FC2ブログ

豊田市美術館でクリムト~豊田スタジアム~会社でラグビー日本vsサモア観戦
2019-10-14-Mon 19:04

10/5(土)、チャリで豊田市美術館まで行ってクリムト展見て、ラグビーW杯直前の豊田スタジアムあたりをうろうろしてから、会社のテレビでラグビー日本vsサモアを観戦。

9/21(土)に嫁はんと大阪の国立国際美術館でクリムトとかを見た訳ですが、実はその前に会社の人から豊田市美術館のクリムト展のタダ券をもらっていたんです。
でも、タダ券をもらった時はクリムトに関する知識ゼロ。なんやろうこの人ぐらいな感じで名前もろくに覚えずってな感じ。
で、大阪の国立国際美術館でクリムト観て、初めて、ああ、この人なんやって繋がった感じでございます。

豊田市美術館までは約35kmぐらいで、10:00開館なので、浄心からチャリでぼちぼち走っても3時間もあれば着くかなぁって感じ。
ということで7時過ぎに浄心のマンションを出発。
往復で70kmぐらいやから普段着でええわってことで、ポロシャツに半パンのジーンズ。ヘルメットもなし、靴も普通の靴(ビンディングシューズじゃない)、そんでもって尻パッドもなし。

しかし、GIOS号でのちょっと遠出、久しぶりです。

20191005_073058_Canon_Canon PowerShot SX620 HS



車だったらR153をひたすら東進すれば豊田市に着きますが、R153は高速道路っぽい部分もある道で、自転車で走るにはちょっと危険な道なのです。
ということで、R153のちょっと南側の比較的こじんまりとした県道とかで豊田市を目指します。

諸説ありますが、これが「尾張」と「三河」の境界と言われている「境川」かぁ。これは、みよし市あたりかなぁ。

20191005_085512_Canon_Canon PowerShot SX620 HS



計画通り、10:00の開館15分前ぐらいに豊田市美術館に到着。
建築家・谷口吉生の設計によるなかなかにかっちょええ美術館です。
この日は夏みたいによく晴れてて空も青い。

20191005_095732_Canon_Canon PowerShot SX620 HS


20191005_100228_Canon_Canon PowerShot SX620 HS


20191005_100316_Canon_Canon PowerShot SX620 HS


20191005_100426_Canon_Canon PowerShot SX620 HS



入口の前でクラシックギターでボサノバや2ビート系の音楽を弾いてはる人がいました。
アコースティックギターの音色はやっぱええなぁ。
この日のようにカラッとしていて太陽の光がさんさんと降り注ぐ日にマッチしております。

20191005_100512_Canon_Canon PowerShot SX620 HS



で、クリムトの作品ですが、クリムトに限定すると、大阪の展示量よりずっと充実していました。
嫁はんは豊田市美術館の方が観たかったと言うておりました。
逆に言うと豊田市美術館にクリムトの作品がかなり行っちゃってたんで、大阪はクリムトの作品はちょっと手薄な感じになってたんだと思います。

10/14(月祝)までということもあったのか、大盛況でした。
女性が圧倒的に多かった感じです。
クリムトを観に行ったとFacebookにアップしたら、女性から「クリムト好き」って反応が多かったです。
クリムトってのは女性に人気のある画家なんですかね。
やっぱ未婚で子供14人作った人ですから、女性を引き付ける何かがあるんでしょうね。

で、クリムトの絵はやっぱ独特でした。
初期は正統的で当たり前ですけどやっぱめっちゃ絵が上手いなぁって感じですが、後期に行くほどアバンギャルドな感じになっていく・・・。ピカソなんかもそうですよね。
ジャズでも昔は正統派でめちゃ上手かった人が、どんどんフリージャズみたいな前衛的なものに傾倒していくのはよくあることです。
ということで、そのあたりの変遷の仕方というのはなんとなく理解できます。

ということで、入り口にあった大きな絵。
今年、物議をかもした「あいちトリエンナーレ」の展示も別フロアで行われていました。(観てませんけど・・・)

20191005_100616_Canon_Canon PowerShot SX620 HS



こっちは出口のところにあったもの。

20191005_114412_Canon_Canon PowerShot SX620 HS



12時頃、嫁はんからリクエストのあった図録を購入してから豊田市美術館を後にして、せっかくここまで来たんだからラグビーW杯の日本vsサモアの試合前の豊田スタジアムにちょっとだけ寄ってみました。

そういうたら豊田市美術館にも日本のジャージ着た人がちらほらいました。


こちらは豊田スタジアムのちょっと手前のスカイホール豊田。
いわゆるファンゾーンってことで、パブリックビューイングとかをするところです。

20191005_122640_Canon_Canon PowerShot SX620 HS



更に進んで豊田スタジアムでございます。
でっかいっすねぇ。

20191005_123156_Canon_Canon PowerShot SX620 HS


20191005_123720_Canon_Canon PowerShot SX620 HS



いろいろとW杯的なものがあります。

20191005_123802_Canon_Canon PowerShot SX620 HS


20191005_123805_Canon_Canon PowerShot SX620 HS


20191005_123810_Canon_Canon PowerShot SX620 HS



13:00頃でしたけど、日本のジャージを着た人達がぼちぼち集まってきていました。

20191005_123820_Canon_Canon PowerShot SX620 HS


20191005_123924_Canon_Canon PowerShot SX620 HS



豊田スタジアムのすぐ横には矢作川が流れてまして、その河川敷ではイベントの準備が進められていました。
日本とサモアの国旗が掲げられてる。
なんかラテンビート的な音楽をやってるバンドがリハーサルしてました。

20191005_124226_Canon_Canon PowerShot SX620 HS


20191005_124306_Canon_Canon PowerShot SX620 HS



ということで、観戦するチケットも持ってないので、もと来た道を浄心のマンションに引き返しました。
だいたい往復72kmぐらいでした。


マンションでシャワー浴びて、ちょっと休憩して、19:00に丸の内の会社に到着。

結局、会社の同僚&そのご家族と、会社の休憩室にあるテレビで日本vsサモアを観戦。

同僚と6ヶ月の娘さん。この人は高校の時、ラグビーやってはりました。

20191005_200005_Canon_Canon PowerShot SX620 HS



こちらは同僚の奥様。

20191005_200014_Canon_Canon PowerShot SX620 HS



赤ちゃんの腕や脚はミシュランのキャラクターのようでした。
やっぱ赤ちゃんは可愛いなぁ。自分の子供が小さかった頃を思い出しましたわ。

20191005_202240_Canon_Canon PowerShot SX620 HS


20191005_202304_Canon_Canon PowerShot SX620 HS



で、松島が最後にボーナスポイントを獲得したトライ。

20191006_000248_Canon_Canon PowerShot SX620 HS



なんか絵に描いたような展開でした。日本、なんかきてますよねぇ。
いや~、よかったよかった。
スポンサーサイト



瀬戸市の洞(ほら)地区の登窯の遺構を見てきた
2019-06-25-Tue 07:03

6/16(日)、瀬戸市の洞(ほら)地区の登窯の遺構なんかを見たりしてきました。

この日、天気も回復しそうってことで、朝からチャリでなんとなく庄内川に沿って瀬戸方面へ。

20190616_094134_Canon_Canon PowerShot SX620 HS



庄内川堤防上の道、路面がぐちゃぐちゃやったんですが、改修工事が行われたようでメチャ綺麗になってとっても走りやすかったです。

20190616_095208_Canon_Canon PowerShot SX620 HS



とりあえず、まずは瀬戸の曽野珈琲店まで行って休憩。なんか晴れてきた感じ・・・。

20190616_105054_Canon_Canon PowerShot SX620 HS


20190616_105104_Canon_Canon PowerShot SX620 HS



小倉トーストのモーニングを食す。

20190616_105252_Canon_Canon PowerShot SX620 HS



曽野珈琲店を後にし、南東に5kmほど走って瀬戸の洞(ほら)って地域の登窯の遺構へ。
昭和45年頃まで稼働していたとのこと。最盛期にはこの10倍ぐらいの長さがあって登窯が山頂まで到達しておったらしいです。

20190616_123950_Canon_Canon PowerShot SX620 HS


20190616_124028_Canon_Canon PowerShot SX620 HS


20190616_124914_Canon_Canon PowerShot SX620 HS



登窯の隣の工房。

20190616_125250_Canon_Canon PowerShot SX620 HS


20190616_125254_Canon_Canon PowerShot SX620 HS


20190616_125548_Canon_Canon PowerShot SX620 HS


20190616_125652_Canon_Canon PowerShot SX620 HS



登窯の隣のカフェ。
貸し切り・・・。タイミング悪し・・・。

20190616_125902_Canon_Canon PowerShot SX620 HS


20190616_125918_Canon_Canon PowerShot SX620 HS



工房の後、資料館に行ったらおばちゃんがお茶出してくれました。
お茶飲んだ部屋からのショット。
資料館には私と同じような単身赴任のおっさんが来てて、私の名古屋宅からかなり近い場所に住んではるとのことでした。

20190616_131026_Canon_Canon PowerShot SX620 HS



焼き物の盛んな地域には焼き物で作った石垣みたいなんが結構な確率であります。常滑もそうでした。

20190616_133018_Canon_Canon PowerShot SX620 HS


20190616_133034_Canon_Canon PowerShot SX620 HS



洞地区には宝泉寺というけっこう立派なお寺があったり

20190616_133146_Canon_Canon PowerShot SX620 HS



猫がおったり・・・。

20190616_133218_Canon_Canon PowerShot SX620 HS



で、資料館のおばちゃん(年齢は70歳前後って感じでしょうか)とちょっとお話しました。
「どこから来たの?」と問われて、「名古屋市西区の浄心」と回答。
「車で来たの?」と問われて、「自転車で」と回答。
こういうケースで「自転車で」と回答すると、大体のおばちゃんは「ええっ!」とか言ってたいそう驚かれますが、片道30kmぐらいなので自転車に乗る人的には全然大した距離ではないのです。
で、瀬戸電の話になってちょっと盛り上がりました。
瀬戸電って現・名鉄瀬戸線なんですが、昔は名古屋城の外堀に線路を敷設して走っておったのです。
(当然、超昔の話なので私はそんな光景見たことないですし、名古屋に来て初めて知りました)
名古屋に来てこの事実を知った時は、城の堀に鉄道を走らせるって凄い発想やなぁとメチャ驚きました。
この瀬戸電ってのは瀬戸の陶器を運搬するために出来た鉄道なんです。終点は外堀の西の端っこの「堀川駅」。
そのすぐ前に「堀川」という運河があり、ここで瀬戸物を船に積み替えて、名古屋港まで運んで、国内の各所、また海外に輸出なんかもしておったそうです。
私、浄心から会社に自転車通勤する際に、この堀川の横を通ったり、旧堀川駅の真横に架かっている「景雲橋」を通ったりするんですが、おばちゃんも瀬戸の窯業に関わった人なのでしょう、このあたりのことはよくご存じみたいで、「あのあたり昔と全然変わっちゃったわねぇ。地下鉄が通って随分便利になって」みたいな会話をしておりました。

名古屋城の外堀の西の端。

20190616_170044_Canon_Canon PowerShot SX620 HS



そこにあった瀬戸電を説明するボード。

20190616_170100_Canon_Canon PowerShot SX620 HS



以下、愛知県庁のそばの外堀ですが、ここには堀にあった駅に下りる階段が瀬戸電の痕跡として残っています。

20190616_170232_Canon_Canon PowerShot SX620 HS



景雲橋&堀川。

20190616_170400_Canon_Canon PowerShot SX620 HS


20190616_170708_Canon_Canon PowerShot SX620 HS



そういうたら、今回、チャリで瀬戸から戻る際、千種区あたりで三輪のダイハツ・ミゼットに遭遇しました。
これ、相当に古い車両やと思いますが、凄く綺麗に整備されており、妙に感動してしまいました。

20190616_182404_Apple_iPhone 7



この日の走行距離は64kmぐらいでした。

半田から三河湾一周を考えたけど豊橋で断念
2019-03-21-Thu 22:10

3/2(土)、天気も良かったので、半田から自転車で出発してあわよくば三河湾一周しようと思いつつ結局、豊橋で断念しました。

走ったコースはこんな感じです。




朝、浄心からチャリで名古屋まで行って、そこから名鉄で輪行して知多半田まで。8:00少し前に到着。

20190302_075426_Apple_iPhone 7



ちょっと半田運河のあたりまで行って、ミツカン本社を眺めます。

20190302_080313_Apple_iPhone 7


20190302_080555_Apple_iPhone 7



ここからR247で知多半島の東岸を25kmほど南下して、半島の先端部分の師崎に向かいます。

やっぱり海はええなぁ。朝日でキラキラしとる。

20190302_091636_Panasonic_DMC-TZ30.jpg



9:45頃に師崎に到着。

師崎~伊良湖のフェリーは2014年に廃止されて、師崎から伊良湖には船では行けんと思ってたんですが、師崎から篠島を経由して伊良湖に行く高速船があって、それだとチャリを輪行袋に突っ込んだら乗れることが判明。

以下のフェリーは篠島・日間賀島に行くフェリーです。

20190302_095024_Apple_iPhone 7


20190302_095605_Apple_iPhone 7



これが、篠島経由、伊良湖行きのチケット。

20190302_100147_Apple_iPhone 7



この高速船で篠島に行きます。

20190302_101040_Apple_iPhone 7


20190302_101207_Apple_iPhone 7



高速船って初めて乗ったかも・・・。
デッキに出ると結構揺れるし寒い・・・。

20190302_101743_Apple_iPhone 7



で、ものの10分ぐらいで篠島に到着。

20190302_102508_Apple_iPhone 7



篠島の滞在時間10分ぐらいで、今度は渥美半島の先っぽの伊良湖に向かう高速船に乗り込みます。
さっきの高速船よりちょっと大きい感じ。

20190302_103453_Apple_iPhone 7


20190302_103642_Apple_iPhone 7



乗ってる時間は20分ぐらい。

スマホでGoogle MAPを見ると、全体が水色。

20190302_104011__.jpg



範囲を広げてみるとこんな感じ。もうすぐ伊良湖に着きます。
伊良湖から鳥羽が近いのもよくわかります。なのでこの区間はフェリーが運航してます。

20190302_104144__.jpg



で、11:00ぐらいに伊良湖に到着。

20190302_110131_Apple_iPhone 7



伊良湖にはこれまで何度か来ているのですが、何故か灯台にアクセスすることがなかったのです。
やっと灯台に来れました。

20190302_114401_Apple_iPhone 7



さあ、ここから渥美半島を東進します。

やっぱ、遠州灘はええなぁ。

20190302_115050_Panasonic_DMC-TZ30.jpg


20190302_120326_Panasonic_DMC-TZ30.jpg


20190302_120840_Panasonic_DMC-TZ30.jpg


20190302_120948_Panasonic_DMC-TZ30.jpg


20190302_121048_Panasonic_DMC-TZ30.jpg



伊良湖の高台から見たら黄色い菜の花まつりの会場が見えます。
満開の菜の花が見れそうです。

20190302_121122_Panasonic_DMC-TZ30.jpg



菜の花まつりの会場に到着。
早咲きの河津桜も咲いてました。
タイミングよくラッキーでした。天気も良かったし・・・。

20190302_123842_Apple_iPhone 7


20190302_124158_Panasonic_DMC-TZ30.jpg


20190302_124728_Panasonic_DMC-TZ30.jpg



菜の花まつりの会場を後にして、遠州灘沿いのサイクリングロードを走ります。
このサイクリングロード、ホンマ最高です。

20190302_131052_Panasonic_DMC-TZ30.jpg



はじめは三河湾一周なんてことも考えてたんですが、そんな気力も体力も時間もないので、豊橋から輪行で名古屋へ戻ろうかなぁって思い始めました。

で、Youtubeでおなじみのシライミュージックに寄ってみました。
豊橋にあるんですよね。
今回は店内に入って、シライ店長さんともお話しました。
その辺のことはまた別途・・・。

20190302_163648_Panasonic_DMC-TZ30.jpg



で、豊橋駅の近くに以前行ったことのあるジャズ喫茶があり、帰りに寄ろうと思ったけど店名が思い出せない。
で、「豊橋 ジャズ喫茶」でググったら、2018年3月末に店畳んではりました。ああ、残念!50年近く続いてた店なのに・・・。
平成まではもったけど、その次に時代には突入出来なかった・・・。

20190302_173108_Panasonic_DMC-TZ30.jpg



grotta(グロッタ)っていう店で、自分のブログを見たら2017年3月に初めて訪れてました。その時も菜の花を見た帰りでした。
以下、ブログより引用。

『夕方16時頃、客は私だけ。
すごいジャズ喫茶らしいジャズ喫茶でした。
すごい昭和な感じ。
いまどき、ジャズ喫茶でコーヒー一杯350円って、私が学生の時と同じような価格。
キース・ジャレットトリオのアルバム「Still Live」がかかってました。

帰りにマスターに「いつからやってはるんですか?」って訊いたら、「途中で改装はしたけど、47年やってます。改装前はもっとジャズ喫茶然としてたんですが」って。
今でも十分ジャズ喫茶然としてますけど・・・。
しかし、47年、ようもっとるなぁって思います。

タバコのヤニでネチャネチャになったレコードのビニール袋といい、徳用マッチといい、なんともええ感じでした。』

以下、その時の写真です。

Grotta01.jpg


Grotta02.jpg


Grotta03.jpg



で、豊橋から輪行で名古屋へ戻りました。
左がJR飯田線、右が名鉄。
また、青空フリーパスでも使って飯田線で何処か行けたらなどと思ってしまいました。

20190302_181408_Panasonic_DMC-TZ30.jpg

チャリで名古屋市内をうろうろ
2017-12-20-Wed 01:11

12/9(土)、久しぶりにチャリで名古屋市内をぶらぶらしました。

12時ぐらいにチャリで名古屋宅を出て、浄心駅の一つ北の庄内通駅近くのイオンへ買い物へ。

その途中、とっても気になる店を発見。
こんな店、前はなかったと思う・・・。
新しいのかなぁ?

20171209_122118_NIKON_COOLPIX S7000



Meson de la Guitarra Cordoba

20171209_122136_NIKON_COOLPIX S7000



Guitarraってスペイン語でギターみたいやし、看板がギターケースやし、ギターにゆかりのある店なんやろうか?
今度、行ってみんとあかんなぁ・・・。

20171209_122154_NIKON_COOLPIX S7000



このラーメン屋、こんなに並ぶんや。美味いんかなぁ?
名古屋宅のすぐそばなんですが・・・。
灯台下暗し。
ここも今度、行ってみんとあかんなぁ・・・。

20171209_122342_NIKON_COOLPIX S7000



イオンで買い物して一旦家に帰って荷物を置いて、14時ぐらいにリスタート。
今度は名古屋港を目指して南下。

いつもは名古屋港水族館のあたりに行くんですけど、今回はなんか血迷ってしまって、もっと南まで行ったれって名港中央大橋あたりまで走ってみたんですが、工場ばかりで殺風景で且つ海岸にもうまくアクセス出来ず、海も夕焼けも見れず。




今回、ちょっとだけ見れた海。

20171209_155856_NIKON_COOLPIX S7000



名港中央大橋と工場。

20171209_155918_NIKON_COOLPIX S7000



これは何の工場やろうか?

20171209_154912_NIKON_COOLPIX S7000


20171209_155240_NIKON_COOLPIX S7000



恐らくもう使われていないであろう引き込み線。

20171209_155206_NIKON_COOLPIX S7000





名古屋港水族館のあたりまで引き返そうと思ったんですが、iPhoneのGPSというか地図アプリというか、そのあたりがちゃんと機能せず、迷ってしまって日没で真っ暗け。トホホ。

ということで、すごすごと帰路につきました。

帰りにちょっと大須観音に寄って、

20171209_173548_NIKON_COOLPIX S7000


20171209_173652_NIKON_COOLPIX S7000



ちょっと栄に寄って、寒かったのでGUで安物のセーターを購入。

20171209_175456_NIKON_COOLPIX S7000



そういうたら伏見の御園座が綺麗になっとりました。上はマンションみたいです。

20171209_174710_NIKON_COOLPIX S7000



浄心の名古屋宅に戻る際、日銀前の歩道橋の上から名古屋駅方面のショット。

20171209_194028_NIKON_COOLPIX S7000



寒い中、結局50kmぐらい交通量の多い道を走っただけで、大した写真は撮れず。

寒かったんで、冷えのぼせみたいな感じになりました。
なんちゅうか、全然達成感が無く、ちょっと虚無感が漂うサイクリングでした。

爲三郎記念館
2017-06-27-Tue 23:44

6/9(金)、チャリで北名古屋市の昭和日常博物館へ行った後、爲三郎記念館に行ってきました。

日本ヘラルド映画を創業し、その後、約30社からなるヘラルドグループを築きあげた古川爲三郎は、収集していた美術品を公開するために平成3年に「古川美術館」を開館。

「わたくしが大好きなこの住まいを、みなさんの憩いの場として使っていただきたい」という遺志を受けて、平成7年から爲三郎の私邸が古川美術館の分館「爲三郎記念館」として公開されています。


北名古屋市から、庄内川を越えて、南東方向へ

20170609_134112_NIKON_COOLPIX S7000



地下鉄・池下駅から少し入った住宅街の中に「爲三郎記念館」はあります。

20170609_143146_NIKON_COOLPIX S7000


20170609_143550_NIKON_COOLPIX S7000



こういう入り口がありまして(実際は、この入り口の横にある別の入り口から入るのですが)

20170609_143614_NIKON_COOLPIX S7000



こういう屏風があって、

20170609_143944_NIKON_COOLPIX S7000



こういう部屋があり、

20170609_144112_NIKON_COOLPIX S7000


20170609_144142_NIKON_COOLPIX S7000



こんな廊下がありまして、

20170609_144230_NIKON_COOLPIX S7000


20170609_144258_NIKON_COOLPIX S7000



この部屋で、低い椅子に腰かけて庭を見ながら、

20170609_144502_NIKON_COOLPIX S7000



お茶を頂きます。このお茶と綺麗なお菓子がついて入館料は700円です。

20170609_145642_NIKON_COOLPIX S7000



お茶の後は、数寄屋造りの建物を外から見ながら庭をブラブラ。

20170609_154044_NIKON_COOLPIX S7000


20170609_154156_NIKON_COOLPIX S7000


20170609_154554_NIKON_COOLPIX S7000


20170609_154854_NIKON_COOLPIX S7000


20170609_154952_NIKON_COOLPIX S7000



こういうの、「つくばい」って言うんでしょうか。

20170609_155038_NIKON_COOLPIX S7000


20170609_155126_NIKON_COOLPIX S7000



カエルとか

20170609_155210_NIKON_COOLPIX S7000



祈ってる・・・。

20170609_155306_NIKON_COOLPIX S7000



一旦、中に入ってしまうと、ここが住宅街の中にあることを忘れてしまいそうですが、見上げると高層マンションが見えたりして、やっぱ池下の住宅街の中なんだと認識する訳です。

20170609_155920_NIKON_COOLPIX S7000



爲三郎記念館を後にして、名古屋城のお堀のところまで帰ってきたら、なんやろう、この雲は・・・って感じでした。

20170609_170010_NIKON_COOLPIX S7000



この日の走行距離は約40kmぐらいでした。
プロフィール

topcym

Author:topcym
1965(S40)年11月、大阪府吹田市の生まれ。現在は大阪府交野市に住む、中年サラリーマンのおっさんです。
趣味は、自転車とドラム。
自転車は「メタボやし、ちょっとは体を動かさんといかんなぁ」という一応、健康目的から2005年10月にクロスバイクを購入し、2009年06月にやっとこさロードバイクを購入しました。
ドラムは高校ぐらいから始めてるんでキャリアは長いですが、実力が全くついて来ずといった状況で現在に至っています。
ということで、趣味の自転車とかドラム(音楽)とかを中心にしながらも、特にそれらに拘らず、適当に思いついたことを書いていこうと思います。

カレンダー
09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
FC2カウンター
検索フォーム
リンク
月別アーカイブ
カテゴリ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる