドのライブ。
年末に視察に行った、聖護院あたりのZAC BARANってお店。

車で行くのもいろんな条件的に違うしなぁと思いつつ、楽器を運ぶカートみたいなんを買おうと思いどんなんがええんか迷ってるうちに買うこと自体を忘れてしまい、結局、スネア、シンバル、ペダルを完全自力運搬。
とにかく重量を減らすため、最も軽いスネアで且つ、ハイハットはオミット。
ペダルなんて持って行きたくないんですが、店のペダルの状態がわからず・・・。
やっぱ、ドラムってクソ楽器だわ・・・。

20190217_121744_Apple_iPhone 7



知り合いがそれなりに来てくれたし、流れのお客さんもいて、20人ぐらいは入った感じでした。
今回、対バンじゃなくて単独ライブだったので集客に不安があったのですが、なんとかなりました。

20190217_193342_Panasonic_DMC-TZ30.jpg



嫁はんと長男も来てくれました。
長男曰く「定演観に来てくれたしな」とのこと。
親としてグリーの定演を観に行った訳で、バンドのライブに来てもらうために定演を観に行った訳ではないのだけれど・・・。
でも、集客とはそういうものという感覚がグリーでできてるんでしょうね。

20190217_193426_Panasonic_DMC-TZ30.jpg



昔、私がブルース系のバンドをやってたころ、幼少期の長男が観に来たら、だいたいノリノリで踊りまくってステージに乱入したりして妙に和んだりしておったことを思い出しました。

44178288_1866201980143361_7168590421805760512_n.jpg



懐かしい~。
プロフィール

topcym

Author:topcym
1965(S40)年11月、大阪府吹田市の生まれ。現在は大阪府交野市に住む、中年サラリーマンのおっさんです。
趣味は、自転車とドラム。
自転車は「メタボやし、ちょっとは体を動かさんといかんなぁ」という一応、健康目的から2005年10月にクロスバイクを購入し、2009年06月にやっとこさロードバイクを購入しました。
ドラムは高校ぐらいから始めてるんでキャリアは長いですが、実力が全くついて来ずといった状況で現在に至っています。
ということで、趣味の自転車とかドラム(音楽)とかを中心にしながらも、特にそれらに拘らず、適当に思いついたことを書いていこうと思います。

カレンダー
09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
FC2カウンター
検索フォーム
リンク
月別アーカイブ
カテゴリ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる