亀山~青土(おおづち)ダム~四日市
2018-01-21-Sun 16:03

1/20(土)、輪行で亀山まで行ってから、亀山~青土(おおづち)ダム~四日市 と走ってきました。

朝から風呂に入って名古屋宅の片づけをしていたので、名古屋宅出発は10:00頃と出遅れてしまいました。

名古屋駅で駅員さんに「亀山駅って交通カード使えますか?」って訊いたら、関西本線の四日市以西は交通カードが使えないとのことで久しぶりに券売機で切符を買いました。

20180120_105543_Apple_iPhone 7



11:05名古屋発の快速に乗って、輪行で亀山へ。

20180120_110226_Apple_iPhone 7



12:09亀山着。

20180120_121232_Apple_iPhone 7



自転車を輪行袋から出して、12:30頃、サイクリングスタート。

20180120_122028_Apple_iPhone 7



とにかく、R1をひたすら西進というか北西進します。

鈴鹿峠をどんどん上ります。
峠越えなんて超久しぶりですが、そんなに勾配はきつくなかったので、まあ、なんとかなりました。

20180120_134114_Apple_iPhone 7



鈴鹿峠のてっぺん、鈴鹿トンネルです。

20180120_134726_Apple_iPhone 7



トンネルを抜けると滋賀県甲賀市だった。

20180120_135105_Apple_iPhone 7



最後の5kmぐらいは、滋賀県道のr9を走ります。

途中、凄くご神木が立派な小さな神社がありました。

20180120_142536_NIKON_COOLPIX S7000


20180120_142554_NIKON_COOLPIX S7000



14:30頃に青土(おおづち)ダムに到着。

20180120_143950_NIKON_COOLPIX S7000



ダム湖全景。

20180120_144004_Apple_iPhone 7



このダムはダム湖から水が流れ出るところがすり鉢みたいになっとってかなり変わってます。
こういう構造のダムは日本にここしか無いようです。

ここんところあんまり雨が降ってないんで、流れ出る水の量が少なめですが・・・。
水量の多い時期は、豪快に水がこの「ダムの穴」に吸い込まれてまして、自分もいっしょに吸い込まれそうな感覚になるそうです。
今回のこの程度の量でも、ちょっと普通のダムとは違う感覚がありました。
まあ、とにかく一回実物が見てみたかったので満足しております。

20180120_144112_NIKON_COOLPIX S7000


20180120_144734_NIKON_COOLPIX S7000



目的達成。
まだ、日が短いので、とっとと引き返します。

往路の方は上り区間は長かったので、復路は下り基調です。
鈴鹿トンネルを抜けた後は、R1をどんどこ下ります。

20180120_154552_Apple_iPhone 7


20180120_155227_Apple_iPhone 7



亀山駅の少し手前に関宿があったので、ちょっとだけうろうろ。

20180120_160544_NIKON_COOLPIX S7000


20180120_161125_Apple_iPhone 7



郵便ポストの上に犬がおりました。

20180120_161218_NIKON_COOLPIX S7000



復路は下り基調ということで、想定より早い16:50ぐらいに亀山駅に着いたので、距離を伸ばそうと四日市駅まで走りました。
途中で日没し夜のR1を爆走(って全然速くないけど)しました。
やっぱり夜間走行は怖いですけど、R1は路肩の幅もそれなりにあるし、照明もそれなりにあるし、車が多い分、そのヘッドライトで結構明るいし、比較的走りやすい道やと思います。
とはいえ、夜間走行はやっぱり極力避けたいですけど・・・。

20180120_175121_Apple_iPhone 7



19時ちょっと前にJR四日市駅に到着。

20180120_191425_Apple_iPhone 7



何故か19時台は名古屋行きの電車が19:39の1本しかなく、結果的に40分ほど待ちました。

20180120_192441_Apple_iPhone 7



コンビナートのそばだけあって、JR四日市駅にはこういうタンク的な貨物列車がいつも停まってます。

20180120_193846_Apple_iPhone 7



19:39発の普通電車に乗って、名古屋には20:23到着。

20180120_205148_Apple_iPhone 7



この日の走行距離、88kmぐらい。

久しぶりに峠越えして、ちゃんとしたサイクリングをしたって気分でした。
スポンサーサイト

超久しぶりにSirrus号で、超久しぶりにジャズ喫茶YAMATOYAへ
2018-01-08-Mon 02:36

1/2(火)、超久しぶりにSirrus号で、超久しぶりにジャズ喫茶YAMATOYAへ行ってきました。

淀川CRを走るのも凄く久しぶりです。
天気が良くて気持ちええなぁ~。

20180102_115144_NIKON_COOLPIX S7000



と思いながら走ってたら、淀川河川敷の木がむっちゃ切られてる。
どういう事情かわかりませんが、なんか悲しい。
大きな木が結構たくさんあってちょっとした森というか林というかそういう趣きだったんですけどね。
なんとか残すことは出来なかったのかなぁって思ってしまい残念です。
もしかしたら台風の影響もあるんかもしれません。
既に木が倒れちゃってたりしてたとか、今度台風が来た際に木が増水時の妨げにならんためにとか・・・。
ただ、この辺ってもともと鳥獣保護区で鳥とかいっぱいおったんです。
バードウォッチャーの方とかよういはった場所なんですけどね。
まあ、結局、人間の都合で状況は変わっていくっちゅことですねぇ。
しかし、何とも痛々しい風景・・・。

20180102_115241_Apple_iPhone 7


20180102_115341_Apple_iPhone 7


20180102_120812_NIKON_COOLPIX S7000


20180102_120914_NIKON_COOLPIX S7000



この日は淀川CR~桂川CR~鴨川沿い~京都市内と走りました。

鴨川にて。たぶん、オオバンって鳥かなぁ。

20180102_132036_NIKON_COOLPIX S7000



京都聖護院のYAMATOYAって老舗ジャズ喫茶。
1/2から営業してはりました。

20180102_141754_NIKON_COOLPIX S7000


20180102_142118_NIKON_COOLPIX S7000


20180102_142846_NIKON_COOLPIX S7000


20180102_143346_NIKON_COOLPIX S7000


20180102_143408_NIKON_COOLPIX S7000



エリック・ドルフィーがかかってました。
このアルバム、もうどれぐらい前に聴いたか記憶ごさいません。

20180102_143906_NIKON_COOLPIX S7000



これ、なんか訳わからんけど凄かった。
上原ひろみってやっぱスゲー。
ちゃんと聞いてみんとアカンなぁって思いました。

20180102_152258_NIKON_COOLPIX S7000



復路は来た道をそのまま引き返す感じ。
京都市内~鴨川沿い~桂川CR~淀川CR
復路でテキトーに夕日をばパシャパシャと。
関西医大横に到着する前に日没しちゃいました。

20180102_162542_NIKON_COOLPIX S7000


20180102_163746_NIKON_COOLPIX S7000


20180102_164804_NIKON_COOLPIX S7000


20180102_172342_NIKON_COOLPIX S7000


20180102_172952_NIKON_COOLPIX S7000



スーパームーンって言うんでしょうか・・・。
それに貧弱なコンデジのデジタルズームも交えた最大倍率で挑むアタクシ。
もうめちゃブレるブレる。腕がプルプルなる中、気合で撮りました。

20180102_180838_NIKON_COOLPIX S7000



久しぶりにクロスバイクに乗りましたが、サイクルジャージとかじゃなく普段着で気楽な感じでええもんやなぁと・・・。

走行距離は約70kmでした。

チャリで名古屋市内をうろうろ
2017-12-20-Wed 01:11

12/9(土)、久しぶりにチャリで名古屋市内をぶらぶらしました。

12時ぐらいにチャリで名古屋宅を出て、浄心駅の一つ北の庄内通駅近くのイオンへ買い物へ。

その途中、とっても気になる店を発見。
こんな店、前はなかったと思う・・・。
新しいのかなぁ?

20171209_122118_NIKON_COOLPIX S7000



Meson de la Guitarra Cordoba

20171209_122136_NIKON_COOLPIX S7000



Guitarraってスペイン語でギターみたいやし、看板がギターケースやし、ギターにゆかりのある店なんやろうか?
今度、行ってみんとあかんなぁ・・・。

20171209_122154_NIKON_COOLPIX S7000



このラーメン屋、こんなに並ぶんや。美味いんかなぁ?
名古屋宅のすぐそばなんですが・・・。
灯台下暗し。
ここも今度、行ってみんとあかんなぁ・・・。

20171209_122342_NIKON_COOLPIX S7000



イオンで買い物して一旦家に帰って荷物を置いて、14時ぐらいにリスタート。
今度は名古屋港を目指して南下。

いつもは名古屋港水族館のあたりに行くんですけど、今回はなんか血迷ってしまって、もっと南まで行ったれって名港中央大橋あたりまで走ってみたんですが、工場ばかりで殺風景で且つ海岸にもうまくアクセス出来ず、海も夕焼けも見れず。




今回、ちょっとだけ見れた海。

20171209_155856_NIKON_COOLPIX S7000



名港中央大橋と工場。

20171209_155918_NIKON_COOLPIX S7000



これは何の工場やろうか?

20171209_154912_NIKON_COOLPIX S7000


20171209_155240_NIKON_COOLPIX S7000



恐らくもう使われていないであろう引き込み線。

20171209_155206_NIKON_COOLPIX S7000





名古屋港水族館のあたりまで引き返そうと思ったんですが、iPhoneのGPSというか地図アプリというか、そのあたりがちゃんと機能せず、迷ってしまって日没で真っ暗け。トホホ。

ということで、すごすごと帰路につきました。

帰りにちょっと大須観音に寄って、

20171209_173548_NIKON_COOLPIX S7000


20171209_173652_NIKON_COOLPIX S7000



ちょっと栄に寄って、寒かったのでGUで安物のセーターを購入。

20171209_175456_NIKON_COOLPIX S7000



そういうたら伏見の御園座が綺麗になっとりました。上はマンションみたいです。

20171209_174710_NIKON_COOLPIX S7000



浄心の名古屋宅に戻る際、日銀前の歩道橋の上から名古屋駅方面のショット。

20171209_194028_NIKON_COOLPIX S7000



寒い中、結局50kmぐらい交通量の多い道を走っただけで、大した写真は撮れず。

寒かったんで、冷えのぼせみたいな感じになりました。
なんちゅうか、全然達成感が無く、ちょっと虚無感が漂うサイクリングでした。

鈴鹿側から伊勢湾を眺めて、四日市のコンビナートの夜景をば
2017-12-04-Mon 01:03

またまたバックデートです。m(_ _)m
11/25(土)、鈴鹿側から伊勢湾を眺めて、その後、四日市のコンビナートの夜景を撮ってきました。

相変わらず、写真が多いですが、おっさんの小旅行の絵日記的なブログですので、ご容赦下さいませ。

名古屋から四日市までの道はメチャ車が多くて危ないし、景色も良くないので、まずはJR関西本線で名古屋から輪行。
11時過ぎの電車に乗ります。
しかし、名古屋市と三重県最大の30万人を擁する都市である四日市市を結ぶ快速がたったの2両編成というのはちょっと驚きました。

20171125_110300_NIKON_COOLPIX S7000



名古屋から三重県方面へ行く場合は名鉄じゃなくて、近鉄と並走することになります。

20171125_111014_NIKON_COOLPIX S7000



12時頃、JR四日市に到着。
四日市って思ってたよりずっと地味な駅でした。
どうも街の中心は西側(内陸側)にある近鉄四日市駅みたいで、海側のJR四日市駅はコンビナートの物流なんかも担ってる駅みたいで、ちょっと寂しい感じの駅でした。

20171125_114338_NIKON_COOLPIX S7000


20171125_114732_NIKON_COOLPIX S7000


20171125_114800_NIKON_COOLPIX S7000



そういうたら、JR四日市から伊勢鉄道ってのが走ってました。1両のみの気動車です。
東海地方に来てこういう三セクの鉄道をあちこちで目にします。

20171125_114514_NIKON_COOLPIX S7000



嫁はんに作ってもらった輪行用の結束ベルトが凄く便利でした。
これでパッキングにかかる時間が大幅削減。
左が従来のもの。右が嫁はんが作ってくれたもの。
こういう部品って、手芸屋さんに売ってるんですね。
嫁はんに教えてもらって初めて知りました。

20171125_115822_NIKON_COOLPIX S7000



四日市のコンビナートの夜景を撮るまでには時間があるので、まずは鈴鹿市まで南下して海岸沿いから伊勢湾を眺めることに。
実はこの日の出発前、鈴鹿側から伊勢湾を見るか、知多半島側から伊勢湾を見るか迷ったたんですが、結局、鈴鹿側を選択した訳です。
鈴鹿側でも伊勢湾の真横を走れることは、2014年9月に名古屋から伊勢神宮まで走った際に確認済み。
その時の記事はこれ。

やっぱ海をボーっと眺めるのはいいものですねぇ。

20171125_124730_NIKON_COOLPIX S7000


20171125_130654_NIKON_COOLPIX S7000


20171125_130736_NIKON_COOLPIX S7000


20171125_130818_NIKON_COOLPIX S7000


20171125_130916_NIKON_COOLPIX S7000



そういうたら、海岸にネコがおりまして、催されまして、その後ちゃんと砂の中に埋めてはりました。
事後処理に余念なしって感じでした。

20171125_134924_NIKON_COOLPIX S7000


20171125_135118_NIKON_COOLPIX S7000



ゆっくり伊勢湾を眺めたので、次は北上して四日市港あたりをうろうろしてみました。

太平洋セメントの工場まで専用の引込み線があって貨物列車が走ってました。
この列車のタンクの中にはやっぱセメントが入ってるんやろうか?

20171125_145640_NIKON_COOLPIX S7000


20171125_145844_NIKON_COOLPIX S7000


20171125_150008_NIKON_COOLPIX S7000



四日市港はなんちゅうか非日常って感じの場所でした。

20171125_150248_NIKON_COOLPIX S7000


20171125_152206_NIKON_COOLPIX S7000


20171125_150802_NIKON_COOLPIX S7000


20171125_150304_NIKON_COOLPIX S7000



ぼちぼちええ時間になってきたので、まずはJR四日市駅より更に北の四日市港ポートビル「うみてらす14」の展望室からコンビナートを撮影してから、南下しながら、霞ヶ浦緑地、大正橋で撮影し、JR四日市駅に戻るというルートにしました。

ということで、四日市港ポートビル「うみてらす14」の展望室へ向かいますが、その手前で夕日をば。
※そういうたら、四日市港ポートビル自体は撮影し忘れました。

20171125_162636_NIKON_COOLPIX S7000



で、展望室からの西の空。

20171125_164032_NIKON_COOLPIX S7000



展望室に夜景を撮りに来ている皆さん、凄いカメラやレンズにちゃんとした三脚に暗幕とかも使って撮ってはります。
カメラ女子も結構います。手前の暗幕をかぶってはるのも女性です。

20171125_165352_NIKON_COOLPIX S7000



後方の光などがガラスの映り込み、それが写真に写ってしまうので、それを防ぐために暗幕を使うなんてこと初めて知りました。
ということで、私も上着を暗幕代わりに使用し、安もんコンデジと100均の超テキトー三脚という極めて貧弱な装備で勝負。
たぶんフル装備の皆様とは全然勝負になってないと思うけど・・・。
上着を暗幕代わりに使用していると、なんちゅうか二人羽織をやってるような気分になりましたわ。

20171125_165413_Apple_iPhone 7



光量の少ない夜景、望遠での撮影となると、手ブレの影響がもの凄く大きく出ます。
なので、三脚は必須になります。
更にレンズや、望遠の倍率等、今回はさすがにお手軽コンデジの限界を強く感じました。

まあ、そんな中でなんとか撮影したのが以下になります。
ここが四日市で最大のコンビナートになります。

20171125_172226_NIKON_COOLPIX S7000


20171125_172244_NIKON_COOLPIX S7000


20171125_172404_NIKON_COOLPIX S7000


20171125_172712_NIKON_COOLPIX S7000


20171125_173642_NIKON_COOLPIX S7000



その後、南下して四日市ドーム横の霞ヶ浦緑地あたりで撮影。

20171125_192628_NIKON_COOLPIX S7000



更に南下して大正橋近辺で撮影。

20171125_194626_NIKON_COOLPIX S7000



この日もなかなか盛りだくさんな一日でした。

走行距離は約60kmでした。

二川~潮見坂~浜松
2017-09-15-Fri 18:17

9/9(土)、天気も良さそうだったので名古屋に留まり、輪行を絡めて二川~潮見坂~浜松と走ってきました。

前日の9/8(金)の深夜(実際は9/9(土)なんですが)、翌日のサイクリングのためにタイヤに空気入れてから寝ようと思ったら、スローパンクしとる。
それも面倒くさい後輪。トホホ。
夜中にチューブ交換しましたよ。

20170909_023017_Apple_iPhone 7



水につけて調べてみたら、赤丸のバルブとチューブの接合部から結構盛大に漏れてました。
Facebook上で知人曰く「赤丸の上のネジを締め過ぎるとこういうことが起こる」とのことでした。へ~。

20170909_023502_NIKON_COOLPIX S7000



ということで寝るのが遅くなっちゃいましたが、気を取り直して翌朝、浄心のマンションを8時過ぎに出てまずはチャリでJR名古屋駅まで。

今回は初めてJRの名古屋〜豊橋の往復切符を買ってみました。
名鉄と同額の1,540円。(JRも名鉄も平日はもうちょっと高いです)
有効期間は名鉄が翌月一日までと凄く長いんですが、JRは当日のみ。
でも、JRは豊橋の一つ先の二川まで行けます。
チャリで浜松方面に行く場合、豊橋~二川間の交通量が多くてごちゃごちゃした街中を走らんですむんで今回はJRにしてみました。
今回走った結果、輪行するなら断然JRの方が楽でよかったです。

20170909_083017_Apple_iPhone 7



今回、同じ車両に輪行してはる人がいたんですが、その人の輪行袋は前後輪両方とも外すタイプ。
ちょっとパッキングに手間は掛かるでしょうが、大きさはかなりコンパクトです。
Facebookを見た自転車屋さんの大将が「ヘルメットの紐で自転車を固定するところがツウ」とのご発言。
ちなみに輪行袋の右の座席に座ってはる人が持ち主。

20170909_083517_Apple_iPhone 7



蒲郡で乗り換えて、10:30頃に二川駅に到着。
豊橋から一つ先に行くだけで、駅に人も少なくて輪行するには凄い楽です。

20170909_104302_NIKON_COOLPIX S7000



いつものようにまずは旧東海道の二川宿を走ります。

20170909_104930_Apple_iPhone 7



この紺色の暖簾があっちこっちに掛かってます。

20170909_105424_NIKON_COOLPIX S7000



R1を東進して静岡県に突入。

20170909_111216_NIKON_COOLPIX S7000



坂を上がったてっぺんから遠州灘を望む。
思ってたより雲が多い・・・。

20170909_111618_NIKON_COOLPIX S7000



潮見坂の道の駅で休憩。
静岡も茶所ですので、抹茶ソフトって、まあ抹茶ソフトなんて日本中どこにでもありますけど・・・。
この日のソフトはなんかめったやたらに溶けるのが早く手がベトベトになりましたわ。

20170909_113017_Apple_iPhone 7



太陽光発電で沸かした足湯に入ります。これが結構熱い・・・。
まあ、気持ちはよいです。
この日はサイクリングウエアではなく、半パンジーンズにTシャツっていうポタリングモードでした。

20170909_113517_Apple_iPhone 7



で、海岸へ。

20170909_121648_NIKON_COOLPIX S7000



晴れてるんだけど、快晴って訳でもなく・・・。

20170909_122000_NIKON_COOLPIX S7000



いつものようにサーフィンの人。

20170909_122752_NIKON_COOLPIX S7000



そんでもってこのところ琵琶湖でも目撃したんですが、サーフボードの上に立ってオールで漕いでる人がいたりします。
さっきネットで調べてみたら、「スタンドアップパドル・サーフィン」とか「スタンドアップパドル・ボーティング」とか言うらしい。
なんか見たままやん、何のひねりも無いやんってネーミング。
まあ、分かりやすくてええです。

20170909_122852_NIKON_COOLPIX S7000



そんでもって釣りの人。釣り人も絵になるなぁ・・・。

20170909_122930_NIKON_COOLPIX S7000



それから鳥さん。なんちゅう鳥かはわかりません。

20170909_123010_NIKON_COOLPIX S7000



潮見坂を後にして、浜名湖をを越えて東進し浜松へ。

10/14~22のハママツ・ジャズ・ウィークの宣伝。
ちょっと調べたら結構有料のイベントが多いみたい。
高槻ジャズストリートとかはほとんど無料なんですけどね。
きっと、ヤマハとか浜松の楽器メーカーもバックアップしてるんでしょうね。

20170909_141036_NIKON_COOLPIX S7000



で、もうルーティン化してますが、浜松まできたらこのジャズ喫緊「トゥルネ・ラ・パージュ」。
何べん来ても名前が覚えられん・・・。
そういうたらこのジャズ喫茶でもハママツ・ジャズ・ウィークのイベントやるみたいです。

20170909_141517_Apple_iPhone 7



入り口はホント普通の喫茶店みたいな感じなんですけどね。

20170909_141904_NIKON_COOLPIX S7000



内部はちょっと異次元空間。
ここのアヴァンギャルド社製の超高級スピーカーシステム(1,800万円するらしい)はアタクシのポンコツ耳でも音がええのがようわかります。
人によっていろいろと好みはあると思いますが、私が今まで行ったジャズ喫茶の中では、私的にはここの音がやっぱ圧倒的によいと思います。

20170909_143308_NIKON_COOLPIX S7000



今回ディスプレイされてたレコードは全部ブルーノートレーベルのような。

20170909_143434_NIKON_COOLPIX S7000



ここは、コーヒーも紅茶も、こういうポットで出てきます。
3杯分ぐらい入ってて700~800円ぐらいなんで、結構、お得。
「ちょっと長居してもええよ」って意思表示のような気もして、気分的にゆっくり聴ける感じもあり・・・。
とてもええ感じのお店です。
そういういたら複数名いる店員さんは全員女性。店主も女性。
このあたりも一般的なジャズ喫茶とは違ってて、超高級オーディオがあるにもかかわらず敷居の高さを感じさせないんですかね。

20170909_143752_NIKON_COOLPIX S7000



で、30年前のスイングジャーナルがディスプレイされてました。ちょうど私が大学行っとったころです。
ウィントン・マルサリスの若いこと。

20170909_152254_NIKON_COOLPIX S7000



ジャズ喫茶の面白さとして、聴いたことのない音源を耳にすることってのがあります。
私はいろんなことに対して全然アンテナを張れてない人なので、新しいミュージシャンとかも全然知らんのです。
なので、ジャズ喫茶で初めての音源なんかに触れて、おースゲーなんてことになることも結構あり・・・。
今回は、キルギス共和国出身のエルダー・ジャンギロフ(Eldar Djangirov)ってピアニストの以下のアルバムが掛かってました。
すんごいプレーでした。
世の中すんごい人が次から次から出てきますな。
この人のことはまた別途。

51wtQZm1q_L.jpg



ジャズ喫茶を後にして、来た道を引き返します。

綺麗な夕焼けを期待したんですが、天気アプリによると西側にゲリラ豪雨的な雲が出てきて夕焼けは全然見えませんでした。

20170909_174738_NIKON_COOLPIX S7000



二川駅に戻って輪行で名古屋駅まで。

名古屋駅には20時前に到着。

20170909_195808_NIKON_COOLPIX S7000



この日の走行距離は約76kmでした。

もうちょっと雲が少なかったらなぁ~。

まあ、でもジャズ喫茶でゆったりできましたし、よい一日でした。
プロフィール

topcym

Author:topcym
1965(S40)年11月、大阪府吹田市の生まれ。現在は大阪府交野市に住む、中年サラリーマンのおっさんです。
趣味は、自転車とドラム。
自転車は「メタボやし、ちょっとは体を動かさんといかんなぁ」という一応、健康目的から2005年10月にクロスバイクを購入し、2009年06月にやっとこさロードバイクを購入しました。
ドラムは高校ぐらいから始めてるんでキャリアは長いですが、実力が全くついて来ずといった状況で現在に至っています。
ということで、趣味の自転車とかドラム(音楽)とかを中心にしながらも、特にそれらに拘らず、適当に思いついたことを書いていこうと思います。

カレンダー
01 | 2018/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
FC2カウンター
検索フォーム
リンク
月別アーカイブ
カテゴリ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる