fc2ブログ

タモリ倶楽部におけるKISSのアマチュアコピーバンド
2020-12-30-Wed 23:32

先月11月の話ですが、KISSの最終公演中止を踏まえたんだかどうなんだかわかりませんが、KISSのアマチュアコピーバンド3つがタモリ倶楽部出てました。
※そのうちの1つのバンドは私の友人の友達のバンドでした。世の中狭いなぁ。

20201207_KISS_01.jpg



KISSのステージを再現するための涙ぐましい努力とかを面白おかしく語ってはりました。

50歳ぐらいのおっさんがKISSのメイクを落としたすっぴんの顔を晒すというところもあって、なんとも興味深く素晴らしい企画の番組でした。

マーティ・フリードマンも出てて、身長が低くてKISSのオーディション落された話とかもしてました。

やっぱタモリ倶楽部はオモロイなぁ。

チューニングキーをスティックケースに装着
2020-12-29-Tue 23:20

私のスティックケースはネットでダメ元で買った中華系の超安物。送料無料で500円ぐらい。
まあ、生地とかペラペラな感じですけど破れるような薄さでもなく、よく言えば軽くていいです。
スティック2セットとブラシが入ったらそれで十分なんでこの軽薄スティックケースで何ら問題ありません。
私はマレットなんて使わんですし、スティック折りまくりみたいな人でもないので、この大きさで十分。

20201206_StickCace_01.jpg


20201206_StickCace_02.jpg



で、先日のセッションの際、お店のチューニングキーが空回りする状態で、椅子の調整にチューニングキーが必要な状態だったりしました。
私、たまたまチューニングキー持って行ってたので椅子の調整したり、スネアのチューニングが出来ました。
やっぱりセッションやライブの際はチューニングキーは必携やなぁと痛感しました。


ということで、キーホルダーっていうかカラビナって言うんでしょうか、そういうのを100均で買ってきてスティックケースにチューニングキーを装着。(安物やからスティックケースにチューニングキーを入れるようなポケットなし)
しかし、カラビナってこんなに安いのですね。

20201206_StickCace_03.jpg



チューニングキーを装着後のスティックケース。

20201206_StickCace_04.jpg

セッションに結構行ってる
2020-12-19-Sat 00:59

コロナの関係でどうなんだろうと思いつつも2020年は名古屋で結構セッションに行ってます。

名古屋に単身赴任になって9年になりますが、これまでは仕事がかなり忙しく20:30から始まるセッションにはほとんど行けなったですし、一時は大阪でバンドをたくさんやり過ぎていてセッションに行こうという気にはならなかったというのもあります。

昨年あたりから少し仕事の忙しさがマシになったのもありますし、労働時間を削減するように結構プレッシャーも掛かるようになったりして、セッションに行ける余裕が出てきました。
大阪でのバンドも1つになりましたし・・・。

で、セッションは名東区星ヶ丘のSlow Bluesってお店で演ってます。
通常、晴れていたら浄心からロードバイクで行きます。片道12.5kmぐらいで大体1時間ぐらいでしょうか。
最近、ロードでロングライドとかほとんど出来ていないので、ロードに乗って身体を動かすという意味でもええ感じです。
更にロードで行ったら帰りに今池の24時間営業のドンキで食料買って帰れるのも便利。
なんか生活感満載の書きっぷりですんません。

いつもこんな感じで自転車を停めてます。
自転車で来る人なんて他にいないので、店の前に停めれます。

20201201_SlowBluesSession_01.jpg



雨の場合は地下鉄で行くしかありません。名古屋には車無いので・・・。
ある雨の日、終電は23:58なので23:45ぐらいにお店を出て星ヶ丘駅へ向かうと、4番出入口の階段から駅構内に入ろうと思ったらシャッターが下りとる。5番出入口にまわってみたけど同様。
他の出入口の場所を知らんかったんで終電に間に合わず。トホホ。
ということでメタボ気味な私はカロリー消費と割り切って浄心まで歩いて帰ったこともありました。
12.5kmだと、まあ2時間半ぐらいなので歩けない距離でもありません。名古屋宅についたらフラフラでしたけど・・・。


で、私が行くのは大体はブルース系のセッションです。
ロック系のセッションにもたまに行きますがハードロックを聴いてないので、ハードロックの曲を演ることなると叩こうにも曲の構成が全然わからんので演奏が崩壊してしまいます。
その点ブルースは曲の構成が単純なので気楽に演奏できます。

こんな感じでセッションしてます。

20201201_SlowBluesSession_02.jpg



こっちは別の日。

20201201_SlowBluesSession_03.jpg



演奏中もちゃんとマスクしてますよ。

これも別の日。相変わらずチェックのシャツばっかり着てる私。
この日はセッションでご一緒した方々がたまたまチェックのシャツで、周りの方々から「チェッカーズやな」と言われ小恥ずかしかったです。
恐らく最年少であろう私が55歳。どんなチェッカーズやねんと・・・。
チェッカーズはどブルース演らんと思われ・・・。

20201201_SlowBluesSession_04.jpg



セッションからの帰り、栄のオアシス21の前でドラムを叩いている人。
以前も何回か目撃したことがありました。
ここでの路上パフォーマンスがもうすぐ2,000回に達するそうです。
ドラムの千日回峰行やな・・・。

20201201_SlowBluesSession_05.jpg



12/5(土)はSlow Bluesで知り合った青山さんの強力な勧誘と、名古屋でSlow Blues以外のライブハウスに初めて訪問できるということもあり、栄あたりのCedar’sに行きました。
青山さんのバンド、SoulとかBluesとか取り混ぜてやってはりました。
ヴォーカル&ハープの人のキャラが立ちまくり。
Gil Scott-Heronのカバーをやってるバンドを生まれて初めて見ました。
こういうPAをガッツリ通した音って凄い久しぶりに聴きました。

20201205_Cedars_01.jpg


20201205_Cedars_02.jpg



セッションに行き始めたらあっという間に知り合いがいっぱい増えました。
Facebookの友達もいっぱい増えました。
私はほぼ下戸なので飲み屋で知り合いが出来たりすることはほとんどないので、名古屋で仕事以外の人間関係ってほとんど無かったんですが、こういう趣味のつながりっていうのはあっという間に広がりますね。
ドラム叩いててよかったぁって思いました。

嫁はんが鈴木茂&白井良明のライブに行ってきた
2020-12-12-Sat 23:47

11/19(木)とかなり前の話ですが、嫁はんが鈴木茂&白井良明のライブで磔磔へ。

今年の5/2(土)のライブがコロナ禍で延期されたものです。

20201119_Suzuki_Shirai_Live_01.jpg



左の鈴木茂氏は「はっぴいえんど」(解散)のギタリスト。
右の白井良明氏は「ムーンライダーズ」(現存)のギタリスト。

20201119_Suzuki_Shirai_Live_02.jpg



嫁はんが座っていた一番後ろあたりの席からのショット。
久しぶりに磔磔に行ってみたいなぁ。
ええハコなんですよねぇ。拾得と並んで極めて京都らしいライブハウスです。1970年代前半開店。
どちらも木と漆喰でできた酒蔵を改造した店なので音が変に響いたり回ったりせず非常に演奏しやすく聴きやすいハコです。

20201119_Suzuki_Shirai_Live_03.jpg



で、嫁はんの隣の席にあの松本隆氏が座っておったとのこと。
松本隆氏は「はっぴいえんど」のドラマーで作詞家。
10月に亡くなった作曲家の筒美京平氏と一緒に昭和歌謡の名曲をたくさん世に送り出した人です。
松本氏は神戸に住んでるという話を聞いたことがあったのですが、今は京都に住んでいると言うてはったとのこと。


嫁はんは良いライブが観れて非常に満足しておりました。

Gary Peacockの死とKeith Jarrettの脳卒中
2020-11-29-Sun 02:07

1ヶ月半ぐらい前、Facebookへの知り合いの投稿で9/4にGary Peacockが亡くなったことを知りました。
85歳と高齢なのでしょうがないのですが、これでKeith JarrettのStandardsトリオを生で観ることは叶わなくなりました。
2017年にWalter Beckerが亡くなった時の「これでDonald FagenとWalter Beckerが揃った生Steely Danを観ることは出来なくなったんやなぁ」というのと同じような感覚。
Gary Peacockの死亡についての記事


と思っていたら、Keith Jarrettもえらいことになってることを最近ネット知りました。
2度の脳卒中で復帰困難になってるようです。
こんなこと全然知らんかった・・・。
「ビバップを忘れてしまっている」なんていう信じられないようなことも書いてあります。
Keith Jarrettの脳卒中についての記事

2013年のフェスティバルホールでのStandardsトリオのコンサートを見逃して、その翌年、長女と一緒にKeithのソロコンサートにフェスに行ったんですが、観客の咳を気にしてコンサートは途中でキャンセル。返金も無し・・・。
後でキョードー大阪から、次回、キースが来日したときの優先招待と割引の電話がありましたが、「高齢やからきっともう日本には来ないというか、来れんやろうなぁ」と思ってたんで、「何言うてんねん、キョードー大阪」って感じでした。
Keith、Chick、Herbieの3人の中で一番よう聴いた人なので残念です。
唯一、観に行ったコンサートで妙な印象が残ってしまったのも残念でしたが・・・。
こちらがその時のブログ


「On Green Dolphin Street」 1986年の東京でのライブ。
このトリオの演奏、本当に一度でいいから生で観たかった・・・。

プロフィール

topcym

Author:topcym
1965(S40)年11月、大阪府吹田市の生まれ。現在は大阪府交野市に住む、中年サラリーマンのおっさんです。
趣味は、自転車とドラム。
自転車は「メタボやし、ちょっとは体を動かさんといかんなぁ」という一応、健康目的から2005年10月にクロスバイクを購入し、2009年06月にやっとこさロードバイクを購入しました。
ドラムは高校ぐらいから始めてるんでキャリアは長いですが、実力が全くついて来ずといった状況で現在に至っています。
ということで、趣味の自転車とかドラム(音楽)とかを中心にしながらも、特にそれらに拘らず、適当に思いついたことを書いていこうと思います。

カレンダー
09 | 2021/10 | 11
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
FC2カウンター
検索フォーム
リンク
シンプルアーカイブ
カテゴリ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる