「枚方が好きやんチャリ部」の皆さんと将軍塚~浜大津~宇治
2017-07-09-Sun 20:56

7/2(日)、「枚方が好きやんチャリ部」ってFacebookのグループの企画に参加させてもらって将軍塚~浜大津~宇治ってな感じで走ってきました。

朝8時に御幸橋の背割堤側に集合ってことだったんですが、ちょっと起きられるかなぁって感じもあり、事前に参加表明もせず、全く突然に集合場所に現れるという超テキトーさ。

20170702_073818_NIKON_COOLPIX S7000



皆さんとは全くの初対面なのに、初めぐらいちゃんと事前に参加表明せえよって話です。
すんません。m(_ _)m

私は基本いつも一人で走るんで、知り合いと走ることもほとんどなく、ましてや初対面の方と走るなんてホント初めてだったんです。
お誘いの文章に「ゆるゆる行きましょう」なんて書いてあったんで、思い切って参加したものの、ついていけるかなぁなんて不安もあったんですが、走ったことないコースを走ったり、行ったことのないところに行ける期待が勝ったって感じです。
当然、どんな方がいらしゃるのかなぁって不安と期待もあります。

皆さんとご挨拶して早速出発。
ますは桂川CRを北上。

20170702_080242_NIKON_COOLPIX S7000



京川橋のところから鴨川沿いコースに入ります。
こんな南の鴨川沿いを走ったのは初めてでした。

20170702_083226_NIKON_COOLPIX S7000



鴨川沿いを七条まで北上したら一般道に出て東進し、東山七条の交差点からまた北上。
ちなみに、この交差点のすぐ左側が、私がたまに行く京都国立博物館です。

20170702_083906_NIKON_COOLPIX S7000



ちょっと北上してすぐにまた東進して東山ドライブウェイに入って、東山山上公園(将軍塚)を目指します。

ゆるゆるとは書いてありましたが、ここからがかなり強烈な坂道。
勾配が10%を超える部分も結構ありましたが、なんとか足を付かずに登りきることができました。
一人で走ってたら絶対足付いてたと思いますが、一緒に走っている人の目もあるので、なんか意地になって登りきれた感じです。
こういうのが他の人と走るメリットの一つなんでしょうね。
勾配10%を超える坂ってここんとこ全然走ってなかったんで、もう汗ダクダクのヘロヘロでございました。体重落とさんとなぁ・・・。
ということで、登坂途中の写真は一切ありません。

で、将軍塚山上に到着。
ここでやっと写真。
曇ってたんでこんな感じです。
でも、京都市内が一望できます。
晴れてたらなぁ・・・。
将軍塚も初めてでございました。

20170702_090354_NIKON_COOLPIX S7000


20170702_090756_NIKON_COOLPIX S7000



この日ご一緒させて頂いた方々。
私を除いて、女性3名、男性3名。

20170702_090810_NIKON_COOLPIX S7000



将軍塚の後は、山科を経由して、京阪京津線と並走し、勾配61‰(パーミル)の逢坂の関を越えて浜大津へ。
これもこのブログでちょっと書きましたが、この61‰って勾配はアプト式とかの特殊な構造の列車を除くと、日本国内で普通の構造の電車で登る勾配としては最も急なものみたいです。全部タモリ倶楽部の受け売りです。
ということで、京津線って結構凄いんです。1車両のお値段は新幹線と同じぐらいらしいです。
写真は逢坂の関あたりで信号待ちしてるところ。

20170702_100248_NIKON_COOLPIX S7000



浜大津、久しぶりでした。

20170702_102002_NIKON_COOLPIX S7000


20170702_102005_NIKON_COOLPIX S7000



この日のメンバーの方の高級車両。

20170702_102056_NIKON_COOLPIX S7000


20170702_102102_NIKON_COOLPIX S7000



浜大津でちょっと休憩して、次は宇治を目指します。

20170702_103824_NIKON_COOLPIX S7000



浜大津から宇治へ移動する途中で石山寺近くの「茶丈藤村」って和菓子系のお店へ。

このお店、サイクリストの間では結構有名なお店みたいです。
(サイクルスタンドがあったりしますし・・・)
というのも、このお店の女性店主さん&女性店員さんはサイクリストで、ご両名なのかどちらか一方なのかはわかりませんが、かなり強力なヒルクライマーなんだそうです。
ご両名とも和装されていて、柔和な感じで、とてもそんな風には見えんのですが、でもそのようなんです。
へ~って感じでした。

20170702_110308_NIKON_COOLPIX S7000


20170702_110416_NIKON_COOLPIX S7000



いちごのかき氷を食って・・・。

20170702_112444_NIKON_COOLPIX S7000



サイクリストにはこんなオマケまで付き・・・。

20170702_112814_NIKON_COOLPIX S7000



「茶丈藤村」を後にして、あとは瀬田川~宇治川に沿ってr3を走て宇治まで。
ここはよく走ってる道です。

曽束大橋でパチリ。

20170702_122814_NIKON_COOLPIX S7000


20170702_122956_NIKON_COOLPIX S7000



宇治までは基本下り基調なんで楽ちんです。やっぱ、r3は良いなぁ。

20170702_123742_NIKON_COOLPIX S7000



宇治で昼飯食って、

20170702_133438_NIKON_COOLPIX S7000



あとは、淀川CRとかで自宅まで。
自宅の場所によって、このあたりからお別れする方もいらっしゃいます。

淀川CRを爆走する皆さん。
この日はいつもの向かい風が吹いてなかったのでラッキーでした。

20170702_153410_NIKON_COOLPIX S7000



枚方で土産のシュークリームを買って帰宅。

20170702_180750_NIKON_COOLPIX S7000



この日の走行距離、約106kmでした。
スポンサーサイト

爲三郎記念館
2017-06-27-Tue 23:44

6/9(金)、チャリで北名古屋市の昭和日常博物館へ行った後、爲三郎記念館に行ってきました。

日本ヘラルド映画を創業し、その後、約30社からなるヘラルドグループを築きあげた古川爲三郎は、収集していた美術品を公開するために平成3年に「古川美術館」を開館。

「わたくしが大好きなこの住まいを、みなさんの憩いの場として使っていただきたい」という遺志を受けて、平成7年から爲三郎の私邸が古川美術館の分館「爲三郎記念館」として公開されています。


北名古屋市から、庄内川を越えて、南東方向へ

20170609_134112_NIKON_COOLPIX S7000



地下鉄・池下駅から少し入った住宅街の中に「爲三郎記念館」はあります。

20170609_143146_NIKON_COOLPIX S7000


20170609_143550_NIKON_COOLPIX S7000



こういう入り口がありまして(実際は、この入り口の横にある別の入り口から入るのですが)

20170609_143614_NIKON_COOLPIX S7000



こういう屏風があって、

20170609_143944_NIKON_COOLPIX S7000



こういう部屋があり、

20170609_144112_NIKON_COOLPIX S7000


20170609_144142_NIKON_COOLPIX S7000



こんな廊下がありまして、

20170609_144230_NIKON_COOLPIX S7000


20170609_144258_NIKON_COOLPIX S7000



この部屋で、低い椅子に腰かけて庭を見ながら、

20170609_144502_NIKON_COOLPIX S7000



お茶を頂きます。このお茶と綺麗なお菓子がついて入館料は700円です。

20170609_145642_NIKON_COOLPIX S7000



お茶の後は、数寄屋造りの建物を外から見ながら庭をブラブラ。

20170609_154044_NIKON_COOLPIX S7000


20170609_154156_NIKON_COOLPIX S7000


20170609_154554_NIKON_COOLPIX S7000


20170609_154854_NIKON_COOLPIX S7000


20170609_154952_NIKON_COOLPIX S7000



こういうの、「つくばい」って言うんでしょうか。

20170609_155038_NIKON_COOLPIX S7000


20170609_155126_NIKON_COOLPIX S7000



カエルとか

20170609_155210_NIKON_COOLPIX S7000



祈ってる・・・。

20170609_155306_NIKON_COOLPIX S7000



一旦、中に入ってしまうと、ここが住宅街の中にあることを忘れてしまいそうですが、見上げると高層マンションが見えたりして、やっぱ池下の住宅街の中なんだと認識する訳です。

20170609_155920_NIKON_COOLPIX S7000



爲三郎記念館を後にして、名古屋城のお堀のところまで帰ってきたら、なんやろう、この雲は・・・って感じでした。

20170609_170010_NIKON_COOLPIX S7000



この日の走行距離は約40kmぐらいでした。

北名古屋市でモーニング食って昭和日常博物館へ
2017-06-25-Sun 23:28

6/9(金)、休暇を頂いて北名古屋市でモーニング食ってから、そのまま北名古屋市の昭和日常博物館へ行ってきました。

浄心からほぼ真北に北上すると北名古屋市に入ります。

20170609_101850_NIKON_COOLPIX S7000



名古屋芸大近くの「じょあん」って喫茶店でモーニング。
なかなか綺麗なお店です。

20170609_103414_NIKON_COOLPIX S7000


20170609_103832_NIKON_COOLPIX S7000



ここのモーニングもなかなか凄いです。
やっぱり、名古屋のモーニングは北上し岐阜に近づくにつれ、豪華になっていく感じがあります。
これで450円。安いですね。

20170609_104258_NIKON_COOLPIX S7000



「じょあん」から少し東進すると北名古屋市の昭和日常博物館に到着。
北名古屋市が運営していて入場無料です。
この建物の3Fが昭和日常博物館です。(下の写真は正面からのもの)

20170609_122054_NIKON_COOLPIX S7000


20170609_122124_NIKON_COOLPIX S7000



昔のバイクや自転車の整備屋さんとかでしょうか?

20170609_122446_NIKON_COOLPIX S7000


20170609_122658_NIKON_COOLPIX S7000



こっちは駄菓子やたばこを扱うお店。

20170609_123008_NIKON_COOLPIX S7000



私も20年前まではたばこを吸っていました。
チェリーってたばこ、ありましたわぁ。
私がたばこを吸ってた時代でも、チェリーはあまり吸ってる人のいないマイナーなたばこでした。

20170609_123248_NIKON_COOLPIX S7000



懐かしの看板達。

20170609_123510_NIKON_COOLPIX S7000


20170609_123528_NIKON_COOLPIX S7000


20170609_123546_NIKON_COOLPIX S7000


20170609_123640_NIKON_COOLPIX S7000



宅配の牛乳を入れる箱。

20170609_124034_NIKON_COOLPIX S7000



ビンに入ったヨーグルト。

20170609_124426_NIKON_COOLPIX S7000



松山容子さんのボンカレー。

20170609_124702_NIKON_COOLPIX S7000



今はもうNationalブランドも、SANYOブランドもなくなってしまった乾電池。

20170609_124904_NIKON_COOLPIX S7000



こういうアルミというかアルマイトというか、そういう弁当箱を使ってましたわ。

20170609_124256_NIKON_COOLPIX S7000



二槽式の洗濯機。

20170609_125256_NIKON_COOLPIX S7000



モノポリーに野球盤。

20170609_125350_NIKON_COOLPIX S7000



ダイヤモンドゲーム。

20170609_125424_NIKON_COOLPIX S7000



魚雷戦ゲームやったっけ?

20170609_125440_NIKON_COOLPIX S7000



カメラはデジカメとして残っていて見た目の感じは古いものも基本的な形は同じなのですが、

20170609_125558_NIKON_COOLPIX S7000



ラジオはそもそも巷で見かけることはもう全然なく、下の写真の古いものを見て「確かに昔こういうものがあったなぁ」ってな感じになっちゃってますよね。
オールナイトニッポンとかMBSヤングタウンとかの深夜放送をよう聞いたもんですが・・・。

20170609_125622_NIKON_COOLPIX S7000



今でも観光地ではこういったペナントなんかが売られていて、買った人もそれを部屋なんかに飾っていたりするんやろうか?

20170609_125654_NIKON_COOLPIX S7000



この赤い公衆電話、まだ現役で活躍してるケースなんてあるんやろうか?

20170609_125934_NIKON_COOLPIX S7000



昭和のこういった部屋を再現したのもありました。
こういう部屋、ありましたわぁ・・・。
テレビは映らんようになったら、とりあえずボディーをバンバン叩いたりしてました。

20170609_125106_NIKON_COOLPIX S7000


20170609_125752_NIKON_COOLPIX S7000



とにかく懐かしさ満載でした。

自分が昭和生まれの人間であることを改めて強く認識させられました。

石田姐さんの足跡を自転車で辿るツアー
2017-06-11-Sun 22:47

ここのところ大幅なバックデートの投稿ばかりですみません。
投稿が追いつかず・・・。

5/28(日)は、かつての同僚で(ほとんど仕事は一緒にしたことないけど)現在、浜松在住の石田姐さんの足跡を自転車で辿るツアーを敢行しました。
って別に大したツアーではなく、浜松在住の方なので当然、私よりははるかに静岡のことをよくご存じで、石田姐さんが静岡で行った場所がFacebookに投稿されるんで、そこを目指して行ってみようってツアー(一人だけど)な訳です。

静岡となるといつものようにまずは豊橋まで輪行でございます。
今回もいつもと同様に名鉄で。

20170528_074222_NIKON_COOLPIX S7000



で、豊橋の駅にJRの名古屋~豊橋の往復切符の広告が出てます。
(名鉄もJRも料金は往復で1,540円と同じ)
以前からそれは知ってたんですが、よう見てみたら「豊橋ゾーン(豊橋~豊川・二川)」ってなってます。
浜松方面に行くんだったら、二川(豊橋の一つ浜松側の駅)まで輪行できるJRの往復切符の方がお得だし時間の節約になることに今頃気づいた間抜けな私。
今度はJRの往復切符を買ってみようと心に誓った私でした。

20170528_074612_NIKON_COOLPIX S7000



で、豊橋で自転車を組み立ててスタート。

いつものルートで旧東海道を東進して二川宿を通過。
二川宿は古い日本家屋が多く巣が作りやすいのかやたらとツバメがおりました。
ヒナの写真をば。(この写真は日本家屋じゃないですけど)
可愛いなぁ~。

20170528_091632_NIKON_COOLPIX S7000



更に東進して潮見坂あたりの海岸へ行きます。
海が青くて美しい。

20170528_093826_NIKON_COOLPIX S7000


20170528_094600_NIKON_COOLPIX S7000



で、海岸は気分的にはすっかり夏ですって方がいっぱいおりました。
ここは車が海岸の真横につけられるので、サーフィンとかするのにかなり便利そうな感じです。

20170528_095302_NIKON_COOLPIX S7000



東側の浜名大橋を望む。このアングルだと凄い勾配があるように見えますね。実際はそんなことないんでしょうけど。

20170528_100012_NIKON_COOLPIX S7000



浜名湖上を通過。浜名湖は汽水湖なので潮の満ち引きの影響を受けます。
この日は遠州灘に向かって結構な勢いで水が流れて行ってました。

20170528_101914_NIKON_COOLPIX S7000



浜名湖を過ぎてどんどん東進しますと、こんな大きな広域農道みたいなのがあらわれます。
写真右側の林みたいなのの向こう側が遠州灘になります。

20170528_104848_NIKON_COOLPIX S7000



遠州灘って西は愛知県・渥美半島の伊良湖岬から東は静岡県の御前崎までの海域を指すそうです。
で、御前崎の近くに浜岡砂丘ってのがあるらしいんですがあまりにも遠いんで行かれへんなぁって思ってたら、浜松市の東の方に中田島砂丘ってのがあったんで行ってきました。
なんかやっぱ砂丘っぽかったです。(なんちゅう当たり前のコメント・・・)

20170528_110718_NIKON_COOLPIX S7000


20170528_111036_NIKON_COOLPIX S7000


20170528_112202_NIKON_COOLPIX S7000


20170528_113010_NIKON_COOLPIX S7000



この日の往路は軽くペダルを回すだけで貧脚のアタクシでも巡航速度が35kmになったりしました。
凄い追い風だったってことです。
ということは復路は凄い向い風ってことです。
恐ろしやぁ~。
遠州灘のあたりは凄く風が強い地域みたいです。
なので、風力発電のプロペラをよう見かける訳です。
大体、西から東に向けて吹いてるみたいです。
ちゅうことは疲れてる復路は向い風。トホホ。
写真は天竜川の河口部。遠州大橋上からのショット。

20170528_122500_NIKON_COOLPIX S7000



遠州大橋を渡ると磐田市に突入です。
ジュビロ磐田の磐田市です。生まれて初めて踏み入れました。

20170528_122644_NIKON_COOLPIX S7000



「太平洋岸自転車道」なんていう魅力的な名前のサイクリングロードがあったんですが、この日は時間的な余裕が無くそのサイクリングロードを走るのは断念しました。またいつか・・・。

20170528_125110_NIKON_COOLPIX S7000



この日の一つ目の目標地点は磐田市の福田漁港。

20170528_131210_NIKON_COOLPIX S7000


20170528_131302_NIKON_COOLPIX S7000



シラス丼を食いに行ったのですが、何と石田姐さんも釣りに来てはって偶然遭遇。
いや~、びっくり!こんな偶然があるんやぁ~。
一緒にシラス丼食いました。
この日は日曜日で漁がお休みで、獲れたての生シラスはなかったんですが、石田姐さんが解凍した生シラスを買ってて、釜あげシラス丼に解凍生シラスもトッピングしてくれはりました。

20170528_134002_NIKON_COOLPIX S7000


20170528_134042_NIKON_COOLPIX S7000



石田姐さんの後ろ姿。

20170528_134028_NIKON_COOLPIX S7000



昼飯の後、近況などベラベラ喋って、石田姐さんは釣りへ、アタクシは更に東進して袋井市へ向かったのでした。


袋井市に向かったのは二つ目の目標地点の名倉メロン農場に行くためです。

麦畑と

20170528_145428_NIKON_COOLPIX S7000


20170528_145448_NIKON_COOLPIX S7000



静岡県なだけに茶畑も

20170528_145556_NIKON_COOLPIX S7000



名倉メロン農場に到着。

20170528_151542_NIKON_COOLPIX S7000



メロンパフェをいただきました。

20170528_153246_NIKON_COOLPIX S7000



名倉メロン農場を後にし、さあ、向かい風の復路やぁ。

結果的にJR磐田駅で力尽きました。
後は輪行です。

20170528_171754_NIKON_COOLPIX S7000



JRで磐田から浜松まで輪行し、せっかくなんでジャズ喫茶「トゥルネ・ラ・パージュ」に寄りました。
オーディオのことは全然ようわからんのですが、この店のスピーカーシステムが、アバンギャルド社製で1,000万円超ってことだけぼんやり知ってます。
音はもの凄~く生々しいです。私は好きな音です。
私が今まで行ったジャズ喫茶の中でも屈指の音だと思います。

20170528_181404_NIKON_COOLPIX S7000



で、Michael HedgesのAerial Boundariesってアコギのアルバムがかかってて、とても良かったです。
私、Michael Hedgesってほとんど聴いたことなかったんでとても新鮮でした。
1997年に43歳の若さで交通事故で亡くなってるんですね。残念!

20170528_181602_NIKON_COOLPIX S7000



ジャズ喫茶「トゥルネ・ラ・パージュ」の後は、JRで浜松~豊橋、名鉄で豊橋~名鉄名古屋 と輪行。


この日の走行距離は90kmぐらいでした。

サプライズもあり、なんちゅうか盛りだくさんな一日でした。

可児のジャズ喫茶「ヤードバード」に行く途中に多治見のモザイクタイルミュージアムへ
2017-06-10-Sat 23:12

5/27(土)、可児のジャズ喫茶「ヤードバード」に行く途中に、予定外に多治見のモザイクタイルミュージアムへ行ってきました。

可児に行くには、庄内川(岐阜県に入ったら土岐川)に沿って多治見まで走って、多治見から北上するって感じ。

天気も良くて庄内川沿いを気持ちよく快走。
水が綺麗。

20170527_083330_NIKON_COOLPIX S7000



こういうモフモフの植物がそこかしこに。名前はわかりません。

20170527_083430_NIKON_COOLPIX S7000



河川敷にはや堤にはこういう黄色い花も盛大に咲いてました、こっちも名前はわかりません。

20170527_083944_NIKON_COOLPIX S7000


20170527_084218_NIKON_COOLPIX S7000



庄内川といえばお決まりの定光寺駅。町中からちょっと走っただけで秘境感満載。
旧山陰本線、現トロッコ嵯峨野鉄道の保津峡とよう似てます。

20170527_092946_NIKON_COOLPIX S7000


20170527_093150_NIKON_COOLPIX S7000



で、定光寺駅にあがる長い階段の下まで来た時の事。
柴犬を連れたおばはんが会話していて、その柴犬の名前が「スズメ」であることを知りました。柴犬の名前が「スズメ」って斬新過ぎるぅ。哺乳類と鳥類の間を軽々と越えとるぅ。
どうでもいい話ですんません。

20170527_093616_NIKON_COOLPIX S7000



更に庄内川沿いを走って、多治見市に入ります。

20170527_094512_NIKON_COOLPIX S7000



多治見市に入ると「モザイクタイルミュージアム」って標識が出てました。
たまたま数日前に竹下景子さんがTVの「遠くへ行きたい」でモザイクタイルミュージアムに行ってはるのを見てまして、可児とは反対方向(南)やけど行ってみよかって感じで相変わらずテキトーな私。

で、モザイクタイルミュージアムに到着
ご存知のとおり多治見は陶器の町でして(最近は気温が異様に高い町って印象の方が強いかもしれませんが)、だからモザイクタイルミュージアムって訳です。
最近はあんまりタイルって見なくなったんで、えらい懐かしい気分になりました。
オシャレなんもありました。

20170527_105542_NIKON_COOLPIX S7000



面白い形の建物です。
空が青くてよかったぁ~。

20170527_105602_NIKON_COOLPIX S7000



この小っちゃい入り口から入ります。

20170527_105636_NIKON_COOLPIX S7000



まず、最上階の4Fにこの階段であがります。

20170527_110112_NIKON_COOLPIX S7000



4Fが一番いいです。

20170527_110202_NIKON_COOLPIX S7000



屋根に丸い穴が開いてます。
私が見たときは、ガラスとかは入ってませんでした。

20170527_110240_NIKON_COOLPIX S7000



壁面にいろんなタイルが。

20170527_110526_NIKON_COOLPIX S7000


20170527_110652_NIKON_COOLPIX S7000


20170527_110724_NIKON_COOLPIX S7000


20170527_111102_NIKON_COOLPIX S7000


20170527_111228_NIKON_COOLPIX S7000



こういうのもありました。

20170527_111528_NIKON_COOLPIX S7000


20170527_111640_NIKON_COOLPIX S7000


20170527_111748_NIKON_COOLPIX S7000



このテーブルの金魚もよいなぁ。

20170527_112300_NIKON_COOLPIX S7000


20170527_112320_NIKON_COOLPIX S7000



モザイクタイルミュージアムを後にして、可児へ向かってひたすら北上。

可児のジャズ喫茶「ヤードバード」に到着。
ジャズ喫茶の詳細はまた別途。

20170527_131254_NIKON_COOLPIX S7000



帰りも庄内川沿いで。

20170527_162434_NIKON_COOLPIX S7000


20170527_162502_NIKON_COOLPIX S7000



帰りもモフノフの植物がそこかしこに。

20170527_173230_NIKON_COOLPIX S7000



この日の走行距離は約102kmぐらいでした。
プロフィール

topcym

Author:topcym
1965(S40)年11月、大阪府吹田市の生まれ。現在は大阪府交野市に住む、中年サラリーマンのおっさんです。
趣味は、自転車とドラム。
自転車は「メタボやし、ちょっとは体を動かさんといかんなぁ」という一応、健康目的から2005年10月にクロスバイクを購入し、2009年06月にやっとこさロードバイクを購入しました。
ドラムは高校ぐらいから始めてるんでキャリアは長いですが、実力が全くついて来ずといった状況で現在に至っています。
ということで、趣味の自転車とかドラム(音楽)とかを中心にしながらも、特にそれらに拘らず、適当に思いついたことを書いていこうと思います。

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
FC2カウンター
検索フォーム
リンク
月別アーカイブ
カテゴリ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる